新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/3/31現在、コロナウイルスの影響によってフランスには入国できません。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

ショッピング

在住者おすすめ!パリで絶対に行きたい人気デパート6選

旅行の醍醐味といえば、やはりグルメとショッピング!パリは、まさにその2つを満足させてくれる街です。

今回は、そんなパリで絶対に行きたい人気デパートを一気にご紹介していきます。パリ在住者の方たちに聞いたおすすめデパートをすべて自分の足で周ってきました♡

「普段デパートには用事がないわ」という方にも絶対に足を運んでいただきたいのですが、その理由は2つあります!

それは、①デパートは大切な人へのお土産探しにぴったり②上層階からの眺めがとっても美しいから♡

デパートではリーズナブルなグルメ土産も見つかりますし、美しい装飾やパノラマで人気の店舗もたくさんあります。

ぜひ最後までチェックして、お気に入りのデパートをみつけてみてくださいね!

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


パリで絶対に行きたい人気デパートおすすめ6選

①ギャラリー・ラファイエット(GALERIES LAFAYETTE)

ギャラリー・ラファイエット外観ギャラリー・ラファイエット外観

パリのデパートといえば、真っ先に思い浮かべるのが、「ギャラリー・ラファイエット」ではないでしょうか?

本館、紳士館、メゾン館の3つの建物で構成されており、エッフェル塔に次いで、パリで2番目に訪問客が多い場所と言われています。

ギャラリー・ラファイエット本館のクーポールギャラリー・ラファイエット本館のクーポール

アール・ヌーヴォー建築で知られ、高さ43メートルのクーポール(ドーム型天井)は、今やギャラリー・ラファイエットのシンボル!

本館は、ルイ・ヴィトンをはじめ、シャネルやディオールなど人気の高級ブランド店が勢揃い。

本館地下1階には、ジャパニーズ・カスタマーサービスがあり、日本人スタッフが常駐しているので、免税書類作成などのサービスが受けられ、フランス語ができなくても安心してお買い物を楽しめます。

クリスマスの時期には、毎年ギャラリー・ラファイエットのクリスマスツリーを見ようとたくさんの人が訪れます。

一見の価値がありますので、ぜひお見逃しなく!

mari
mari
とても混雑していて接客もデパートのわりには少し雑なので、わたしはお買い物はせず、屋上のテラスからパリを見下ろしたり内装を楽しむのに利用することが多いです。
ギャラリー・ラファイエット屋上テラスからの眺めギャラリー・ラファイエット屋上テラスからの眺め

詳しい店舗情報に関しては「ギャラリー・ラファイエット完全攻略!欧州最大規模の老舗デパートでお買い物」にまとめています。

ギャラリー・ラファイエット
住所40, boulevard Haussmann 75009 Paris 地図
最寄り7・9番線Chaussée d’Antin La Fayetteショセ・ダンタン・ラ・ファイエット
営業時間月〜土 9:30-20:30 日 11:00-20:00
HPgalerieslafayettechampselysees.com

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②プランタン(Printemps)

パリ プランタンパリ プランタン

1865年創業のプランタンは、モード館、コスメ・メゾン館、メンズ館の3つの建物で構成されています。

パリ プランタン 階層パリ プランタン 階層

建築家ポール・セディーユによるアール・ヌーヴォー様式の装飾が施された美しいファサードやステンドグラスで飾られたクーポール(ドーム型天井)など、歴史的建造物に指定された建物も見どころの1つです。

モード館の裏手入り口近くには、「エスパス・プランタン・ジャポン(日本人顧客専用サービスカウンター)」があります。

日本人スタッフが常駐しているので、免税の書類作成や買い物済み商品の発送(パリ市内ホテルや海外へ)などのサービスが受けられます。

パリ プランタン 食品館パリ プランタン 食品館

ショッピングのついでに、プランタンのメンズ館7・8階フロアにある食品館「Printemps du Goûtプランタン・デュ・グー」にもぜひお立ち寄りください!

おにちゃん
おにちゃん
商品のすべてがフランス産というこだわりの高級食材が揃っていて圧巻です。
パリ プランタン 食品館パリ プランタン 食品館

またフォアグラで有名な「La Maison Dubernetラ・メゾン・デュベルネ」のレストランも併設。パリの絶景を眺めながら優雅な食事を楽しめます。

クリスマスシーズンにパリを訪れる際には、「クリスマスのショーウィンドー」もお見逃しなく!からくり人形によるメルヘンチックな世界を味わえますよ♡

詳しい店舗情報に関しては「プランタン完全攻略!行き方・営業時間・お土産徹底ガイド」にまとめています。

プランタン
住所64 boulevard Haussmann 75009 Paris 地図
最寄り3・9番線Havre-Caumartinアーヴル・コーマルタン
営業時間月〜土 9:35-20 :00(木20 :45まで)日 11:00-19:00
HPprintempsfrance.com

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③ル・ボン・マルシェ(Le Bon Marché)

ボン・マルシェ外観ボン・マルシェ外観

パリの左岸にあるル・ボン・マルシェは、パリで最も古いデパートで、ファッションを中心とした本館と別館にある食品館La Grande Epicerie de Parisラ・グラン・エピスリー・ド・パリの2つから構成されています。

ボンマルシェのインテリアはコーデの参考にバッチリボンマルシェのインテリアはコーデの参考にバッチリ

ファッションを中心とした本館には、婦人服・紳士服から家具・インテリアまでさまざまな商品を取り揃えています。

そしてなんといっても見逃せないのが、厳選された食品が世界中から集められている食品館ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ

さすがマダム御用達のデパートとあって、高級食材が何でも手に入ります。ワインセラーも圧巻!

ボンマルシェはミネラルウォーターだけでこの品ぞろえボンマルシェはミネラルウォーターだけでこの品ぞろえ
おにちゃん
おにちゃん
わたしが友達にかならず紹介するのがボンマルシェです!

グラン・エピスリー・ド・パリは、パリのお土産選びに困ったときの強い味方になってくれること間違いなし!

解放的なレストラン「ラ・ターブル」解放的なレストラン「ラ・ターブル」

またお買い物ついでにぜひ立ち寄っておきたいのが、食品館ラ・グラン・エピスリー・ド・パリに併設されたレストラン「ラ・ターブル」です。

開放感溢れる吹き抜けの店内で、美味しい料理に舌鼓をうつことができ、リーズナブルなお値段も魅力です。

詳しい店舗情報に関しては「ル・ボン・マルシェ完全攻略!行き方・見どころ・お土産徹底ガイド」にまとめています。

ル・ボン・マルシェ
住所24, rue de Sevres, 75007 Paris 地図
最寄り10・12番線Sèvres-Babyloneセーヴル・バビロヌ
営業時間月〜土 10:00-20:00(木20 :45まで)日 11:00-19:45
HPhttps://www.24s.com/en-us/le-bon-marche

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ右岸店(La Grande Epicerie de Paris Rive Droite)

ラ・グランド・エピスリー・ド・パリ

ラ・グラン・エピスリー・ド・パリは、パリ16区の高級住宅街にもう一店舗あります。

かつてこの場所には、「Franck et Filsフランク・エ・フィス」というデパートがありました。

ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ右岸店として2017年にオープンして以来、16区のマダム御用達の食品館となっています。

ラ・グランド・エピスリー・ド・パリ

他の店舗と比べて旅行者が少なく、かなり落ち着いてお買い物できます。

mari
mari
わたしも今回のお土産はすべてラ・グラン・エピスリー・ド・パリで終わらせました。何を買ってもハズレがなく、家族も友達も大喜びです♡
ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ右岸店
住所80, rue de Passy, 75016 Paris 地図
最寄り9番線La Muettteラ・ミュエット
営業時間月〜土 8:30-21:00 日 9:00-12:45
HPhttps://www.lagrandeepicerie.com/en/rive-droite

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑤ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ(Le BHV Marais)

ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ外観ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ外観

マレ地区のあるベー・アッシュ・ヴェーは、1856年に創業したパリで2番目に古いデパート。

ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ食品コーナーベー・アッシュ・ヴェー食品コーナー

流行に敏感なパリジャンたちが集まる場所柄、アパレルブランドや化粧品はもちろん、インテリア、家電、キッチン用品、生活雑貨、書籍、文房具、手芸用品など、トレンドをおさえたアイテムを取り揃えています。

ベー・アッシュ・ヴェーで気になったセレクトショップベー・アッシュ・ヴェーで気になったセレクトショップ

他のデパートと比べてとても静かなのに、品ぞろえは全く悪くありません。センスの良いインテリアコーディネートはずっと見ていたいほど素敵でした♡

ベー・アッシュ・ヴェー インテリアコーナーベー・アッシュ・ヴェー インテリアコーナー

また地下フロアには、日曜大工好きのフランス人にはたまらない日曜大工用品売り場があり、ありとあらゆるものが手に入ります。

ベー・アッシュ・ヴェー地下日曜大工用品売り場ベー・アッシュ・ヴェー地下日曜大工用品売り場

お買い物に疲れたら、BHVの最上階にある「Le Perchoir Maraisル・ペルショワール・マレ」で休息してはいかがでしょうか?

落ち着いた雰囲気のルーフトップバーで、パリの景色を楽しみながら贅沢な時間が味わえます。

詳しい店舗情報に関しては「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)完全攻略!行き方・見どころ・お土産徹底ガイド」にまとめています。

ル・ベー・アッシュ・ヴェー・マレ
住所52 Rue de Rivoli, 75004 Paris 地図
最寄り1・11番線Hôtel de Villeオテル・ド・ヴィル
営業時間月〜土 9:30~20:00 日 11:00~19:30
HPhttps://www.bhv.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑥ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店(Galeries Lafayette Champs-Élysées)

2019年の3月に、シャンゼリゼ大通りに「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」がオープンしました。

6,500㎡という規模的には決して大きくありませんが、本店とは全く違ったコンセプトで話題を集めています。

建築家ビャルケ・インゲルスが率いるグループによって手掛けられた館内は、ラグジュアリー感あふれる空間が広がり、新進気鋭なブランドがズラリと並びます!

パーソナルスタイリストがついていて、ファッションのアドバイスをしてくれるのもシャンゼリゼ店ならではのコンセプト。

地下にはフードコートもあり、お総菜からスイーツまで美味しいものが目白押し!もちろん、その場で食べることもできます。パリで最古のパティスリー「Stohrerストレール」も入っています。

ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店
住所60, avenue des Champs-Elysées 75008 Paris 地図
最寄り1・11番線Franklin D. Rooseveltフランクラン・ルーズヴェルト
営業時間火〜土 10:30~23:00 月・日 10:30~22:00
HPhttps://www.galerieslafayettechampselysees.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

※今回ご紹介した店舗や定休日の情報は公式サイトを参考にしていますが、変更になることもあるので公式ページやGoogleマップでを参考に事前に確認してみてください。

パリで絶対に行きたい人気デパートまとめ

旅行でパリを訪れたら、全てのデパートをまわりたいぐらい、どのデパートも個性があって、魅力に溢れています!

mari
mari
普段はあまり買い物をしないわたしでも、財布の紐がゆるみまくり、グルメ館ではアルコールなしで2万円近くお買い物をしてしまいました・・・。

日本で購入すると信じられないほど高級な商品ばかりなので、たくさん購入して本当に満足しています。

パリに頻繁に通える人はほとんどにないと思うので、ぜひ満足いくまでお買い物を楽しんできてくださいね!

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる