プロヴァンス・コートダジュール

エクス=アン=プロヴァンス人気観光地を旅のプロが地図付きでご案内|治安・行き方・おすすめ土産・ホテル

温暖な気候と美しい自然をもつエクス・アン・プロヴァンス。は「水の都」と呼ばれています。

街の至るところに噴水があり、目にするだけでリラックスして一気にヴァカンス気分。

フランスはどの都市も素敵でハズレはありませんが、中でもエクス・アン・プロヴァンスは特にお気に入りの街になりました。

光り輝く水の都エクスアンプロヴァンス光り輝く水の都エクスアンプロヴァンス

眩し太陽を求めて、たくさんの人々が訪れるのも納得です。

プロヴァンス地方の観光の拠点しても最適で、画家のセザンヌゆかりの地としても知られています。

かつてはプロヴァンス伯爵領の首都として栄え、現在は大学都市・芸術都市として市民から愛されている街。

ダリウスミヨー音楽院校舎は隈研吾事務所設計ダリウスミヨー音楽院校舎は隈研吾事務所設計

毎年夏になると、「エクス・アン・プロヴァンス音楽祭」が開催され、世界中からたくさんの観光客が集まり賑わいます。

一番のお目当てはセザンヌでしたが、マルシェを冷やかしたり、お土産屋さんを見て歩くだけでもワクワクする街でした。

2泊とゆっくり時間をとって観光できたのも非常によかったです。

エクスアンプロヴァンス中心地エクスアンプロヴァンス中心地

プロヴァンスは美しい村が沢山あるので駆け足で周遊される方が多いのですが、ぜひ1日はのんびりと街の雰囲気にどっぷりつかるくらいの気持ちで街歩きを楽しんでみてください

サント・ヴィクトワール山を眺めながら、セザンヌの人生についても想いを巡らせました。

生家からお墓まで、画家の足跡をたどる旅というのはなかなかおもしろいものです。

それでは、セザンヌが愛したエクスの観光スポット、おすすめのグルメ・お土産・ホテルなど、エクサンプロヴァンスの魅力をたっぷりご紹介していきましょう!

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

このページの目次

エクス・アン・プロヴァンスの観光情報

プロヴァンス地方の観光の拠点であるエクス・アン・プロヴァンス。

ゴッホやセザンヌなど多くの芸術家たちが、この溢れんばかりの陽光と豊かな色彩に包まれたエクス・アン・プロヴァンスに魅了されました。

グラネ美術館隣にあるサン・ジャン・ド・マルト教会グラネ美術館隣にあるサン・ジャン・ド・マルト教会

エクス・アン・プロヴァンスは、画家Paul Cézanneポール セザンヌの生まれ故郷。

晩年、制作場所をパリから故郷のエクス・アン・プロヴァンスに戻したセザンヌは、故郷の風景を多く描きました。

ここからはエクスアンプロヴァンスという街を知るための情報をしっかり詰め込んだので、必要なところだけピックアップして旅の準備や観光のお供にご利用ください。

特に見逃せない施設には、おすすめ☆マークを3段階でつけておきました。旅の計画の参考に利用ください。☆☆☆が最も重要なスポットです。

気候・ベストシーズン(春〜秋)

プロヴァンスは地中海性気候で、年間を通して300日間も晴れるといわれています。

冬は毎日曇ってばかりのパリとは大違いで、陽射しが強く明るいため驚かれるかもしれません。

年中楽しめますが、初夏のはじまりとなる4月中旬頃から9月までが夏を感じられる季節です。

真夏には40度を超えることもあり、ベストとは言えないかもしれませんが、フランスのバカンスのハイシーズンでもあるため街に活気があり、音楽イベントも活発になります。

春のはじめや秋から冬にかけてはミストラルという季節風が吹き、一気に寒くなることも。また秋は雨が降りやすい季節でもあります。

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね! 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...
フランス旅行の服装まとめ!在住者おすすめ季節・シーン別の最適なコーデとはフランス、パリ観光に最適な服装について在住者の目線から詳しくまとめました。パリはスリも多く治安が良いとは言えません。悪目立ちしないためにも現地のファッション傾向に合わせてシンプルな服装で観光することをおすすめします!...

おすすめ観光の周り方

エクスの観光スポットは、中心に集中しているので基本的に徒歩でまわればOK

わたしは地球の歩き方など、ガイドブックを参考に地図を見ながら街歩きの計画を立てました。美術館に行かないなら半日~1日あればじゅうぶん散策できます。

観光好きならシティパスの活用が断然おすすめ!美術館やツアーがセットで格安に。

セザンヌのアトリエは坂道で歩くときついので、バスかタクシーを使って訪問しましょう。

↓観光地の位置関係をGoogleマップにまとめました。ぜひ活用ください。

地図の使い方をみる

Googleマップの使い方Googleマップの使い方

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方です。

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやはり地球の歩き方。

全579ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

フランス版はこちら

パリやニース以外の地方都市の情報が詳しく載っているので周遊するには欠かせない1冊

フランスのハイライトはもちろん、文化やアート情報、お土産屋グルメに関しても詳しく紹介されています。

現地で体調を崩した時や犯罪に巻き込まれた時の連絡先や緊急時の医療会話まで載せているのは本当に素晴らしいと思います。

地方にしか行かないという方は分冊版がおすすめです。通常版よりお値段が安くなるのが嬉しいですね♪

また地球の歩き方以外であれば、以前、旅行のあいだに「南フランスの休日 プロヴァンスへ」をずっと持ち歩いていました。

普通のガイドブックよりエッセイの要素が入っているので読みやすく、どの街に行こうかなと考えているときの参考にもってこい。読んでいてワクワクします。

プロヴァンスならこの1冊でいいかも
フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめは地球の歩き方旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ネッ...

シティパスを活用する

わたしは美術館好きなので、ヨーロッパのある程度の都市に行くと必ずシティパスがないか確認します。

コロナ禍で一時的に発売が中止されているようだったので、わたしは購入できなかったのですが、エクスアンプロヴァンスの観光サイトを確認すると販売を再開したようでした。

シティパスは3種類。購入日から6か月間有効。冬季はツアーの種類が減ります。

  • 市内の重要観光スポットへの無料アクセス、無料のガイド付きウォーキングツアー、ミニ・トラムで行くエクスのガイド付きツアー
  • カフェ、ショップ、レストラン、アクティビティなどの割引
  • 公共交通機関

対象施設は公式ページまたはパンフレット(仏語)で確認できます。これ使ってもう1回散策したい(笑)

オンラインの他、現地の観光案内所や各入場施設にパスを買いたいです。と言うと案内してくれますが、聞かないと教えてくれません。こちらから聞くようにしましょう。

セザンヌゆかりの地をめぐる

セザンヌ《山高帽をかぶった自画像 Portrait de l'artiste au chapeau melon》ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館セザンヌ《山高帽をかぶった自画像 Portrait de l’artiste au chapeau melon》ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館

セザンヌについてはゴッホやモネほど詳しくなかったので事前に映画を見たり、本を読んで勉強してからエクスアンプロヴァンスへ向かいました。

mari
mari
Amazonプライムビデオで視聴できる「セザンヌと過ごした時間」おすすめです。

セザンヌの性格やゾラとの確執。胸が苦しくなるシーンもありますが、観て良かった。

街の中心、ロトンドの噴水の目の前に佇んでいたセザンヌを見つけたときは思わずにっこり。

エクサンプロヴァンス セザンヌの銅像エクサンプロヴァンス セザンヌの銅像

でもこのスプレー、明らかに落書きされてるよね…。

生家から汗だくになりながらアトリエまで歩き、予約をとってからレ ローブの丘へ向かいました。

へとへとでしたが、サント・ヴィクトワール山が見えた瞬間、疲れを忘れてその景色に釘付けになりました。絵の中で何度も見た光景が目の前に広がります。

確かにここにセザンヌがいた気配を感じながらアトリエに戻り、素晴らしいツアーに参加した後はグラネ美術館で作品を鑑賞。

セザンヌのアトリエセザンヌのアトリエ

最後はお墓にお参りで締めくくり。エクスアンプロヴァンスはセザンヌ抜きでも素晴らしい街ですが、セザンヌのおかげでより一層忘れられない体験ができました。

セザンヌゆかりの32の場所を示す道しるべセザンヌゆかりの32の場所を示す道しるべ
ポール・セザンヌゆかりの地11選!フランス・パリを巡る旅パリ在住のアートファンがフランス画家ポールセザンヌの人生や代表作を振り返りながらゆかりの地をまとめました。専門的な記事ではなく、アート初心者へ楽しみながら旅してもらうためのしおりとして使っていただけると嬉しいです。...

現地ツアーに参加する

基本的にはすべてバスか鉄道で移動できるプロヴァンスですが、2時間に1本しかない・バス停がわかりづらい・待ってても止まってくれない等、困ったことも起こります。

限られた時間での移動リスクや、トイレの場所、重要な場所の見逃しを避けることを考えると、不慣れな方は現地ツアーに参加するのがおすすめです。

日本語で予約できるベルトラiconでエクスの現地ツアーを調べてみました。

ベルトラの現地ツアーは出発前に日本語で予約できる上に価格も良心的なので、わたしたちもよく利用しています。

また英語でもよければ、GetYourGuideのツアーの種類がかなり豊富でおすすめです。眺めているだけで楽しくなるものがいっぱいあるのでぜひチェックしてみてください。

わたしは個人旅行で周ったのとプラスして、プロヴァンスの1日周遊ツアーにも参加。滞在時間は物足りないけれど効率よく周ることに関してはピカイチ。

個人旅行とうまく組み合わせたいところ。

mari
mari
ハイシーズンは早めにネットで予約しておくことをおすすめします。

近隣の観光スポット

エクス・アン・プロヴァンスから車で約1時間で行ける観光地も沢山あります!

プロヴァンス地方を鉄道やレンタカーを使って周るのは大変おすすめです。本数は少ないですがバスも発達しているのでぜひ近隣にも足をのばしてみてください。

観光の注意点

エクスの治安は比較的良好で特に心配するような雰囲気の場所はありませんでした。しかし、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事

駅周辺や人でにぎわう観光地やマルシェ周辺はやはり気が抜けません。

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード今回はクレジットカードのお話。フランスは日本と違い完全にキャッシュレス社会です。 お財布にはあまりたくさんの現金を入れず、スーパー...

エクス・アン・プロヴァンスのマルシェで掘り出し物を探そう

ミラボー通りミラボー通り

エクスのマルシェは火・木・土曜日の午前中から13時ころまで開かれます。

毎日開かれているマルシェもありますし、月に1度開かれる大きな蚤の市もあります。

ミラボー通りで売られていたカリソンを購入ミラボー通りで売られていたカリソンを購入

フランスではどこのマルシェも楽しいですが、プロヴァンスは特に素敵なものが多く色々お買い物をしてしまいました。

物価の高いフランスでも、マルシェならまだまだ手の届く掘り出し物が沢山あるなという印象。とっても楽しかった!

エクスアンプロヴァンス市庁舎前エクスアンプロヴァンス市庁舎前

ココナツやりんごのドライフルーツがとても美味しかったので旅のおやつにおすすめです。

土産物屋の半額以下で大変お得でした。

エクス・アン・プロヴァンスで泊まりたいおすすめホテル

わたしがエクス・アン・プロヴァンスでおすすめしたいホテルは3箇所。

フランスのホテルはエレベーターがない場合も多いので、荷物が多いなら駅から近いホテルがおすすめです。

タクシーもいないことがあるので、徒歩で移動可能か考慮しながら決めるのが大切。

わたしが実際泊まったホテルや、ホテルを選ぶ際に重視している立地や料金を元におすすめ順を考えました。

↓有名観光地との位置関係はこんな感じ

地図の使い方をみる

Googleマップの使い方Googleマップの使い方

イチオシはルネッサンス エクス アン プロヴァンス

ルネッサンス エクス アン プロヴァンスルネッサンス エクス アン プロヴァンス

わたしの一押しはマリオットボンヴォイグループのルネッサンス エクス アン プロヴァンス

中心部からも近く、無料のスパ(屋内温水プール、スチームルーム、フィットネスルームあり)も提供しています。

お部屋も明るく清潔でホスピタリティも高いおすすめのホテル。

Hôtel Aquabella & SpaHôtel Aquabella & Spa

その他ややリーズナブルなホテルならHôtel Aquabella & Spa、高級ホテルもOKならLa Villa Gallici – Relais & Châteauxをぜひチェックしてみてください。

La Villa Gallici - Relais & ChâteauxLa Villa Gallici – Relais & Châteaux

まるでセザンヌの絵の中に入り込んだかのような特別な気分になれる素敵なホテルです。

まずはホテルをチェック

Booking.comで
エクスアンプロヴァンスのホテルを探す



Booking.com

エクス・アン・プロヴァンスの観光名所と見どころ

エクスの美しい街並みは歩いているだけでも楽しめます。

でも、帰ってから「こんなところもあったの?」と後悔するのはもったいないので、観光大好きなわたしが主要な観光名所をご案内したいと思います!

地図の番号順に紹介していくので、興味のある場所だけチェックしてみてくださいね。

特に見逃せない施設には、おすすめ☆マークを3段階でつけておきました。旅の計画の参考に利用ください。☆☆☆が最も重要なスポットです。

①噴水(La fontaine)☆☆

ラテン語の「アクア」から転じた「エクス」が示す通り、街の至るところで水がわき出し、街のあちらこちらで噴水を見つけることができます。

素敵な噴水はいくつもありますが、その中でも有名な噴水をご紹介します。

ロトンドの噴水(La fontaine de la Rotonde)

ロトンドの噴水(La fontaine de la Rotonde)ロトンドの噴水(La fontaine de la Rotonde)

エクス・アン・プロヴァンスの噴水の中でもとりわけ大きな噴水が、ジェネラル・ド・ゴール広場にあるロトンドの噴水です。

ギリシャ神話の三美神に例えられる三体の大理石像は、エクス・アン・プロヴァンスを象徴する寓意になっています。

  • ミラボー通り方面を見つめる像 「正義」
  • ベルジュ通り方面を見つめる像 「農業」
  • ナポレオン・ボナパルト通りを見つめる像 「芸術」
ロトンドの噴水
住所Place du Général de Gaulle, 13100 Aix-en-Provence地図
行き方エクス・アン・プロヴァンス駅からロトンドの噴水まで徒歩約5分

4頭のイルカの噴水(La fontaine des Quatre Dauphins)

4頭のイルカの噴水(La fontaine des Quatre Dauphins)ロトンドの噴水(La fontaine de la Rotonde)

1667年に彫刻・建築家のJean Claude Rambotジャン クロード ランボによって作られました。

イルカを見たことがなかったため、想像で作り上げたのだとか。そのため、ちょっと滑稽な姿のイルカが見れます。

4頭のイルカの噴水
住所Place des 4 Dauphins, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方市庁舎から4頭のイルカの噴水まで徒歩約7分

ルネ王の噴水(La fontaine du Roi René)

ルネ王の噴水(La fontaine du Roi René)ルネ王の噴水(La fontaine du Roi René)

ミラボー通りの小さな広場には、「エクスの善人王」と呼ばれたルネ王の噴水があります。プロヴァンス地方で栽培されているブドウの房を左手に持って立っています。

ルネ王の噴水
住所Cours Mirabeau, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方市庁舎からルネ王の噴水まで徒歩約6分

②ミラボー通り(Cours Mirabeau)☆☆☆

ミラボー通り(Cours Mirabeau)ミラボー通り(Cours Mirabeau)

街のメインストリートであるミラボー通りは、17世紀に城壁を壊した跡に作られた通りです。

長さ500メートルの通りには、カフェやレストランが軒を連ね、プラタナスの並木が続きます。

中でも有名なのがセザンヌ行きつけの店と知られる「Les Deux Garçonsカフェ・レ・ドゥ・ギャルソン」。ピカソやコクトーも訪れた名店です。

2019年に残念ながら火事で全焼してしまい、いったん閉店。2022年には工事をしているようでしたが、再開するのか別のカフェが入るのか…。

わたしたちはすぐ近くのカフェでコーヒーブレイク。マドモワゼルと優しい声がして、横を向くと素適な老夫婦から娘へお菓子のプレゼント。

南仏は人と人との距離が近く、わたしたちにとっては心地よい空間です。

ミラボー通り
住所Cours Mirabeau, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方市庁舎からミラボー通りまで徒歩約5分

③アルベルタ広場(Place d’Albertas)

アルベルタ広場(Place d'Albertas)アルベルタ広場(Place d’Albertas)

アルベルタ広場は、17世紀にJean Baptiste d’Albertasジャン バティスト ダルベルタによって作られました。広場には、1912年に設置されたアルベルタの噴水もあります。

アルベルタ広場
住所11 Rue Espariat, Aix-en-Provence 地図
行き方市庁舎からアルベルタ広場まで徒歩約3分

④市庁舎(Hotel de Ville d’Aix-en-Provence)

市庁舎(Hotel de Ville d'Aix-en-Provence)市庁舎(Hotel de Ville d’Aix-en-Provence)

旧市街の中心にある市庁舎は、17世紀半ばに建てられました。フランスの庁舎はどこも立派な建物が多く、日本とは全く違うので見ていておもしろい。

「hôtel de ville」と表記されるので、フランス語を学ぶ前はてっきり有名なホテルだと思っていました(笑)。

市庁舎(Hotel de Ville d'Aix-en-Provence)市庁舎(Hotel de Ville d’Aix-en-Provence)

市庁舎の脇にある時計塔には天文時計が設けられています。

市庁舎
住所Place de l’Hôtel de ville, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方エクス・アン・プロヴァンス駅から市庁舎まで徒歩約12分
時間
定休
料金
HPhttps://www.aixenprovence.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑤サン・ソーヴール大聖堂(Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)☆

サン・ソーヴール大聖堂(Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)サン・ソーヴール大聖堂(Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)

サン・ゾーヴール大聖堂は、5世紀から18世紀にかけて増改築を繰り返したため、様々な時代の建築様式が入り交じっています。

見どころは、12世紀のロマネスク様式の列柱回廊やメロヴィング朝(5~8世紀)時代の洗礼堂。

サン・ソーヴール大聖堂(Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)サン・ソーヴール大聖堂(Cathédrale Saint Sauveur Aix-en-Provence)

画家ニコラ・フロマンによる三連祭壇画《燃ゆる茨》などがあります。

サン・ソーヴール大聖堂祭壇画《燃ゆる茨》サン・ソーヴール大聖堂祭壇画《燃ゆる茨》

1906年10月24日、この大聖堂でセザンヌの葬儀が執り行われました。

サン・ゾーヴール大聖堂
住所34 Place des Martyrs de la Resistance, 13100 Aix-en-Provence
行き方市庁舎からサン・ソーヴール大聖堂まで徒歩約3分
時間8:00-19:00
【ガイド付き見学】
10:00-12:00 14:30-17:30 日曜日のみ10:00-12:00
定休
料金無料
HPhttps://paroisses-aixarles.fr/aix-saintsauveur/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑥タペストリー美術館(Musée des Tapisseries)

タペストリー美術館(Musée des Tapisseries)タペストリー美術館(Musée des Tapisseries)

タペストリー美術館は、かつて大司教官邸だった建物。

ドン・キホーテの生涯を描いたタペストリーをはじめ、17~18世紀の作品を中心に展示されています。

タペストリー美術館
住所28 Place des Martyrs de la Resistance, 13100 Aix-en-Provence
行き方サン・ソーヴール大聖堂からタペストリー美術館まで徒歩約1分
時間10:00-12:30 13:30-18:00(4月15日-10月15日)
10:00-12:30 13:30-17:00(10月16日-4月14日)
定休火曜日
料金大人3.7ユーロ
26歳以下無料
HPhttps://www.aixenprovence.fr/Presentation-du-Musee-des-Tapisseries

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑦グラネ美術館(Musée Granet)☆

グラネ美術館(Musée Granet)グラネ美術館(Musée Granet)

芸術の街として知られるエクス・アン・プロヴァンスは、近代絵画の父と呼ばれるPaul Cézanneポール セザンヌの生まれ故郷。

グラネ美術館(Musée Granet)グラネ美術館(Musée Granet)

グラネ美術館は、エクス・アン・プロヴァンス出身の画家François Marius Granetフランソワ マリウス グラネの遺贈により1984年に美術館として開館しました。

グラネ美術館(Musée Granet)グラネ美術館(Musée Granet)

グラネの作品をはじめ、Dominique Ingresドミニク アングルの《グラネの肖像画》、セザンヌの《ジャス・ド・ブッファンの眺め》、ジャコメッティの寄贈作品など14世紀から20世紀の絵画コレクションを所蔵し、とりわけセザンヌの貴重なコレクションを取り揃えています。

《エミール・ゾラの肖像》《エミール・ゾラの肖像》
《セザンヌ夫人の肖像》《セザンヌ夫人の肖像》

中学時代からのセザンヌの友人を描いたエミール・ゾラの肖像 Portrait d’Émile Zola》砂糖壷、梨、青いティーカップのある静物画 Nature morte, sucrier, poires et tasse bleue》セザンヌ夫人の肖像 Portrait of Madame Cézanne》など10点の作品が収蔵されています。

グラネ美術館別館グラネ美術館別館

ピカソやゴッホ、デュフィが展示されているのは歩いて5分ほどの場所にある別館。同じチケットで入場可。

元チャペルというだけあり、厳かな雰囲気が漂います。

グラネ美術館
住所Place Saint-Jean de Malte, 13100 Aix-en-Provence
行き方市庁舎からグラネ美術館まで徒歩約10分
時間10:00-18:00(2022年10月2日まで)
12:00-18:00(2022年10月4日から)
定休月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金大人8ユーロ(2022年10月4日から6ユーロ)
18歳以下無料
HPhttp://www.museegranet-aixenprovence.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑧セザンヌ生家(Maison Cezanne)

セザンヌ生家(Maison Cezanne)セザンヌ生家(Maison Cezanne)

1839年1月19日、ポール・セザンヌはエクス・アン・プロヴァンスで生まれました。

今も生家が残っていますが、残念ながら中を見学することはできません。

セザンヌ生家(Maison Cezanne)セザンヌ生家(Maison Cezanne)

とても立派なお屋敷で裕福だったことがよくわかります。

セザンヌの生家
住所28 Rue de l’Opéra, 13100 Aix-en-Provence
行き方グラネ美術館からセザンヌの生家まで徒歩約5分

⑨セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)☆☆

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

セザンヌのアトリエは、1902年から1906年に亡くなるまでセザンヌが制作活動をしていた場所です。

セザンヌ《大水浴図 Les Grandes Baigneuses》フィラデルフィア美術館セザンヌ《大水浴図 Les Grandes Baigneuses》フィラデルフィア美術館

2階部分に大きなアトリエを作り、1902年から1906年に死去するまで制作を続け、大水浴図 Les Grandes Baigneuses》などの多くの作品がこのアトリエから生み出されました。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

セザンヌが愛した数々のオブジェをはじめ、家具や画材、作業着、道具など、セザンヌのゆかりの品々が当時のまま展示されています。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

セザンヌの生きていた時代にタイムスリップしたかのよう。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

絵なのか写真なのかわからないくらいセザンヌそのままの空気を保ったアトリエ。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

燦燦と降り注ぐ日の光があまりにも美しく、気難しく不機嫌なセザンヌの顔がイメージできない。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

本当に気持ちの良い場所でした。ぜひ晴れた日に訪問されることを強く推奨します。

ハイーシーズンは人気で予約が埋まってしまうことも。わたしたちも1.5時間後の英語ツアーを案内されました。

セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)セザンヌアトリエ(Atelier de Cézanne)

庭には子供と一緒に遊べるクイズや迷路が設置されているので、そこで遊んだりレ ローブの丘へ行っている間に時間が過ぎて良かったです。

セザンヌのアトリエ
住所9 Avenue Paul Cézanne, 13100 Aix-en-Provence
行き方市庁舎からセザンヌのアトリエまで徒歩約15分
時間9:30-12:30 14:00-17:00(1月11日〜4月4日/10月1日〜12月31日)
9:30-12:30 14:00-18:00(4月5日〜5月31日)
9:30-18:00(6月1日〜9月30日)
定休日曜日、月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金大人6.5ユーロ
13-25歳3.5ユーロ
13歳以下無料
HPhttps://www.cezanne-en-provence.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑩レ ローブの丘(Terrain des peintres)☆

レ ローブの丘(Terrain des peintres)レ ローブの丘(Terrain des peintres)

「画家たちの活動の場所」という意味をもつ「テラン・デ・パントル」は、セザンヌが生涯を通して描き続けた《サント・ヴィクトワール山》を描くために通った場所。

セザンヌの描いた《サント・ヴィクトワール山》の中でも有名な9枚の絵の複製が展示されています。

レ ローブの丘(Terrain des peintres)レ ローブの丘(Terrain des peintres)

サント・ヴィクトワール山を題材にした作品だけでも、油絵が44枚、水彩画が43枚もあり、セザンヌはこの山に固執し続けたことがよく分かります。

セザンヌ《サント・ヴィクトワール山 Mont Sainte-Victoire》コートールド美術館セザンヌ《サント・ヴィクトワール山 Mont Sainte-Victoire》コートールド美術館

なかでもイギリスのコートールド美術館(Courtauld Gallery)が所蔵するサント・ヴィクトワール山 Mont Sainte-Victoire》は、セザンヌの傑作。

レ ローブの丘(Terrain des peintres)レ ローブの丘(Terrain des peintres)

セザンヌアトリエから少し歩きますが、ぜひその風景をこの目で体験してみてください。

テラン・デ・パントル
住所49 Av. Paul Cézanne, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方セザンヌのアトリエからテラン・デ・パントルまで徒歩約15分
料金無料
HPhttp://terrain-des-peintres-aix-en-provence.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑪ラ・バスティッド・ジャ・ド・ブッファン(La Bastide du Jas de Bouffan)

ラバスティッドジャドブッファンラバスティッドジャドブッファン

エクス・アン・プロヴァンスの郊外にあるラ・バスティッド・ジャ・ド・ブッファンは、銀行家だったセザンヌの父オーギュストが1859年に購入した別荘です。

18世紀に建てられた美しい邸宅で、歴史的建造物に指定されています。

画家を夢見てパリに赴いたセザンヌ。けれどもサロンでことごとく落選し、失意のまま故郷に戻ったセザンヌを暖かく迎えてくれたのがこの屋敷でした。

セザンヌはここでインスピレーションを得て、創作意欲を取り戻していきました。

ラ・バスティッド・ジャ・ド・ブッファン
住所17 Route de Galice, 13090 Aix-en-Provence 地図
行き方市庁舎からジャス・ド・ブッファン別荘まで徒歩約18分
時間工事のため閉館中
定休
料金
HPhttps://www.cezanne-en-provence.com/les-sites-de-cezanne/bastide-du-jas-de-bouffan/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑫ビベミュスの石切り場(Carrière de Bibémus)

サント・ヴィクトワール山に連なるなだらかな丘陵地帯にある「ビベミュスの石切り場」は、18世紀までプロヴァンス地方の建物に使う石の採掘をしていた場所です。

セザンヌ《赤い岩 Le Rocher rouge》オランジュリー美術館セザンヌ《赤い岩 Le Rocher rouge》オランジュリー美術館

放置されたままになっていたこの場所をセザンヌは発見し、「ビベミュスの石切り場」はセザンヌを魅了します。

セザンヌはこの石切り場の景色を描きながら、キュビスムに辿り着いたといわれており、赤い岩 Le Rocher rouge》などの作品が生まれました。

ビベミュスの石切り場
住所3090 chemin de Bibémus, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方エクス・アン・プロヴァンス中心部からビベミュスの石切り場までタクシーで約5分
時間【6月11日-10月31日】
※ガイドツアーのみの公開で、事前の予約が必要です。
《プログラム》
DE BIBÉMUS À L’ATELIER:9:30-13:00(火・水・金・土曜日)
CEZANNE AU GRAND AIR:14:30-18:30(土曜日)
OCRE, VERT ET BLANC:9:30-13:00/14:30-18:00(日・月曜日)
DU GOÛT A LA COULEUR:14:30-18:30(火・水・木・金曜日)
定休11月1日-6月10日
料金38ユーロ(Du goût à la couleurのみ45ユーロ)
HPhttps://www.cezanne-en-provence.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑬サン・ピエール墓地(Cimetière Saint-Pierre)

サン・ピエール墓地(Cimetière Saint-Pierre)サン・ピエール墓地(Cimetière Saint-Pierre)

サン・ピエール墓地には、1906年に死去したセザンヌの遺骸が埋葬されています。

入口から入って、ざっくり左奥の方にセザンヌ墓があります。標識もあるので多くのファンが訪れるのでしょう。

サン・ピエール墓地(Cimetière Saint-Pierre)サン・ピエール墓地(Cimetière Saint-Pierre)

たまたま墓地で管理人をしているおじさんに話しかけると、子供が一緒だったからかカートで墓の前まで連れて行ってくれることに。

サン・ピエール墓地 セザンヌの墓サン・ピエール墓地 セザンヌの墓

到着すると、墓の右側からちょうどサント・ヴィクトワール山がのぞいていることを教えてくれました。

サン・ピエール墓地 ジョン・リウォルドの墓サン・ピエール墓地 ジョン・リウォルドの墓

そして少し離れたところで立ち止まると、John Rewaldの墓を指し、「彼は印象派の研究者の第一人者なんだ。誰よりもセザンヌついて書いた人物だよ」と言って仕事に戻っていきました。

ガイドなしでは絶対に知りえなかった素敵な情報を沢山教えてもらったので、読者のみなさんとシェアできることも嬉しい。

セザンヌが繋いでくれた縁。忘れられない素敵な思い出です。

サン・ピエール墓地にはその他エミール・ゾラの父François Zolaフランソワ・ゾラやフランス6人組のひとり作曲家Darius Milhaudダリウス・ミヨーの墓もあります。

mari
mari
ちなみにゾラの墓はモンマルトル墓地にあり、遺骸はパンテオンに移されています。
ダリウス・ミヨーの墓ダリウス・ミヨーの墓
mari
mari
ミヨーはユダヤ人だったため、墓地の端の方のユダヤ人エリアに埋葬されていてわかりにくいかも。
サン・ピエール墓地
住所Avenue des Déportés de la Résistance Aixoise, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方中心部から徒歩約10分
時間【10月16日-3月14日】
9:00-17:00
【3月15日-10月15日】
9:00-18:30
定休
料金無料
HPhttps://www.aixenprovence.fr/Cimetiere-Saint-Pierre

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

エクス・アン・プロヴァンスで絶対買いたいおすすめ土産

せっかくエクスまで来たら、プロヴァンスならではのお土産を買って帰りたいですよね!

わたしがエクスアンプロヴァンスで見つけたおすすめのお土産をご紹介します。

ここで紹介した以外にも沢山素敵なお土産があるので、「プロヴァンス旅行の人気定番お土産7選と特産品|旅のプロおすすめ心ときめく商品」をぜひご覧ください。

ラベンダー(lavande)

ラベンダー(lavande)ラベンダー(lavande)

プロヴァンス地方の代表的なお土産で真っ先に思い浮かぶのが、ラベンダー。

サシェをはじめ、エッセンシャルオイル、マルセイユ石けんなど、さまざまなラベンダー製品が手に入ります。パッケージもさすがフランス。

洗練されて素敵なものが多く目移りしてしまいます。娘も香りが好きだというのでサシェと石けん、ラベンダーのはちみつを購入しました。

持ち帰りはできませんがアイスクリームも爽やかでとっても美味しいのでみつけたらぜひ食べてみてください。

オリーブオイル(Huile d’olive)

オリーブオイル(Huile d'olive)オリーブオイル(Huile d’olive)

ラベンダーと並んで人気のお土産なのがオリーブオイル。

プロヴァンス地方はオリーブオイルの産地として有名で、質の高いオリーブオイルが手に入ります!

カリソン(Calisson)

カリソン(Calisson)カリソン(Calisson)

カリソンは、プロヴァンス地方の伝統的なお菓子。本当にあちこちで見かけました。

アーモンドとフルーツの砂糖漬けを練り合わせてひし形に焼いたもので、表面にグラス・ロワイヤル(アイシング)がかけてあります。

フランスでは「幸せのお菓子」と呼ばれており、定番のお土産となっています。

ル プチ デュックのカリソンル プチ デュックのカリソン

味は店によって結構違って、甘めのものもあればちょっと苦みが(柑橘系の苦み)強いものも。わたしはサンレミドプロヴァンスで有名な「Le petit ducル プチ デュック」のものが一番好きです。

ル・ロワ・ルネのカリソンル・ロワ・ルネのカリソン

1920年創業の老舗ル・ロワ・ルネはエクスが本店。ギャラリーラファイエットでも取り扱いのある有名店です。

ル・ロワ・ルネ(Le Roy René)
住所11 Rue Gaston de Saporta, 13100 Aix-en-Provence 地図
行き方市庁舎からル・ルワ・ルネまで徒歩約1分
時間10:00-13:00 14:00-19:00(月曜日)
10:00-19:00(火-土曜日)
10:00-13:00 14:00-18:00(日曜日)
定休
料金カリソン箱入り  13.50ユーロ(11個)〜44.95ユーロ(72個)
HPhttps://www.calisson.com/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

その他、とっても素敵な陶器や香水、アクセサリーなどすべて持ち帰りたいくらい魅力的な商品が沢山ありました。

プロヴァンスの素敵な陶器(poterie)プロヴァンスの素敵な陶器(poterie)

パッケージもさることながら、ディスプレイもとても美しい…。

エクスアンプロヴァンスの香水ショップエクスアンプロヴァンスの香水ショップ
プロヴァンス旅行の人気定番お土産7選と特産品|旅のプロおすすめ心ときめく商品をご紹介フランスのお土産選びはとても楽しく、素敵なお店を眺めているだけであっという間に時間がたってしまいます。 とりわけプロヴァンスはわた...

エクス・アン・プロヴァンスで絶対食べたいおすすめグルメ・郷土料理

プロヴァンスはとても食事が美味しく日本人の口に合う料理が多いと思います。

amorinoのアイスクリームamorinoのアイスクリーム

地中海料理やフランス定番のタルタルに、ご当地のものなどいろいろ食べました。

特におすすめしたいのが、「Weibel」。「南フランスの休日 プロヴァンスへ」でも紹介されている人気店でクロックムッシュならぬクロックweibelとパティスリーをいただきました。

どれもとっても美味しそうで、胃袋がいくつあっても足りません。

また、代表的な郷土料理・家庭料理についても調べてみたので、食べられるタイミングがあったらぜひプロヴァンスの味を堪能してみてくださいね。

ガルディアン・ドゥ・トロー

カマルグの代表的な郷土料理、Gardiane de Taureauガルディアン・ドゥ・トロー

元々、この地域で盛んな闘牛の廃用牛の処理のために考案された料理で、香味野菜、赤ワイン、オリーブオイルなどでマリネし、長時間かけてじっくり煮込みます。

付け合わせには、カマルグ産のお米がでてきます。

日本人の口にも合う料理でおすすめです。

ドーブ・ドゥ・ブッフ

Daube de bœufドーブ・ドゥ・ブッフとは牛肉のワイン煮込みのことで、赤ワインと白ワインを使ったそれぞれの調理法があります。

ワインでマリネされた牛肉は、8〜9時間かけて煮込み、とろけるような柔らかさになります。

プロヴァンス地方の代表的な家庭料理ですので、ぜひ味わってみてください。

ブランダード

Brandadeブランダードは、干し鱈とジャガイモを混ぜ合わせて作った南フランスの郷土料理です。

鱈の美味しい季節である冬に作られる家庭料理ですが、南フランスのレストランやビストロでは年中定番のメニューです!

エクス・アン・プロヴァンスにゆかりのある偉人・アーティスト

エクス・アン・プロヴァンスにゆかりのある偉人、アーティストと言えば画家のポール・セザンヌとかつて親友だったエミール・ゾラの2人でしょう。

また、フランス6人組のひとりダリウス・ミヨーもエクスの出身。パリ音楽院に入学するまで住んでいた家や墓が見学できます。

ポール・セザンヌゆかりの地11選!フランス・パリを巡る旅パリ在住のアートファンがフランス画家ポールセザンヌの人生や代表作を振り返りながらゆかりの地をまとめました。専門的な記事ではなく、アート初心者へ楽しみながら旅してもらうためのしおりとして使っていただけると嬉しいです。...

その他出身者や滞在歴のある著名人を並べてみました。

エクス・アン・プロヴァンスへの行き方・アクセス

プロヴァンス、コートダジュールの主要都市と観光地の位置関係を確認するためマップでまとめてみました。

日本から直行便はないため、どこかで経由してマルセイユ・ プロヴァンス空港へ入るか、パリや周辺都市からTGV(新幹線)で直接移動する方法、長距離バスを使う方法などが主な交通手段となります。

パリから電車で行く場合

  • パリのリヨン駅(Gare de Lyonガール・ド・リヨン)からTGVでAix-en-Provence TGVエクス・アン・プロヴァンス・テージェーヴェ駅まで約3時間
  • エクス・アン・プロヴァンスTGV駅から中心部までシャトルバスで約25分

パリから車で行く場合

  • 走行距離約760km
  • 約7時間30分

エクス・アン・プロヴァンスの治安

エクス・アン・プロヴァンスの治安は比較的良好ですが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

特に主要駅周辺や観光地周辺は注意が必要です。

昼間は旅行者で賑わう場所なので、荷物に気をつけていれば特段問題なく観光できますよ。

海外旅行保険は必要

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品保証が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

公式サイトエポスカード

そのほかクレジットカードについては「フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード」の記事で詳しく解説しています。

エクス・アン・プロヴァンスまとめ

エクス・アン・プロヴァンスは、紀元前からの歴史のある美しい街です。

南仏の中でも特に好きで、何度でも訪れたいおすすめなので訪問を迷っているならぜひ優先度を上げてみてください。

セザンヌにあまり興味がないけれど、映画は観てもいいかなという人はぜひご覧になってから散策するとより楽しめると思います。

エクス・アン・プロヴァンス
住所13100 Aix-en-Provence 地図
行き方パリのリヨン駅(Gare de Lyonガール・ド・リヨン)からTGVでAix-en-Provence TGVエクス・アン・プロヴァンス・テージェーヴェ駅まで約3時間。エクス・アン・プロヴァンスTGV駅から中心部までシャトルバスで約25分。
HPhttps://www.aixenprovencetourism.com/ja/

 

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる