ショッピング

フランス旅行の人気定番お土産8選|元在住者おすすめ失敗しない土産とは

 

フランス旅行のお土産さがしなら「お土産やさん」で買うよりも、街中のスーパーやデパートで調達するのがおすすめ!

なぜなら、現地ならではの良質なお土産を安く購入することができるから。

このページでは、フランス元在住者がおすすめするフランスの定番土産を紹介します。

「これを買っておけば間違いなし!」というアイテムをピックアップしましたので、フランスに旅行に行かれる際にぜひ参考にしてみてください。

現地で買い物するならクレジットカード必須

旅行するなら海外旅行保険自動付帯のエポスカードが便利。

公式サイト 年会費は永久無料!エポスカード

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


フランス旅行の定番土産はやっぱりワイン

フランスではスーパーやデパートでさえ、ワイン売り場は圧巻の充実っぷり。

ワインの種類も、価格の安さも、日本とは桁違いなので、ワイン好きな人へのお土産ならワインを選んでおけば間違いありません。

どのぐらい安いかというと、スーパーのワインの価格は3€~

普段飲み用なら10€ほどでほぼ外れなく抜群においしいです。

以前、贈答用に50€ほどの予算でワインを購入したところ先方に大変喜ばれたので、大切な人に贈る用に購入すると考えても、日本で買うよりかなり安く準備することができます。

価格の目安(1€=130円なら)

3€=390円

10€=1,300円

50€=6,500円

ワインをお土産にするときの注意点

フランスから日本へのワイン持ち帰りは、3本までなら税金はかかりません。

また、スーツケースの重量が気になる場合も買いすぎに注意。

重量が気になるなら現地で調達後に配送をお願いするのもアリです。

パリならピラミッドにあるヤマト運輸でワインの配送を依頼できます(完全日本語対応)。

住所【1区】21 rue d’argenteuil 75001 Paris
定休日日曜日
最寄り駅メトロ7,14号線「Pyramides ピラミッド」駅
駅を降りてモノプリの裏の通り(ジュンク堂書店の向かいあたり)

フランスでのワイン選びならワイン専門店がおすすめ

大切な人へのワイン選びなら、ワイン専門店がおすすめ!

パリ・マドレーヌ寺院の近くにあるワイン専門店「ラヴィニア LAVINIA」では、店員さんの対応もすごくよくて、予算や好みにあわせてワインを選んでもらえました。

住所【1区】3-5 Boulevard de la Madeleine, 75001 Paris
定休日日曜日
最寄り駅メトロ8,12,14号線「Madeleine マドレーヌ」駅
マドレーヌ寺院からオペラ座に向かうマドレーヌ通り沿い

ラヴィニアはヤマト運輸と同じ1区ですが、歩いて移動するにはちょっと遠いです。購入後に配送してもらうなら、メトロ14号線を使って移動するのがおすすめ。

フランス旅行の定番土産ならチョコレート

フランスといえばやはり外せないのがチョコレート。

街にはショコラティエというチョコレート専門店がたくさんあります。

当たり前ですが、夏場はチョコレートが溶けてしまう危険性があるので注意。

冷蔵庫などで冷やしてしまうと風味を損なうので、冬のお土産としておすすめです。

日本未上陸のショコラティエなら「Jaques Genin ジャックジュナン」がイチオシ!

住所【3区】133 rue de Turenne 75003 Paris
定休日月曜日
最寄り駅メトロ3,5,8,9,11号線「République(レピュブリック)」駅
サロンドテ(カフェスペース)有

ここのショコラとキャラメルは絶品!

ギフト用の箱もスタイリッシュでオシャレです

フランス旅行のバラマキ土産にはモノプリのエコバッグ

フランスではスーパーの買い物にエコバッグが必須。

スーパーのレジでビニールの袋をもらうのは有料というのが常識です。

エコ文化が浸透しているフランスではスーパーやデパートに売っているエコバッグがめっちゃかわいい…!

特に「Monoprix モノプリ」のエコバッグは日本人にも人気で、メルカリやバイマで定価の10倍以上の高値で販売されていることも。

畳むと手のひらサイズになるポリエステル素材のエコバッグは1つ1€~が相場。

モノプリの場合は1つ1€、限定の柄は1.5€~販売されています。

(近年は1€=130円前後)

エコバッグのお土産、なにがいいかというと

  • 安い!
  • かさばらない!
  • 重くない!
  • なのに結構喜ばれる!!!

女性へのお土産なら、かなりの確率で喜ばれます(1€なのに!笑)。

スーツケースの中で邪魔になることもないので、エコバッグはバラマキお土産に最適。

エコバッグをお土産にするときの注意点

フランスにはスーパー「Monoprix モノプリ」がたくさんありますが、店舗によってエコバッグの品揃えにかなり偏りがあります。

「この柄かわいい!欲しい!」と思ったら、その場で買っておきましょう。

また、モノプリのエコバッグは安価なのにひとつひとつに防犯タグがついています。

一度に大量買いすると防犯タグを外してもらうのに時間がかかって白い目でみられる可能性があるので、たくさん買いたい場合はちょこちょこ買いがおすすめ。

フランス旅行のお土産にKUSMI TEA(クスミティー)

KUSMI TEA(クスミティー)はロシア発のフランス王室御用達の老舗紅茶ブランド。

フランス人で知らない人はいないという程有名で、スーパーやデパートでも購入することができます。

スパイシーでアロマな風味が少し独特ですがハマります。美味しい!

入れ物の缶も非常にかわいいのでお土産に喜ばれること間違いなし。

スーパーやデパートでも購入できますが、専門店(路面店)で購入するとクスミティーのかわいい手提げに入れてもらえます。

mari
mari
最近ではフランス以外の国でも高級スーパーで見かけることが増えました

フランス定番土産には塩

意外と知られていませんが、フランスは実は塩も有名です。

フランス語で塩は「sel(セル)」

デパートの食品コーナーでたくさんの種類の塩を購入できます。

よく聞くのは最高品質の「塩の花 Fleur de Sel」

ほかに

  • 粗塩 Sel Gros
  • 細かい塩 Sel Fin
  • トリュフ塩
  • ハーブ塩
  • スパイス入り塩

など非常にたくさんの種類があり、お料理好きな人へのお土産におすすめです。

塩を選ぶならサンジェルマンデプレからそれほど遠くない「Le Bon Marché ボンマルシェ」というデパートが便利!

住所【7区】24 Rue de Sèvres, 75007 Paris
定休日なし
最寄り駅メトロ10,12号線「Sèvres Babylone (セーブルバビロン)」駅

塩だけでなく、瓶づめのフォアグラや紅茶・お菓子など、あらゆるお土産選びに最適です。

ボンマルシェの買い物にはエコバッグ必須。ボンマルシェで売られているエコバッグもかわいいので、現地調達でも大丈夫です。

フランス旅行の定番土産ならBonne Maman(ボンヌママン)のジャム

赤いギンガムチェックの蓋が目印のボンヌママンのジャムは、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

着色料、保存料などを一切使用せず、フランスで育ったフレッシュな完熟フルーツと天然素材だけで作られています。

種類も豊富でお土産にぴったり。日本でも購入できますが、日本語の印字がされていない現地のパッケージはかわいさが違います。

mari
mari
ジャムだけでなく、お菓子も非常に人気なので合わせてチェックしてみてください♪

ジャム選びも「Le Bon Marché ボンマルシェ」というデパートが便利!

住所【7区】24 Rue de Sèvres, 75007 Paris
定休日なし
最寄り駅メトロ10,12号線「Sèvres Babylone (セーブルバビロン)」駅

食品コーナーがとっても充実しているので、あらゆるお土産選びに最適です。

フランス旅行の定番土産といえばバター

酪農大国フランスにおいて、忘れてはいけないのがバター。

日本では『無発酵バター』が一般的ですが、フランスでは乳酸菌を加えて発酵させたクリームを使用した『発酵バター』がほとんどです。

チーズのようなコクがある芳醇な発酵バター。

日本で買うと2000円以上するものもありますが、なんとフランスではおよそ三分の一程度の価格で手に入るのでまとめ買い必至です。

賞味期限が短いため、購入したら真空パックをしてもらうのを忘れないようにしましょう。

わたしは溶けてしまうのが怖くて夏場に持ち帰ったことはありません…チョコレートと同様、冬のお土産におすすめです。

バター選びも「Le Bon Marché ボンマルシェ」というデパートが便利!

住所【7区】24 Rue de Sèvres, 75007 Paris
定休日なし
最寄り駅メトロ10,12号線「Sèvres Babylone (セーブルバビロン)」駅

バターだけでも種類が豊富で選べません…!

フランス旅行の定番土産ならマルセイユ石鹸

旧フランス王室も御用達の、天然素材100%の原料だけで作られた石鹸です。

無添加なので非常に肌に優しいこの石鹸ですが、実は洗濯や食器用洗剤としても使えるほど洗浄力も高いんです。

南仏プロヴァンス伝統的なマルセイユ製法によって作られたものにのみ許された「SABON DE MARSEILLE」の刻印が目印です。

男性用コスメの販売もしているので、性別問わず喜ばれると思います。

パリでマルセイユ石鹸を買うならマレ地区にあるマルセイユ石鹸の専門店「La Maison du Savon de Marseille ラ・メゾン・デュ・サボン・ドゥ・マルセイユ」が有名。

住所【4区】17 rue de la Verrerie, 75004 Paris
定休日なし
最寄り駅メトロ1号線「Hôtel de Ville (オテルドゥヴィル)」駅

さいごに

フランスでお土産をさがすなら、“いかにも”なお土産コーナーで買うのはもったいない!

ホテルの近くや観光先の近くのスーパーやデパートには、フランスらしい本当に喜ばれるお土産がたくさんあります。

何を買ったらいいか迷って選べなくなったら…

どこのスーパーにも売っているBIOマークの商品を選ぶのがおすすめです。

BIO(ビオ)とは、オーガニックな商品という意味。

高価なものでなくても、日本に売っていない食品は喜ばれる定番お土産です😋

次へ>>フランス旅行のお土産ならチョコレートがおすすめ!日本未上陸のショコラブランドまとめ

現地で買い物するならクレジットカード必須

旅行するなら海外旅行保険自動付帯のエポスカードが便利。

公式サイト 年会費は永久無料!エポスカード

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる