フランス観光情報

世界遺産ストラスブールの完全ガイド!パリから日帰りOKの超メルヘンチックな街だった

ストラスブールはパリやニースなど日本人に人気の観光地に比べると知名度が低いかもしれません。

mari
mari
だけどみんなに見てもらいたいくらい素敵な街なんです!!!
おにちゃん
おにちゃん
ドイツに近いフランスの東側に位置するこの街は、クリスマスマーケットやノートルダム大聖堂、アルザスワインが有名で、ヨーロッパの中でも人気の観光地なんですよ!

ストラスブールの見どころは、なんといってもユネスコの世界遺産に登録された旧市街「グラン・ディル」

なぜならここには、ストラスブールの見どころがギュッと凝縮されているから!さっそくその魅力に迫りましょう♪

ストラスブールの基本情報

ストラスブールは、隣国のドイツ文化の影響を色濃く残すアルザス地方の中心都市。

市内を流れるイル川の中州に位置する旧市街は、「グラン・ディル」と呼ばれ、1988年にユネスコの世界遺産に登録されています。

ストラスブールの観光名所の多くがここに集まっており、世界各国からここを目当てに観光客がやって来ます。

mari
mari
パリから日帰りでも行けるので、ちょっと足を延ばして観光したい方におすすめ!

ストラスブールへの行き方・アクセス

パリから電車で行く場合

パリ東駅(Gare de l’Est)からストラスブール駅(Strasbourg)までTGVで約2時間30分

ストラスブール駅からグラン・ディルまで徒歩約6分

パリから車で行く場合

パリからストラスブールまで約4時間30分

走行距離は約490㎞

mari
mari
ちょっと距離がある&街並みが素敵すぎるので、1泊するものおすすめですよ♡

ストラスブール旧市街グラン・ディルの観光名所と見どころ

ストラスブールの旧市街は、運河沿いを歩くだけで、メルヘンな雰囲気をかなり楽しむことができます♡

そんな魅力いっぱいのストラスブールの街の中でも、一押しの有名スポットをご紹介します♪

ノートルダム大聖堂

ストラスブールの1番の見どころといえば、『ノートルダム大聖堂』!

ポール・クローデルによって「ストラスブールのバラ色の大天使」と詩的に表現されたとても美しい大聖堂です。

12世紀から260年の歳月をかけて建てられたゴシック様式の建物で、高さ142mの尖塔は、19世紀までヨーロッパで最も高い建造物でした。

繊細な透かし細工の装飾が施され、砂岩による赤みを帯びた外観を特徴とし、まさにストラスブールのシンボルといえる荘厳な雰囲気が漂います。


photo by stefano Merli

ノートルダム大聖堂内で絶対に見逃せないのが、14世紀半ばに作られたという「天文時計」。

現存するものは18世紀に修復されたもので、15分ごとに鐘が鳴り、12時30分になるとからくりが一斉に動き出します。

photo by anne arnould

おにちゃん
おにちゃん
イエス様と使徒たちの人形がでてきます♪

またファサードの大バラ窓や聖堂内の至るところにある色とりどりのステンドグラス、そして13世紀に作られたゴシック様式の傑作といわれる「天使の柱」は一見の価値あり!

ストラスブールに訪れたのなら、かならず立ち寄ってほしいおすすめスポットです。

ノートルダム大聖堂
住所:Place de la Cathedrale, 67082 Strasbourg
大聖堂の入場料金:無料
天文時計見学料金:大人:3€ 子供(6〜18歳)・学生:2€ 6歳未満:無料
※天文時計見学は、月〜土曜日の11:20-12:30まで
開門時間:
〈月〜金曜日〉 8:15-11:15 /12:45-17:45(礼拝者:7:15-17:45)
〈土曜日〉8:15-11:15 /12:45-17:45
〈日曜日〉11:15-12:00(拝廊のみ)/13:30-17:30(礼拝者:9:00-18:00)

ラ・プティット・フランス

「小さなフランス」と呼ばれるこのエリアは、アルザス地方独特の切妻屋根や木骨組みの家が運河沿いに軒を連ねるメルヘンチックな場所です。

第二次世界大戦中、戦火に見舞われ、建物は破壊されてしまいましたが、その後、忠実に建物が復元されました。

この辺りには、レストランやカフェ、お土産屋さんが立ち並び、連日観光客で賑わっています。

お天気の良い日には、川沿いを散策するのもいいですね♪

ストラスブール・クリスマスマーケット(ノエル)

ストラスブールといえば、クリスマスマーケットが有名ですね。フランス語では、クリスマスマーケットを「マルシェ・ド・ノエル」と呼びます。

クリスマスの季節になると、街のあちらこちらでマルシェ・ド・ノエルが開かれます。世界各国からたくさんの観光客が訪れ、活気にあふれます。

フランス最古のクリスマスマーケットとして知られるクリシュトキンデルスマリック・ブログリ広場のマルシェ・ド・ノエルをはじめ、ノートルダム大聖堂前やグーテンベルク広場など、さまざまな場所で開かれるので、いろいろ見て歩くと楽しいですよ♪

ストラスブールの冬の寒さは厳しいですが、そんなときは、フランスの冬の風物詩Vin chaud(ヴァン・ショー)で体を温めてくださいね。※ヴァン・ショー=ホットワイン

おすすめのストラスブールみやげ♡

せっかくストラスブールまで足をのばしたのなら、ストラスブールならではのお土産を買って帰るのがおすすめ!

パリではなかなか手に入らないものが多いのでぜひ、チェックしてみて♡

カラフルでかわいい♡アルザス陶器


photo by Jean-Pierre Dalbéra
アルザス陶器は、1つ1つ職人の手作り!花や鳥などのモチーフが描かれています。

アルザス陶器は、アルザス地方に行かないとなかなか手に入らないため、ストラスブールのお土産としてとても人気がありますよ!

ただ陶器は重量があるので、重さに注意してお買い物を楽しんでくださいね♪

Poterie d’Alsace
住所:3 Rue des Frères、67000 Strasbourg※大聖堂のすぐ裏!
営業時間:〈月曜日〉14時~19時 / 〈火~土曜日〉11時~13時、14時~19時
HP:http://www.poterie-alsace-strasbourg.eu/

幸せのシンボル!コウノトリのぬいぐるみ

ストラスブールの街中でよく見かけるコウノトリのぬいぐるみ。

それもそのはず、コウノトリはストラスブールの市の鳥なのです!

幸せのシンボルでもあるコウノトリ。ぬいぐるみだけでなく、キーホルダーやマグカップなどさまざまなコウノトリグッズが売られていますので、そちらもお見逃しなく!

アルザス地方の名産品といえば白ワイン!


photo by jolisoleil / js-winetours / js-citytours
生産されるワインの9割以上が白ワインというアルザス地方。

その大半が辛口ワインですが、甘口ワインやスパークリングワインも見逃せません!

リースリングやゲヴュルツトラミネールなど、アルザスワインを代表する白ワインをお土産にするのも良いですね♡

ストラスブールはとっても魅力的な街だった♡

ストラスブールは、フランスとドイツの文化が融合し、独自の文化が育まれた魅力ある街。

観光名所がグラン・ディルに集まっているため、観光客にとってまわりやすい街ですよ♪

パリから日帰りできるのも魅力の1つなので、ぜひ足をのばして訪れてみてください。

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる