ベストシーズン

6月パリの天気は?フランス旅行におすすめの服装・持ち物・過ごし方を徹底解説

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ボンジュー!フランスボックスのマリ(@mari_ohayotourism)です。

フランス旅行に行きたいけど、6月のパリって実際どうなの?

そんなお悩みに答えるべく、当ブログ「フランスボックス」では6月のパリ旅行について気候、持ち物、イベント、おすすめの観光コースなど様々な観点からご案内していきます。

6月というと日本は梅雨の時期ですが、パリの気候はカラッとしていて街歩きには抜群の季節です。

日中は汗ばむ日も出てきますが、日本と違いパリは日中と夜間の気温差が大きいので注意が必要です。

mari
mari
6月末にはツールドフランスや競馬のパリグランプリなど、世界中からファンが集まる大きなイベントも開催されますよ。

また、パリ以外のフランス各地でもイベントが盛りだくさん。

夏至は音楽のお祭りで街中で無料で音楽を楽しめますし、最終土曜日はゲイパレードもあります。

ル・マン24時間レースが開催されるのも6月。

mari
mari
プロヴァンスはラベンダーの季節になり、8月ころまで楽しめます。

その他にも旅行に役立つ情報がもりだくさんなので、ぜひ最後までご覧ください!

お得情報

フランス旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

パリ6月の天気は?最高気温と最低気温と降水量をチェック!

6月のパリは最高気温が24度、平均気温が19℃、最低気温が14度と気温が上昇し、カラッとしたお天気が続きます。

近年、6月の中旬から下旬にかけて30度を超える日が続き、記録的な暑さを更新しています。

日中は暑くなりますが、朝晩は肌寒いため、薄手のジャケットやカーディガンをを持参することをおすすめします。

重ね着などをして、脱ぎ着しやすい服装もおすすめです。

タップで拡大します

パリ6月の旅費(航空券とホテル)

旅行にかかる費用は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安くフランス旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

航空券の料金

往復航空券の費用は出発地や時期、予約時期、航空会社などによって大きく異なりますが、6月はヨーロッパのバカンスシーズンに入るので、航空券の値段も高くなりつつある季節。

また、エアトリの航空券アプリは検索しやすさ抜群。

わたしも電車や料理の待ち時間などの隙間時間にポチポチして、安いチケットはないか、良さそうな行先はないか探しています。

会員登録せずに検索できるのでぜひ試しに使ってみてください。

13社の最安値一括比較
航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

AirTrip Corp.無料posted withアプリーチ

繰り返しになりますが、まめに検索して航空券の相場感覚を養っておくことが、一番の節約に!

ホテルの料金

パリのホテル料金は、11月~2月の秋から冬の期間が最も安くなり、春から夏のハイシーズンにかけて上昇していきます。

ホテルの料金は毎日のように変動し、ホテルによってその落差もまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言い表せません。

航空券と同じく、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切。

わたしはヨーロッパのホテルの場合は大抵、Booking.comで探します。

他のホテルサイトと比較し、色々検証してみた結果、取り扱いホテルの数と値段が最安になることが多かったのでおすすめです。

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。100泊以上予約してきましたが、一度もトラブルになっていないのでご心配なく!

口コミも多くて参考になる

Booking.com
公式サイトを見てみる

パリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリア【立地・治安】 当ブログ「フランスボックス」ではパリを中心に観光地、グルメ、ショッピングについてガイドブックなしで旅行できることを目指しています...

パリ6月におすすめの服装と持ち物

服装

6月になると、日中汗ばむ日が増えてきます。

太陽の日差しも強いので、お肌の紫外線対策も忘れずに。

日中と夜間の気温差が大きいため、薄手のジャケットやカーディガンを用意しておくと良いでしょう。

持ち物

日焼け止め

もはや海外に日焼け止めを持って行かないという人も少なくなってきたのではないでしょうか。

ヨーロッパは日差しが強く、日焼け止めを怠っているとすぐに日焼けしてしまいます。

日本のスーパーやドラッグストアでは買えませんが、海外には最強の日焼け止めSPF50をこえるもの(60や70以上も)が売られています。

海外でビーチに行くときも、この日焼け止めを塗っていけば本当に日焼けしません。

また、フランスで購入できるラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBBもおすすめ。パリの薬局では日本よりかなり安く購入できるのでぜひチェックしてみてください。

クリームタイプならパール2粒分、ローションタイプなら1円玉2枚分。ケチらずたっぷり塗るようにしてください。

絶対買いたいおすすめ薬局コスメ7選とおすすめショップ
フランス土産の人気おすすめ薬局コスメと在住者が教える選び方の注意点海外旅行ではお土産選びも旅の楽しみの一つですよね! 滞在時間は無限にありませんので、お土産選びに何を買おうか悩む時間がもったいない...

圧縮袋

朝夕の冷え込み対策で重ね着用にと思うとどうしても衣類がかさばりますよね。

かさばる衣類は圧縮袋を用意しておくと大変便利です。

わたしが最近愛用しているのはHOLICC(ホリック)のPackBag(パックバッグ)

パックバッグホリックのパックバッグ

米軍も採用する圧倒的強度を持つコーデュラ®︎ナイロンを使用しており、衣類はなんと50%に圧縮。より頑丈かつ撥水性が高く、とても軽いです。

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋は空気を抜く作業が面倒ですが、パックバッグなら圧縮の手間なし。

ファスナーも丈夫なので安心感も使いやすさも全く違います。

サイズ展開
  • Lサイズ
  • Sサイズ
カラー展開
  • メタルブラック
  • アースグレー
  • エターナルホワイト

わたしはヨーロッパ1ヵ月旅行(幼児ひとり、大人ひとり)でLサイズ、Sサイズをそれぞれ2つずつ(計4つ)用意して自分の服と子供の服を管理しました。

大きな方に洋服をいれ、小さな方はブラトップや下着、靴下などを収納。

複数購入する場合は、パッと見てわかるように大きさや色を変えると便利です。

LサイズとSサイズをまとめて購入する場合はセット購入がお得ですよ。

パックバッグ
公式サイトを見てみる

その他の必需品と便利グッズ

また、季節に関係なく以下の持ち物は必須レベル。

海外旅行保険付帯クレジットカード 海外旅行保険の加入は絶対に必要
海外用SIMカード フリーWi-Fiに頼って旅行するのは玄人向け。あまりおすすめできません
セキュリティポーチ 当サイトで大人気の防犯対策ポーチ
スマートタグ 2022年以降ロストバゲッジ対策として利用が広まっています
変換プラグ 最近はUSB付きのマルチ変換プラグが人気

上記以外にも、世界70ヶ国を旅した経験をもとに「フランス・パリ旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説」でおすすめ商品をご紹介しています。

旅行を重ねて発見があるたびに内容をアップデートしているので、参考にしていただけたら嬉しいです。

フランス・パリ旅行の必需品!旅のプロが絶対に外せない持ち物を選んでみた
フランス・パリ旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説 旅慣れていないと海外旅行に何を持っていって良いか悩んでしまいますよね。 そこで、世界70ヶ国を旅した海外旅行のプロであるわ...

パリ6月のイベント・行事

6月の主な行事をまとめてみました!

5月中旬〜6月中旬 聖霊降臨祭(復活祭から数えて50日目の日曜日)
6月の第3日曜日 父の日
6月21日 音楽祭

聖霊降臨祭(Pentecôte)

復活祭から数えて50日目の日曜日に、キリスト聖霊降臨祭があります。

翌日の月曜日も祝日になるため、ほとんどのお店や美術館が閉まってしまいます

日本のように年中無休というお店は少ないのです。

せっかくの旅行が台無しにならないためにも、営業状況を事前にチェックしておくことをおすすめします。

父の日(Fête des pères)

フランスの父の日は、毎年6月の第3日曜日にお祝いします。

2024年は6月16日です。

日頃の感謝を込めてワインなどのお酒や本などプレゼントを贈ったり、家族でレストランに行ったりします。

音楽祭(Fête de la Musique)

毎年6月21日は音楽祭の日(Fête de la Musique)!

カフェや広場、公園、住宅街の一角などパリの至るところで、誰もが演奏家になれます。

あらゆるジャンルの音楽を誰もが好きな場所で披露できる日で、屋内・屋外を問わず、すべての人が無料で楽しめます。

パリ6月におすすめの過ごし方と観光スポット

6月になると日の出が早くなり、夜も21時頃まで明るいため、外での活動がおすすめになってきます。

街歩きには抜群の季節なので、ぜひカラッとした日差しの中、お散歩を楽しんでみてください!

セーヌ川クルーズ

セーヌ川クルーズセーヌ川クルーズは昼も夜も最高

大人気のセーヌ川クルーズを楽しむのにも絶好のシーズン。

川沿いの風や時にひんやりとした空気は旅の気分を一層盛り上げてくれます。

セーヌ川から見たルーブル美術館セーヌ川から見たルーブル美術館

食事付きのゴージャスなディナークルーズから、食事なしの遊覧船(15ユーロ~)まで色々あるのでご予定に合わせて選んでみてください。

遊覧船はエッフェル塔やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂を眺めることができるので、主要な観光地をひとつずつ見て回る時間がない方にもおすすめです!

お得情報

人気のセーヌ川クルーズ
予約なしで乗船できるクルーズもあります

セーヌ川クルーズ
チケットを購入する

※食事付きのランチクルーズやディナークルーズは要予約

セーヌ川
セーヌ川クルーズ体験!おすすめツアーと運航会社・料金比較・予約方法完全ガイド【行き方・乗り場】パリ在住の筆者がセーヌ川の見どころ、クルーズ、楽しみ方を詳しく解説しています。ただの川と侮るなかれ!素晴らしいフォトスポットがたくさんありますよ。メトロの使い方、チケットの買い方は事前に知っておくと時間の短縮になったり、旅費の節約になることも多いのでぜひ参考にしてみてください!...

公園や広場の散策

リュクサンブール公園リュクサンブール公園

パリには、モニュメントや美術館以外にも、公園や広場、庭園など自然あふれる見どころスポットがたくさんあります。

4月15日から10月15日まではパリ市内の公園や広場の芝生に入れるようになり、ピクニックが可能に。

一言で公園といっても子供が遊ぶような小さなものではなく、新宿御苑や代々木公園のような大人もゆったりと過ごせる緑あふれる大きめの公園で、ピクニックを楽しむフランス人を見ているだけでも、なんだかゆったりとしたリラックスした気分になりますよ。

夏を楽しむフランス人ピクニックを楽しむフランス人
mari
mari
公園や庭園は旅の休憩場所にぴったり!
アクリマタシオン庭園アクリマタシオン庭園
パリで人気の公園・広場・庭園徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説
パリで人気の公園・広場・庭園徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説パリ市内にある広場や公園は数えきれないほど!元在住者&世界中の歴史スポットを渡り歩いた筆者がパリに行くなら絶対見逃せない広場、公園を厳選して紹介しています。地図を見ながら観光の予定を立てるのにぜひ活用してみてください!...

アート鑑賞

ルーブルでも圧倒的な存在感と人気を誇る名画モナ・リザルーブルでも圧倒的な存在感と人気を誇る名画モナ・リザ

年中大混雑のルーブルやオルセー美術館ですが、お昼ごろ行くと比較的空いているのでおすすめです。

[]内は定休日

ショッピング

ファッションの都パリでショッピングは楽しみの1つ。

最先端の流行をいち早く取り入れてみませんか?

デパート

旅行者におすすめの定番ショッピングといえば、やはりパリの三大デパートでしょう。

ギャラリー・ラファイエット外観ギャラリー・ラファイエット外観

ギャラリー・ラファイエットル・ボン・マルシェプランタンは当ブログでも度々登場する大人気のデパート。

フランスの人気ブランドや、お土産にぴったりの商品が勢ぞろいしているので、時間が限られている方にとてもおすすめ!

パリで絶対に行きたい人気デパート6選
在住者おすすめ!パリで絶対に行きたい人気デパート6選パリでお土産購入をするのにぴったりな超おすすめ百貨店を在住者が厳選してご紹介します!その他のフランスの観光、お土産、グルメ、おすすめツアーもたくさん紹介しているのでぜひ旅の参考にしてみてください。...

マレ地区

ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ外観ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ外観

おしゃれ好きなら、路面店ひしめくマレ地区も外せません。

素敵なブティックをウィンドウショッピングしながら、目に入ったお店に入ってみましょう♡

メルシー(Merci)メルシー(Merci)

パリジャンはもちろん、観光客も足繁く通うライフスタイルを提案するセレクトショップの「メルシー」があるのもここ。

アウトレット

ラ ヴァレ ヴィレッジ 人気のGUCCIラ ヴァレ ヴィレッジ 人気のGUCCI

パリの人気アウトレット、ラ・ヴァレ・ヴィレッジもソルドで賑わう場所。

路面店や百貨店と比べると、個性的な商品も多いのですが、割引率がよく、掘り出し物を見つけられるとかなりお安く購入できます。

セントル コマーシャル ヴァル デュロップセントル コマーシャル ヴァル デュロップ

隣には、巨大ショッピングモール「Centre commercial Val d’Europeセントル コマーシャル ヴァル デュロップ」もあるので、1日ショッピングデイにして、一気に買い物するのもよさそうですね。

パリ・アウトレット完全攻略!取扱ブランド一覧とセール時期|ラ・ヴァレ・ヴィレッジ行き方とアクセスパリ在住の筆者がアウトレット ラ ヴァレ ヴィレッジの取り扱いブランド、営業時間、行き方や免税、クーポンについて詳しく解説しています。メトロの使い方、チケットの買い方は事前に知っておくと時間の短縮になったり、旅費の節約になることも多いのでぜひ参考にしてみてください!...

お土産

パリのお土産はとっても豊富で、わたしも毎回スーツケースがパンパンに(笑)

当ブログでも、いろんなお土産を紹介していますが、人気のお土産の常温のバターやショコラ・チーズは18度以下、要冷蔵のものは10度以下でないと安全に持ち帰れない可能性もあるので各自気温にあわせてご判断ください。

気温関係なくおすすめできるお土産は紅茶や調味料、コスメなどがおすすめ。また、軽くてかさばらないモノプリのエコバッグは年中通して人気のお土産商品です。

スーパーやデパートで売っているものから、路面店で購入できるものまでさまざま。

いかにもなお土産屋さんでお土産を選ぶのはもったいないので、ぜひ贈る相手の好みに合わせて喜ばれるお土産を贈りましょう。

候補がありすぎるのも難しいなと感じるので、わたしたちの知識と経験をフル動員して、めちゃくちゃ濃厚なフランス定番のお土産記事を作成しました。

フランス旅行の人気定番お土産10選|元在住者おすすめ失敗しない土産とは
フランス旅行の人気定番お土産20選|元在住者おすすめ失敗しない土産とは 世界70か国旅してきましたが、フランスほどお買い物が楽しい国はほかにありません。 プチプラからハイブランドまで、おしゃれな...

バストロノーム

バストロノーム 公式ページバストロノーム 公式ページ

バストロノームは、2017年に誕生した比較的新しいアクティビティ。

バスに乗ってパリを観光しながら食事を楽しめるユニークなレストランのことです。

夏ならセーヌ川のクルーズがおすすめなのですが、肌寒い季節にはちょっと不向きだと思うので、バストロノームを検討されることをおすすめします♡

バストロノーム 公式ページバストロノーム 公式ページ

ガラス張りの2階建てのバスに乗り込み、シェフが腕を振るう本格的なフランス料理を味わいながら、エッフェル塔、凱旋門、ルーブル美術館などのパリの名所を巡ります。

バストロノームのコースメニューは季節ごとに変わり、前菜、メインディッシュ、デザートの3品。

mari
mari
バスでの食事なのにレベルが高い!さすがフランス

バスは時速約10キロとかなりスピードを落として走行するので、揺れはほとんどありません。

バストロノーム
パリ観光ツアーをみてみる

カフェ巡り

ル・ドーム(Le Dôme)ル・ドーム(Le Dôme)

パリに来たら必ず行きたい場所の1つがカフェ。

パリの素敵なカフェ文化を楽しんでみませんか?

せっかくパリに来たのに観光しないなんてもったいない!と思うかもしれません。

ラ・ロトンド(La Rotonde)ラ・ロトンド(La Rotonde)

しかし、カフェやブラッスリーを数軒ハシゴしながら、本を読んだり、今年の目標ややることリストをまとめたりするのはなんて贅沢な時間でしょう!

美術館の休館日などに、ぜひわたしたちのおすすめカフェを散策してみてください♡

在住者厳選!パリのおしゃれな有名老舗カフェおすすめ11選 パリ旅行の楽しみといえば、名だたる著名人が通った老舗カフェで一服したり、美味しいランチを食べること。 ※フランスのカフェは...
在住者厳選!パリの人気サロン・ド・テと穴場カフェおすすめ8選パリ旅行の楽しみといえば、本場の美味しいスイーツを素敵なカフェで食べること! フランスでカフェを探したい時は「カフェ」ではなく「サ...

グルメ

フランスのカフェやビストロ、レストランには定番メニューあります。

軽食ならクロック・ムッシュー(ハムとチーズをはさんだサンドウィッチをオーブンで焼いたもの)やクロック・マダム(クロック・ムッシューに卵を加えたもの)、オムレット(オムレツ)、キッシュなどがおすすめ。

フランス北西部ブルターニュ地方発祥のガレット(そば粉のクレープ)やブルゴーニュ発祥の「エスカルゴ・ブルギニョン」、フランス美食の代表格として知られるフォアグラ、カモのコンフィ、ムール貝の白ワイン蒸しなど、フランス名物もぜひ味わっておきたいところ。

ほとんどのビストロやレストランでは、「 Plat du jours(プラ・デュ・ジュール) =本日のおすすめ料理」が用意されていて、通常のメニューより少しお安くなっているのでこちらもおすすめです。

5月になると、マルシェにホワイトアスパラガスが山積みに並びます。

5月から6月にかけてはホワイトアスパラガスが旬の季節。

茹でたホワイトアスパラガスにオランデーズソースをかけて食べるのが一般的な食べ方ですが、レストランなどではシェフによる美味しい白アスパラガス料理が出されますので、ぜひお試しください。

レストラン

パリにはとっても美味しい料理がたくさんありますが、レストランで何を食べていいのか迷ったり、注文方法がわからず焦ってしまった経験があります。

そんな時のためにこんな記事をご用意しました。

在住者おすすめフランスで絶対食べたい人気料理20選
在住者おすすめフランスで絶対食べたい人気料理20選 フランスを訪れたら観光はもちろんのこと、美食の国フランスならではの美味しい料理をぜひとも堪能してください! 旅行者向けの適...
フランスのレストランでのメニューの見方と注文方法
フランスのレストランでのメニューの見方と注文方法 旅先で美味しいものに出会うことは、旅行の醍醐味のひとつです。 美食の国といわれるフランスは、各地方にそれぞれの郷土料理があ...

特に「フランスのレストランでのメニューの見方と注文方法」の記事では、初心者向けに日本のレストランとは異なるフランスのレストランでの常識を丁寧に解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本料理が恋しくなったときは日本食の料理屋さんもあります。

在住者おすすめパリで食べたい人気日本食レストラン9選
在住者おすすめパリで食べたい人気日本食レストラン9選美食で知られるフランスですが、日本人は西洋料理を毎日食べるのに慣れていないため、数日滞在していると飽きてくる人が多いのも事実。 今...

パリ6月の楽しみ方と注意点まとめ

近年パリでは6月の中旬から下旬にかけて30度を超える日が続き、記録的な暑さを更新しています。

日中は暑くなりますが、朝晩は肌寒いため、薄手のジャケットやカーディガンをを持参しましょう。重ね着などをして、脱ぎ着しやすい服装もおすすめです。

往復航空券の費用は出発地や時期、予約時期、航空会社などによって大きく異なりますが、ベストシーズンである夏に比べると割安感があり、意外とねらい目。

ただし、旅行にかかる値段は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安くフランス旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

現地支店が24時間日本語サポート

HISでパリ旅行ツアーを
探してみる

個人旅行の場合は

を上手く利用して予約してみましょう。

パリの街をもっと楽しむ

パリは東京の山手線と同じくらいの広さ。

メトロやバスを使えば1日でかなりの場所をまわれますし、徒歩で散策できるスポットもたくさんあります。

トロカデロ広場から眺めたエッフェル塔トロカデロ広場から眺めたエッフェル塔
ラデュレのイスパハンラデュレのイスパハン

パリでお気に入りの過ごし方は美術館をはしごしながら、素敵なカフェで休憩をとったりスーパーでお土産を物色すること♡

このブログでは、パリで絶対行くべき人気観光スポットフランス旅行の人気定番お土産などパリをもっと楽しむためのコツが書かれた記事を沢山紹介しています。

ぜひこの記事を参考に旅行の計画を立て楽しんでくださいね!

当サイト限定クーポンがあります

「フランスボックス」には現地ツアーや美術館の入場チケットを購入できる代理店サイトで使用可能な当サイト限定の割引クーポンがあります。

大抵のチケットは公式サイトでも購入可能ですが、ほとんどのサイトで日本語は非対応。

当サイトでおすすめしている日本語対応の代理店サイトは以下のとおりです。

チケット購入・現地ツアー

いくつかを組み合わせて使うもよし、どれか好きな会社をひとつ選んで他のチケットを手に入れるもよし。

わたしは日本語で購入できる割引やポイントが貯まるいちいちIDを作るのが面倒という理由で公式を利用することはほとんどありません。ぜひお得なクーポンを使って事前予約をしましょう。

知らないと損する予約の注意点

パリは特にGWや夏休み・年末年始などの大型連休や観光のハイシーズンの場合、どこの施設も混雑が予想されます。

最悪の場合、チケットが売り切れ、入場自体できないということも。

現地購入より多少高くなったとしても、事前にオンラインでチケットを購入しておきましょう。

1週間前だと売り切れてしまうので、なるべく早く、遅くとも2週間前には予約するのがおすすめです。

KKdayのクーポン

【KKday
当サイト限定クーポンで5%割引】

クーポンコード5OFFOHAYO2023
☑2024年10月31日まで
(予約は2024年9月30日まで)
☑3,000円以上で5%オフ(上限600円)
☑当サイトURLからの申込で有効
☑日本の新規会員初回限定
☑一部対象外商品あり

【KKday
当サイト限定クーポンで6%割引】

クーポンコードKKSPRING6OFF
☑2024年5月31日まで
(予約は2024年2月15日〜3月31日まで)
☑3,000円以上で6%オフ(上限1,000円)
☑当サイトURLからの申込で有効
☑日本の新規会員初回限定
☑一部対象外商品あり

【KKday
当サイト限定クーポン割引】

クーポンコードOHAYOTOUR24
☑2024年5月31日まで
☑15,000円以上で1,000円オフ
☑当サイトのURLからの申込で有効
☑一部対象外商品あり

人気観光地の予約はお早めに

KKday公式サイトで
クーポンを使う

klookのクーポン

【klook
当サイト限定クーポンで5%割引】
クーポンコードOHAYOKLOOK
☑2024年6月30日まで
☑割引上限$10
☑繰り返し利用可

人気観光地の予約はお早めに

klook公式サイトで
クーポンを使う

現地ツアーに参加する

パリは治安面に不安はあるものの、個人旅行で問題なく観光できます。

わたしも大抵の場合は個人で滞在しますが、ガイド付きで周った時の経験は忘れられません

自分では知らなかった観光スポットや豆知識など楽しいお話がたくさん聞けて、より有意義な時間を過ごすことができました。

思い出を写真に残せるフォトツアーも大変おすすめです。

トロカデロのフォトスポット photo by manamiトロカデロのフォトスポット

パリのおすすめツアーやチケットサイトをまとめた「パリ旅行で事前に予約すべきおすすめチケット現地ツアー」もお見逃しなく!

公式サイトをチェック

GetYourGuideで
フォトツアーを探す

シティパスを活用する

mari
mari
わたしは美術館好きなので、ヨーロッパのある程度の都市に行くと必ずシティパスがないか確認します

コロナ禍以降、どこも値段が上がりすぎて、チケット料金のことを考えると「やめておこうか…」と思うことも増えてきました。

でも、せっかくここまで来たのに、数千円の違いであきらめる方がもったいないのでは?と思いなおし、最近はもっぱらこのようなシティパスを利用するようになりました。

一度買ってしまえばチケット料金のことはそれほど気にならなくなります。

もちろん料金の元を取ることも可能で、通常料金よりもお得に周れる・節約できるところも魅力。

ですが、わたしの場合は「絶対元をとってやろう」というよりは、行きたい場所へチケット料金を気にせず行けるという「ストレスがなくなるところ」が一番気に入っています

mari
mari
手持ちのスマホがそのままパスになるので、パスを紛失したり、磁気不良で使えなくなることもありません

パリミュージアムパス

2日〜1週間程度の短期滞在でパリを効率的に楽しむなら「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

パリミュージアムパスパリ・ミュージアム・パス

パリに訪れる際、毎回チケットを買って旅行を楽しんでいます。

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの主要な美術館や歴史的建造物など50ヶ所以上の施設に入場できる共通パスポート。日本で事前に購入も可能。

対象スポット一覧

※[]内は定休日

美術館 ルーブル美術館[火]
オルセー美術館[月]
ポンピドゥーセンター/国立近代美術館[火]
オランジュリー美術館[火]
ピカソ美術館[月]
ロダン美術館[月]
クリュニー中世美術館[火]
ギュスタブ・モロー美術館[火]
ドラクロワ美術館[火]
ニシム・ド・カモンド美術館[月火]
ケ・ブランリー美術館[月]
ギメ東洋美術館[火]
アラブ世界研究所[月]
ユダヤ教芸術歴史博物館[月]
歴史的
建造物
凱旋門
ノートルダム大聖堂の塔
ノートルダム大聖堂のクリプト[月]
オテル・ドゥ・ラ・マリーヌ
パンテオン
コンシェルジュリー
サント・シャペル教会
贖罪教会[不定期]
下水道[木金]
パリ郊外 ヴェルサイユ宮殿とトリアノン[月]
フォンテーヌブロー城[火]
マルメゾン城[火]
ランブイエ城[火]
コンピエーニュ城[火]
コンデ博物館/シャンティ城[火、毎年1月]
ヴァンセンヌ城
サンジェルマン・アン・レイ考古学博物館[火]
シャン城[火]
イヴリン県立モーリス・ドニ美術館[月]
メゾン・ラファイエット城[火]
ピエールフォン城
シャアリ修道院
ルネッサンス博物館/エクアン城[火]
セーブル陶磁器博物館[火]
サン・ドニ寺院
ポール・ロワイヤル博物館[火]
ムードン・ロダン記念館[月-木]
サヴォア邸[月]
航空宇宙博物館[月]

日本語で購入できます

GetYourGuideで
ミュージアムパスをみてみる

※出発前に郵送で送ってほしいならミュージアムパス日本代理店サイトがおすすめ。

※春から夏にかけてのハイシーズンは1ヶ月前の予約を推奨しています。

ハイシーズンはミュージアムパスを持っていても予約が必要な施設もあるので、必ず公式サイトで最新情報をご確認ください。

(過去に予約が必要だった施設 → ヴェルサイユ宮殿、サント・シャペル教会、コンシェルジュリー *ルーブル美術館は常に予約が必要です)

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

GoCity周遊パス

GoCityパリ周遊パスは、パリのチケットやアクティビティを自由に組み合わせてお得に観光を楽しめるシティパス。

大きくわけて2種類あり

  • エクスプローラーパス
    └ 3〜7ヶ所の施設を選択可能 / 施設数によって金額が異なる / 対象スポットは体験系や食事系のアクティビティ中心
  • オールインクルーシブパス
    └ 2〜6日を選択可能 / 日数によって金額が異なる / 期間中は入場し放題 / 4日券か6日券を買えば、対象スポットはパリの有名観光スポット・美術館をはじめ、体験系や食事系のアクティビティまで全部で100ヶ所以上

オールインクルーシブパスは3日までだと美術館や博物館が含まれませんが、4日以上を選択するとパリミュージアムパスが付いてくるのでほとんどの美術館が対象に!

すでにミュージアムパスを購入予定で、6日以上パリに滞在して観光する予定の方はかなりお得。行き放題になるのも嬉しいポイント。

対象スポットの中には事前予約が必要なスポットがあったり、エクスプローラーパスの場合、施設の組み合わせによっては損してしまう可能性もありますが、あちこち出かけたり、経験するのが好きな人、ある程度体力がある人には最適なパス。

ぜひ、GoCityパリ周遊パスを使って新しい経験を試してみてはいかがでしょうか。

まずは料金をチェック

GoCity公式サイト
パリ周遊パスを購入する

Go Cityパリ周遊パスは買うべき?料金・購入方法・入場可能場所を解説します! は、パリのチケットやアクティビティを自由に組み合わせてお得に観光を楽しめるシティパス。 コロナ禍以降、どこも値段が...

交通機関を乗りこなす方法と注意事項

パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して、安くバスやメトロに乗る方法があります

チケットの種類はいくつかあり、複雑です。

当ブログ「フランスボックス」では、どの切符を選べばいいかわからないあなたのために、パリのお得な切符の選び方をまとめています。

また、TGVやTERなど鉄道の予約は事前予約をしておきましょう。

高速列車(TGVやTERなど)のチケットは当日に券売機や窓口でも買うことができますが、乗る直前に駅で切符を買うのはおすすめできません。

なぜなら、座席指定のある電車の場合は予定していた切符が売り切れていたり、券売機のトラブルなどで1時間以上待った経験があるから。

予約が遅くなると料金も2倍以上になることがあるので、予定通りの切符を購入するためにも、安く買うためにも、事前に購入は必須!!

わたしたちのおすすめは日本語で一括検索が可能なOmioです。

日本語で一括検索ができる

Omioで
乗車券を検索する

また、クーポン利用ができるならklookでもオンライン事前予約が可能。

【klook
当サイト限定クーポンで5%割引】
クーポンコードOHAYOKLOOK
☑2024年6月30日まで
☑割引上限$10
☑繰り返し利用可

※日本語でうまくチケットが表示されない場合は、アルファベットで再検索してみてください(カナだと表示されない場合があります)

klookで乗車チケット
オンライン予約する

フランス国鉄SNCFのTGVの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド【新幹線】 TGVはフランス国鉄(SNCF)が運行する高速鉄道。 フランスの新幹線と呼ばれることもありますが、実際はそうではありません...

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやはり地球の歩き方。

全579ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

パリ版はこちら

地球の歩き方が苦手な人におすすめしたいのは、写真が多めで読みやすい雑誌タイプのガイドブック。(るるぶトリコガイドなど)

30日間無料で体験できるKindleUnlimitedで読めるものも多いので、サラッと立ち読みして好みのガイドブックを見つけるのも◎

フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方 旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ...

またアートや文学好きの人のために「ガイドブック以外のフランス旅行をさらに楽しむためのおすすめ書籍」も作成しました。ぜひご覧ください!

フランスの偉人・芸術家ゆかりの地をめぐる

自分がフランスに行くとき、こんな記事があったらいいな…を形にしました。

大好きなゴッホ、ルノアール、モネを出発点に、パリを中心としたゆかりの地スポットをまとめています。

モネゆかりの地と美術館を巡るフランス旅!パリ・ノルマンディーで見られる代表作品と画家の生涯【出没年・墓地】パリ在住のアートファンがフランス画家クロードモネの人生や代表作を振り返りながらゆかりの地をまとめました。専門的な記事ではなく、アート初心者へ楽しみながら旅してもらうためのしおりとして使っていただけると嬉しいです。...
約50名の偉人を掲載
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリのホテル選びは本当に難しく、日本と違って価格と質が一致しないことも多いため、あらかじめ、情報をインプットしておくのがおすすめです!

当ブログ「フランスボックス」ではパリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリアでホテルに関する注意点や知っておきたい情報をまとめました。

日本人に最も人気のエリアで、わたしたちもおすすめするオペラ座周辺のホテルについてもぜひご覧いただけると嬉しいです!

予算はどれくらいかかっても一流ホテルに泊まりたいという方は、パレスホテルの代表、オテルリッツをおすすめします。

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルで、サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

オテルリッツの料金を
チェックしてみる

関連記事
ベストシーズン

2月パリの天気は?フランス旅行におすすめの服装・持ち物・過ごし方を徹底解説

2024年2月28日
フランスボックス|フランス旅行情報
フランス旅行に行きたいけど、2月のパリって実際どうなの? そんなお悩みに答えるべく、当ブログ「フランスボックス」では2月のパリ …
no image ベストシーズン

8月パリの天気は?フランス旅行におすすめの服装・持ち物・過ごし方を徹底解説

2024年2月4日
フランスボックス|フランス旅行情報
フランス旅行に行きたいけど、8月のパリって実際どうなの? そんなお悩みに答えるべく、当ブログ「フランスボックス」では8月のパリ …
no image ベストシーズン

9月パリの天気は?フランス旅行におすすめの服装・持ち物・過ごし方を徹底解説

2024年2月4日
フランスボックス|フランス旅行情報
フランス旅行に行きたいけど、9月のパリって実際どうなの? そんなお悩みに答えるべく、当ブログ「フランスボックス」では9月のパリ …