チケット情報

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について

 

限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

パリ・ミュージアムパスとは、ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの主要な美術館や歴史的建造物など50ヶ所以上の施設に入場できる共通パスポート。

パリミュージアムパスパリ・ミュージアムパス

このページでは、ミュージアムパスの購入を悩んでいるあなたのために、ミュージアムパスの対象スポット・料金・購入方法をご紹介します。

この記事でわかること
  • 対象スポット一覧
  • 料金・購入方法
  • ミュージアムパスは本当にお得?
  • 実際に使ってみた感想

結論からいうと、ミュージアムパスは2週間以上ゆっくりと時間をかけてパリに滞在する方にはそれほどおすすめできません。

しかし、2日間~6日間の限られた時間でパリを観光するなら利用価値大!

なぜなら、チケット売り場に並ぶ待ち時間を省いて効率的に観光できるからです。この利点は本当に大きい!!

季節やタイミングにもよりますが、ルーブル美術館やオルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿など、パリの人気観光スポットの入場はどこも並ぶのが当たり前。

おにちゃん
おにちゃん
限りある貴重な滞在時間をチケット売り場の列で過ごすなんて、もったいない!

ぜひミュージアムパスを上手に利用して、パリ観光をより良いものにしてください。

日本語で事前購入できる

パリ・ミュージアムパス
日本代理店サイトをみる

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

パリミュージアムパスは美術館めぐりに最適な共通パスポート

パリミュージアムパスパリ・ミュージアム・パス

パリ・ミュージアムパスとは、ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの美術館や歴史的建造物に入場できる共通パスポートのこと。

一番のメリットは、待ち時間の短縮です。

パリの人気スポットは混雑する場所が多いですが、ミュージアムパスがあれば各施設で入場券を買う必要がなくなり、チケット売り場に並ぶ必要はありません。

チケット窓口でやりとりすることもないので、英語やフランス語のコミュニケーションに自信がない方も安心

また、ミュージアムパス購入者限定の入口が設けられている対象スポットもあるため、スムーズな入場が可能です♪

使用期間内であればいくつでも対象スポットに入場でき、とっても便利!

実際に使って気付いたメリット

mari
mari
7日間のパリ滞在中、ミュージアムパスの6日間券を利用しました。

実際に使ってみて感じたメリットは時短以外もありました。

それは、あまり興味のなかった施設に行ってみたら意外とおもしろかったこと。

コンシェルジュリー、パンテオン、ケ・ブランリー美術館は「どうせ無料だから行こうか」と気軽なつもりで行ったらとっても楽しかったんです。

気に入るかどうかわからなスポットに試しに入場できるのは大きなメリットに感じました。

おにちゃん
おにちゃん
普段なら入場料金を懸念してあまり知らない施設へ行くのは躊躇しちゃうけど、パスがあればとりあえず入ってみる!というのができますね

デメリットは郊外のツアーを利用した場合に感じた

感じたことはメリットばかりではありません。気をつけて利用しないと損してしまうなと感じたこともあったので、シェアしますね。

ミュージアムパスは2日券・4日券・6日券の3種類が販売されていて、一度使用し始めると通しで使わなければならないので、有効期間の途中で郊外のツアーに参加すると損することに。

mari
mari
わたしの場合は、6日間の真ん中にモンサンミッシェルのツアーをいれてしまい、丸1日パリ市内の観光ができませんでした

ミュージアムパスを購入するなら、現地発着ツアーの日程を決めてから購入するほうがより効果的に使用できます。

また、オフシーズンはモンサンミッシェルやベルサイユ宮殿のツアーが毎日催行されていないこともあるので注意。スケジュールを立ててからの購入がおすすめです。

パリミュージアムパスの対象スポット一覧

ミュージアムパスはパリ近郊の有名な観光スポットであればほとんど使うことができます。

パリ・ミュージアムパスの日本代理店サイトから主な施設を抜粋してまとめてみました。(2022年6月の情報)

対象の美術館

ルーブル美術館にミュージアムパスで入場する場合、インターネット事前入場予約(無料)が必要です。(事前予約ページ
[]内は定休日です

対象の歴史的建造物

[]内は定休日です

対象のパリ郊外スポット

  • ヴェルサイユ宮殿とトリアノン[月]
  • フォンテーヌブロー城[火]
  • マルメゾン城[火]
  • ランブイエ城[火]
  • コンピエーニュ城[火]
  • コンデ博物館/シャンティ城[火、毎年1月]
  • ヴァンセンヌ城
  • サンジェルマン・アン・レイ考古学博物館[火]
  • シャン城[火]
  • イヴリン県立モーリス・ドニ美術館[月]
  • メゾン・ラファイエット城[火]
  • ピエールフォン城
  • シャアリ修道院
  • ルネッサンス博物館/エクアン城[火]
  • セーブル陶磁器博物館[火]
  • サン・ドニ寺院
  • ポール・ロワイヤル博物館[火]
  • ムードン・ロダン記念館[月-木]
  • サヴォア邸[月]
  • 航空宇宙博物館[月]
[]内は定休日です

対象スポットの注意点

  • 各施設の常設展のみ入場可能
  • 期間限定の特別展などは入場できません
  • ルーブル美術館は別途事前入場予約が必要です(事前予約ページ

※ミュージアムパスの対象スポットに関する最新情報はパリミュージアムパスの日本代理店サイトでご確認ください

パリミュージアムパスのチケット料金

パリミュージアムパスのパンフレット

ミュージアムパスのチケット料金は何日券を買うかによって価格が違います。

現在販売されているのは2日券4日券6日券の3種類。

価格は、パリ観光局の公式サイトで確認すると以下の通りでした。(2022年6月現在)

  • 2日券:52ユーロ
  • 4日券:66ユーロ
  • 6日券:78ユーロ
上記はあくまでも公式の値段なので、代理店を通した場合は異なります。

また、パリのほとんどの美術館や博物館は18歳未満無料なので、ミュージアムパスには子ども用・学生用はありません。

パリミュージアムパスは本当にお得?

ミュージアムパスは複数の施設を訪れないと割高になってしまいます

では、一体どのくらい使えばお得なのでしょうか。

2日間券を使った場合

まず、2日券を購入した場合で検証してみましょう。

2日間券=52ユーロ

パリの人気スポットは大体10ユーロ~20ユーロ。

2日間で4~5ヶ所くらい周ればお得ということになりますね。

少し急ぎ足になるかもしれませんが、2日で5ヶ所まわることは可能です。

  • 1日目
    パリ1区とシテ島周辺へ
    ✔ ルーブル美術館(17ユーロ)
    ✔ 凱旋門(13ユーロ)
    ✔ サント・シャペル教会(11.5ユーロ)
  • 2日目
    ちょっと足を延ばします
    ✔ヴェルサイユ宮殿(20ユーロ)に半日強
    (パリに戻る)
    ✔オルセー美術館(14ユーロ)

計5ヶ所で75.5ユーロ分

2日券は52ユーロなので、20ユーロ以上も節約できました。

1ユーロ=130円で計算すると約3,000円相当安くまわれたことになります。(2022年6月時点では円安で142円なので、その場合の差額は約3,400円)

mari
mari
物価と円安なのでパスを使って料金を気にせず周れるのはすごくうれしい!!

特にルーブル美術館やオルセー美術館など、曜日によって遅くまでやっている場所もあるので、営業時間を調べてうまく計画を立てると良いと思います。

とはいえ、ミュージアムパスの良いところはやはり時間短縮!

上記で挙げたような過密スケジュールはイヤ!という場合でも、チケット売り場に並びたくない方や、英語やフランス語のコミュニケーションに自信がない方はミュージアムパスのメリットを十分得られると思います。

実際に6日間券でまわれた観光スポット一覧

mari
mari
ちなみにわたしは取材のため6日券を使って以下の対象施設をすべてまわりました!

何度も行ってる場所だからこそ効率的に周れたことも大きいですが、頑張れば6日間でこれだけお得に観光できますよ♪

計12ヶ所で165ユーロ分

6日券は78ユーロなので87ユーロも節約できました。

1ユーロ=130円で計算すると、約11,310円相当安くまわれたことになります。(2022年6月時点では円安で142円なので、その場合の差額は約12,354円!すごい!!)

実際は第一日曜日に国立系の施設が無料になることもあってパンテオンは無料でしたが、それを差し引いてもめちゃくちゃお得でした!

パリミュージアムパスの購入方法

ミュージアムパスの購入方法はおもに3つ。

2日券
48時間
4日券
96時間
6日券
144時間
現地購入
公式電子チケット
日本代理店×

さまざまな選択肢がありますが、基本的に英語やヨーロッパの言語に慣れている方は公式の電子チケット購入が便利でおすすめ

ただし、言語やオンラインチケットの取り扱いに不安がある方は、事前に日本の代理店サイトで購入するのがおすすめです。

現地での購入はタイムロスになるのであまりおすすめできません。

パリ現地で当日購入(日本語✕)

ミュージアムパスはパリ市内の観光局やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂などの主要観光施設、空港のインフォメーションカウンターなどで取り扱っています。

シャルルドゴール空港インフォメーションシャルルドゴール空港インフォメーション

お土産屋さんやたばこ屋さんに置いていることもありますが、観光局や空港のインフォメーションセンターなどで購入するのが確実。

現地でも問題なく買えますが、ミュージアムパスを買ったり探したりする時間はもったいない!

ミュージアムパスを利用するなら事前の購入を検討しましょう。

公式サイトで事前購入する(日本語✕)

パリ・ミュージアムパス公式サイトで購入できる電子チケットは、オンラインのみの手続きでクレジットカード決済で購入できます。

しかし、対応している言語はフランス語、英語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語のみ。

購入時の言語だけでなく、PDFで送付されるチケットの説明等も上記の言語のみなので、英語やヨーロッパの言語に不安な方にはややハードルが高いです。

言語に不安がない方にはおすすめ!

事前にオンラインで購入可

公式サイトで
電子チケットをみてみる

日本代理店サイトで事前購入する(日本語◎)

「英語やヨーロッパの言語に不安がある」

「電子チケットはよくわからない」

という方は、事前に日本代理店サイトで購入するのがおすすめ!

現地で購入するよりやや割高の価格ですが、出発前に自宅へミュージアムパスを配送してもらえます

出発日の7営業日前までの申し込みが必要なのと、送料がかかってしまう点がデメリットですが、現地に着いてからミュージアムパスを買ったり探したりする手間を短縮できるため、多少割高でも購入の価値あり。

購入の流れ
  • STEP1
    ネット・電話・FAXで注文する
    出発日の7営業日前までに申し込みが必要
  • STEP2
    支払いをする
    支払いはクレカ払い可
    ✔2日券 8,200円
    ✔4日券 10,300円
    (2022年6月現在)
  • STEP3
    自宅に郵送される
  • 出発日の7営業日前までに申し込みが必要
  • 送料がかかる場合がある
  • 6日券の取り扱いがない(2022年6月現在)

英語やフランス語でのコミュニケーションや、日本語以外のサイトでの購入が不安な場合にもおすすめです。

申し込みは7営業日となっていますが、即日発送できる可能性が高いのでギリギリになりそうな場合は電話で問い合わせてみてください!

わたしも一度利用しましたが、翌日発送されすぐ受け取れました!

事前にオンラインで購入可

日本代理店サイトで
ミュージアムパスをみてみる

パリ・ミュージアム・パスの使い方

ミュージアムパスの使い方は簡単。

使用開始年月日と名前を書いて、各施設の入口で見せるだけ!

2020年3月に6日券を利用したところ、記名や開始年月日を書く欄はありませんでした
各会社によって対応が違うかもしれませんが、記名がなくても心配不要。バーコードで管理してくれるので安心です。

↓記名が必要だった場合は下記の内容を参考にしてください。

各項目は3か所ありますのですべて消えないサインペンなどで書き込みをしてください。

  • 一番上の段
    使用開始日を書きます。日・月・年(下2桁)
    2018年6月1日だとしたら「01・06・18」と書きます。
  • 真ん中の段
    姓をローマ字で書きます。山田さんなら「Yamada」
  • 一番下の段
    名をローマ字で書きます。花子さんなら「Hanako

間違えてしまうと、修正ができないので気を付けてください。

日付は使い始める日にちを記入します。
書いた日付から2日、4日、6日間使えるものなので、ココを書き間違えると予定していた日に使えなくなりますので注意してください。

パリ・ミュージアム・パスは、表紙、チケット、折り畳み式案内書でワンセットなので、切り離さずに使いましょう。

パリミュージアムパスは時間を短縮したい方におすすめ!

パリの人気スポットは混雑する場所が多いですが、ミュージアムパスがあればチケット売り場に並ぶ必要はありません。

チケット窓口でやりとりすることもないので、英語やフランス語でのコミュニケーションに自信がない方も安心。

使い方次第では時間だけでなく料金の節約にもなるので、ぜひミュージアムパスを上手に利用して、パリ観光をより良いものにしてください。

日本語で事前購入できる

パリ・ミュージアムパス
日本代理店サイトをみる

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる