美術館・博物館

パリで絶対に外せない美術館を完全ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説

 

パリには数えきれないほどたくさんの美術館があります。

美術館・博物館の数はなんとパリ市内だけで30か所以上

これだけ多いと、限られた時間でどの美術館へ行くべきか迷いますよね。

このページでは、はじめてのパリ美術館めぐりにおすすめする絶対に外せない美術館を紹介しています。

おにちゃん
おにちゃん
有名なルーブル美術館やオルセー美術館はもちろん、その2か所以外で見逃してほしくない美術館を厳選しました!

パリでの美術館めぐりをするなら「パリ・ミュージアムパス」が便利!

パリ・ミュージアム・パスを持っていれば、チケット売り場で並ぶことなく、待ち時間を短縮して美術館に入ることができます。

対象スポットは、ルーブル美術館やオルセー美術館、オランジュリー美術館など、パリ市内~パリ近郊にある美術館や史跡。約60か所。

長期滞在にはおすすめできませんが、パリを2日間~1週間で観光するならかなりおすすめ!

お得な使い方をもっとくわしく

パリ・ミュージアムパス
もっと詳しく読む

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


パリで絶対に外せない美術館8選

ルーブル美術館

ルーブル美術館

ルーブル美術館は、世界で最も有名な美術館といってもいいほど知られている美術館。

世界的に有名な絵画や彫像などの美術品を見ることができます。

ルーブル美術館の有名作品
  • レオナルド・ダ・ビンチ「モナ・リザ」
  • ミロのヴィーナス
  • サモトラケのニケ
  • ナポレオンの1世の戴冠式など

ルーブル美術館の入り口は、有名なガラスのピラミッドがあります。

館内は「ドゥノン翼」「リシュリュー翼」「シュリー翼」の3つのエリアに分かれていて、すべての展示品を見るには、数日かかるほど壮大なスケールを誇ります。

数日かかるというのは紛れもない事実で、ルーブル美術館に行くなら事前準備必須

「なんとなくモナリザ観たいな~」ぐらいの事前情報で入場すると、想像以上に広くて、想像以上に迷子になって、体力も精神も消耗します。(体験談)

mari
mari
数時間ですべての作品を見るのは不可能なので、事前に見たい作品を絞って行きましょう

ルーブル美術館のおすすめの周り方については「ルーブル美術館で絶対に見ておきたい作品7選とおすすめの周り方」で詳しく解説しています。

ルーブル美術館
住所Place du Carrousel, 75001 Paris 地図
メトロ1, 7号線 Palais-Royal Musée du Louvreパレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル
開館時間9:00~18:00(月・木・土・日)
9:00~21:45(水・金)
休館日毎週火曜日
料金15ユーロ(現地購入)
17ユーロ(ネット購入)
パリ・ミュージアムパス対応
HPhttps://www.louvre.fr/

※最新情報はルーブル美術館公式サイトでご確認ください

ネット購入の場合は待ち時間30分以内に入場できるなどの特典あり。

詳しいチケット情報に関しては「ルーブル美術館の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

オルセー美術館

オルセー美術館

オルセー美術館は、かつて「オルセー駅」と呼ばれた駅舎でした。

1900年パリ万国博覧会のために造られ廃駅となったのち、今のオルセー美術館として生まれ変わりました。館内にある大時計はその時の名残です。

オルセー美術館の有名作品
  • ミレー「落ち穂拾い」
  • ルノワールの傑作「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」
  • ゴッホの代表作「オーヴェール・シュル・オワーズの教会」
  • ゴーギャンの「タヒチの女」

5階にはオルセー美術館の一番の見どころともいわれる、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ、シスレーなどの印象派の有名絵画がたくさん展示されています。

おにちゃん
おにちゃん
印象派の雰囲気が好きなら、事前準備ゼロでもかなり楽しめます!

また、オルセー美術館内にはロココ調の内装と天井画が美しいレストランがあります。

オルセー美術館のおすすめの周り方については「オルセー美術館の代表作品7選とおすすめの周り方」で詳しく解説しています。

オルセー美術館
住所1, rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
メトロ12号線 Solférinoソルフェリノ
RERC線 Musée d’Orsayミュゼ・ドルセー
開館時間9:30~18:00(火・水・金・土・日)
9:30~21:45(木)
休館日毎週月曜日、5/1、12/25
料金14ユーロ
18歳未満無料
パリ・ミュージアムパス対応
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報はオルセー美術館公式サイトでご確認ください

詳しいチケット情報に関しては「オルセー美術館の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

オランジュリー美術館


photo by FHKE

印象派を中心とした作品が展示されているオランジュリー美術館。

ルーブルやオルセーと比べると小規模ですが、印象派が好きな方は必見です。

その理由は印象派の巨匠クロード・モネの「睡蓮」の展示室。8連の絵画からなるモネの大作は、生前からモネが望んでいた自然光を取りいれた展示室に改装され、パノラマ展示がされています。

オランジュリー美術館の有名作品
  • モネの「睡蓮」
  • ルノワール「道化の衣装のクロード」
  • モディリアーニ「ポール・ギョームの肖像」
  • ルノワール「ピアノに寄る少女たち」など

印象派とポスト印象派の画家の作品が数多く展示されていて、小規模ながらも見応えが十分にある美術館です。

オランジュリー美術館のおすすめの周り方については「オランジュリー美術館の代表作品6選とおすすめの周り方」で詳しく解説しています。

もし、パリ観光の日程に余裕があるなら、オランジュリー美術館に行く前に「睡蓮」のモデルになった「ジヴェルニーのモネの庭」に訪れることをおすすめします。

わたしはモネの庭に行く前・行った後、両方のタイミングでオランジュリー美術館に行きましたが、ジヴェルニーを訪れてから作品を見るほうが「睡蓮」をより楽しめました。

おにちゃん
おにちゃん
ジヴェルニーはパリから日帰りできるのでぜひ行ってみてね!

関連記事ジヴェルニー・モネの家と庭園の行き方・入場料・見どころ徹底ガイド

オランジュリー美術館
住所Jardin des Tuileries 75001 Paris 地図
メトロ1, 8, 12号線 Concordeコンコルド
開館時間9:00~18:00
休館日毎週火曜日、5/1、7/14(午前のみ)、12/25
料金9ユーロ
18歳以下無料
パリ・ミュージアムパス対応
HPhttps://www.musee-orangerie.fr/

※最新情報はオランジュリー美術館公式サイトでご確認ください

詳しいチケット情報に関しては「オランジュリー美術館の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

マルモッタン・モネ美術館

マルモッタンモネ美術館

印象派を代表する画家、クロード・モネのコレクションをもっとも多く所有しているといわれるマルモッタン・モネ美術館。

mari
mari
パリで“モネ”というとオランジュリー美術館の「睡蓮」をイメージしがちですが、モネの作品を見るなら絶対マルモッタン・モネ美術館に行ってほしい!
マルモッタン・モネ美術館の有名作品
  • モネの「印象ー日の出」
  • モネの「睡蓮」「太鼓橋」
  • モネの「ルーアン大聖堂」など
マルモッタン・モネ美術館
住所2, rue Louis Boilly 75016 Paris 地図
メトロ9号線 La Muetteラ・ミュエット
開館時間9:00~18:00(火・水・金・土・日)
9:00~21:00(木)
休館日毎週月曜日、1/1、5/1、12/25
料金11ユーロ
25歳未満の学生と18歳未満は7.5ユー
HPhttps://www.marmottan.fr/

※最新情報はマルモッタン・モネ美術館公式サイトでご確認ください

詳しいチケット情報に関しては「マルモッタン・モネ美術館の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

ルイ・ヴィトン財団美術館(フォンダシオン・ルイ・ヴィトン)

パリ・ルイ・ヴィトン財団美術館

パリの観光名所で知られるルイ・ヴィトン財団美術館。

ブローニュの森にあるモダンかつ斬新なデザインの建物は、パリを代表するモニュメントの1つです。

ルイ・ヴィトン財団が所蔵するコレクションやLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループCEOのベルナール・アルノー氏のコレクションなど、さまざまなジャンルの現代アートを鑑賞することができます。

併設されたミュージアムショップでは「Fondation Louis Vuitton」のロゴの入ったオリジナルグッズが観光客に大人気!クオリティが高く、お値段が手頃なのでお土産にもピッタリ。

ルイ・ヴィトン財団美術館
住所8 Avenue du Mahatma Gandhi, 75116 Paris 地図
メトロ1号線 Les Sablonレ・サブロン
開館時間11:00-20:00(月・水・木)
11:00-21:00(金)
9:00-21:00(土・日)
※時期によって異なる場合もある
休館日毎週火曜日、1/1、5/1、12/25
料金16ユーロ
26歳以下の学生、10ユーロ
18歳以下、5ユーロ
3歳以下無料
HPhttps://www.fondationlouisvuitton.fr/

※最新情報はルイ・ヴィトン財団美術館公式サイトでご確認ください

詳しいチケット情報に関しては「ルイ・ヴィトン財団美術館(フォンダシオン)の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

国立近代美術館(ポンピドゥーセンター)

国立近代美術館(ポンピドゥーセンター)

レ・アル地区にある鉄筋の支柱とむき出しのパイプで覆われた奇抜なデザインのジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター。

文化と芸術の複合施設になっており、国立近代美術館、産業創造センター、公共情報図書館、現代音楽・音響研究所が入っています。

国立近代美術館には、20世紀初めから現代までの作品11万点を所蔵。ピカソやマティス、ダリ、マグリットなどの美術作品が展示されています。

国立近代美術館
住所Place Georges Pompidou, 75004 Paris 地図
メトロ11号線 Rambuteauランビュトー
1, 11号線 Hôtel de Villeオテル・ドゥ・ヴィル
1, 4, 7, 11, 14号線 Châteletシャトレ
開館時間11:00~21:00(月・水・金・土・日)
木曜は企画展のみ23:00まで
休館日毎週火曜日、5/1
料金14ユーロ
18歳以下無料
パリ・ミュージアムパス対応
HPhttps://www.centrepompidou.fr/

※最新情報はポンピドゥーセンター公式サイトでご確認ください

詳しいチケット情報に関しては「国立近代美術館(ポンピドゥーセンター)の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

グラン・パレ美術館

1900年のパリ万国博覧会を記念して建てられたグラン・パレ美術館。

アール・ヌーボーの代表的な建物で、石造りの建物に鉄骨のガラス屋根とドームが特徴。建物そのものが芸術的です。

歴史的建造物に指定されていて、西側に科学技術博物館と国立美術館があります。

グランパレ内ではさまざまなジャンルの企画展が開催されていて、人気のある展覧会では長蛇の列ができます。

グラン・パレ美術館
住所3, avenue du Général Eisenhower, 75008 Paris 地図
メトロ1, 13号線 Champs-Elysées Clemenceauシャンゼリゼ・クレモンソー
開館時間企画展によって異なります
休館日毎週火曜日
料金企画展によって異なります
HPhttps://www.grandpalais.fr/fr

※最新情報はグラン・パレ公式サイトでご確認ください

ロダン美術館


photo by Ernest McGray, Jr.

パリの閑静な住宅街の一角に、旧貴族の館を改装してできた美術館があります。

「考える人」や「地獄の門」で知られる19世紀を代表するフランスの彫刻家、オーギュスト・ロダンのロダン美術館。

ロダン美術館の有名作品
  • ロダンの「考える人」
  • ロダンの「地獄の門」
  • ゴッホの「タンギー爺さん」

ロダンのかつての恋人であり、彫刻家であったカミーユ・クローデルの作品やロダン自身が収集した絵画や彫刻のコレクションなどが展示されています。

ロダン美術館の美しい庭園には彫刻作品がたくさん。美術館の中にある彫刻をみるのとは一味違うおもしろさがあります。

おにちゃん
おにちゃん
彫刻に詳しくなくても、意外と楽しめました!
ロダン美術館
住所77 Rue de Varenne, 75007 Paris 地図
メトロ13号線 Varenneヴァレンヌ
8, 13号線 Invalidesアンヴァリッド
開館時間10:00~17:45
休館日毎週月曜日、1/1、5/1、12/25
料金【常設展・特別展・庭園】
10ユーロ
18歳未満無料
【庭園のみ】
4ユーロ
18歳未満無料
パリ・ミュージアムパス対応
HPhttp://www.musee-rodin.fr/

※最新情報はロダン美術館公式サイトでご確認ください

詳しいチケット情報に関しては「ロダン美術館の行き方・アクセス・チケット徹底ガイド」にまとめています。

パリの美術館まとめ

パリは芸術の都と呼ばれるだけあって、美術館の数が本当に多い…!

2日~1週間ほどの短期滞在でパリを観光するなら、パリ・ミュージアムパスを使って観光するのがおすすめです。

なぜなら、チケット売り場に並ぶ時間を短縮できるから。

対象スポットはルーブル美術館やオルセー美術館、オランジュリー美術館など、パリ市内~パリ近郊にある美術館や史跡など約60か所。

パリ・ミュージアム・パスを持っていれば、チケット売り場で並ぶことなく、待ち時間を短縮して美術館に入ることができます。

長期滞在にはおすすめできませんが、2日間~1週間でパリを観光するならかなりおすすめ!

お得な使い方をもっとくわしく

パリ・ミュージアムパス
もっと詳しく読む

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる