新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/3/31現在、コロナウイルスの影響によってフランスには入国できません。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

グルメ・レストラン

在住者厳選!フランス土産におすすめの人気ワイン銘柄と選び方のコツ

フランス土産にぴったりの有名ワインと選び方

 

フランスのアルコールといえばやっぱりワイン!

しかし実際フランスに行ったところで、

おにちゃん
おにちゃん
どんなワインを購入すればいいんだろう…

と迷ってしまうと思います。

そこで、今回の記事ではフランス在住16年のミモザさんにフランスワインについて色々と教えていただきました。

ミモザ
ミモザ
在住者ならではの豊富な知識で、フランスワインの種類、選び方のコツ、おすすめ銘柄、購入するのに最適なお店など詳しくご紹介していきますのでお楽しみに♪
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


フランスワインの種類

ワインというとまず赤ワインや白ワインを思い浮かべますが、それ以外にもロゼワイン、スパークリングワインなどがあります。

呼び方が変わっても、どれもブドウを搾って発酵させたワインのこと。

ミモザ
ミモザ
スパークリングワインといえば、誰もがご存知のシャンパンがありますが、発泡性のワインがすべてシャンパンだと思っていたら大間違い!

フランスのシャンパーニュ地方で取れたブドウを使い、シャンパーニュ方式の伝統的製法で作られたものだけがシャンパンと呼ばれるのです。

それ以外のものはVin Mousseuxヴァン・ムスーといいます。ムスーはフランス語で泡という意味。

フランスワインの産地と特徴

フランスではほぼ全域でワインが生産されています。

代表的な産地は以下の6つ。

  1. ボルドー Bordeaux
  2. ブルゴーニュ Bourgogne
  3. シャンパーニュ Champagne
  4. アルザス Alsace
  5. ヴァル・ド・ロワール Val de Loire
  6. コート・デュ・ローヌ Côtes du Rhône

この中で三大銘醸地といわれているのはボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ

ブドウ栽培に適した気候と地形と土壌に恵まれた地域で、高級ワインの産地です。

ボルドー Bordeaux

フランスのワインといえば、ボルドーをすぐにイメージするほど世界的に有名な産地。

良質なワインを多く生み出していることから、「世界のワインの宝庫」といわれています。

フランスのワインは、法律によりワインの品質が分類されており、AOCワインの3分の1以上がボルドーで生産されています。

AOCワインとは、指定された産地で生産されるワインのことで、簡単にいうと品質が保証された国のお墨付きワインということです。
日本に輸入されているほとんどのワインがAOCワイン。

メドック地区 Médoc

メドック地区はボルドーを代表する赤ワインの産地で、1本が数十万もする高価なワインもあります。

中でも

  • Château Margauxシャトー・マルゴ
  • Château Lafite Rothschildシャトー・ラフィット・ローシルト
  • Château Latourシャトー・ラトゥール

は、メドックの3大貴族と呼ばれています。

もちろんこれらのワインはなかなか飲めるものではありません。

mari
mari
日本の通販サイトでは10万円前後で販売されていました・・・。すごい!

お土産に買うのであれば、やっぱり安くて美味しいワインです!

数あるワインの中からお気に入りのワインを選ぶのは至難の業ですが、「Cru Bourgeoisクリュ・ブルジョワ」と表記されたラベルの付いたワインを購入する際の目安にしてみてください。

クリュ・ブルジョワ認証の対象の産地名アペラシオン

  • Médocメドック
  • Haut-Médocオーメドック
  • Moulisムリス
  • Listracリストラック
  • Pauillacポイヤック
  • Saint-Julienサン・ジュリアン
  • Saint-estèpheサン・テステフ
  • Margauxマルゴー
ミモザ
ミモザ
価格の高い格付けシャトーのワインと違い、安くて高品質のワインが手に入ります。

グラーヴ地区 Graves

赤と白の良質のワインが作られているグラーヴ地区は辛口ワインで有名。

グラーヴ地区で最も有名なのが「Chateau Haut Brionシャトー・オー・ブリオン」。

1855年に行われたメドックの格付けで、グラーヴ地区から唯一選ばれたワインです。

シャトー・オー・ブリオンはさすがに高額ですが、グラーヴ地区のワインは価格の手頃なものが多く、お土産におすすめです。

ソーテルヌ地区 Sauternes

ソーテルヌ地区は貴腐ブドウから作られた甘味な芳香をもつ甘口の白ワインで知られています。

なかでも「Château d’Yquemシャトー・ディケム」は、世界三大貴腐ワインのひとつといわれています。

サンテミリオン地区 Saint-Emilion・ポムロール地区 Pomerol

サンテミリオン地区とポムロール地区のワインは、メルロー種のブドウで作られた豊かなコクと力強さのある赤ワインが特徴です。

気軽に飲むものから極上のものまで、価格もさまざま。

ブルゴーニュ Bourgogne

ボルドーと並んで有名なのがブルゴーニュのワイン。

ボルドーが《ワインの女王》なのに対し、ブルゴーニュは《ワインの王》と呼ばれています。

日本でも有名なボジョレーやシャブリは、ブルゴーニュ地方のワイン。

ブルゴーニュには代表的な5つの地区があります。

  • Chablisシャブリ
  • Côte de Nuitsコート・ド・ニュイ
  • Côte de Beauneコート・ド・ボーヌ
  • Mâconnaisマコネー
  • Beaujolaisボジョレー

中でもCôte de Nuitsコート・ド・ニュイCôte de Beauneコート・ド・ボーヌは「黄金の丘コート・ドール」と呼ばれ、銘醸ワインの名をもつ村が集まっています。

シャブリ地区 Chablis

シャブリ地区は、辛口の白ワインで世界的に有名です。

シャブリ地区では4つの格付けが行われていて

  • Grand Cruグラン・クリュ(特級)
  • Premier Cruプルミエ・クリュ(1級)
  • Chablisシャブリ
  • Petit Chablisプティ・シャブリ

と分けられています。

コート・ド・ニュイ地区 Côte de Nuits

コート・ド・ニュイ地区は約9割以上が赤ワインです。

幻のワインといわれる「Romanée-contiロマネ・コンティ」やナポレオンがこよなく愛した「Chambertinシャンベルタン」など、素晴らしいワインが揃います。

コート・ド・ボーヌ地区 Côte de Beaune

コート・ド・ボーヌ地区の約8割が赤ワインですが、白ワインも有名。

なかでも世界最高の白ワインといわれる「Montrachetモンラッシェ」や「Corton Charlemagneコルトン・シャルルマーニュ」などのグラン・クリュがあります。

マコネー地区 Mâconnais

マコネー地区には、最高級の辛口白ワインで有名な「Pouilly Fuisséプイィ・フュイッセ」があります。

Pouilly Fuisséプイィ・フュイッセ」に似たタイプのワインとして、「Saint-véranサン・ヴェラン」があります。隣り合わせのためワインのタイプが似ていますが、価格がリーズナブル。

ボジョレー地区 Beaujolais

日本でもすっかりおなじみの「Beaujolais nouveauボジョレー・ヌーボー」。

タンニンの少ないフルーティなワインが特徴です。

お値段もリーズナブルなものが多く、生産してから2〜3ヶ月以内が飲み頃。

ちなみに「Beaujolais nouveauボジョレー・ヌーボー」と「Beaujolais ボジョレー」の赤ワインは製法が異なります。

ボジョレーには4つのAOCがあります。

  • Cru Beaujolaisクリュ・ボジョレー
  • Beaujolais Villagesボジョレー・ヴィラージュ
  • Beaujolais superieursボジョレー・シュペリュール
  • Beaujolaisボジョレー

Cru Beaujolaisクリュ・ボジョレーは、ボジョレーの中で最も格上のワインです。

シャンパーニュ Champagne

シャンパーニュは、スパークリングワインの代名詞シャンパンの生産地

ミモザ
ミモザ
シャンパンと名乗れるのは、シャンパーニュ地方で取れたブドウで、かつシャンパン方式で作られたものだけ。

それ以外のものはVin Mousseuxヴァン・ムスーといいます。

使われるブドウは、Pinot noirピノ・ノワールPinot Meunierピノ・ムニエChardonnayシャルドネの3種類のみ。

シャンパンは極甘口から極辛口まであり、

↑甘口

  • douxドゥ
  • demi-secドゥミ・セック
  • Extra-secエクストラ・セック
  • brutブリュット
  • Extra-brutエクストラ・ブリュット

↓辛口

上から順に甘口→辛口になります。

シャンパンの二大生産地EpernayエペルネMoët & Chandonモエ・エ・シャンドン社の「Dom Pérignonドン・ペリニョン」は、世界的に有名なシャンパン。

アルザス Alsace

ドイツ国境に隣接したアルザスは、フルーティで軽い口当たりが特徴のワインです。

ドイツの影響が強くブドウの品種もドイツとよく似ていますが、ドイツのワインは甘口なのに対し、アルザスのワインは辛口です。

代表的なブドウの品種は、GewürztraminerゲヴェルツトラミネールRieslingリースリングPinot Grisピノ・グリMuscatミュスカ

フランスのワインは地域名がワイン名になっていますが、アルザス地方のワインは、ブドウの品種がワイン名になっているものがほとんどです。

ヴァル・ド・ロワール Val de Loire

美しい古城が点在するロワール流域は、ワインの産地としても有名で、赤、白、ロゼ、スパークリングワインと多種多様なワインを生産しています。

フルーティで若いうちに飲むワインがほとんどで、

代表的なものは

  • 辛口白ワイン「Muscadetミュスカデ」「Sancerreサンセール
  • 中甘口のロゼワイン「Rosé d’Anjouロゼ・ダンジュ
  • 赤ワイン「Chinonシノン

などがあります。

ロワール地方全体で作られているスパークリングワイン(Vin Mousseuxヴァン・ムスー)には、「Cremant de Loireクレマン・ドゥ・ロワール」があります。

優しい泡立ちで、甘口から辛口までバリエーションがあり、価格もシャンパンに比べリーズナブルです!

コート・ド・ローヌ Côtes du Rhône

ローヌ川流域に広がるコート・ド・ローヌ地方では、ヴァル・ド・ロワールのワインと同じように赤、白、ロゼ、スパークリングと多種多様なワインを産出し、味も甘口から辛口までバラエティーも豊か。

濃厚な味わいと芳香をもった力強いタイプのワインが特徴で、北部で作られる「Hermitageエルミタージュ」は代表的な赤ワインです。

お土産用フランスワインの選び方

ワインは人の好みが大きく分かれるお酒。

まずワインを選ぶときに大切なことは、相手の好みを確認しておくことです!

ワインといっても、赤、白、ロゼ、スパークリングと4種類のワインがあり、味も極甘口から極辛口までさまざまです。

星の数ほどあるワインの中から好みに合ったワインを選ぶのは、なかなか至難の業。

ミモザ
ミモザ
そこで、どれを買おうか悩んだときに参考になる「ワインの選び方」をご紹介していきます!

フランスワインの格付けで選ぶ

ワインがあまり詳しくない方でもお土産選びに安心して頼れるのが、フランスワインの格付けです。

AOCワインやテーブルワインなど、どこかで一度は耳にしたことがありませんか?

フランスのワインは、ワインの品質によりテーブルワイン指定地域優良ワインの大きく2つに分けられます。

そこからさらに2種類ずつ計4つのクラスに格付けされています。

上から高い順に

  • AOC(原産地名称統制ワイン)
  • VDQS(上質指定ワイン)
  • Vin de Paysヴァン・ド・ペイ
  • Vin de Tableヴァン・ド・ターブル

フランスワインの約50%はVin de Tableヴァン・ド・ターブル(テーブルワイン)です。

格付けが高くなればなるほど、生産量は少なくなり、価格も高くなります。

ちなみに、日本へ輸入されているフランスワインのほとんどはAOCワイン。

「AOCワインでなければ、美味しくないのか」といったらそれは間違い。Vin de Tableヴァン・ド・ターブルに格付けされたワインでも、安くて美味しいワインがたくさんあります。

ミモザ
ミモザ
普段フランス人の食卓に上るワインは、他でもないVin de Tableヴァン・ド・ターブルなのです。

ブドウの品種で選ぶ

[赤]カベルネ・ソーヴィニヨン Cabernet Sauvignon

ボルドー地方の代表的な品種で、タンニンが強く、皮の色も濃いため渋いワインができます。

メドック地区のワインのほとんどがこの品種で、個性が強く、ゆっくり熟成させると複雑で風味のある味わいになります。

[赤]カベルネ・フラン Cabernet Franc

ボルドー地方のサンテミリオン地区やロワール地方で多く栽培されている品種で、繊細でシャープなワインを生み出します。

[赤]ピノ・ノワール Pinot noir

ブルゴーニュ地方の高級ワインの代表的な品種。他の品種とブレンドせず、単独で使用します。

カベルネ・ソーヴィニヨンよりタンニンが少なく、若いうちはフルーティな香りで、熟成すると豊潤な味わいになります。

[赤]メルロー Merlot

ボルドー地方のサンテミリオン地区やボムロール地区の主要品種で、カベルネ・ソーヴィニヨンに比べタンニンが少なめで、柔らかでコクのあるワインが特徴です。

他の品種とのブレンドにもよく使われ、まろやかで複雑な風味を生み出します。

[赤]ガメイ Gamay

ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で栽培されている品種で、ボジョレー・ヌヴォーで知られています。

フレッシュな香りとフルーティな味わいで、主に若いうちに飲むタイプのワインです。

[赤]シラー Syrah

ローヌ地方北部で栽培されている品種です。黒こしょうのようなスパイシーな香りが特徴で、力強くエレガントな味わいです。

[白]シャルドネ Chardonnay

ブルゴーニュ地方の高級白ワインの代表的な品種で、酸味と甘みのバランスがよく、香りの強い辛口の白ワインが作られます。

シャンパーニュ地方の主要品種でもあり、シャンパンもこの品種から作られています。

[白]セミヨン Sémillon

シャトー グラン ジャン 白 ヴィエイユ ヴィーニュ 2017 750ml 白ワイン セミヨン フランス ボルドー
created by Rinker

ボルドー地方の代表的な白ワイン用の品種で、グラーヴ地区では辛口白ワインに、ソーテル地区では甘口(貴腐)ワインが作られています。

[白]ソーヴィニヨン・ブラン Sauvignon blanc

ボルドー地方とロワール地方で主に栽培されている品種で、ボルドーではセミヨンとブレンドされ、個性的な辛口白ワインが作られています。

ロワール地方では単独で使われ、カシスの芽のようなハーブの香りが特徴。

[白]ゲヴェルツトラミネール Gewürztraminer

ゲヴェルツとはドイツ語で香辛料の意味で、スパイシーな味わいが特徴の品種。

アルザス地方の辛口白ワインに使われ、華やかな香りと独特の個性ある高貴な味わいです。

[白]ミュスカデ Muscadet

ロワール地方の辛口ワインに使われる品種で、シュール・リー製法で作られる爽やかでフルーティな味わいが特徴です。

[白]リースリング Riesling

アルザス地方を代表する優良品種で、甘口から辛口までバラエティーに富んだワインが作られます。酸味のきいた上品な香りが特徴。

味わい(ボディ)で選ぶ

白ワインの味わいは甘口辛口といった言葉を使いますが、赤ワインの味わいについては、「ボディ」という表現が使われます。

ボディの種類は3つ

  • フルボディ-深みのある濃厚な味わい
  • ミディアムボディ-中間的
  • ライトボディ-軽やかでフルーティー

ワインのアルコール度数やポリフェノールの違いなど、さまざまな要素によってボディの表現が変わってきます。

コクがあり濃厚な味わいが好みならフルボディ

フルボディは深みのある色合いで、タンニンによる渋みが強く、口当たりが余韻にかけて重厚感のあるのが特徴。

長期熟成型の高級ワインは、すべてフルボディと思われがちですが、実際はそうではありません。

例えば、ピノ・ノワールで作られたブルゴーニュ地方の高級赤ワインなどは、ミディアムボディのものがほとんどです。

バランスの良い中間的な味わいが好みならミディアムボディ

ミディアムボディは名前の通り、フルボディとライトボディの中間的な味わいで、飲みやすく、誰にでも美味しく飲めるワインです。

軽やかでフルーティな味わいが好みならライトボディ

ライトボディはタンニンが穏やかで、フルーティでフレッシュな味わいが特徴。

すっきりとした飲みやすいワインなので、ワイン初心者にもピッタリ!

ライトボディは安いワインと思われがちですが、高級ワインにもライトボディは見られます。

産地で選ぶ

フランスでは、ほぼ全域でワインが作られています。

代表的な産地は以下の6つ。

  1. ボルドー Bordeaux
  2. ブルゴーニュ Bourgogne
  3. シャンパーニュ Champagne
  4. アルザス Alsace
  5. ヴァル・ド・ロワール Val de Loire
  6. コート・デュ・ローヌ Côtes du Rhône
ミモザ
ミモザ
旅行者におすすめのワインは、ボルドー・ブルゴーニュ・シャンパーニュ・アルザスの4つ

産地ごとの特徴については冒頭の「フランスワインの産地と特徴」で解説した通りです。

必ずしも高いワインがいいわけではない

ワインは安いものから目が飛び出るほどの高級なものまでありますが、必ずしも高いワインが美味しいとは限りません!

ワインにはそれぞれ個性があり、そのワインの個性を好む人には高い値段を払う価値がありますが、そうでない人には、せっかく高い値段で購入しても美味しいとは感じないのです。

在住者が選ぶ、フランス土産におすすめ人気ワイン

ぶどうの種類や産地について詳しくご紹介してきました。

ミモザ
ミモザ
最後にわたしが実際にお土産用のワインを選ぶときのポイントをお伝えしたいと思います!

受賞ワイン

メダル付きのフランスワインメダル付きのフランスワイン

130年の歴史をもつパリ農産物ワインコンクール(Concours General Agricole Paris)は、毎年パリで開催される農産物を対象とした最大のコンクールです。

わたしはここで受賞したワインをよくお土産にします!

金・銀・銅のロゴ入りのシールがボトルに貼ってあるので、一目で分かります。

メダル付きのフランスワインメダル付きのフランスワイン

受賞ワインというと高価なイメージを持つかもしれませんが、10ユーロ以下で買えるものもたくさんあります。

受賞ワインなので外れることもなく、安心してお土産にできますよ♪

人気のオーガニックワイン

AB認証マーク付きのオーガニックワインAB認証マーク付きのオーガニックワイン

フランスのオーガニック認証機関「AB(Agriculture Biologique)」によって認められたワインで、健康志向の高まるフランスで人気が出ています!

認証されたワインには、AB認証マークのラベルが貼られており、リーズナブルなお値段で購入できるのも魅力のひとつです。

決められないときはワインショップで相談

ミモザ
ミモザ
ワイン選びに迷ってどうしても自分で選べない場合には、ワインショップへ行きましょう♪

ワインショップにはワインに詳しい店員さんが必ずいます。

ワインの知識がなくても、「好み」「目的」「予算」を伝えれば、それに応じたワインを選んでくれます。

パリでワインのお土産を購入するのにおすすめの場所

美味しいフランスワインは、パリのスーパーでも購入することができますが、自分でワインを選ぶのに自信のない方は、ワインショップで購入すると良いでしょう。

ここでは、パリのおすすめのワインショップをご紹介します!

ニコラ NICOLAS

フランス大手チェーンのニコラフランス大手チェーンのニコラ

フランス全土で展開する大手ワインショップのNICOLASニコラ

パリ市内にたくさんの店舗があります。

リーズナブルなワインからヴィンテージワインまで、幅広い商品を取り揃えています。

NICOLASの店員さんは気さくな人が多く、親切に教えてくれます。

マドレーヌ店、サントノーレ店、オペラ店では、欧州ヤマト運輸と提携しており、ワインを日本へ国際宅急便で発送してくれるサービスもあって便利。

ニコラ
住所フランス国内に500店舗以上
HPhttps://www.nicolas.com/fr/

ラヴィニア Lavinia

パリ中心部にあるワイン専門店のLaviniaラヴィニア

フランス各地から選りすぐりのワインを集め、4,000種類以上のワインが並びます。

ワインを試飲することができるほか、日本語が堪能なスタッフも常駐しているので安心してお買い物が楽しめます。

おにちゃん
おにちゃん
お世話になった方へのプレゼントに、ここでワインを買ったことがあります!
そのときは残念ながら日本語対応してくれるスタッフはいませんでしたが、語学が堪能でないわたしでも丁寧に接客してもらえました。ワイン選びが楽しかったです
Laviniaラヴィニア
住所3-5 Boulevard de la Madeleine, 75001 Paris 地図
最寄り8,12,14番線Madeleineマドレーヌ
営業時間月〜土 10:00-20:30
HPhttps://www.lavinia.fr/fr

ラ・グランド・エピスリ・ド・パリ La Grande Épicerie de Paris(ボンマルシェ)

La Grande Épicerie de Paris 地下ワインコーナーLa Grande Épicerie de Paris 地下ワインコーナー

ボンマルシェ食品館「La Grande Épicerie de Parisラ・グランド・エピスリ・ド・パリ」の地下1階には、フランスが誇る銘醸地のワインが集められたワインセラーがあります。

ワイン以外のお土産も一通りそろうのでデパートの買い物もおすすめです。

ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ
住所38 Rue de Sèvres, 75007 Paris 地図
最寄り10・12番線Sèvres-Babyloneセーヴル・バビロヌ
営業時間月〜土 10:00-19:00
HPhttps://www.lagrandeepicerie.com/en/

関連記事ボン・マルシェ完全攻略!行き方・見どころ・お土産徹底ガイド

デュクロ・ラ・カーブ DUCLOT LA CAVE(ギャラリーラファイエット)

ギャラリー・ラファイエットのグルメ館1階 DUCLOT LA CAVEギャラリー・ラファイエットのグルメ館1階 DUCLOT LA CAVE

ギャラリー・ラファイエットのグルメ館1階「DUCLOT LA CAVEデュクロ・ラ・カーブ」には、450㎡のワインセラーがあります。

所蔵するワインは2,500種類以上。おしゃれなディスプレイは圧巻!

ボルドーワインとシャンパンを中心にフランス各地のワインが揃います。

デュクロ・ラ・カーブ
住所35, boulevard Haussmann 75009 Paris 地図
最寄り7・9番線Chaussée d’Antin La Fayetteショセ・ダンタン・ラ・ファイエット
営業時間月〜土 9:30-20:30 日 11:00-20:00
HPhttps://www.duclot.com/our-stores/

関連記事ギャラリー・ラファイエット完全攻略!欧州最大規模の老舗デパートでお買い物

フランスワインを購入したら免税手続きを忘れずに

タックスフリー加盟店で、同じ日に購入した金額が175.01ユーロを超えた場合、免税が適用されます。(※EU圏外の居住者対象)

食品、一部書物は免税対象外ですが、ワインは免税の対象になります。

日本にワインを持ち込む場合の免税範囲は以下の通り。

フランスワインのフルボトル容量は750mlで、成人1人当たり3本までが免税範囲
4本目以降は課税対象。

免税については「フランス・パリの免税手続きは簡単!必要書類・手順・空港での流れを徹底解説」で詳しく紹介しています。

フランスワインを飛行機で持ち帰る際の注意事項

海外から日本へ何度かワインを持ち帰ったことがありますが、今のところ途中で割れてしまったことは一度もありません。

mari
mari
経験上、ガラスのグラスや陶器の食器でなければほぼ大丈夫かなと思います。

ワインを割らずに持ち帰るための工夫

スーツケースに入れて持ち帰る場合、ポリエチレン気泡緩衝材(プチプチの梱包材)に包んで持ち帰ると安心です。

スーツケースに入れる際、外側からの衝撃を直接受けにくいところに入れ、隙間にはタオルや洋服などできっちり埋めてワインが動かないように固定すると割れ防止になりますよ!

プチプチがない場合は、なるべく洋服などの真ん中に入れておくようにしましょう。

在住者おすすめフランスワイン土産まとめ

ワイン大好きなフランス人と国際結婚されているミモザさん!さすがの知識でわたし自身めちゃくちゃ勉強になりました。

これまで何を買ったらよいか、よくわかりませんでしたが、選び方のポイントを理解することができたので今後は安心です。

フランスワインは、産地によってはっきりと個性が分かれる特徴があります。ワインを知るには、実際にいろいろなワインを飲んでみるのが一番!

ワインに深い知識がなくても楽しめるのがワインの世界♡この機会に、ぜひ好みに合ったワインを探してみてくださいね!

最後に、ワインについて興味がわいたので、もう少し勉強してみたいなという方におすすめの書籍を選んでみました。

この記事をきっかけに、ワイン好き仲間が増えると嬉しいです♡

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる