6区(サンジェルマンデプレ)

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館を旅のプロが地図付きでご案内|行き方・チケット・見どころ徹底ガイド

19世紀フランスのロマン主義を代表する画家といえば、ウジェーヌ・ドラクロワ。

豊かな色彩とドラマチックな描写で独自の世界を作り出しました。

代表作に《民衆を導く自由の女神》や《キオス島の虐殺》などがあります。

晩年、ドラクロワは壁画を制作するため、サン・シュルピス教会近くのアパルトマンに移り住み、12年もの歳月をかけて完成させました。

そしてアトリエ兼自宅だった場所は、ドラクロワの死後、美術館として生まれ変わりました。

このページでは、現在ルーブル美術館の分館として公開されている国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館についてご紹介していきます。

日本人が見落としがちな観光の注意点・周辺の治安についても詳しく記載しています。ぜひ最後までご覧ください!

こんな方におすすめ!
  • ドラクロワゆかりの地に興味あり
  • ミュージアムパスを持っている
  • 周辺の治安が気になる
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

パリ観光におすすめ!!
パリミュージアムパスって知ってる?

パリ市内とパリ近郊の
美術館や観光スポットなど
50ヶ所以上へ入場し放題のパス

パリミュージアムパス

これがあればチケット売り場に並ぶ
無駄な待ち時間を無くせます!!

この記事で紹介している施設はミュージアムパス対象スポットなので、パスの利用を検討してみる価値は十分アリ◎

詳しく知りたい人は参考にしてね
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館観光情報

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館(Musée National Eugène Delacroix)国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館(Musée National Eugène Delacroix)

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館(Musée National Eugène Delacroix)は、ドラクロワが1857年から1863年までアトリエ兼自宅として使っていた場所です。

サン・シュルピス教会の壁画を仕上げるため、ドラクロワはサン・ジェルマン・デ・プレ界隈のこの場所に移り住みました。

ドラクロワの死後、アトリエの解体が計画されましたが、Maurice Denisモーリス・ドニPaul Signacポール・シニャックÉdouard Vuillardエドゥアール・ヴュイヤールなどの画家たちが結成した「ウジェーヌ・ドラクロワ友の会」により免れ、1971年に国立ウジェーヌ・ドラクロワとして開館しました。

2004年にはルーブル美術館と併合し、ルーブル美術館の分館として公開されました。

おすすめ観光の周り方

ドラクロワ美術館のあるパリ6区は、お洒落エリアといわれるサン・ジェルマン・デ・プレ

パリ最古の教会といわれる「サン・ジェルマン・デ・プレ教会」を中心とした洗練された雰囲気のあるエリアで、有名な美術学校「パリ国立高等美術学校(École des Beaux-Arts)」もあります。

歴史ある老舗カフェが立ち並び、なかでもカフェ・ド・フロール、レ・ドゥ・マゴ、ブラスリー・リップの3つには、ジャン・ポール・サルトルをはじめ、多くの文化人たちのたまり場でした。

お洒落なブティックも多く、ぶらぶらと街歩きをするのが楽しいエリアです!

ドラクロワ美術館から徒歩10分圏内の代表的なスポットは以下の通り。

ぜひ併せて観光を楽しんでくださいね!

周辺には他にも見どころがあり、「パリ6区サンジェルマンデプレ界隈で絶対行きたい人気観光スポット」で詳しい歩き方の解説をしています。

↓観光地の位置関係をGoogleマップにまとめました。ぜひ活用ください。

地図の使い方をみる

Googleマップの使い方Googleマップの使い方

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

パリ版はこちら

地球の歩き方が苦手な人におすすめしたいのは、写真が多めで読みやすい雑誌タイプのガイドブック。(るるぶトリコガイドなど)

30日間無料で体験できるKindleUnlimitedで読めるものも多いので、サラッと立ち読みして好みのガイドブックを見つけるのも◎

フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめは地球の歩き方旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ネッ...

シティパスを活用する

わたしは美術館好きなので、ヨーロッパのある程度の都市に行くと必ずシティパスがないか確認します。

限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

ドラクロワ美術館ももちろん対象!

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの主要な美術館や歴史的建造物など50ヶ所以上の施設に入場できる共通パスポート。日本で事前に購入も可能。

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

短期間で複数の観光スポットを周るスケジュールでない場合は、チケットのみを事前購入するのもおすすめです。

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館見どころ

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館

ドラクロワ美術館のコレクションは1000点以上にのぼり、《民衆を導く自由の女神》の習作をはじめ、絵画、デッサン、版画、ドラクロワの使っていたパレット、自筆の手紙、ドラクロワを敬愛した芸術家たちの作品などが見どころです。

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館

絵画だけでなく、音楽や文学にも造詣が深かったドラクロワは、フレデリック・ショパンやジョルジュ・サンドとも親交があり、2人の肖像画も描いています。

死後、ドラクロワのアトリエから未完成の肖像画が見つかりましたが、2つに切り取られ別々に売り出されたため、現在、《フレデリック・ショパンの肖像》はルーブル美術館に、《ジョルジュ・サンドの肖像》はデンマークのオードロップゴー美術館(Ordrupgaard Museum)に所蔵されています。

ウジェーヌ・ドラクロワとは

ドラクロワ《自画像》ルーブル美術館ドラクロワ《自画像》ルーブル美術館
ウジェーヌドラクロワ(Eugène Delacroix)
出没年1798年4月26日-1863年8月13日 65歳で結核性喉頭炎により死去
様式・流派ロマン派(ロマン主義)
出身フランス(シャラントン・サン・モーリス)
代表作《民衆を導く自由の女神》ルーブル美術館
《サルダナパールの死》ルーブル美術館
《キオス島の虐殺》ルーブル美術館
《アルジェの女たち》ルーブル美術館
影響を受けた人物テオドールジェリコ

ここまで来られた方はおそらく大半がドラクロワのファンだと思うので、わたしより詳しい方も多いと思いますが、ドラクロワに関して経歴をザっとご紹介しておきます。

Eugène Delacroixウジェーヌ・ドラクロワは19世紀フランスのロマン主義を代表する画家。

1798年4月26日にCharenton-Saint-Mauriceシャラントン・サン・モーリス(※現在のSaint-Mauriceサン・モーリス)で誕生。外交官の父親をもち、裕福な家庭で育ちました。

1815年、母方の叔父で画家のHenri-François Riesenerアンリ・フランソワ・リーズネールのすすめもあり、ドラクロワは新古典主義画家Pierre-Narcisse Guérinピエール・ナルシス・ゲランのアトリエに入門。

そこでロマン主義の先駆者Théodore Géricaultテオドール・ジェリコーと知り合い、ジェリコーの代表作《メデューズ号の筏》に大きな衝撃を受けます。

1822年、初のサロンで《ダンテの小船》を出品します。審査員のAntoine-Jean Grosアントワーヌ・ジャン・グロが絶賛し、強力な推薦により入選。

1824年のサロンには、実際に起きた事件(ギリシア人がオスマン帝国軍によって虐殺)を題材にした《キオス島の虐殺 Scène des massacres de Scio》を出品し、賛否両論を巻き起こしました。

ドラクロワ《キオス島の虐殺 Scène des massacres de Scio》ルーブル美術館ドラクロワ《キオス島の虐殺 Scène des massacres de Scio》ルーブル美術館

民衆を導く自由の女神》や《キオス島の虐殺》などの作品は、フランス政府によって買い上げられ、名声を高めました。

ドラクロワ《民衆を導く自由の女神 La Liberté guidant le peuple》ルーブル美術館ドラクロワ《民衆を導く自由の女神 La Liberté guidant le peuple》ルーブル美術館

ちなみに《民衆を導く自由の女神》は、旧フランスの紙幣の100フラン札にドラクロワの肖像とともに描かれています。

同年、ドラクロワはレジオン・ドヌール勲章を受勲。その後フランス政府の外交使節団に随行し、モロッコやアルジェリアなど北アフリカの国々を訪問しています。

晩年は、リュクサンブール宮殿、国会議事堂、パリ市庁舎など政府の依頼による大規模な公共建設物の装飾画を手がけ、1855年のパリ万国博覧会では特別室を与えられました。

ドラクロワゆかりの地4選!フランス・パリを巡る旅パリ在住のアートファンがフランス画家ドラクロワの人生や代表作を振り返りながらゆかりの地をまとめました。専門的な記事ではなく、アート初心者へ楽しみながら旅してもらうためのしおりとして使っていただけると嬉しいです。...

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館の口コミ・評判

サンジェルマンデプレに近い小さなドラクロワ美術館。ドラクロワと仲間たちのアトリエに、美術館があります。ここは中庭がお気に入り。喧騒を感じさせない静かな庭のベンチで、ゆっくり過ごすのがお気に入り。(Googleレビュー)

こじんまりとした美術館です。美術館ように建てられた建物でなく、個人宅を美術館としたので館内は狭く階段は少し急です。夏あたりに行くと油絵の独特な香りもするので、香りに敏感な方は気になる人は気になるかもしれません。展示作品数は多くないですが、あまり来場者が多くないのかゆっくりと見ることができ中庭があり、天気がいい日だと日向ぼっこができるのでゆっくりとした時間を過ごされたいときにはオススメの美術館です。(Googleレビュー)

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館の行き方・アクセス

メトロで行く

最寄り駅は、メトロ4号線Saint-Germain-des-Présサンジェルマンデプレ。駅から美術館までは徒歩4分です。

近くには、ドラクロワが12年もの歳月をかけて完成させた壁画のあるサン・シュルピス教会があります!

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

バスで行く

39・63・89・95番 Saint-Germain-des-Présサン・ジェルマン・デ・プレ下車。

教会の周りを囲むようにバス停が3つあります。どのバス停も教会の目の前なので便利です!

関連記事パリの路線バスの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して、安くバスやメトロに乗る方法があります。 チケットの種...

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館のチケット情報・営業時間・所要時間

入場料金

チケットは、当日窓口で購入できるほか、公式サイトからの購入も可能です。

  • 大人 7ユーロ
  • 26歳未満(ヨーロッパ在住者)無料
  • ルーブル美術館の入場券をお持ちの方 無料
  • 毎月第一日曜日 無料
  • 7月14日 無料
  • パリ・ミュージアム・パス 利用可

短期間でパリを観光するならパリ・ミュージアム・パス

ドラクロワ美術館はパリ・ミュージアム・パスを利用できる施設です。

パリミュージアムパスパリ・ミュージアム・パス
パリ・ミュージアム・パスとは、パリ市内とパリ近郊の美術館や観光スポットなど約50ヶ所の施設に入場し放題の券。対象スポットはルーブル美術館やオルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿など有名どころも多数。

パリミュージアムパスは優先入場に対応

入口でパスを提示するだけで施設に入場できるので、チケット買う必要がなくなって大幅な時短になります。

期間中にパス対象の観光スポットを複数周れるなら入場料金もお得に!

例えば、2日券を購入した場合、2日間で4~5ヶ所くらい周ればお得になります。

mari
mari
正直、料金が安くなるどうこうではなく、チケット列に並ばなくて良いのが大きなメリットだと思うのでぜひ活用してみてくださいね

英語やヨーロッパの言語に不安な場合は、出発前に日本の代理店で購入するのがおすすめです。

日本語で事前購入できる

パリ・ミュージアムパス
日本代理店サイトをみる

icon

※代理店で購入する場合、日本の自宅にチケットを送ってもらうことになるので早めの購入がおすすめです

※現地に着いてからであれば、GetYourGuideで購入できます

※ハイシーズンはミュージアムパスを持っていても予約が必要な施設もあるので、必ず公式サイトで最新情報をご確認ください
(過去に予約が必要だった施設 → ヴェルサイユ宮殿、サント・シャペル教会、コンシェルジュリー *ルーブル美術館は常に予約が必要です)

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

営業時間

  • 9:30-17:30

定休日

毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日

所要時間

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館は小さいので、15~30分くらい滞在される方が多いようです。ゆっくり見ても1時間あれば十分。

所要時間は人それぞれですが、参考にどうぞ!

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館周辺の治安

サンジェルマンデプレの中心にある老舗カフェ「カフェ・ド・フロール」サンジェルマンデプレの中心にある老舗カフェ「カフェ・ド・フロール」

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館のある6区は、文豪たちの通ったカフェやお洒落なブティックが集まる治安の良いエリアです。

昼間は旅行者で賑わう場所なので、スリなどの対策だけきちんととって荷物に気をつけていれば特段問題なく観光することができます。

夜も多くのフランス人、旅行者がレストランなどで食事をするエリアなので一人歩きでなければ街歩きも大丈夫です。

とはいえ、やはりパリですから混雑した場所ではカバンの中の貴重品を気づかないうちに盗まれたりすることもあり得ます。

リュックは狙われやすいので貴重品を別に持つか、ファスナーの付いたショルダーバッグなどを持つようにしましょう。

駅も広場もスリにあった!という声を聞きます。油断しないでくださいね!

スリ対策の基本

このエリアに限った話ではありませんが、パリ旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

特にホテルの立地は身の安全を確保する意味で超重要

わたしたちがパリで宿泊におすすめしている地域は下記の3つ。

もし金銭的に余裕があるのであれば、シャンゼリゼ通りヴァンドーム広場あたりのホテルがおすすめです。

旅のプロが教えるフランス・パリのホテル・アパルトマンの選び方と注意点 国内各地、世界70カ国以上旅したmariと、パリに在住経験のあるおにちゃんが、フランスでホテルを選ぶときに気を付けたこと、失敗し...

また、空港からホテルまでの移動はバスや電車が手軽ですが、最近はスリも増えています。せっかくの旅行が台無しにならないよう、タクシーや送迎を使うという手もあります。

特にハイブランドで買い物をした場合はケチらず安心を買いましょう。

日本語で予約できます

シャルルドゴール空港⇔パリ
空港送迎サービスをみてみる
icon

海外旅行保険に入る

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品保証が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

年会費無料でこれはお得すぎ

エポスカード
公式サイトをみてみる

mari
mari
カード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を書きました
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード今回はクレジットカードのお話。フランスは日本と違い完全にキャッシュレス社会です。 お財布にはあまりたくさんの現金を入れず、スーパー...
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

ウジェーヌ・ドラクロワ美術館まとめ

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館は、喧噪から離れた小さな広場にあります。

パリの隠れ家のような美術館で、賑やかな印象のサンジェルマン・デプレ界隈とはまた違った雰囲気が味わえます。

小さな美術館ですが、ドラクロワの晩年の様子がうかがえる素敵なところ。ルーブル美術館の付属美術館のため、ルーブル美術館の入場券で入れるのも嬉しいですね。

サンシュルピス教会 外観サンシュルピス教会 外観

また近くにあるサン・シュルピス教会には、ドラクロワの晩年の傑作といわれる壁画《天使とヤコブの闘い》、《神殿を追われるヘリオドロス》、《悪魔を倒す天使長聖ミカエル》がありますので、美術館と合わせて見学することをおすすめします!

国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館
住所6 Rue de Furstemberg, 75006 Paris 地図
最寄りメトロ4号線Saint-Germain-des-Présサンジェルマンデプレ
時間9:30-17:30
定休火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金大人7ユーロ
26歳未満(ヨーロッパ在住者)無料
ルーブル美術館の入場券をお持ちの方 無料
毎月第一日曜日 無料、7月14日 無料
HPhttp://www.musee-delacroix.fr/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる