新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

基本情報・旅のヒント

フランス革命記念日の楽しみ方とおすすめイベントを一挙ご紹介

日本でパリ祭とも呼ばれるフランス革命記念日は、1年の数あるイベントの中でも特別重要な日。

国を挙げて盛大に祝います。

なかでも軍事パレードは、日本人にとってあまり見慣れないものなので、間近で見たら感激すること間違いなし!

今回は、フランス革命記念日の楽しみ方とおすすめイベントについて詳しくご紹介していきます。

当日の交通規制や注意点も詳しくご紹介しているのでぜひ最後までご覧ください♪

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


フランス革命記念日の歴史

フランス革命記念日の歴史は、1789年7月14日にさかのぼります。

この日、民衆はバスティーユ牢獄を襲撃し、これを皮切りにフランス革命が勃発。フランスの歴史を語る上で欠かせない出来事です。

1880年にこの民衆蜂起(フランス革命)を記念し、7月14日は国民の祝日となりました。

フランスでは「Quatorze Juilletキャトールズ・ジュイエ」または、「Fête national françaiseフェット・ナショナル・フランセーズ」と呼ばれ、フランスはこの日、お祝いムード一色に染まります。

パリのシャンゼリゼ大通りでは、大規模な軍事パレードが行われることから、日本では「パリ祭」とも呼ばれています。

フランス革命記念日には、フランス各地でさまざまなイベントが開催され、朝から夜までイベントが目白押し!

そしてフランス革命記念日のクライマックスは、夜空を彩る花火です!エッフェル塔からの素晴らしいロケーションで花火が楽しめます。

フランス革命記念日の見どころ

軍事パレードの見学

フランス革命記念日の1番の目玉といったら、陸・空・海軍が一同に揃う軍事パレード!

大統領護衛の騎馬隊と共に大統領が登場すると、青・白・赤のトリコロールの煙を噴射した戦闘機が上空を飛んでいきます。

そして陸軍士官学校の学生、歩兵部隊、外国人部隊、消防士、警察などの行進がはじまり、フランス空軍の戦闘機によるアクロバット飛行、戦車などがそれに続きます。

フランス革命記念日の夜は花火鑑賞

フランス革命記念日の夜は、エッフェル塔から夜空に花火が打ち上げられます。

プロジェクションマッピングと音楽、そしてきらびやかな花火が融合したまさに音と光の大スペクタクルです!

フランスの夏は日の入り時間が遅いので、花火が始まるのが23時から。

おにちゃん
おにちゃん
これもまた、日本では絶対にできない特別な経験になりそうですね。

花火を鑑賞するのにおすすめのスポットは、エッフェル塔の麓に広がる「シャン・ド・マルス公園」です。

ただし非常に混み合うため、早めに場所を確保しておきましょう。

花火が始まる前には、シャン・ド・マルス公園に設置された特設ステージでコンサートも行われますよ!

フランス革命記念日に花火が楽しめるおすすめスポット

ここではシャン・ド・マルス公園以外にも、花火が楽しめるおすすめスポットをご紹介しましょう♪

トロカデロ広場

エッフェル塔を挟んで、シャン・ド・マルス公園とは正反対にトロカデロ広場があります。

打ち上げ場所から近いため、迫力満点の花火が楽しめますよ!

ただし、こちらも身動きがとれないほど混雑します。

モンパルナスタワーの屋上

エッフェル塔を中心に、パリ市内を一望することのできるモンパルナスタワー。

素晴らしい夜景とともに花火を鑑賞することができます。人数が制限されているため、事前に予約が必要です。

またタワー内にあるレストラン「Le Ciel de Parisル・シエル・ド・パリ」では、フランス革命記念日の特別メニューもあり、花火と夜景を眺めながら優雅なディナーを楽しめます。

セーヌ川にかかる橋

アルマ橋をはじめ、ビル・アケム橋、ミラボー橋、アレクサンドル3世橋など、セーヌ川にかかる橋からも花火が楽しめます。

橋からの花火見学は、横からの角度になりますが、橋の上にもたくさんの人が集まります。

サクレ・クール寺院

モンマルトルの丘にそびえ立つ白亜のサクレ・クール寺院。

花火の打ち上げ場所からは少し離れていますが、花火とパリの夜景が同時に楽しめるスポットです。

カフェ・ド・ロム(Café de l’Homme)

シャイヨー宮の人類博物館にあるレストラン「Café de l’Hommeカフェ・ド・ロム」。

エッフェル塔が正面に見えるテラス席があり、エッフェル塔と花火をゆっくりと楽しみながら食事ができます。

フランス革命記念日は、事前の予約が必要です。

ラ・メゾン・ブランシュ(La Maison Branche)

シャンゼリゼ劇場の上階にあるレストラン「La Maison Brancheラ・メゾン・ブランシュ」は、2つの屋外テラスがあります。

フランス革命記念日には特別メニューがあり、完全予約制になっています。

セーヌ川のディナークルーズ

フランス革命記念日には、ディナークルーズもおすすめです!

革命記念日限定のスペシャルコースがあり、花火の時間帯に合わせて運行します。

優雅にディナーを楽しみながら花火を鑑賞することができますよ!

フランス革命記念日の交通規制

軍事パレードにより、凱旋門からコンコルド広場にかけて、及びシャンゼリゼ大通りとその周辺の通り、エリゼ宮殿(大統領官邸)周辺は、車両交通止めとなります。

また地下鉄の最寄り駅は、閉鎖されますので注意が必要です。

また花火の時間帯も同様に、エッフェル塔周辺の道路は車両通行止めとなり、地下鉄の最寄り駅も閉鎖されます。

フランス革命記念日の注意点

軍事パレードや花火は、非常に混み合い、混雑を狙ったスリが多発するので注意が必要です!

参加する時は貴重品はなるべくホテルに置いて、財布やスマホは洋服の中など絶対に盗まれない場所へ閉まっておきましょう。

フランス革命記念日の穴場観光スポット

ルーブル美術館が無料に!

フランス革命記念日は祝日ですが、ルーブル美術館をはじめ、オルセー美術館やオランジェリー美術館など、パリの主要な美術館は通常通り開館しています。

しかも嬉しいことに、ルーブル美術館は常設展の入場が無料!

凱旋門は軍事パレートのため午前中は閉鎖されますが、午後から見学が可能です。

その他コンシェルジュリー、アンヴァリッドなど、パリの主要観光名所も通常通り営業しています。

消防署でダンスパーティ

フランス革命記念日前夜から当日にかけて、消防士主宰のダンスパーティ「Bal des Pompiersバル・デ・ポンピエ」が開かれます。

フランス各地の消防署が一般開放され、幅広い年齢層が集まり、音楽に合わせて踊り、大いに盛り上がる恒例イベント。

飲食のできる屋台もでており、そのサービスをするのも消防士たちです。

入場料の有無は消防署によって異なりますが、寄付を募っており、募金箱が設置されています。

アンヴァリッドで軍用機見学

フランス革命記念日の午後からは、アンヴァリッドに戦車や軍用ヘリコプターなどが登場し、一般公開されます。

その年によってイベントの内容は変わりますが、運が良ければ、戦車や軍用ヘリコプターに乗せてもらえますよ!

フランス革命記念日まとめ

この時期にパリにいらっしゃる方は、ぜひフランス革命記念日のお祭り気分を一緒に味わってみませんか?

いつものパリとは全く違った、フランスの貴重な思い出になるはずです!

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる