ロワール

世界遺産シャルトル大聖堂へ行ってきた!行き方・開館時間・見どころ徹底ガイド

フランスに行ったら、パリ以外の地方にも足を運んでみたい方にオススメなのが、フランス中部に位置する都市「Chartresシャルトル」です。

パリから電車で1時間程で行くことができる中世の趣を残した美しい街です。

歴史保存地区の旧市街は、昔ながらの伝統的な家々が立ち並び、まるでタイムスリップしたかのような趣のある雰囲気を味わうことが出来ます。

mari
mari
電車は一時間に1本位で、ストライキも結構多いので往復の時間には注意してくださいね

この街の目玉は、なんといっても1979年に世界遺産に登録された「シャルトル大聖堂」。
シャルトル大聖堂のステンドグラスは圧巻です!

今回は、「シャルトル・ブルー」と称される美しいステンドグラスで有名なシャルトル大聖堂の魅力を詳しくご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


シャルトル大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Chartres)の観光情報

パリの南西約80kmに位置するシャルトルには、ユネスコの世界遺産に登録されたシャルトル大聖堂があります。

中世ヨーロッパを代表するゴシック様式の大聖堂で、フランス国内におけるゴシック様式の傑作の1つといわれています。

mari
mari
ゴシック様式とは12世紀頃に始まり、13~14世紀に主に西ヨーロッパに広まった様式です。

ロマネスク様式の建物は、頑丈な厚い壁が特徴で、建築技術の発達により薄い壁の建物を建てることができるようになりました。

おにちゃん
おにちゃん
その結果大きな窓をあけることができるようになり、美しいステンドグラスをはめた窓を取り付けることができるようになったというわけ!

シャルトル大聖堂は、アミアン大聖堂ランス大聖堂に大きな影響を与えました。

ちなみにパリのノートルダム大聖堂もゴシック様式にあたります。

シャルトル大聖堂の歴史は、4世紀までさかのぼります。何度も火災に見舞われ、再建・修復が繰り返され、ロマネスク様式の聖堂は、1194年の大火災でほとんど焼失されてしまいます。聖堂の西側前方の「王の門」と1つの尖塔は破損を免れ、その後ゴシック様式で再建されました。

大聖堂の正面入り口に立つ2つの尖塔は、左側(北塔)がゴシック様式で複雑な装飾が施されています。右側(南塔)がロマネスク様式で、重厚感のある直線的な造りが特徴です。

シャルトル大聖堂の見どころ

外観

シャルトル大聖堂の見どころはまず、その外観にあります。

左右非対称の尖塔が大きな特徴で、それぞれ異なる建築様式で造られて珍しい聖堂です。

向かって右側の南塔は、12世紀に造られたロマネスク様式の尖塔で重厚感があり、均整のとれた直線的な造りが特徴です。

向かって左側の北塔は、16世紀に造られたゴシック様式で、複雑な装飾が施され華やかです。

西側のファサードには3つの扉「王の門」があり、無数の彫刻が彫り込まれています。これらの彫刻群は「ロマネスク彫刻の傑作」といわれています。

mari
mari
まずはその外観をじっくり楽しんで写真撮影などしてくださいね!

ステンドグラス

まずは何も考えずにシャルトル大聖堂の内部に入ってみましょう。

「シャルトル・ブルー」とよばれる青い静謐な光が内部を染め、とても神秘的な空間を作り出しています。

この優しい青い光に包まれていると、不思議と落ち着いた気持ちになります。

南側にある「美しき絵ガラスの聖母(Notre-Dame de la Belle-Verrièreノートルダム・ド・ラ・ベル・ヴェリエール)」は1180年に作られた大変有名なステンドグラスで、キリストを抱く聖母マリアの姿が描かれています。

西側のファサード「王の門」の上部のバラ窓は、「最後の審判」を表しています。

当時、ステンドグラスは文字の読めない人々のために、キリスト教の教義や聖書の内容を伝える役割を担いました。

堂内

聖堂の内陣には、「サンクタ・カミシア(聖母マリアの聖衣)」と呼ばれる聖母マリアの聖遺物が所蔵されています。そのためシャルトル大聖堂は、マリア崇拝の中心となり、巡礼地に指定されました。

礼拝堂に捧げられたロウソクの灯火が、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

また内陣と周歩廊を仕切る壁の彫刻群も必見です!聖母マリアとイエス・キリストの生涯をテーマにした聖書の名場面を見ることができます。

夜を彩る光の祭典「光のシャルトル(Chartres en Lumières)」

「光のシャルトル」と題したプロジェクションマッピング。シャルトル大聖堂だけでなく、街全体が光に包まれます。

この時期に合わせてシャルトルを訪れてみるのもいいですね。

photo by [france.fr]

街全体が光のアート作品となる光の祭典。開催時期は年によって異なりますので、公式サイトでご確認ください。

シャルトルのオススメお土産

銘菓メンチコフ

シャルトルのお土産でオススメなのは、知る人ぞ知るmentchikoffsメンチコフというお菓子!

プラリネやチョコレートをメレンゲで包んだお菓子で、シャルトルのチョコレート屋さんで購入することが出来ますよ。

La Chocolaterie Chartresラ ショコラトリー シャルトル」は、大聖堂から徒歩約6分のところにあります。ショップとサロン・ド・テが併設されており、街歩きに疲れたら一息つくのにも最適です。テラス席もあり、お天気が良ければテラス席もオススメです。

日持ちするお菓子なので、日本へのお土産にもピッタリですよ。

ラ・ショコラトリー・シャルトル
住所14 Place Marceau, 28000 Chartres 地図
行き方シャルトル大聖堂から徒歩約6分。
時間火-土曜日 8:00-19:30
日、月、祝日 10:00-19:30
定休
料金メンチコフ100g 9ユーロ〜
HPhttps://www.lachocolaterie-chartres.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

シャルトル大聖堂口コミ・評判

2つの水路で丸く囲まれたエリアの上に大聖堂があり、駅からでも良く見えるほど大きいです。聖堂までは石畳で坂も多いですが、街が穏やかでパリとは全然違う良さがあります。大聖堂は外観、ステンドグラスなど感動します。

特にお勧めは夏です。7月上旬の週は22時45分からイルミネーションでした。日の長さによって時間は変わりますが聖堂だけではなく街の至るところで美しいプロジェクションマッピングが見られます。

想像以上に感動します。これが無料で良いのかと思ってしまいました。ただ、帰りが深夜近くなるので交通手段(車)か宿を確保して下さい。物価もパリよりは安いので滞在しやすいです。

シャルトルブルーのステンドグラスは見事。ゴシック様式とロマネスク様式の尖塔があり、見ごたえがある❗中でミサの後の少年合唱隊のコーラスと鐘の音の響きが忘れられない。巨大でもあり、パリのノートルダム寺院と遜色のない素晴らしい大聖堂です。街は小ぶりだが、とても美しい❗駅からも近く、駅の近くにはフランスには珍しい日曜日に営業しているビストロもあります。シャルトルと文字で描かれたオブジェがあるので、大聖堂をバックにした写真撮影にぴったりです

Googleレビューでも高評価の意見しか見られないほど人気の観光地。

写真と実物を見るのとでは迫力も感動も全く違います!お時間に余裕ある方は、ぜひ訪れてみてください。

シャルトル大聖堂への行き方・アクセス

シャルトルはフランス中部に位置する都市で、街の中心にはユネスコの世界遺産に登録されたシャルトル大聖堂が立っています。

パリから訪れるなら、フランス国鉄SNCFで訪れるのがオススメです。

最寄り駅はシャルトル(Gare de Chartres)駅!

パリのモンパルナス駅からフランス国鉄SNCFのTER(快速列車)で約1時間ほど揺られると、最寄り駅の「Chartresシャルトル駅」に到着。

列車は、ChartresシャルトルNantesナントLe Mansル マンRennesレンヌBrestブレスト行きに乗車すればシャルトル駅で降車することができます♪

国鉄の切符は、駅の券売機で購入可能。

mari
mari
親切そうに切符の買い方を教えてくれる人に注意!
おにちゃん
おにちゃん
本当に親切な方もいますが、お金を要求されることもあります…

事前に購入したい方は、レイルヨーロッパ公式サイトなどの日本語サイトからの購入が可能です。

シャルトル大聖堂はシャルトル駅から徒歩10分ほど。

駅を出ると、シャルトル大聖堂の尖塔がチラリと見えるので目印にしてくださいね。

16 Cloître Notre Dame, 28000 Chartres

シャルトル大聖堂の営業時間

◆営業時間

8:30〜19:30(ミサのための入場制限あり)
※6月〜8月の火・金・日曜日は22時まで

◆ミサの時間

月・水・木曜日:11:45〜、18:15〜
火曜日:9:00〜、11:45〜、18:15〜
金曜日:7:00〜、9:00〜、11:45〜、18:15〜
土曜日:11:45〜、18:00〜
日曜日:9:00〜、11:00〜、18:00〜

シャルトル大聖堂まとめ

シャルトル大聖堂は、パリから日帰りでも行けるフランスの世界遺産です。なかでもシャルトルブルーと呼ばれるステンドグラスは、神秘的で心が洗われるような美しさです。

この素晴らしいステンドグラスの輝きをぜひ自分の目で感じてみてください。

シャルトル大聖堂
住所16 Cloître Notre Dame, 28000 Chartres 地図
最寄りパリのMontparnasseモンパルナス駅からChartresシャルトル駅までTERで約1時間。シャルトル駅から徒歩約10分。
時間8:30〜19:30(6月〜8月の火・金・日曜日は22時まで)
定休
料金無料
※ノートルダム大聖堂付属のクリプト(地下礼拝堂):5ユーロ(フランス語ガイド付き)
大聖堂とクリプトガイド付き見学(英語のみ):10ユーロ
HPhttps://www.cathedrale-chartres.org/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる