新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

クレジットカード

フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード

フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード

今回はクレジットカードのお話。フランスは日本と違い完全にキャッシュレス社会です。

お財布にはあまりたくさんの現金を入れず、スーパーやパン屋さん、カフェやレストランもクレジットカードでお会計!

おにちゃん
おにちゃん
特にパリはスリも多いから現金よりクレジットカードの方が安心だね。

今回はカード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • フランス旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか
  • フランス旅行におすすめのクレジットカード
  • クレジットカードが複数枚必要な理由
東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


フランス・パリ旅行のクレジットカードならVISA・MASTERは必携!

先ほどご説明した通りフランスはスリが多く、日本人旅行者はかなりの確率で狙われます。

地下鉄や観光地、道を歩いている時にも気付かぬ間にサッと盗まれるので本当に注意してください。

日本と違って少々危険なお国柄。多額の現金は持ち歩かずクレジットカードでスマートに会計したい!

フランス旅行に持っていくべきクレジットカードはMasterCardとVISAカードの2枚。主要観光地であればJCBが使える場所が大半です。

せっかくのパリ旅行、クレジットカードの被害にあって買い物や観光ができなくなるとツラいですよね?

mari
mari
海外では何があるかわからないので、トラブル時のために複数ブランド持っておくのは鉄則です

クレジットカードを持っていない方はこの機会に絶対に作ってくださいね!

ホテルのデポジット等で高額の費用を請求される可能性があります。

帰国時に現地通貨で1万円返金されても困りますよね・・・。そんな時にもクレジットカードは超便利♪

それでは具体的にどんなカードがおすすめなのか見ていきましょう。

フランス・パリ旅行のおすすめクレジットカードランキング

1位 エポスカード (VISA)

何度もこのブログで紹介していますが、本当に年会費無料で良いの!?と言いたくなるような驚きのクレジットカードがエポスカード

無料なのに海外旅行保険の補償が厚く、医療費の立て替えの必要がない「キャッシュレス診療」も付いています!

エポスカードは海外旅行保険が「自動付帯」

無料のカードを作って持っておくだけでこれらの恩恵を受けることができるのでお得度は100%だと思います。

mari
mari
旅行とクレジットカード好きなら必ず一番初めに名前の挙がるカードです。

「年会費無料」にこだわる人は必携のカードといえるでしょう。無料なので持っておいて何にも損はないからね!

疾病・傷害治療費用傷害死亡キャッシュレス診療
疾病270万円・傷害200万円500万円
賠償責任携行品損害付帯
2000万円20万円自動付帯
公式サイトをみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

 

2位 Booking.comカード

世界でも大手の宿泊予約サイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」と三井住友カード会社が連携してつくった海外旅行向けのクレジットカードがBooking.comカード

わたしもホテルを予約するときにBooking.comをよく使う、ヘビーユーザー。

治療費用が100万円と低めなのがちょっと残念ですが、海外旅行に特化した特典が付いているのが嬉しいポイント。

  • Booking.com経由でホテル予約すると10%OFFになるGenius会員特典(先着5万名限定)
  • レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウエルカムドリンクなどの無料特典
  • Booking.comカード専用の予約サイトで予約し、現地でカード払いをした場合、宿泊額100円につき5ポイント(通常の買い物は100円=1ポイント)

Booking.comをよく使う方にはとってもおすすめ!

ただ、やはり治療費用が少し低めなのでエポスカードやほかのクレジットカードなどと組み合わせて使うのが良いかも!

疾病・傷害治療費用傷害死亡キャッシュレス診療
100万円自動付帯300万円・利用付帯1700万円
賠償責任携行品損害付帯
2500万円20万円自動付帯
公式サイトをみてみる

Booking.comカード

3位 楽天カード(VISA・MASTER・JCB)

楽天カードはブランドが3つ選べるのがポイントです!

既にエポスでVISAを持っているならJCBを、JCBを持っているならMASTERを選ぶと良いと思います。

ポイントも貯まりやすいし、日常使いにもぴったり!

ただし、楽天カードは海外旅行保険が自動付帯ではなく利用付帯。

旅費の支払いを楽天カードでしなければならないので、エポスと比べると少し使い勝手が悪くなってしまいます。

また、楽天カードの場合は利用付帯の条件が「日本を出国する前に、条件に該当する代金を楽天カードで支払っていること」となっているので、よく確認して使うようにしましょう。

と言っても、難しい制限があるわけではないので、注意点だけ踏まえておけば特に問題はありません!

疾病・傷害治療費用傷害死亡キャッシュレス診療
200万円2000万円×
賠償責任携行品損害付帯
2,000万円20万円利用付帯
公式サイトをみてみる

楽天カード

4位『ANAワイドゴールドカード』

最後にわたしのメインカードである「ANAワイドゴールドカード」をご紹介します!

自分が愛用しているので、個人的には一番おすすめなのですが、年会費が高いので4位にしておきました。

ブランドはVISA・MASTER・JCBがあり、一番人気はVISAカードとなっています。

mari
mari
ちなみに年間100万円の決済をするだけで東京〜沖縄往復分の特典航空券(無料で乗れるチケット)が手に入るほどのマイルを獲得できますよ!

スマホ・水道光熱費・一部税金などもクレジットカード支払いできるので、積極的にカードを使えばほとんどの方が年間100万円決済をクリアできるのではないでしょうか?

ANAワイドゴールドカード基本情報・特徴

  • 年会費:14,000円
  • 還元率:最大1.72%
  • ブランド:VISA・MASTER・JCB

わたしがこのクレジットカードを保有している理由は、ズバリANA「マイル」海外旅行保険です。

ゴールドカードは100円で1マイルたまるので還元率は1%。年に300万円以上使用すれば翌年ボーナスポイントが付還元率は1.075%となります。

VISA/MASTERの場合下記の条件を満たせば年会費が大幅に(約5,000円)安くなることから圧倒的に人気。

  • マイ・ペイすリボを使う
  • WEB明細にする
mari
mari
JCBで優位点があるとすればETCカードが無料なこと。あとは保険内容が魅力!

また海外旅行保険もその他カードに比べて手厚いので1枚あると安心ですよ。

疾病・傷害治療費用傷害死亡キャッシュレス診療
300万円1億円
賠償責任携行品損害付帯
1億円50万円自動付帯
公式サイトをみてみる

ANAワイドゴールド

 

ブラジル旅行にはクレジットカード複数枚が必要な3つの理由

海外旅行の際はクレジットカードの複数持ちが絶対基本となります。できれば3枚以上がベスト!その理由を説明します。

スキミングに備える

スキミング等悪用に備えて普段使っているメインカード以外を利用するのもおすすめです

海外で悪用された場合、クレジットカード会社が補償してくれるので、普段使っていない海外用のカードを持っておくと安心ですね。

紛失・盗難に備える

海外では日本と比べ物にならないほどスリや盗難の被害が多発しています。

万が一盗まれてしまった、落としてしまった場合に備えて絶対に複数枚のカードを持っておきましょう。

mari
mari
わたしもつい先日ベトナムの空港で落としてしまいました・・・。悪用はされていなかったけど気をつけないといけませんね。
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

保険に備える

なんといっても保険の利点は見逃せません。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険はカードごとに上限合算してくれるケースがあります。

クレジットカードをたくさん持っておくことで、無料で海外旅行保険に入っているのと同じ状態になるので年会費無料のクレカを作らない手はありません!

エポス、booking.comを持っていない方はぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

パリ観光なら「JCBプラザ ラウンジ・パリ」を活用しよう

「VISA」か「MASTER」いずれかを持つのはマスト!できれば1枚ずつは持ちたいところ。

しかしながら「VISA」も「MASTER」も外国ブランド!困った時の顧客サポートはJCBが上です。スリや盗難、病気など何かあった時のために国内ブランドのJCBを持っておくと安心感が違います。

日本人旅行者が多く訪れる街にはたいていJCBプラザという日本スタッフがいる支店もあり、何か起きた場合は実際に足を運んで助けを求めることも可能です。

もちろんパリにも「JCBプラザラウンジパリ」があって、様々なサービスが用意されています。

  • 荷物の当日一次預かり
  • インターネット・プリントアウト無料サービス
  • パリ市内の70を超えるショップで優待利用可能
  • JCBカードの紛失・盗難時のサービス

個人的に嬉しいのが紛失盗難時にすぐに再発行してもらえるところ!

mari
mari
友人が現地でスリに合った時、即日再発行してもらったので事なきをえました。他のカード会社では難しい対応です。
住所【2区】10 Rue de la Paix, 75002 Paris
オペラ座からヴァンドーム広場へ向かう通り沿い、カルティエの向かい
営業時間9:00~17:00
定休日土・日・祝
HPJCBプラザラウンジパリ

ちなみにわたしはアメックスもいれて全部で4ブランド、計10枚くらいクレジットカードを持っています(笑)

もっと詳しく知りたい方は世界60ヵ国以上を旅したわたしが旅好きにおすすめするクレジットカード7選をご覧ください。

フランス・パリに持っていくべきおすすめクレジットカードまとめ

クレジットカードは年会費無料~高額なものまで様々あるので頭を悩ませてしまうと思います。とにかく何も考えたくない人は

①まずはエポスでVISA(無料)!!

もし既に持っていれば

②楽天の一般カード(無料)でMASTERかJCBを作っておいて

余裕があったら年会費が高いカードを1枚メインカードとするのがわたしのおすすめです。

外国に行くと落としたり盗まれたり使えなかったり思わぬトラブルもあるので複数のクレジットカードを別々のお財布やカバンにいれおくといいですよ♪

mari
mari
それにカードを複数持っていれば保険も合算!!できますしね( •̀∀•́ ) ✧ドヤ

では気をつけて行ってらっしゃい~!ボン・ヴォヤージュ♪

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる