基本情報・旅のヒント

在住者が教える!パリ旅行でスリ被害に遭わないための対策方法

パリは人気の観光地ですが、残念なことにスリ被害が多い都市です。

おにちゃん
おにちゃん
これを書いている私はパリに2年間住んでいましたが、日本にいると考えられないようなゾッとする経験をいくつも体験しました。
  • 友人がiPhone、iPodを盗られたり
  • 友人がメトロでスリ被害に遭ったり
  • 子どものスリグループがスッている現場を目撃したり
  • すれ違いざまにコートのポケットを探られたり
  • 署名詐欺に声をかけられたり、追いかけられたり
  • 女性スリグループが捕まっているところを目撃したり(ギョッとするような叫び声で背筋がゾッとしました…)

幸い私自身が被害に遭うはありませんでしたが、それでも怖かったです。

このページでは、パリでわたしがスリ被害に遭わないためにやっていた防犯対策をまとめてみました。

現地では現金を持ちすぎないことが大事。

日本人はお金をたくさん持っているというイメージがあるので、現金をたくさん持っていると気づかれると、それだけでスリの標的にされる可能性があります(怖い…)

旅行中の支払いをカード払いに徹底することはスリ対策のひとつです。

フランス・パリ旅行に必携!
現地で使えるおすすめクレジットカード

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


パリ旅行でスリに遭わないための防犯対策方法

常に警戒心を持つ!注意を怠らない

一番大事なのは警戒心を解かないこと。

有名な観光地には観光客を狙ったスリやスリグループがいるのは当然で、デパートやショッピングモール内も油断できません。

貴重品はポケットにしまわず、必ずファスナー付きのカバンに入れてカバンから注意をそらさないように気を付けましょう。

mari
mari
私の友達はルイヴィトンで買い物をした直後にシャンゼリゼ通りでお財布をすられました。すられたと分かっても怖くて追いかけられなかった・・・

ブランド物のバッグ・財布を身に着けない

よく言われることですが、ブランド物のバッグやお財布を持ち歩くのはおすすめできません。

顔はアジア人なので、「お金を持ってる観光客ですよ」と言ってるようなものです。

ただ、ノーブランドの物を持っているから安全というわけでもありません。

バッグは必ずファスナー付きの物を持ち、ぎゅっと脇に抱えておくのがおすすめです。

在住当時、パリではロンシャンのプリアージュを持っている人が多かったので、わたしもフランス人の真似をしてロンシャンを持って歩いていました。ファスナーも生地も丈夫で扱いやすい◎

[ロンシャン] プリアージュ トートバッグL レディース LONGCHAMP 1899 089 556 ネイビー [並行輸入品]
created by Rinker
LONGCHAMP(ロンシャン)

現地になじむ服装を心がける

特に女性。日本のアパレルブランド特有のかわいらしいディティールの服装を着ていると、後ろ姿を見ただけで観光客だとすぐに分かるので注意!

おにちゃん
おにちゃん
現地になじむ服装を心がけることも防犯につながります。

フランス人の服装については「フランス旅行の服装まとめ|季節・シーン別の最適な服装」にまとめています。

歩きスマホをしない、iPhoneは常に狙われている

現地でも、iPhoneやiPodは高値で売れるためによく狙われるという話を聞きました。

テーブルの上に置きっぱなしにしないのはもちろんのこと、手に持っていたとしても突然持って行かれるという話も聞きます。

歩きスマホはもちろんのことスマートフォンを出すときは警戒しましょう。

危ないのはRERだけではない!メトロも危険!

パリの電車というとよく「RER(高速鉄道)が危険だ」と言われることがありますが、個人的にはメトロもかなり危険だと思っています。

電車に乗ったらドア入り口付近で立ち止まらず、奥へ進み、常に荷物への注意を払いましょう。

また、車内ではスリだけでなく、物乞いをする人も多く、演奏して⇒お金を求めるということも日常茶飯事

物乞いやチップは視線をあわせず無視をしていれば大丈夫。外でむやみにお財布を出すのは危険です。

スリの手口をリサーチしておく

パリにいるスリには

  • 署名を求められて、署名をしている間にスられる
  • 募金を求められて、注意がそれている間にスられる
  • 時間を尋ねられて、時計を確認している間にスられる
  • 落とし物しませんでしたか?と声をかけられてスられる
  • なんかよくわかんないけど大声を出されて動揺している間にスられる
  • メトロの出入口付近でスられる
  • 子どものスリグループがいる
  • 女性のスリグループがいる

など、インターネットで検索するだけでもさまざまな手口のスリがあります。

日本にいると「本当にそんなことがあるの!?」と思うかもしれませんが、現地に行ってみると案外ウワサ通りのスリを見かけることがよくあります。

あらかじめスリのパターンを知っていると、被害に遭う前に「あ、これはスリかもしれない!」と気づくことができて被害を防ぐことが可能。

インターネットでどんな手口のスリがいるのかをチェックしておくことも大事ですね。

危険と言われているエリアには立ち寄らない

パリ市内でも、治安が悪い・特に危険と言われているエリアがあります。

例えば

  • 10,18,19,20区付近
  • パリ北駅(Gare de Nord)
  • モンマルトル付近

モンマルトルはサクレクール寺院があったり比較的有名な観光地ですが、そもそもあまり治安のよくない地域なので注意して訪れましょう。

観光地には観光客を狙ったスリが多いですが、治安が悪いと言われている地域はスリ以上に身の危険を感じる可能性もあります。

ホテルを取るときは、多少高くても安全な地域に泊まりましょう。

\多少値段が高くても安全が一番/

パリの治安の良いエリアで
ホテルを探してみる

必要以上に現金を持ち歩かない

パリはクレジットカード社会。

正確に言うと、現地人はみな銀行のデビットカードで支払いをすることがほとんど!

大きな支払いは銀行の小切手で支払うのが当たり前の文化です。

現地人は現金をほとんど持たないので、現金を多く持っている観光客は狙われます。

手持ちは万が一失っても後悔しない金額(10~30ユーロほど)にして、あとはカード支払いで乗り切りましょう。

もし現地通貨が必要になったときは、クレジットカードを使って現地の銀行ATMから海外キャッシングをすると便利です。

そのときは必ず銀行内にあるATMを使うこと!時間帯関係なく道端にあるATMは使わないように。

フランスで両替するならクレカ利用がお得!5つの両替方法を比較してみた《円→ユーロ》海外旅行へ行く前に気になるのが現地の通貨。 キャッシュレスな世の中になってきましたが、まったく現地の通貨を持たずに旅をするのは難し...

年会費無料のエポスカードは一般的に丸井のカードというイメージがあるかもしれませんが、実は海外旅行で大活躍。

海外キャッシングに対応しているほか、年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯なので1枚持っておくだけでかなりお得な最強カードだと思います。

公式サイト年会費は永久無料!エポスカード

番外編|物乞いに対する対処法

個人的には、スリと同じぐらい物乞いの存在にも驚いたので番外編として物乞いのことについても書きます。

パリにいる物乞いは街中の片隅で座り込んで寄付を待っている人だけではありません。

例えば

  • 電車の中で「寄付が欲しい」という内容の紙を配って寄付を募る人
  • 電車の中で寄付を呼び掛ける人(子どもを使って呼びかけたり、幼い子どもを抱きかかえてきたりもする)
  • 電車の中で突然演奏をはじめて寄付を呼びかける人(楽器演奏、生歌、カラオケなど)

メトロやRERの中で直接呼びかけられる系は、はじめて経験するとかなり驚くと思います。

でも、物乞いが寄付を要求してくる光景は珍しくはありません。

もし電車内で物乞いが回ってきたときは、周囲の現地人と同じような対応(=無視)をしましょう。

mari
mari
音楽が始まって素敵だなぁとぼんやりしてると突然近くまで寄ってきて怖かった( ;∀;)

まとめ|パリは本当に危険!常にスリへの警戒をおこたらないで!

なぜここまでパリが危険かということを強くいうのかというと…

せっかくの楽しい旅行中にスリに遭ってしまうと、金額の大小関係なく旅行を楽しめなくなってしまうからです。

わたしはパリが大好きですし、これを読んでくださっている方には安全で楽しくパリを旅行してほしいと心から願っています。

なにか嫌なこと・不審なことをされそうになったら「Non!(ノン)」と払いのけて、即座に立ち去りましょう。

もし何かあったときに被害を少なくにするためにも、現金は最小限にしましょう。

次へ>>フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる