MENU
プロヴァンス

プロヴァンス人気観光地と見どころを地図付きでご案内|治安・行き方・おすすめ土産・ホテル

当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
都市から記事を探す
マルセイユ
アヴィニョン
エクスアンプロヴァンス
アルル
サンレミドプロヴァンス
ホテル宿泊記を探す
ホリデイインエクスプレスマルセイユサンシャルル
キリヤードアヴィニョンパレデパップ
オテルデュミュゼ
人気おみやげ
プロヴァンス旅行の人気定番お土産7選と特産品|旅のプロおすすめ心ときめく商品をご紹介 フランスのお土産選びはとても楽しく、素敵なお店を眺めているだけであっという間に時間がたってしまいます。 とりわけプロヴァン...
空港アクセス
空港アクセス(マルセイユ)
空港アクセス(エクス・アン・プロヴァンス)

プロヴァンス地域の人気主要観光都市

マルセイユ Marseille

旅人の心を掴んで離さないマルセイユの景色旅人の心を掴んで離さないマルセイユの景色

フランス最大の港街マルセイユ。

街の歴史は紀元前600年までさかのぼります。貿易の中心地として発展し、フランスでも有数の商業都市となりました。

小高い丘の上に立つロマネスク・ビザンチン様式のノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂は、街のシンボルです。

第2次世界大戦時の戦闘による銃弾の痕が壁に残り、歴史を物語っています。テラスからは、マルセイユの美しい街並や港を一望することができます。

ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院からの眺めノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院からの眺め

ほかにも聖ヴィクトールを祀ったサン・ヴィクトール修道院やネオ・ビザンチン様式のサント・マリー・マジョール大聖堂、市立美術館と自然史博物館が併設されたロンシャン宮殿など見どころがたくさんがあります。

また港の沖合3㎞のところに浮ぶイフ島は、アレクサンドル・デュマの小説「モンテ・クリスト伯」の舞台となった要塞で、実際牢獄として使われていた場所。

イフ島行きのフェリーイフ島行きのフェリー

フランス革命初期の中心的指導者だったミラボーもここに収容されたことで有名です。

関連記事はこちら
マルセイユ
マルセイユ人気観光地と見どころを地図付き解説!治安・行き方・おすすめ土産 フランス南部の港湾都市マルセイユ。フランス最大級の港を誇り、地中海の貿易の拠点として栄えてきました。 アルメニア人、イタリ...

アヴィニョン Avignon

アヴィニョン教皇庁(法王庁)(Palais des Papes)アヴィニョン教皇庁(法王庁)(Palais des Papes)

フランス南東部に位置するアヴィニョンは、14世紀にローマから法王庁がこの地に移り、7人の法王が統治しました。

「法王のバビロン捕囚時代」と呼ばれる1309年から1377年まで、アヴィニョンは法王庁の役割を務めます。

アヴィニョンにある法王庁はその時の名残で、厚さ4m、高さ50mの堅固な外壁で囲まれた宮殿というよりは要塞。

ノートルダム・デ・ドン大聖堂(Notre Dame des Doms d'Avignon)ノートルダム・デ・ドン大聖堂(Notre Dame des Doms d’Avignon)

創設者ベネディクト12世が建てた北半分のパレ・ヴュー(旧宮殿)とクレメント6世が建てた南半分のパレ・ヌフ(新宮殿)からなります。

毎年7月に開かれるアヴィニョンフェスティバルは、国際的に有名な演劇フェスティバル。

1947年に演出家ジャン・ヴィラールによって設立され、さまざまジャンルのエンターテインメントが上演され、街中が活気にあふれます。

忘れてはいけないアヴィニョン もうひとつの見どころが、ローヌ川にかかるサン・ベネゼ橋!

サン・ベネゼ橋(Pont Saint Benezet)サン・ベネゼ橋(Pont Saint Benezet)

有名な「アヴィニョンの橋の上で」の歌に出てくる石橋で、22連のアーチに支えられた長さ900mの橋でしたが、洪水により橋の大部分が流されてしまいました。

現在は、4本の橋桁と聖ベネゼを祀るサン・ニコラ礼拝堂が残っています。

関連記事はこちら
アヴィニョン
アヴィニョン人気観光地と見どころを地図付き解説!世界遺産・治安・行き方・おすすめ土産・ホテル フランス南東部に位置するアヴィニョンは、城壁に囲まれた中世の街並が残る美しい街です。 なかでも1995年に世界遺産...

エクス・アン・プロヴァンス Aix en Provence

エクスアンプロヴァンス中心地エクスアンプロヴァンス中心地

マルセイユの北25キロにあるエクス・アン・プロヴァンスは、かつてプロヴァンス伯爵領の首都として栄えた街。

17〜18世紀の建築が美しい旧市街には、街のいたるところに噴水があります。

エクサンプロヴァンス セザンヌの銅像エクサンプロヴァンス セザンヌの銅像

エクス・アン・プロヴァンスは学園都市としても有名で、人口の2割以上を学生が占めます。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

また近代絵画の父と呼ばれる画家ポール・セザンヌの故郷でもあり、街にはセザンヌの生家をはじめ、自ら設計したアトリエなど数多くの史跡が残ります。

関連記事はこちら
エクスアンプロヴァンス
エクス=アン=プロヴァンス人気観光地と見どころを地図付き解説!治安・行き方・おすすめ土産フランスボックスでは、豊かな歴史と文化、そして美しい自然が魅力のエクスアンプロヴァンスの見どころ、観光情報、治安やおすすめのお土産などを地図付きでご紹介します。 芸術の街としても知られ、街には、多くの美術館があり、有名な画家の作品を鑑賞することができます、特にセザンヌの代表作は必見です!...

アルル Arles

アルルの円形闘技場(Arènes d'Arles)アルルの円形闘技場(Arènes d’Arles)

「芸術と歴史の街」として知られるアルルは、ローマ帝国時代に商業都市として栄えた街。

紀元前2世紀頃に造られた巨大な円形闘技場をはじめ、2本の円柱が残る古代劇場、ロマネスク様式のサン・トロフィーム教会、皇帝コンスタンティヌス1世によって建造されたコンスタンティヌスの共同浴場跡など、街のいたるところに古代遺跡があり、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

マルシェで見つけたゴッホの置物がかわいい!!マルシェで見つけたゴッホの置物がかわいい!!

アルルといえば、ゴッホゆかりの地でもあります。

アルルの跳ね橋(Le Pont de l'Anglois)アルルの跳ね橋(Le Pont de l’Anglois)

ゴッホの代表作「アルルの跳ね橋」は、残念なことに第二次世界大戦で破壊されてしまったため、アルルから南へ3キロほど離れた運河に再現されました。

エスパス・ファン・ゴッホ(Espace Van Gogh)エスパス・ファン・ゴッホ(Espace Van Gogh)

またエスパス・ヴァン・ゴッホは、精神を病んだゴッホが療養生活を送った場所で、現在は図書館、メディア資料館、多目的展示会場などの総合文化センターで、アルルの重要な文化活動の拠点となっています。

関連記事はこちら
アルル
アルル人気観光地と見どころを地図付き解説!治安・行き方・おすすめ土産パリ在住の筆者がアルルのおすすめ観光スポットを中心に、それぞれの施設の見どころ、お土産、周辺の治安を詳しく解説しています。事前に地図を見て観光の予定を立てておくと、時間の短縮になったり、見逃しが減ってより充実した旅になると思うので、ぜひ参考にしてみてください!...

プロヴァンスの治安

プロヴァンスの多くの都市では、それほど治安の心配はいりません。

しかし、マルセイユなど、フランスの中でも危険だと言われている都市もあるので、気を抜かないようにしましょう。

高価なブランド品を身につけたり、夜遅くに人通りの少ない場所へ行くのは非常に危険です。

特にスマートフォンは狙われやすく、マップなどを見て気を取られている隙にスリに遭遇します。

突然近寄ってきてスマホをひったくられるケースもありますので十分に注意しましょう。

mari
mari
暗くなった時を狙ってポケットに手を入れられたことがあります。何も入っていなかったので、振り払って終わりましたが気持ち悪かった

ハイブランドを購入した後はメトロは使わずタクシーでホテルに戻るか、ショッピングバッグに入れ替えて移動することを強くおすすすめします!!

被害に遭ってしまうと精神的にもせっかくの旅行が台無しになってしまうので、旅行を楽しむために防犯対策はしっかりと行いましょう。

スリ対策の基本

このエリアに限った話ではありませんが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

海外旅行保険に入る

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品保証が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

そのほかクレジットカードについては「フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード」の記事で詳しく解説しています。