ロワール

世界遺産シャルトル大聖堂へ行ってきた!行き方・開館時間・見どころ徹底ガイド

フランスに行ったらパリ以外の地方にも足を運んでみたい方におすすめなのが、フランス中部に位置する街Chartresシャルトルです。

パリから電車で約1時間。中世の趣を残した美しい街をぜひ楽しんでみてください。

歴史保存地区の旧市街は、昔ながらの伝統的な家々が立ち並び、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえます。

mari
mari
電車は一時間に1本位で、ストライキも結構多いので往復の時間には注意してくださいね

この街の目玉は、なんといっても1979年にユネスコの世界遺産に登録されたシャルトル大聖堂。シャルトル大聖堂のステンドグラスは息を呑むほど美しく、圧倒されることと思います。

このページでは、シャルトル・ブルーと称される美しいステンドグラスで有名なシャルトル大聖堂の魅力を詳しくご紹介していきます。

※パリと同様、日曜日と祝日は基本的にお店は閉まっていることが多いので、日帰りするなら平日に訪れるのがおすすめです。

こんな方におすすめ!
  • シャルトル大聖堂ってどんなところか知りたい
  • フランスの世界遺産に興味がある
  • 周辺の治安が気になる
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

シャルトル大聖堂の観光情報

ユネスコの世界遺産に登録されているシャルトル大聖堂はパリの南西約80kmに位置しています。

シャルトル大聖堂は中世ヨーロッパを代表するゴシック様式の大聖堂で、フランス国内におけるゴシック様式の傑作のひとつと言われ、訪れる者すべてに感動をもたらします。

mari
mari
ゴシック様式とは12世紀頃に始まり、13~14世紀に主に西ヨーロッパに広まった様式のこと。

ロマネスク様式の建物は頑丈な厚い壁が特徴ですが、建築技術の発達によりゴシック様式特有の薄い壁で建てることができるようになりました。

おにちゃん
おにちゃん
その結果、建物に大きな窓をあけることができるようになり、美しいステンドグラスをはめた窓を取り付けられるようになりました

シャルトル大聖堂は、アミアン大聖堂ランス大聖堂に大きな影響を与えました。

ちなみにパリのノートルダム大聖堂もゴシック様式です。

近隣の観光スポット

シャルトルは中世の趣を残した美しい街です。

シャルトル大聖堂を訪れる際は

  • ピカシエットの家

を併せて観光するのがおすすめです。

観光の注意点

シャルトル周辺の治安はそれほど悪くありません。

パリより落ち着いているのでゆったりと観光できると思いますが、パリからシャルトル大聖堂までの電車移動では日本と違ってスリやひったくりをはじめとする犯罪への警戒は必要不可欠。

また、電車に限らずパリ旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

関連記事フランス旅行クレジットカード選び方

おすすめbooking.comでホテルを探す(パリ)

おにちゃん
おにちゃん
パリなら中心部エリアが◎友人におすすめホテルを聞かれるときの定番回答は6区のサンジェルマンデプレ界隈のホテルです

中世の趣を感じられるシャルトル大聖堂を最大限楽しむなら、事前に建物の見どころをおさえておくのがおすすめです。

一部ではありますが見どころをまとめてみたので、ぜひ観光の参考にしてください。

シャルトル大聖堂の見どころ

シャルトル大聖堂の歴史は、4世紀までさかのぼります。

何度も火災に見舞われ、再建・修復が繰り返されますが、ロマネスク様式の聖堂は1194年の大火災でほとんど焼失されてしまいました。

聖堂の西側前方の「王の門」と1つの尖塔は破損を免れ、その後ゴシック様式で再建されています。

大聖堂の正面入り口に立つ2つの尖塔は、左側(北塔)が複雑な装飾の施されたゴシック様式、右側(南塔)が直線的な造りで重厚感のあるロマネスク様式です。

外観

シャルトル大聖堂の見どころは、まずその外観!

左右非対称の尖塔が大きな特徴で、それぞれ異なる建築様式で造られた珍しい聖堂です。

向かって右側の南塔は、12世紀に造られたロマネスク様式の尖塔で、重厚感があり均整のとれた直線的な造りが特徴。

向かって左側の北塔は、16世紀に造られたゴシック様式で、複雑な装飾が施され華やかです。

西側のファサードには3つの扉「王の門」があり、無数の彫刻が彫り込まれています。これらの彫刻群は「ロマネスク彫刻の傑作」といわれています。

mari
mari
その外観をじっくり楽しんで写真撮影などしてくださいね!

ステンドグラス

まずは何も考えずに、シャルトル大聖堂の内部に入ってみましょう!

「シャルトル・ブルー」と呼ばれる青い静謐な光が内部を染め、とても神秘的な空間を作り出しています。

この優しい青い光に包まれていると、不思議と落ち着いた気持ちになります。

南側にある「美しき絵ガラスの聖母(Notre-Dame de la Belle-Verrièreノートルダム・ド・ラ・ベル・ヴェリエール)」は1180年に作られたステンドグラスで、キリストを抱く聖母マリアの姿が描かれています。

西側のファサード「王の門」の上部のバラ窓には、「最後の審判」。

当時、ステンドグラスは文字の読めない人々のために、キリスト教の教義や聖書の内容を伝える役割を担っていました。

堂内

聖堂の内陣には、「サンクタ・カミシア(聖母マリアの聖衣)」と呼ばれる聖母マリアの聖遺物が所蔵されています。

そのためシャルトル大聖堂はマリア崇拝の中心地となり、多くの巡礼者を集めてきました。

礼拝堂に捧げられたロウソクの灯火が、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

また内陣と周歩廊を仕切る壁の彫刻群も必見です!聖母マリアとイエス・キリストの生涯をテーマにした聖書の名場面を見ることができます。

夜を彩る光の祭典「光のシャルトル(Chartres en Lumières)」

「光のシャルトル」と題したプロジェクションマッピング。シャルトル大聖堂だけでなく、街全体が光に包まれます。

この時期に合わせてシャルトルを訪れてみるのもいいですね。

photo by [france.fr]

街全体が光のアート作品となる光の祭典「光のシャルトル」は、開催時期が年によって異なりますので、公式サイトでご確認ください。

公式サイトシャルトル大聖堂

シャルトル大聖堂を見たあとはルーブル美術館へ

パリのルーヴル美術館にはバルビゾン派の画家カミーユ・コローが描いた《シャルトル大聖堂》が所蔵されています。

カミーユ・コロー《シャルトル大聖堂 La cathédrale de Chartres》ルーブル美術館カミーユ・コロー《シャルトル大聖堂 La cathédrale de Chartres》ルーブル美術館

実物を見学してからの鑑賞は感慨深いものがありますので、ぜひパリに戻った際にはルーブル美術館に足を運んでみてくださいね。

シャルトルのお土産

銘菓メンチコフ

シャルトルのお土産でおすすめなのは、知る人ぞ知るmentchikoffsメンチコフというお菓子!

プラリネやチョコレートをメレンゲで包んだお菓子で、チョコレート屋さんで購入することができます。

La Chocolaterie Chartresラ ショコラトリー シャルトル」は、大聖堂から徒歩約6分のところにあります。

ショップとサロン・ド・テが併設されており、街歩きに疲れたら一息つくのにも最適です。お天気が良ければテラス席もおすすめですよ!

メンチコフは日持ちするお菓子なので、日本へのお土産にもピッタリです。

ラ・ショコラトリー・シャルトル
住所14 Place Marceau, 28000 Chartres 地図
行き方シャルトル大聖堂から徒歩約6分。
時間8:00-19:30(火-土曜日)
10:00-19:30(日、月曜日、祝日)
定休
料金メンチコフ100g 9ユーロ〜
HPhttps://www.lachocolaterie-chartres.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

シャルトル大聖堂口コミ・評判

2つの水路で丸く囲まれたエリアの上に大聖堂があり、駅からでも良く見えるほど大きいです。聖堂までは石畳で坂も多いですが、街が穏やかでパリとは全然違う良さがあります。大聖堂は外観、ステンドグラスなど感動します。

特にお勧めは夏です。7月上旬の週は22時45分からイルミネーションでした。日の長さによって時間は変わりますが聖堂だけではなく街の至るところで美しいプロジェクションマッピングが見られます。

想像以上に感動します。これが無料で良いのかと思ってしまいました。ただ、帰りが深夜近くなるので交通手段(車)か宿を確保して下さい。物価もパリよりは安いので滞在しやすいです。

シャルトルブルーのステンドグラスは見事。ゴシック様式とロマネスク様式の尖塔があり、見ごたえがある❗中でミサの後の少年合唱隊のコーラスと鐘の音の響きが忘れられない。巨大でもあり、パリのノートルダム寺院と遜色のない素晴らしい大聖堂です。街は小ぶりだが、とても美しい❗駅からも近く、駅の近くにはフランスには珍しい日曜日に営業しているビストロもあります。シャルトルと文字で描かれたオブジェがあるので、大聖堂をバックにした写真撮影にぴったりです

Googleレビューでも高評価の意見しか見られないほど人気の観光地。

写真と実物を見るのとでは迫力も感動も全く違います!お時間に余裕ある方は、ぜひ訪れてみてください。

シャルトル大聖堂への行き方・アクセス

シャルトルはフランス中部に位置する街です。

パリからシャルトルを訪れる場合、フランス国鉄SNCFで行くのがおすすめです。

パリから国鉄SNCFで行く場合

国鉄SNCFのTER(快速列車)でパリのMontparnasseモンパルナス駅からChartresシャルトル駅まで約1時間。

ChartresシャルトルNantesナントLe Mansル マンRennesレンヌBrestブレスト行きに乗車すればシャルトル駅で降車できます。

国鉄の切符は、駅の券売機で購入可能。

mari
mari
親切そうに切符の買い方を教えてくれる人に注意!
おにちゃん
おにちゃん
本当に親切な方もいますが、お金を要求されることもあります…

シャルトル大聖堂はシャルトル駅から徒歩10分ほど。

駅を出ると、シャルトル大聖堂の尖塔がチラリと見えるので目印にしてくださいね。

フランス国鉄SNCFの乗り方や注意点については「フランス国鉄SNCFのTGVとTERの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド」で詳しく解説しています。

おにちゃん
おにちゃん
打刻忘れや居眠りには十分注意しましょう!

シャルトル大聖堂の入場料・営業時間・所要時間

入場料金

  • 教会内部見学:無料
  • 地下礼拝堂の見学:5ユーロ
    ※ツアーへの参加必須
  • 塔の見学:6ユーロ
    ※ツアーへの参加必須

営業時間・定休日

  • 営業時間
    8:30-19:30(ミサのための入場制限あり)
    ※6月〜8月の火・金・日曜日は22時まで
  • ミサの時間
    11:45 / 18:15(月・水・木)
    9:00 / 11:45 / 18:15(火)
    7:00 / 9:00 / 11:45 / 18:15(金)
    11:45 / 18:00(土)
    9:00 / 11:00 / 18:00(日)
  • 定休日
    なし

(2022年現在)

所要時間

最低30分。ツアーへ参加する場合は1時間~2時間ほどみておきましょう。

シャルトル大聖堂周辺の治安

シャルトル周辺の治安はそれほど悪くありません。パリより落ち着いているので、ゆったりと観光できると思います。

とはいえ、パリからシャルトル大聖堂までの電車移動では日本と違ってスリやひったくりをはじめとする犯罪への警戒が必要。

また、電車に限らずパリ旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

スリや犯罪への対策をしよう

まず、現金は多く持ちすぎず50ユーロ前後、多くても100ユーロ以内におさめて、基本はクレジットカード決済を心がけましょう。

現地で急に現金が必要になった場合は、クレジットカードの海外キャッシング機能を使って現地の銀行ATMで現金を引き出すことができますし、手持ちの現金は少なくて大丈夫。

さらに、貴重品は肌身離さずシークレットポーチで管理するのがおすすめ。

パリに行くときは必ずこのセキュリポを使うようにしていて、何度もスリから救われました。

また、わたしたちはファスナー付きのカバンを使ったり、旅行者と思われてスリの標的にされないために、地域に馴染んだ服装を選ぶことも意識しています。

夜に帰宅することが多いホテルは治安の良い地域を選ぶのもポイント。

“知っている”と防げることも多いので、出国前に防犯を意識した準備とスリや犯罪の手口を予習しておきましょう。

治安の良いエリアでホテルを探す



Booking.com

海外旅行保険は必要

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、フランスへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品保証が入っている保険に入りましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

公式サイトエポスカード

そのほかクレジットカードについては「フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード」の記事で詳しく解説しています。

mari
mari
カード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を書きました
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード今回はクレジットカードのお話。フランスは日本と違い完全にキャッシュレス社会です。 お財布にはあまりたくさんの現金を入れず、スーパー...

シャルトル大聖堂見学マナー

シャルトル大聖堂は現役の教会でもあります。

おにちゃん
おにちゃん
ミサや様々な宗教的な行事が行われている場所でもありますので、マナーを守って見学しましょう。

教会の外にはNG事項が書いてある看板が出ているところも多いので、必ず確認してから中に入るようにしてください。

服装に気をつける

基本的に教会では露出の高い服装はNG!ミニスカート、短パン、タンクトップなどは避けたほうがいいと思います。

男性は帽子やフードを含めて頭に身に着けているものは外すのがマナー。

信仰の方の邪魔にならないよう静かに見学

観光スポットでもありますが、お祈りを捧げる信者の方々も訪れる神聖な場所でもあります。

大きな声でおしゃべりしたり、ズカズカと割り込んで写真を撮ったりは絶対やめましょう。

フラッシュ撮影は禁止

現在は、建物の内部も撮影OKになりました。

フラッシュ撮影は禁止されているのでカメラの設定を事前に確認しておきましょう。

シャルトル大聖堂まとめ

シャルトル大聖堂は、パリから日帰りでも行けるフランスの世界遺産です。

シャルトル・ブルーと呼ばれるステンドグラスは、神秘的で心が洗われるような美しさ。

パリから少し離れて、この素晴らしいステンドグラスの輝きをぜひゆっくり楽しんできてくださいね!

シャルトル大聖堂
住所16 Cloître Notre Dame, 28000 Chartres 地図
行き方パリのMontparnasseモンパルナス駅からChartresシャルトル駅までTERで約1時間。シャルトル駅から徒歩約10分。
時間8:30-19:30
(6月-8月の火・金・日曜日は22時まで)
定休1月1日、5月1日、12月25日
料金無料
※地下礼拝堂や塔の見学は有料
HPhttps://www.cathedrale-chartres.org/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる