新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/5/3現在、コロナウイルスの影響によってフランスは日本からの入国に対して制限措置をとっています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

ショッピング

パリで絶対行きたい人気ハイブランド24選と自分用のおすすめ土産

日本人が大好きなハイブランド!フランスはそんなハイブランドの王様といって良いでしょう。

HermèsエルメスLouis Vuittonルイ ヴィトンCHANELシャネルCelineセリーヌはすべてフランス生まれのハイブランド!そのため日本よりもかなりお安く購入できます。

今回の記事ではパリに来たらぜひ足を運んでいただきたいハイブランド、本店を中心にご紹介していきたいと思います。

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
こんなことがわかるよ!
  • フランス生まれのハイブランド
  • ハイブランドを買った時の免税について
  • ハイブランドが集まる買い物通り
mari
mari
自分や大切な人へのプレゼントを買うにもぴったりのお店ばかりなのでぜひ参考になりますように!
東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


フランスハイブランドの価格差と買い物する上での注意点

さっそくブランドをご紹介したいところですが、まずはみなさんが興味津々のブランドアイテム日本との価格差やお買い物をする上での注意点からご紹介していきます。

フランスのハイブランド日本との価格差

パリのデパート、路面店、アウトレット、空港免税店でいくつかのショップをまわって価格差を確認してきました。

一例ですが、一番人気のLouis Vuittonルイ ヴィトンの場合をみてみましょう。

アイテム日本フランス
二つ折り財布90,200円(税込)65,683円(税込)
iPhoneケース48,400円(税込)35,604円(税込)
カードケース(日本完売)28,600円(税込)20,970円(税込)

定価で約27%引き。免税をいれるとさらに約12%安くなるので、路面店で3割~4割、アウトレットにあるブランドなら半額以下になることもありえます。

全ての価格をチェックしたわけではありませんが、その他のブランドも概ねこれくらいの価格差があると思っていただいてよいかと思います。

mari
mari
普段日本でハイブランドに手が届かない方でも、フランスの購入価格なら払っても良いかなと思えるくらい安いですね!

もちろん為替の状況によるので、円安が進んでいるとお得に買い物はできないこともあります。レートの確認は忘れずに♪

フランスでハイブランドを買う時の注意点

フランスと日本ではハイブランドに対する考え方が全く違います。

日本では高校生でもヴィトンやシャネルのお財布を持っているのが普通で、特に驚くことではありませんが、これは日本だけのかなり特殊な文化。

欧米ではハイブランド=富裕層の印なので、一般人が持ち歩くということはまずありません。

パリのスタッフはアジア人の対応に慣れているので、もちろん誰でも買い物を楽しんでOKですが、ボロボロのスニーカーやラフすぎる格好で入店するのは避けて欲しいなと思います。

また、ハイブランドのショッピングバッグはお金持ちと見せびらかしているようなもの。

買い物後はすぐにホテルへ荷物を置きに戻りましょう。地下鉄では100%スリに狙われます。

mari
mari
わたしも実際にスリに目をつけられたので、すぐにモノプリのエコバッグへ入れ替えました。

人気商品は一見様お断り&購入制限あり

エルメスのバーキンなど、超人気商品はいきなり売ってもらえないことが多いのはご存知でしょうか。

昨今中国人を中心に転売ヤーも増えているので、ブランド側も誰に売るのか線引きしています。

ボロボロの格好でいきなりバーキンが欲しいといっても、転売するかもと判断されれば財二があっても「ない」と言われてしまいます。

まずはきちんとした格好で、いくつか購入品を決めたうえで〇〇の商品はありますか?と聞いてみると奥から出してもらえるケースがあります。

ルイヴィトンで初めて買い物をしたとき、3つまでと言われたことがあります。複数アイテム購入したい場合は2日にわける必要があるかもしれません。

パリで絶対行きたい人気ハイブランド

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton❩

まず、最初にご紹介するブランドは1821年に創始されたLouis Vuittonルイ ヴィトン

シャンゼリゼ通りにある本店は、限定商品やバック以外の服やシューズも豊富。店内もとてもハイセンスでパリに来たなら行く価値あり。

Louis Vuittonルイ ヴィトン本店は、有名観光地並みに人気があるのでシーズンには入場制限がかかり行列ができることも多々あります。

1グループにつき、1人のスタッフが必ずつくので、勝手に入店できないケースがあります。

自分用土産に購入したルイヴィトンのスマホケース自分用土産に購入したルイヴィトンのスマホケース

お買い物を楽しむならスケジュールに余裕をもって足を運んでみてください。本店にこだわりがないなら、近くのデパートに入っている店舗の方が空いています。

iPhoneは品薄で、最新モデルなどは売り切れでした。

Louis Vuittonルイ ヴィトン
住所101 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris 地図
最寄り駅メトロ1号線George Vジョルジュ・サンク
HPhttps://fr.louisvuitton.com/fra-fr/homepage

フォンダシオン・ルイヴィトン❨Fondation Louis Vuitton❩

ヴィトン繋がりでご紹介したいのが、フォンダシオン・ルイヴィトン。

ブローニュの森にある現代アートなどを展示しているルイヴィトン財団・美術館です。

あくまで美術館ということもあり、本家よりもずっとリーズナブルにグッズが手に入ります。

トートバッグ、文房具などここでしか買えない限定グッズは学生でも購入できる手ごろな価格。

mari
mari
日本人に大人気でわたしが来館した時もほぼ日本人でした(笑)
フォンダシオン・ルイヴィトン(ルイヴィトン財団美術館)
住所住所 8 Avenue du Mahatma Gandhi Bois de Boulogne 75116 Paris地図
最寄り駅メトロ1号線Les Sablonsレ・サブロン駅から徒歩15分
入場料金16ユーロ
HPhttps://www.fondationlouisvuitton.fr/fr.html

シャネル❨CHANEL❩

1909年にココ・シャネルによって設立されたシャネル。

ブランドのポリシーは「古い価値観にとらわれない女性像」

女性の自由や自立を応援してくれる歴史ある憧れのハイブランド。おすすめはカボン通りにある本店!

品揃えも多く新商品や限定色のバックなども販売されているのでかなり人気があります。

その他にも本店限定の可愛いショッパー❨紙袋❩が大人気で、これが欲しいために立ち寄る人もいるんですよ♪笑

 

この投稿をInstagramで見る

 

真理(@marimarimarim24)がシェアした投稿

シャネル
住所住所31 Rue Cambon, 75001 Paris 地図
最寄り駅メトロ8,12,14号線Madeleineマドレーヌ駅から徒歩3分
HPhttps://www.chanel.com/fr_FR/

ディオール❨Dior❩

日本でも女性に大人気のディオールは、1946年クリスチャン・ディオールによって設立されました。

パリのモンテーニュ通りにある本店は、ファッションやコスメなどの種類も多く、各ブースも可愛くおしゃれなので旅行者で賑わいます。

そして、何より本店のポイントはディオールの食器も販売されているところ♪

なかなか手に入らないのでお土産として購入するのもおすすめです。

商品にもよりますが、日本の価格よりも安いものもあるのでお買い得だと思います。

ディオール
住所30, av. Montaigne, 75008 地図
最寄り駅メトロ1,9号線Franklin D. Rooseveltフランクラン・デ・ルーズヴェルト駅から徒歩5分
HPhttps://www.dior.com/fr_fr

セリーヌ❨CELINE❩

1945年にセリーヌ・ヴィピアナによって創業されたファッションブランドのセリーヌ。

初期のころは子供向けの高級靴を製造していて、そこから時代の流れに合わせ成人女性のファッションやアクセサリー、バックなどにも展開の幅を広げました。

そんな現在日本の若い女性にも人気のあるセリーヌの本店は、パリのモンテーニュ通りにあります。

最近また人気が再燃して、お店の中は日本人の若い女性で賑わっていました。

セリーヌ
住所53 Avenue Montaigne, 75008 Paris地図
最寄り駅メトロ1,9号線Franklin D. Rooseveltフランクラン・デ・ルーズヴェルト駅から徒歩2分
HPhttps://www.celine.com/ja-jp/home/

ニナ・リッチ❨Nina Ricci❩

ニナ・リッチは、1932年にイタリア人のマリア・ニナ・リッチと息子のロベルトが一緒にパリで創業したファッションブランド。

マリアの、顧客に生地をあてカットしていく独特な服の作り方や、フェミニンなデザインセンスが認められ一躍有名に。

そして、息子のロベルトは香水部門を立ち上げ、1948年に代表作でもある「レール・デュ・タン」を発表しブランドはさらなる注目を集めました。

お土産に買うならニナ・リッチの財布がおすすめ。上品なデザインが人気でプレゼントで贈られる方も多いです。

ニナ・リッチ
住所39 Avenue Montaigne, 75008 地図
最寄り駅メトロ1,9号線Franklin D. Rooseveltフランクラン・デ・ルーズヴェルト駅から徒歩5分
HPhttps://www.ninaricci.com

ジバンシー❨Givenchy❩

日本でも人気のあるジバンシーは、1952年にユベール・ド・ジバンシィが創始したファッションブランド。

なんとあの有名なオードリーヘップバーンを顧客にもち、ジバンシーの衣装が映画で使われたこともあるそうです。

商品はレディースやメンズのファッションの他、化粧品や香水なども販売されています。

フランスにカップル旅行で訪れている方は、一緒にお買い物を楽しめると思いますよ♪

男性からは根強い人気のジバンシーの香水「ウルトラマリン」。ぜひお土産に検討してみてくださいね。

ジバンシー
住所36 Avenue Montaigne, 75008  地図
最寄り駅メトロ1,9号線Franklin D. Rooseveltフランクラン・デ・ルーズヴェルト駅から徒歩4分
HPhttps://www.givenchy.com/apac/ja/homepage

クロエ❨Chloé❩

1952年にギャビー・アギョンによって創始されたフランスのファッションブランド。

日本でも若い女性から根強い人気があります。商品は、おもに女性の服、バック、小物、香水。

軽やかな甘い香りの「クロエオードパルファム」は、日本でもリピーター続出の香水!お土産にもおすすめですよ♪

クロエ
住所50 Avenue Montaigne, 75008 地図
最寄り駅メトロ1,9号線Franklin D. Rooseveltフランクラン・デ・ルーズヴェルト駅から徒歩3分
HPhttps://www.chloe.com/jp

エルメス❨Hermès❩

1837年に、ティエリー・エルメスよって創業されたエルメス。

ご存知の方も多いと思いますが、もともとHermèsは馬具工房。

自動車の発展により事業改革を行い、馬具製造の技術をバックやファッションに転用させたという凄腕ブランド。

パリには、現在エルメスが3店舗あります。なかでもおすすめなのは、フォーブール・サントノレ本店。

本店は、やはりバック・時計・ファッションなどの品揃えが豊富です。

エルメスはハイブランドの中でもさらに敷居が高く、入りづらいイメージなのですが、本店は世界中から旅行者も訪れるとあって、比較的入店しやすい雰囲気になっています。

※ただ、ステイタスの高いバーキンなどの革製品を見せてもらうには前日からのオンライン予約が必要です。

もちろん、ネクタイやスカーフ、ジュエリー、食器などのお土産にぴったりな商品は予約なしでも見ることができるので安心してくださいね!

エルメス
住所住所 24 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris地図
最寄り駅メトロ8,12,14号線Madeleineマドレーヌ駅から徒歩6分
HPhttps://www.hermes.com/jp/ja/

サンローラン❨Saint Laurent❩

1961年創業のサンローランは、イヴ・サンローランとピエール・ベルジェによって立ち上げられたファッションブランド。

「良い服は、幸せへのパスポート」と、女性への敬意のあるブランドポリシーからファンの熱い支持をえています。

ファッション以外にもバック、香水、化粧品などの商品も展開中。

パリの本店は、四つ星ホテルの「ホテルドゥカスティグリオン」の中にあります。

店内は、そこまで広くありませんがスタイリッシュな内装が印象的。

また、種類の豊富さより珍しいカラーバリエーションがおいてあるのが見どころになっています。

サンローラン
住所住所 38 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris地図
最寄り駅メトロ8,12,14号線Madeleineマドレーヌ駅から徒歩7分
HPhttps://www.ysl.com/jp

イブ・サンローラン美術館❨Musée Yves Saint Laurent❩

ルイヴィトンと同じく、2017年にイブ・サンローランも美術館がオープンしました。

サンローランが手がけたドレスやアクセサリー、デッサン、アトリエなどを間近でみることができとあって、ブランドファンにはたまらない美術館になっています♪

イブ・サンローラン美術館
住所5 Avenue Marceau, 75116 Paris地図
最寄り駅メトロ9号線Alma-Marceauアルママルソー
入場料金10ユーロ ※10〜18才と学生は7ユーロ
HPhttps://museeyslparis.com

ランバン❨Lanvin❩

ランバンは、1889年にジャンヌ・ランバンによって設立されたブランド。

服製ブランドとしては最も歴史が長い部類と言われています。

初期のころは、帽子屋からはじまり婦人服、アクセサリー、香水まで展開し近年では紳士服も販売されています。

ランバンは、女性を美しく見せるデザインや伝統的なエレガントな作りから、昔も今も人気のあるフランスの定番。

日本でも大人気の香水「エクラ ドゥ アルページュ」をお土産にいかがでしょう。

ランバン
住所22 Rue du FaubourgSaint-Honoré, 75008 Paris地図
最寄り駅メトロ8,12,14号線Madeleineマドレーヌ駅から徒歩6分
HPhttps://www.lanvin.com/jp/

ロンシャン❨Longchamp❩

ロンシャンは1948年にジャン・キャスグランが創業した有名なレザーグッズブランド。

 

父親からタバコ屋を受け継いだロンシャンは、1950年代に世界初の革巻きパイプを制作したことにより一躍有名に。

そこからエルヴィス・プレスリーなどの海外セレブ達からも人気を集め現在の地位を築く足掛かりに。

1971年に初のレディースハンドバックを発表し、女性からの支持も増えフランスの有名レザーグッズブランドと発展を遂げました。

ロンシャンのトートバッグは、女性の間でとっても人気があります。ベーシックな商品もおすすめですが、せっかくパリに来たなら限定品をどうぞ!

ロンシャン
住所404 Rue Saint-Honoré,75001 Paris地図
最寄り駅メトロ8,12,14号線Madeleineマドレーヌ駅から徒歩4分
HPhttps://jp.longchamp.com

バカラ❨Baccarat❩

バカラもフランスの高級グラスブランド。

1764年にフランスのルイ15世によってバカラ村❨ロレーヌ地方❩にガラス工場設立が許可されたのがはじまりです。

商品は高い品質基準を通過しており、条件に満たないもの(3〜4割)は破棄してしまうぐらい厳選した商品を提供しています。

各グラスはもちろん、その他は花瓶・アクセサリー・シャンデリアなどの商品なども販売されています。

パリのバカラの見どころは、日本であまり見かけない商品が販売されていること!パリ旅行の記念に購入するのも素敵かもしれません♪

バカラ
住所79 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 地図
最寄り駅メトロ9,13号線Miromesnilミロメニル駅から徒歩4分
HPhttps://www.baccarat.jp

ゴヤール❨GOYARD❩

フランソワ・ゴヤールによって1853年に、スタートした高級バックブランドのゴヤール。

もともとは、1792年創業のメゾン・マルタンというトランク専門店が始まりで、その素晴らしい伝統や技術を引き継ぎ、王室関係・芸術家・企業家・著名人などからの熱い支持を集め有名になっていきました。

ゴヤールは、お客様のリクエストをカルテのように保管し、その接客の丁寧さや温かさも人気の秘訣になっています。

数年前に爆発的人気で、会社のフロアに何人も同じバッグを持っていたほど。

ぜひ、日本よりも品揃え豊富なパリのゴヤールに足を運んでみてください!

※入場制限があるので、待ち時間がある可能性あり。

ゴヤール
住所233 Rue Saint Honoré, 75001 地図
最寄り駅メトロConcorde駅から徒歩5分
HPhttps://www.goyard.com/jp

ロジェ・ヴィヴィエ❨Roger Vivier❩

ロジェ・ヴィヴィエは、1937年にその名の通りロジェヴィヴィエによって創業されました。

商品は、上品なバックルをポイントにしたシューズ&バックが販売されています♪

そして、なんと!1953年にイギリスのエリザベス女王2世の戴冠式用シューズを作ったことや、またディオールのシューズ部門のデザイナーにも起用されるなどの華やかな実績をもつブランドです。

しかし、1998年にロジェヴィヴィエの死後ブランドを休止していたのですが、2004年にフォーブル・サントノレにブランドの再オープンをはたしました♪

歴史のある素敵なブランドなので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ロジェ・ヴィヴィエ
住所29 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 地図
最寄り駅メトロ8,12,14号線Madeleineマドレーヌ駅から徒歩7分
HPhttp://www.rogervivier.com/ja-jp/

クレージュ (Courrèges)

日本でも有名なクレージュは、じつはフランス生まれ!1961年にミニスカートの生みの親とも言えるアンドレ・クレージュが創始しました。

コルセットやヒールなどから、女性を開放していくようなファッションセンスなどから人気に火が付き今にいたります。

フランソワ1世通りにある本店では、可愛くスタイリッシュな洋服や靴、または日本未入荷の新作なども販売しているのでチェックしてみるのもおすすめです♪

そして、ときたまクレージュのコレクションも本店で開催されています。

クレージュ
住所40 Rue François 1er, 75008 Paris 地図
最寄り駅メトロ1,9号線Franklin D. Rooseveltフランクラン・デ・ルーズヴェルト駅から徒歩5分
HPhttps://www.courreges.com

ヴァンクリーフ&アペール❨Van Cleef & Arpels❩

パリの高級ジュエリー、ヴァンクリーフ&アペールは1906年にヴァンドーム広場に本店をオープンさせました。

商品は、職人が1つ1つ丁寧に製造している上品で可愛いらしい、四つ葉のクローバーや蝶などの自然なモチーフが多く女性のファンから熱い支持があります。

モナコ皇室の御用達ブランドでもあります。

気になる価格は、日本とはそこまで大きくありませんが、本店には限定のカラーやサイズの商品が販売されているのがポイントです。

ヴァンクリーフ&アペールのファンの方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ヴァンクリーフ&アペール
住所20 Place Vendôme, 75001 Paris 地図
最寄り駅メトロ3,7,8号線Opéraオペラ駅から徒歩5分
HPhttps://www.vancleefarpels.com/jp/ja.html

ショーメ❨CHAUMET❩

ヴァンドーム広場にある5大ジュエラーの1つのショーメは、1780年創業の老舗。

ヨーロッパの王族やナポレオンの公式ジュエラーを担当していたことで有名な高級宝飾ブランドです。

デザインは、自然をモチーフにしたものが多く、なかでも人気なのはブライダルリング♪

「永遠の愛と絆の証」という深い意味がこめられているのも素敵ですね。

結婚を考えているヨーロッパ・カップル旅行の方は、ぜひ店頭に足を運んでみるのもいいかもしれません♪

ショーメ
住所12, place Vendôme 75001 Paris 地図
最寄り駅メトロ3,7,8号線Opéraオペラ駅から徒歩6分
HPhttps://www.chaumet.com/jp

カルティエ❨Cartier❩

1847年にルイ・フランソワ・カルティエによって創業されたカルティエは、「王の宝石商、宝石商の王」と呼ばれているほどのフランス高級宝飾ブランド!

本店は宝飾品の種類も豊富で、その他にはバックや香水なども販売されています。またディスプレイも美しく、まるで美術館にいるよう!と好評です。

時計を購入すると本店の住所が入った限定の時計BOXがもらえるので、このBOXを手に入れるためだけに本店に足を運ばれる人もいるんですよ♪

カルティエ
住所13 Rue de la Paix 75002 Paris 地図
最寄り駅メトロ3,7,8号線Opéraオペラ駅から徒歩3分
HPhttps://www.cartier.jp

ブシュロン❨Boucheron❩

ブシュロンは、1858年創業のパリのハイジュエリーブランド!ヨーロッパの王室、海外の有名人からもとっても人気があります。

スタイルは、自然を活かしたモチーフが多く、また異なる素材やカラーをもちいて製造されている個性的で自由なキャトルコレクションが世界中から注目を集めています。

その他にも、時計や香水などの販売も行っていてなかでも人気があるのは、「ブシュロンプールオム」のメンズ香水♪

上品で深みのあるお花の香りが、大人の余裕を演出してくれるそう。ちょっとリッチな男性へのパリ土産にはぴったりですよ。

ブシュロン
住所26 Place Vendôme 75001 Paris 地図
最寄り駅メトロ3,7,8号線Opéraオペラ駅から徒歩5分
HPhttps://jp.boucheron.com/ja_jp/

クリスチャン・ルブタン❨Christian Louboutin❩

レディー・ガガやマドンナ、浜崎あゆみなど名だたる有名セレブが愛用しているルブタンは、1991年にクリスチャン・ルブタンによって創始された高級靴ブランド。

高いヒールと、赤色の裏地がトレンドマークになっていて、女性なら一生に一度は手にしてみたいという方も多いと思います。

商品にもよりますが、なんとパリの本店では半額近くの値段で購入できるものもあり!

それでも、高いのですが・・・❨笑❩ルブタンファンの方はぜひ本店をのぞいてみてくださいね♪

クリスチャン・ルブタン
住所19 Rue Jean-Jacques Rousseau, 75001 Paris 地図
最寄り駅メトロ1号線Louvre Rivoliルーブル リヴォリ駅から徒歩4分
HPhttp://jp.christianlouboutin.com/jp_ja/

バレンシアガ❨Balenciaga❩

バレンシアガは、クリストバル・バレンシアガによって1914年創業されたモード系ファッションブランド。

初期はスペインに本店がありましたが1930年の内戦の影響でパリに本店を移し現在にいたります。

商品は、レディースのファッションやバック、靴、時計、香水などを販売されています。

日本では、軽く使いやすいトートバッグが人気があるのでぜひチェックしてみてくださいね♪

アニエス・ベー❨agnès b.❩

アニエス・ベーは、フランス生まれの男性も女性も楽しめるカジュアルブランド。アニエス・トゥルブレによって1975年に創始されました。

彼女は、チャリティー活動も熱心で日本赤十字社や阪神淡路大震災の支援活動のサポートをしてくれていて、日本ともとっても深い関わりのある女性でありブランドです。

パリの本店は、商品にもよりますが日本より安いものもあります♪ちなみに日本ではトートバッグや時計が人気。

ブランドデビューをする高校生のお子様のプレゼントにされている親子さんなどが多いです。ぜひ店頭をチェックしてみてください。

アニエス・ベー
住所Rue du Jour 6 75001 Paris 地図
最寄り駅メトロ4号線Les Hallesレ アル駅から徒歩3分
HPhttps://www.agnesb.co.jp/brand/

フランスでハイブランドを購入した場合の免税について

フランスのデパートやブランドの路面店で購入された商品は、すべて免税対象商品になっています!

1店舗につき175.01ユーロ以上買い物をした場合、12%の付加価値税が免除され、払い戻しが受けられるので絶対に申請を忘れないでくださいね♡

お店ではDétaxe s’il vous plaîtデタックス・シル・ヴ・プレ(免税手続きをお願いします)」と言えばOK。

詳しい免税申請については「フランス・パリの免税手続きについて」という記事にまとめました。ぜひ目をとおしてみてください。

パリで絶対行きたい人気ハイブランドと自分用のおすすめ土産まとめ

今回ご紹介したハイブランドは基本的にフランスブランドと呼ばれるものばかりでしたが、グッチやプラダなどのイタリアブランド、ロエベなどのスペインブランド等、ヨーロッパブランドに関しても日本で買うよりずっとリーズナブルです。

免税手続きを忘れず、思う存分お買い物を楽しんできてくださいね!

帰国後後悔しないよう、お財布の紐をゆるゆるにするのがおすすめです♡

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる