ベストシーズン

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。

旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答されると思います。

なぜなら…

  • フランスと日本の気候はわりと似ていて四季がある
  • 気候的には6~8月の夏が過ごしやすい
  • 夜21時~22時ごろまで明るいので観光しやすい
  • 夏は晴れている日が多い

このページでは、観光に向いているベストシーズン》《旅費の安さから見たベストシーズン》など様々な視点でベストシーズンを解説していきます。

四季ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

フランスベストシーズンの考え方

冒頭でお伝えした通り、一般的にベストシーズンといえば気候やイベントを考慮して語られることが多いでしょう。

ヨーロッパのベストシーズンは間違いなく夏を中心とする春から秋にかけての季節です。

降り注ぐ太陽の光や、輝く緑や花々。街としての活気が全く違いますし、人々も生き生きとしています。

夏を楽しむフランス人夏を楽しむフランス人

晴れた日のパリを歩いているとピクニックを楽しむパリジャンがいっぱい!

mari
mari
見ているだけで笑顔がこぼれ、ウキウキした気分になること間違いなし。

日照時間も長く1日の観光時間もたっぷりとれますし、営業時間が延長される施設も少なくありません。

夏を楽しむフランス人夏を楽しむフランス人

ただしその分航空券やホテルの料金は跳ね上がります。6月から8月にかけてヨーロッパの人たちはバカンスをとるため、人気観光地は混みあい、空港でも待たされることが増えていきます。

場合によっては美術館や観光施設のチケットが売切れたり、バカンスでお店が閉まっていたりすることもあるため「混むのが嫌い」という人にとってはベストシーズンとはいえないでしょう。

春のフランスはお花でいっぱい!春のフランスはお花でいっぱい!

そんなときは少しバカンス期間をずらして春や秋に滞在されるのがおすすめです。

冬と比べると料金は高いですがその分天候もよく混雑具合もそれなり。

春のフランスはお花でいっぱい!春のフランスはお花でいっぱい!

いやいや、アートやコンサートがメインで天気はそこまで気にしないからどうしても安い時期に行きたい!という人におすすめの季節は冬になります。

ここからもう少し詳しく料金や気候、イベントの話をしていきますのでぜひ最後までご覧ください!

フランスの旅費が最も安くなる時期

物価の高騰が恐ろしいフランス。

学生やバックパッカーが旅行するには厳しい状況ですが比較的料金が安く手配できる時期を紹介します。

  • パックツアーが安くなるのは年末年始を除く冬季(11月~3月頃)
  • 個人旅行(航空券)が安くなるのは夏のハイシーズンと大型連休以外
  • 少しでも安くすませたいなら、まめに情報チェック

パックツアーの場合

フランス行きのパックツアーは年末年始を除く冬季(11月~3月頃)に安くなります。

「でも、寒い冬はNG」・・・やっぱりできるだけ良い季節に!!というのであれば、GWあとから6月上旬、9~10月で検討してみましょう。比較的、安いツアーが見つかる時期です。

これは、フランスに限ったことではありませんが、下記の期間はツアー料金が高騰します。

  • 年末年始
  • GW(ゴールデンウィーク)
  • 夏休み、お盆休み
  • 秋の連休

8月のお盆が圧倒的に混みあう日本とは少し異なり、6月から8月までがバカンスシーズン。

おにちゃん
おにちゃん
旅行者が多くなる時期は早めの予約がおすすめです!

個人旅行(航空券)の場合

パリ行きの航空券は冬季が安い傾向ではあるものの、7~9月と年末年始を除けば、比較的あまり価格に差がなさそうです。

アジアや中東経由なら往復10万円前後のことも多く、安くて7万円台からあります。

mari
mari
最近だとエティハドが一番安いです。乗り換えは多いけど中東経由がリーズナブル

航空券の情報をまめにチェックするのがおすすめ

旅行にかかる値段は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安くフランス旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

格安航空券を探すなら「エクスペディア」

格安航空券を取るのに有名な比較サイトの1つにエクスペディアがあります。

航空券を予約した後ホテルも検索でき、対象ホテルが最大15%OFFになるのでわたしも何度か利用しました。

以前はヨーロッパ便といえばアジアの経由便が圧倒的に安かったのですがコロナ以降かなり高騰しており、格安便は消えてしまいました。

2022年以降はANAの特典航空券や中東経由でパリに行くことが増えています。カタール航空エミレーツ航空エティハド航空が手の届く金額かなと思うので参考にしてみてください。

公式サイトエクスペディア

ホテルを安く予約するなら「booking.com」

毎日のようにホテルの料金が変動し、ホテルによってその落差もまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言い表せません。

そのため、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切。

わたしはヨーロッパのホテルの場合はほとんど、Booking.comで探します。

他のホテルサイトと比較し、色々検証してみた結果、取り扱いホテルの数と値段が最安になることが多かったのでおすすめです!

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。100泊以上予約してきましたが、一度もトラブルになっていないのでご心配なく!

公式サイトBooking.com

フランスの観光ベストシーズンは夏(6月・7月・8月)

おにちゃん
おにちゃん
パリの夏は本当に最高!天気がいい日が多いので、友人にパリのベストシーズンを聞かれたら夏と答えます。

日本の夏と違い、カラッとしていて過ごしやすいフランスの夏。外を歩くのがとっても気持ちいい!

そして、やっぱり一番のメリットが日照時間が長いこと。

日没後、真っ暗になるのは22時半すぎ。1日まるごと観光を堪能できます。

暗くなってから出歩くのはちょっと…という方も、遅くまで明るいのは嬉しいですね。

でも、1年を通して見どころがあるので、一概に夏だけとは言い難いというのが正直なところです。

フランスの季節の特徴・イベント

フランスには日本と同様に四季があり、それぞれの季節にそれぞれの魅力がたくさんあります。

季節ごとのイベントや主要な祝日は混みあいホテルも高騰します。興味がないなら避けた方がいいかもしれません。

1月1日元旦
3月11日エッフェル塔垂直マラソン
4月12日イースター,復活祭
4月13日復活祭の翌月曜日
5月1日メーデー
5月8日第二次世界大戦終戦記念日
5月24日~6月7日全仏オープンテニス
6月27日ツールドフランス
7月14日革命記念日
7月上旬~9月上旬パリプラージュ
12月25日クリスマス

フランスの春(3月・4月・5月)

3月の最終日曜日になるとサマータイムが始まり、春の訪れ。パリでも日本と同じように桜が開花します。

パリ郊外の「Parc de Sceauxパルク・ドゥ・ソー(ソー公園)」はお花見スポットとして有名。パリ市内なら「Jardin des Plantesジャルダン・デ・プラント(パリ植物園)」で桜を見ることができます。

また、春になると多くの公園の芝生エリアに入れるようになり、パリにある公園はピクニックをしている人が増え始めます。

あたたかくなってくると、エッフェル塔のあるシャンドマルス公園、オランジュリー美術館のあるチュイルリー公園、リュクサンブール公園など、あらゆる公園が人でいっぱいに!

パリ16区、ブローニュの森の北側にあるにある子ども向けの公園「Jardin d’Acclimatationジャルダン・アクリマタシオン(アクリマタシオン公園)」のお散歩、とっても気持ちが良いですよ♡

また、花の季節ではずせないのが、ジヴェルニーのモネの家です。

5月ころには睡蓮の花が満開で、モネの絵の世界そのものを体験することができます。

水の庭園 ル・ジャルダン・ドー水の庭園 ル・ジャルダン・ドー

ちょうど蓮の花が咲いている時間を目指すなら、午前中に訪れるのがおすすめ。パリから日帰りも可能です。

関連記事ジヴェルニー・モネの家と庭園の行き方・入場料金・見どころ徹底ガイド

フランス通の中には、5月中旬から6月頃が一番良い季節だという人も多く、夏に続いて人気のシーズンです。

4月には美しい菜の花畑が楽しめる4月には美しい菜の花畑が楽しめる
mari
mari
夜8時過ぎまで明るいので行動範囲も広がって楽しめますね!
フランス・メーデー(5月1日)の過ごし方とおすすめ観光スポット5月1日は世界的にみても特別な日で、フランスでも国民的祝日となっています。 日本ではゴールデンウィークの間の日くらいの認識しかない...

マントンのレモン祭り:2~3月頃

ユニークなお祭りも1つ紹介しておきましょう。柑橘類の名産地マントンで毎年開催されるレモン祭り。

レモンやオレンジでできたオブジェや山車の賑やかなパレードを観覧できる他ではお目にかかれない楽しいイベントです。

マントンから電車で30分ほどの街ニースで同時期に開催されるカーニバルも人気。両方を楽しむ旅もいいですね。

フランスの夏(6月・7月・8月)

気候的なベストシーズン。

カラッと晴れた日が続き、日本のように暑すぎないので気持ちよく過ごせます。

6月のイベントは盛りだくさん。

夏至は音楽のお祭りで街中で無料で音楽を楽しめますし、最終土曜日はゲイパレードもあります。ル・マン24時間レースが開催されるのも6月です。

プロヴァンスはラベンダーの季節になり、8月ころまで楽しめます。

7月に入るとセールも開始。

mari
mari
“ソルド”と呼ばれる夏のセールは大幅割引もあってパリのショッピングをさらに楽しませてくれますね!

7月は夏休みが始まるので学生や若者向けイベントもたくさんあり、街が華やいでとっても楽しいです。

ただし、7月からはフランス人もバカンスでみんな国内外へ旅行に出てしまうので、パリ市内は旅行者だらけ。

パリの日常を味わいたい、フランス人がどんな風に生活しているのか見てみたい、という人は夏のバカンス以外の季節に訪れるのがおすすめです。

おにちゃん
おにちゃん
ツール・ド・フランスの開催もあります

パリ祭:7月14日(革命記念日)

フランスの一大イベント、7月14日の革命記念日14Juilletキャトーズ・ジュイエ)はものすごく盛り上がります。

前日の13日にはコンコルド広場やバスティーユ広場で前夜祭がおこなわれ、当日14日はシャンゼリゼ大通りでパレートが開かれ、夜には花火があがります。

フランス革命記念日の楽しみ方とおすすめイベントを一挙ご紹介日本でパリ祭とも呼ばれるフランス革命記念日は、1年の数あるイベントの中でも特別重要な日。 国を挙げて盛大に祝います。 なかで...

フランスの秋(9月・10月・11月)

芸術の秋という言葉がこんなにもぴったりくる街は世界中探しても他にはありません。

秋のパリは、9月のジャズ・フェスティバル、10月のニュイ・ブランシュなど芸術関連のイベントが続きます。

毎年9月の第3週の週末に開催される「ヨーロッパ文化遺産の日」には普段入れない歴史的な施設や美術館などが見学可能になり、フランス全土では1万5000を超える歴史的建造物が公開されます。

mari
mari
わたしの友達は毎年10月の凱旋門賞にお馬さんを見にパリに出かけていました!
おにちゃん
おにちゃん
10月になるとパリの街も紅葉が始まり、リュクサンブール公園やチュイルリー公園を散策するのが楽しいです

セーヌ川のクルーズも風情があり、夏とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。

10月後半に行われる「サロン・デュ・ショコラ」も見逃せません。

ヨーロッパ中のショコラティエが集まる世界最大のチョコレート展。チケットがないと入れないので事前に予約しておくのがおすすめです。

フランスの冬(12月・1月・2月)

冬のパリは、きれいなイルミネーションとクリスマスマーケットが一押しです。

パリのイルミネーションとクリスマスマーケットは11月下旬あたりから。

日没が早いので、夕方からイルミネーションやライトアップされた建造物を楽しめます。エッフェル塔のシャンパンフラッシュを見られるチャンスも増えますよ。

mari
mari
パリの冬は寒く、11月で冬物のコートが必要です。きちんと防寒してしていけば問題なし!

雪が降ることもありますが、積もることはあまりありません。

シャンゼリゼ大通りや、モンテーニュ通り、ヴァンドーム広場など、パリの至るところでイルミネーションの装飾がされます。

↓デパートのギャラリー・ラファイエットには、毎年違うツリーが飾られます。

そして、この時期に外せないのが「クリスマスマーケット」。

シャンゼリゼ大通りやノートルダム、トロカデロ広場や、デパートもクリスマス仕様に!かわいい雑貨からお菓子、チーズなどの食べ物まで、クリスマスの雰囲気を味わいながら楽しめます。

コルマールやストラスブールなどアルザスのクリスマスマーケットは大変人気があります。

日本の場合は12月25日が終わるとお正月モードですが、フランスのイルミネーションとクリスマスマーケットは1月頭まで楽しめます。

パリの冬は曇りが多く、天候が悪い日が多いのがイマイチ。

16時すぎには暗くなってしまうので、夏と比べてしまうと観光できる時間には限りがありますが、冬のヨーロッパもとっても素敵です。

晴れ渡る青空以外はパリを楽しめます!

フランス旅行を避けたほうが良い時期

絶対に旅行を避けたほうが良い!という訳ではありませんが、クリスマスにフランスを訪れる場合は注意が必要です。

クリスマス

フランス人はカトリック信者も多くクリスマスは家族で過ごす特別な日になります。

クリスマスイブには家族が集まり一緒に過ごし、深夜のミサに出かけるのがフランスのクリスマスの過ごし方。

クリスマスシーズンはイルミネーションやマーケットなどがあり旅行者にとても楽しいのですが、直前になると実家への帰省ラッシュがあり、当日には街がいつもよりさみしくなってしまいます。

静かな街を味わうのも価値があると思いますが、営業しているお店は少ないです。

フランスの年間平均気温・降水量

パリの最高気温と降水量を調べてみました。

最低気温最高気温降水量
1月4645
2月4746
3月81235
4月111642
5月152057
6月182354
7月202559
8月192464
9月172155
10月121650
11月81051
12月5750

日本と比べてパリは雨が少く夏場も本当に涼しくカラッとしていて気持ち良い!北海道よりも緯度が高く北に位置しています。

なんとなくの目安にしてみてください。

フランスに滞在する予定が決まったら、次にチェックしておきたいのはどんな洋服を着ていくのか。

わたしのおすすめは現地で浮かない恰好をすること!日本人らしい恰好をすると意外と目立って犯罪に巻き込まれやすくなることも。

次の記事でおすすめコーデについて詳しく解説しているので、旅行前にぜひチェックしてね!

関連記事フランス旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

フランスベストシーズンまとめ

限られた時間での観光のしやすさを考えるとベストシーズンは「夏」で間違いありません。

ただ、フランスはどの季節も違った良さがあります。

mari
mari
はじめてのパリなら迷わず夏をおすすめしたいけど、個人的は春も秋も好きだなぁ~!

どのシーズンもフランスらしい見どころがたくさんあるので、ぜひ色んな季節に訪れてみてくださいね。

人気観光地なので、日本発の航空券付き+ホテル付のツアーがたくさんあります!

HISなら現地支店が24時間日本語サポート

HISでパリ旅行ツアーを
詳しく見てみる

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる