基本情報・旅のヒント

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について

 

限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「パリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

パリ・ミュージアムパスを持っていれば、パリ市内とパリ近郊の美術館や観光スポットなど約60ヶ所以上の施設で入場チケットとして使うことができます。

正直なところ、2週間以上ゆっくりと時間をかけてパリに滞在する方にはあまりおすすめできませんが、2日間~6日間ほどの限られた時間でパリをガッツリ観光しようと思っているならかなりおすすめ!

なぜなら、チケット売り場に並ぶ待ち時間を省いて効率的に観光できるからです。

(季節やタイミングにもよりますが、パリの人気観光スポットの入場は大抵並びます。ルーブル美術館とか、オルセー美術館とか、ヴェルサイユ宮殿とか…)

おにちゃん
おにちゃん
限りのある貴重な滞在時間をチケット売り場の列で過ごすなんて、、超もったいない!

このページでは、パリ・ミュージアムパスの対象スポット・料金・購入方法をご紹介します!

パリ・ミュージアムパスは、出発前にネットで買えます!

特に人気なのは、パリ・ミュージアムパスにパリ市内の公共交通機関の乗り放題とセーヌ川クルーズのチケットがセットになったお得なチケット。

パリ・ミュージアムパスの
お得なセットチケットをみてみる
icon

※ミュージアムパス単体は、アクティビティ予約サイト「KKday」から購入すると、公式サイトで事前購入するよりも安く買えます。

パリ・ミュージアム・パスは美術館巡りに最適なフリーパスチケット


パリ・ミュージアムパスとは、ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの美術館や歴史的建造物に入場できる共通パスポートのこと。

一番のメリットは、待ち時間の短縮です。

パリ・ミュージアムパスを持っていれば、各施設で入場券を買う必要がなくなります。

パリの人気スポットは混雑する場所が多いですが、パスがあればチケット売り場に並ぶ必要はありません。チケット窓口でやりとりすることもないので、言語に自信がない方も安心。

また、ミュージアム・パス購入者限定の入口が設けられている対象スポットもあるので、スムーズな入場が可能です♪

使用期間内であれば、いくつでも対象スポットに入場でき、再入場も自由です。

パリ・ミュージアム・パスの対象スポット一覧

パリ・ミュージアムパスはパリ近郊の有名な観光スポットであればほとんど使うことができます。

パリ・ミュージアムパス公式サイト」から主な施設を抜粋してまとめてみました。(2017年4月現在の情報)

パリミュージアムパス対象の美術館

[]内は休館日です

パリミュージアムパス対象の人気建造物

[]内は休館日です

パリミュージアムパス対象のパリ郊外施設

  • ヴェルサイユ宮殿とトリアノン[月]
  • フォンテーヌブロー城[火]
  • マルメゾン城[火]
  • ランブイエ城[火]
  • コンピエーニュ城[火]
  • コンデ博物館/シャンティ城[火、毎年1月]
  • ヴァンセンヌ城
  • サンジェルマン・アン・レイ考古学博物館[火]
  • シャン城[火]
  • イヴリン県立モーリス・ドニ美術館[月]
  • メゾン・ラファイエット城[火]
  • ピエールフォン城
  • シャアリ修道院
  • ルネッサンス博物館/エクアン城[火]
  • セーブル陶磁器博物館[火]
  • サン・ドニ寺院
  • ポール・ロワイヤル博物館[火]
  • ムードン・ロダン記念館[月-木]
  • サヴォア邸[月]
  • 航空宇宙博物館[月]
[]内は休館日です

パリミュージアムパス対象スポットの注意点

  • 各施設の常設展のみ入場可能です。
  • 期間限定の特別展などは入場できません。
  • ミュージアムパスが使えない施設の例:エッフェル塔、マルモッタン美術館、ルイヴィトン美術館、カルティエ財団現代美術館など

パリ・ミュージアムパスの対象スポットに関する最新情報は「パリミュージアムパス公式サイト」(日本語)で確認してみてください。

パリ・ミュージアム・パスのチケット料金・種類

パリ・ミュージアム・パスは、使える期間が2・4・6日間の3種類があります。

価格は、パリ観光局の公式サイトで確認すると以下の通り。(2018年6月現在)

  • 2日間券:48ユーロ
  • 4日間券:62ユーロ
  • 6日間券:74ユーロ

※上記はあくまでもパリでの値段なので、日本で購入する場合や代理店を通した場合は異なる場合もありますので注意してください。

パリ・ミュージアムパスには子ども用・学生用のパスはありません。(美術館などの施設は18歳未満の方が無料の施設が多いです。パスポートを見せましょう。)

パリ・ミュージアム・パスは本当にお得?

パリ・ミュージアムパスは美術館などの観光施設を周るために作られたパスなので、複数の施設を訪れないと割高になってしまいます

では、一体どのくらい使えばお得なのか?

2日券を購入した場合で検証してみましょう!

2日間券=48ユーロ

パリの人気スポットは大体8ユーロ~15ユーロほど。2日間で5か所くらい周ればお得ということになりますね!

少し急ぎ足になるかもしれませんが、2日あれば5か所ほど回ることは可能です。

もし、私が5か所を周るとしたら…

1日目はパリ1区とシテ島周辺へ。

ルーブル美術館(15ユーロ)
ノートルダム大聖堂の塔(10ユーロ)
サント・シャペル教会(10ユーロ)

計3か所をまとめて観光!

2日目はちょっと足を延ばします。

ヴェルサイユ宮殿(18ユーロ)を半日強ぐらい観光。

パリに戻って凱旋門(10ユーロ)あたりは観光できそう。

計5か所で通常料金は63ユーロ。

ミュージアムパスを使えば15ユーロも得できます!

(1ユーロ=130円だとすると、15ユーロは約2,000円分)

特にルーブル美術館など、曜日によっては遅くまでやっている場所もあるので、営業時間を調べてうまく計画を立てると良いと思います!

mari
mari
とはいえ、ミュージアム・パスの良いところはやはり時間短縮

私が挙げたような過密スケジュールはイヤ!という方でも、チケット売り場に並びたくない方や、言語に自信がない方はミュージアムパスのメリットを十分得られると思いますよ。

パリ・ミュージアム・パスの購入方法


パリ・ミュージアムパスのおもな購入方法は3つあります。

【当日購入】パリ現地で買う方法

パリ・ミュージアムパスはパリ市内の観光局やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂などの主要観光施設、空港のインフォメーションカウンターなどで取り扱っています。

お土産屋さんやたばこ屋さんに置いていることもありますが、観光局や空港のインフォメーションセンターなどで購入するのが確実。

現地でも問題なく買えますが、ミュージアムパスを買ったり探したりする時間はもったいない!ミュージアムパスを利用するなら事前の購入を検討しましょう。

【事前購入】パリミュージアムパス公式サイトで買う方法

パリ・ミュージアムパスは、事前にパリミュージアムパス公式サイト(日本語)からネット購入できます。

現地で購入するよりやや割高の価格ですが、出発前に自宅にパスを配達してもらえるのでスムーズに観光できます。

パリミュージアムパス公式サイト購入の流れ

  • ネットや電話・FAXから注文する
  • 支払いは振り込みか現金払いのみ(円)
    2日券:6,800円、4日券:8,700円(2019年4月現在)
  • 注文後、ミュージアムパスが自宅に郵送される

パリミュージアムパス公式サイトの注意点

  • 出発日の7日前までに申し込みが必要
  • 送料がかかる場合がある
  • 現在は6日間券の取り扱いがない(2019年4月現在)

【事前購入】アクティビティ予約サイトを通して買う方法

公式サイト以外に現地ツアーなどアクティビティの予約ができるサイト(KKdayベルトラicon)を利用して、パリ・ミュージアムパスのチケットを購入することもできます。

公式サイトと同様、現地で購入するよりやや割高の価格になりますが、それぞれの予約サイトならではのメリットを考えると一概に悪いとは言えません。

KKdayならではのメリット

KKdayでは、パリ・ミュージアムパス単体のチケットをネット購入できます。

公式サイトで事前購入するよりも安く買えます

また、公式サイトでは出発の7日前までに申し込みが必要だったのに対して、KKdayは印刷不要なので現地に着いてからの購入も可能。

KKdayの注意点

  • バウチャー(引換券)を指定の場所でパスと交換する必要がある
  • まれにチケットが売り切れてしまう可能性も…!

KKdayで購入できるチケット

KKdayで購入できるのは、スマホで引き換えできるパリ・ミュージアムパス単体のチケット。(有料でバスツアーのオプションを付けることもできます)

スマホで引き換えOK!
パリ・ミュージアムパスをみてみる

ベルトラならではのメリット

ベルトラiconでは、パリ・ミュージアムパスと公共交通機関のチケットがセットになったお得なチケットをネットで購入することができます。

ミュージアムパス単体の価格と比べると少々割高に感じるかもしれませんが、それはパリ・ミュージアムパス以外のサービスとセットになっているためです。

ベルトラの注意点

  • バウチャーを現地に持って行き、指定の場所でパスと交換する必要がある
  • 購入画面で「バウチャーを印刷」と表示されたら印刷必須

ベルトラで購入できるお得なセットチケット

ベルトラで購入できるのは、パリ・ミュージアムパスパリ市内の公共交通機関の乗り放題セーヌ川クルーズがセットになったお得なチケット。

これがあればパリの観光はバッチリ

パリ・ミュージアムパスの
お得なセットチケットをみてみる
icon

おにちゃん
おにちゃん
ミュージアムパスとセットになっているセーヌ川クルーズは元在住者的にもかなりおすすめのアクティビティ。晴れた日はぜひ行ってほしい!
世界遺産セーヌ川の楽しみ方!「ビフォア・サンセット」の遊覧船に乗ってみようパリを舞台にした映画はどれだけあるのでしょうか?アメリ、ミッドナイトインパリ、ポンヌフの恋人、ムーランルージュ。ダヴィンチコードなどもあ...

パリ・ミュージアム・パスの使い方


ミュージアム・パスは、使用開始年月日と名前を書いて、各施設の入口で見せるだけ!

とっても簡単ですが、ミュージアムパスの書き込み方などをご紹介しますね。

各項目は3か所ありますのですべて消えないサインペンなどで書き込みをしてください。

  • 一番上の段
    使用開始日を書きます。日・月・年(下2桁)です。
    2018年6月1日だとしたら「01・06・18」と書きます。
  • 真ん中の段
    姓をローマ字で書きましょう。山田さんなら「Yamada」です。
  • 一番下の段
    名をローマ字で書きましょう。花子さんなら「Hanako」です。

間違えてしまうと、修正ができないので気を付けてくださいね!

日付は必ず使い始める日にちを記入しましょう。書いた日付から2日、4日、6日間使えるものなので、ココを書き間違えると予定していた日に使えなくなりますので注意してください。

パリ・ミュージアム・パスは、表紙、チケット、折り畳み式案内書でワンセットなので、切り離さずに使いましょう。

まとめ|パリ・ミュージアムパスは時間を短縮したい方におすすめ!

パリの人気スポットは混雑する場所が多いですが、ミュージアムパスがあればチケット売り場に並ぶ必要はありません。

チケット窓口でやりとりすることもないので、言語に自信がない方も安心。

使い方次第では時間だけでなく、料金の節約にもなりますので、ぜひ検討してみてください。

パリ・ミュージアムパスは、出発前にネットで購入するのがおすすめ!

アクティビティ予約サイトの「ベルトラicon」で購入できる、パリ・ミュージアムパスにパリ市内の公共交通機関の乗り放題とセーヌ川クルーズのチケットがセットになったお得なチケットが人気です。

パリ・ミュージアムパスの
お得なセットチケットをみてみる
icon

※ミュージアムパス単体は、アクティビティ予約サイト「KKday」から購入すると、公式サイトで事前購入するよりも安く買えます。

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる