新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

7区(エッフェル塔)

パリのロダン美術館へ行ってきた!行き方・入場料・見どころ徹底ガイド

パリのロダン美術館

19世紀を代表する彫刻家で、「近代彫刻の父」と称されるフランスの彫刻家オーギュスト・ロダン。

「考える人」や「地獄の門」は誰もが知っているロダンの作品ではないでしょうか。

そんな世界的彫刻家ロダンの作品は、パリの閑静な住宅街の一角にある美術館で鑑賞することができます。

このページでは、ロダン美術館について在住者の目線から行き方や見どころなどを詳しくご紹介していきます!

こんな方におすすめ
  • ロダンの作品が好き
  • 世界最高峰の彫刻を見てみたい
  • ミュージアムパスを持っている
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
パリ観光なら絶対ミュージアムパス

ミュージアムパスは、パリ市内とパリ近郊の美術館や観光スポットなど約60ヶ所の施設へ入場し放題

わたしたちはパスの利用を積極的におすすめしています

パリミュージアムパス

この記事で紹介している施設はミュージアムパス対象スポット。パスを使ってお得にパリを楽しみましょう!

※2日券の場合、5ヶ所以上の対象スポットで簡単に元が取れます

実際に利用してみました
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

ロダン美術館の見どころ・観光情報

歴史

ロダン美術館は、パリ7区の閑静な住宅街にある美術館。

もともとは「ビロン館」と呼ばれる18世紀に建てられた貴族の館で、ロココ建築の美しい建物です。

ロダンはこの館を気に入り、1908年から亡くなる1917年までの9年間、邸宅兼アトリエとして使われました。

1911年にピロン館が国の所有になると、立ち退きを命じられます

しかし1916年、ロダンは全作品と自身が収集した絵画や彫刻などのコレクションをすべて国に寄贈することにし、ビロン館を自らが希望していた個人美術館として残すことを国に提案します。

こうして1919年に「ロダン美術館」が開館したのです。残念ながら、ロダンはその完成を見ることなく1917年にこの世を去りました。

mari
mari
今から100年くらい前にできた美術館なんだね!
おにちゃん
おにちゃん
美術館の建物や庭園も美しいのでゆっくり鑑賞したい場所です♡

2005年に3年間の改装を経て、ロダン美術館がリニューアル・オープンをしました。

生まれ変わった展示室は、ロダンがアトリエとして使っていた当時の様子が再現されています。

ロダン美術館は見どころがたくさんありますが、日本人がまず見ておきたいのが地獄の門と考える人でしょう。

地獄の門(La Porte de l’enfer)

イタリアの詩人ダンテの「新曲」の中に登場する、地獄への入り口となる門。

その門を再現したブロンズ製のこの門は間違いなくロダンの代表作。見逃すわけにはいきません。

世界に7つあると言われ、そのうち2つは上野の国立西洋美術館、静岡県立美術館と日本でも観ることができます。

残念ながら未完で終わってしまった「地獄の門」の制作。作品を構成する群像はひとつひとつ独立した作品として評価されています。

有名な「考える人」もその一つで、地獄の門の中央で腰掛けて下を向いている様子を観ることができます。

考える人(La Penseur)

考える人は実は「地獄の門」から独立して作られた作品ということはご存知でしょうか。

「地獄の門」を見た後だと、その大きさと迫力に圧倒されます。

考える人は地獄の門の中で、熟考するロダンの姿を現したもの考えるロダン自身の姿などと言われていますが、真相は定かではありません。

「考える人」というタイトルではありますが、実際は地獄に落ちる人々を眺めている姿とも言えます。

単独で見るよりも、地獄の門を見た後に見る方が何倍も面白く、深みのある作品です。

1階展示室

1階の展示室は、第1室から第8室まで年代順に作品が展示され、作品が間近で見ることができるのも、このロダン美術館の魅力の1つ。

大聖堂

ロダン作大聖堂ロダン作大聖堂

68歳晩年の作品。どうして大聖堂(カテドラル)という名前がついたのでしょう。

女性と男性の手と言われているのは、両方とも右手であり、ひとりでは完成しないものだから。

mari
mari
神の手、悪魔の手という人もいます。あなたは何に見えますか?

こんなユニークな展示や、壁にずらっと並ぶ石膏像。

顔や足だけ並ぶとなんとも不気味。

ロダン像や、バルザック像、ヴィクトルユーゴーの像もあり、見ごたえがすごいです。

このエリアにはたくさんの学生が腰を下ろし、デッサンを重ねていました。

これだけの展示をたっぷり観ることができるパリはなんと素晴らしい街なのでしょう。

美しい階段を上っていくと、テーマ別に作品が並べられている2階の展示室へ。

ゴッホやモネなど印象派の展示


美術品収集家でもあったロダンは、ゴッホの「タンギー爺さん」をはじめ、モネやルノワールなどの作品も所蔵していました。

そのためロダン美術館では、ロダンの作品の他に、ロダンが収集した素晴らしいコレクションも合わせて鑑賞することができます。

カミーユの展示

カミーユ・クローデルの作品を集めた第16室カミーユ・クローデルの作品を集めた第16室

またロダン美術館には、ロダンのかつての恋人であり、彫刻家だったカミーユ・クローデルの作品を集めた部屋(第16室)があります。

カミーユは19歳のとき、ロダンの弟子になりました。

ロダンのもとで次第に彫刻家としての才能を発揮するカミーユ。

若く才能溢れるカミーユにロダンは衝撃を受け、2人は次第に惹かれ合い、やがて恋人関係になります。

ロダンが恋に落ちるのも納得の美しいカミーユロダンが恋に落ちるのも納得の美しいカミーユ

しかしロダンには、すでに16年間連れ添う内縁の妻ローズがいました。

ロダンは、カミーユとの関係を続けながらもローズと別れることはなく、カミーユはこの三角関係に悩みます。

さらに追い討ちをかけるように、カミーユの作品は「ロダンの模倣」との批評が出ます。カミーユは失意に沈み、ロダンとの関係を断つことに・・・。

しかし精神のバランスを失ったカミーユは、総合失調症を発症し、精神病院に送り込まれてしまいます。

カミーユの症状は良くなることなく、30年間にわたって隔離され、1943年カミーユは孤独に78歳の生涯を閉じるのです。

精神を病んだカミーユは、多くの作品を自ら破壊しています。残っている作品は90点ほどで、その一部をロダン美術館で見ることができます。

この第16室には、カミーユの代表作の1つ「分別盛り」が展示されています。

ロダン美術館 カミーユ《分別盛り》ロダン美術館 カミーユ《分別盛り》

老いた女性に導かれるように連れ去られる男性。そして両膝をつき、それに追いすがる若い女性の姿。

まさにカミーユ自身のおかれた関係を表現した作品です。

ロダン美術館 カミーユ《分別盛り》ロダン美術館 カミーユ《分別盛り》
おにちゃん
おにちゃん
カミーユは一体どんな気持ちでこの作品をつくったのでしょうか・・

のちに精神を病み、精神病院へ入院したカミーユのことを知ったロダンは、心を傷めます。

ロダン美術館の建設にあたり、美術館の一室をカミーユ・クローデルに捧げるよう遺書を書き残しました。

その遺書によりカミーユの作品は戦後、ロダン美術館で展示されることになったのです。

妻ローズ亡き後、ロダンが亡くなった時、最期に残した言葉に「パリに残した若い方の妻にも会いたい」というものがあります。

ロダンとカミーユ、なんだかもの悲しい気持ちになるふたりの物語。

mari
mari
映画にもなっていたので、今度チェックしてみようかな!

美しい庭園

さて美術館の外に出ると、手入れの行き届いた美しい庭園があります。

この庭園も絶対に見逃せない見どころの1つで、ご紹介した「考える人」や「地獄の門」の他にも「カレーの市民」、「バルザック像」などの巨大彫刻が展示されています。

また庭園内にはカフェがあり、テラス席で庭園を眺めながら、ドリンクや軽食が楽しめます。

ロダン美術館でアートを十分に堪能したら、ゆっくりカフェで過ごすのも贅沢な時間が味わえますよ!

ロダン美術館のお土産・ミュージアムショップ

ロダン美術館 ミュージアムショップロダン美術館 ミュージアムショップ

美術館に併設されたミュージアムショップでは、アート関連の書籍がとても豊富です。

中でもロダン関連の本は、さすがの品揃え!

ロダン美術館 ミュージアムショップロダン美術館 ミュージアムショップ

他にもアクセサリーやTシャツ、スカーフ、トートバッグ、食器など、お土産にピッタリなグッズが揃っています。

ロダン美術館 ミュージアムショップロダン美術館 ミュージアムショップ

わたしのおすすめはリーズナブルで手軽に変えるメモ帳やマグネット!

ロダン美術館 考える人のマグネットロダン美術館 考える人のマグネット

ユーモアたっぷりの手ごろなお土産もそろうのでお見逃しなく!

ロダン美術館口コミ・レビュー

庭も館内も十分楽しめます。ショップも楽しいので、時間に余裕を持っていくのがおすすめ。庭でのんびり彫刻を観賞しながら本を読んでいる人もいます。

ゴッホのタンギー爺さんはここにあります。日本のゴッホ展とは違い、ガラガラでゆっくり見れます。メインはもちろんロダンの彫刻ですが。ウディ・アレンのミッドナイト・イン・パリに出てくる考える人のところのシーンはここです。

パリの数ある美術館の中でも評価の高い美術館です。

ルーブルやオルセーも素晴らしいのですが、少し小さな美術館をじっくり時間をかけて鑑賞するのも素敵ですね。

特に庭でゆっくりするのがおすすめの過ごし方。天気の良い日を選んでぜひ足をお運びください!

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

ロダン美術館の行き方・アクセス

メトロで行く

最寄り駅は、メトロ13号線Varenneヴァレンヌ。駅から徒歩2分とすぐなので、メトロで行くのがおすすめ。

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

RERで行く

RERで行くなら、RER C線Invalidesアンヴァリッドが最寄り。

ロダン美術館までは徒歩10分程なので、徒歩圏内ではありますが、メトロのVarenneヴァレンヌ駅がとても近いので、特別RERに乗る事情がなければメトロのほうが便利!

関連記事RER(高速鉄道)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。 このページ...

ロダン美術館のチケット情報・営業時間・所要時間

入場料

ロダン美術館は、すべての展示が見られる一般入場料金と、庭園だけに入場ができる料金と2種類に分かれています。

一般料金【常設展+特別展+庭園見学】

  • 大人 10ユーロ
  • EU圏外の18〜25歳 7ユーロ
  • 18歳未満 無料

※水曜日の15:00以降7ユーロ

  • オーディオガイド 6ユーロ
おにちゃん
おにちゃん
残念ながらオーディオガイドに日本語はありません。現在、フランス語・英語・スペイン語・中国語・ドイツ語・ポルトガル語のみになります。

庭園見学のみの入場料金

  • 大人 4ユーロ
  • EU圏外の18〜25歳 2ユーロ
  • 18歳未満 無料

パリミュージアムパスがお得!

パリミュージアムパス

パリの美術館共通パス「パリミュージアムパス」は、ロダン美術館でも対象です。

パリ市内の観光スポットでパリミュージアムパスが使える場所は多数!

パリミュージアムパスの対象スポットや購入方法については「パリミュージアムパス完全ガイド|料金・購入方法・対象スポットまとめ」で詳しく解説しています。

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

営業時間・定休日

パリにある美術館の多くが火曜休館ですが、ロダン美術館は月曜が休館日

日程的に火曜日に美術館を訪れたい方にはぴったりの場所です。その分混み合うことは必至ですが・・・オルセー美術館よりはマシです。

  • 営業時間
    10:00-17 :45(火〜日)
  • 定休日
    月曜日、1月1日、5月1日、12月25日

所要時間

駆け足でまわるなら約1時間。じっくり周るなら2時間はみておきたいところ。

ロダン美術館周辺の治安

ロダン美術館のある7区は比較的治安の良い地区ですが、エッフェル塔周辺の偽署名詐欺に注意が必要です。

署名詐欺・賭博詐欺に注意

若い女性が「英語を話しますか?」と言って近寄ってきます。署名をさせ、寄付を求めてきますが、完全な詐欺ですので注意してください。

また路上で、お金を賭けさせボールの入っているコップを当てるゲームがあります。

旅行者を信用させるため、観客役のグルがいて、その場の雰囲気を盛り上げ、詐欺を行いますので、絶対に誘いに乗らないようにしましょう。

パリ全体の治安に関しては「パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法」で詳しく解説しています。

パリに行く全ての旅行者に読んでいただきたいおすすめ記事です。

パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

ロダン美術館まとめ

ロダン美術館は、パリにある美術館の中では小規模ですが、非常に見応えのある美術館です。

彫刻にあまり興味のない人でも、ロダンが生み出した作品を間近で見れば、その迫力と研ぎ澄まされた感性にきっと感動するはず!

ミュージアムパスを持っている人はぜひぜひ短時間でもロダン美術館に足を運んでみてください!

ロダン美術館
住所77 Rue de Varenne, 75007 Paris 地図
最寄メトロ13号線Varenneヴァレンヌ
RER C線Invalidesアンヴァリッド
時間10:00-17:45
定休月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金大人10ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttp://www.musee-rodin.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる