新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

ロワール

ロワールで絶対行きたいおすすめ古城8選を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説

地形に恵まれたロワール川流域には、華麗な宮廷文化が育まれた美しい古城が点在しています。

このロワール川流域一帯は、2000年に「シュリー-シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」としてユネスコの世界遺産に登録され、世界中から旅行者が訪れます。

これだけ多いと、限られた時間でどのお城を見に行くべきか迷いますよね。

今回は、数あるロワール川の古城の中でも絶対に見逃せない8つの古城をご紹介します。

もし時間がないという方はおすすめ順に並べているので参考にしてください♡

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


ロワールで絶対行きたいおすすめ古城8選

シャンボール城

シャンボール城は、ロワール川流域で最大の規模をもつお城です。

「白亜の城館」と呼ばれ、ルネッサンス様式を取り入れた城館は、華麗な宮廷文化を彷彿とさせてくれます。

レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したといわれる二重螺旋階段は、シャンボール城の一番の見どころで、人と人がすれ違うことなく階段を上り下りできる仕組みになっています。

また屋上のテラスからは、美しい庭園と国立野生動物保護区域になっているシャンボールの森が一望できます。

詳しいお城の情報に関しては「シャンボール城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

シャンボール城
住所Château, 41250 Chambord 地図
営業時間9:00-18:00(3月30日~10月27日)
9:00-17:00(10月28~3月29日)
定休日1月1日・ 12月25日
料金大人14.5ユーロ
18歳未満は無料

ブロワ城

ケルト語で「オオカミ」の意味をもつブロワ城は、13世紀から17世紀にかけて度々増改築が繰り返されました。

そのためフランボワイヤン・ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式と異なる建築様式を一度に見ることができ、「建築の博物館」と呼ばれています。

中でも有名なのは、フランソワ1世棟にある中庭に張り出した八角形の螺旋階段で、「ルネッサンス様式の傑作」と称されています。

ブロワ城は、ルイ12世からアンリ3世に至る約100年間、フランス王家の主要な王宮として重要な役割を果たしました。血なまぐさい歴史の残る城でもあり、「キーズ公爵暗殺事件」など政治的事件が起こった場所でもあります。

詳しいお城の情報に関しては「ブロワ城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

ブロワ城
住所Place du château, 41000 Blois 地図
営業時間10:00-17:00(1月2日~3月30日・11月5日~12月31日)
※12月24日および12月31日は10:00-16:00まで
9:00-18:30(3月31日~6月30日・9月1日~11月4日)
9:00-19:00(7月1日~8月31日)
定休日1月1日・ 12月25日
料金大人12ユーロ 子供6.5ユーロ 6歳未満は無料
オーディオガイド(日本語あり)4ユーロ

アンボワーズ城

アンボワーズ城は、ルネッサンス様式発祥の地で、歴代フランス国王の居城でした。

ロワール川に臨む小高い丘の上にあり、シャルル8世の時代、イタリアから画家や建築家、装飾家、造園家などが招かれ、城の大改修が行われました。

またレオナルド・ダ・ヴィンチは、フランソワ1世によって招かれ、晩年をこの地で過ごしました。

華やかな宮廷文化が開花した一方で、宗教戦争による暗い歴史をもつ城でもあります。

1560年にアンボワーズ城で陰謀事件が勃発。これにより旧教徒は、新教徒を大量に虐殺したのです。

詳しいお城の情報に関しては「アンボワーズ城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

アンボワーズ城
住所Montée de l’Emir Abd el Kader, 37400 Amboise 地図
営業時間9:00-12:30、14:00-16:45(1月8日~31日)
9:00-12:30、13:30-17:00(2月)
9:00-17:30(3月)
9:00-18:30(4月~6月)
9:00-19:00(7月~8月)
9:00-18:00(9月~11月1日)
9:00-17:30(11月2日~11月15日)
9:00-12:30 14:00-16:45(11月16日~12月24日)
9:00-16:45(12月26日~01月07日)
定休日1月1日・ 12月25日
料金大人12.8ユーロ
子供(7〜18歳)8.8ユーロ
7歳未満無料

クロ・リュセ城

アンボワーズ城から少し離れた所に、クロ・リュセ城があります。

この城は、フランソワ1世によって招かれたレオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごした場所で、数々の発明や芸術がここで生まれました。

城内にある仕事部屋や寝室は、レオナルド・ダ・ヴインチの当時の暮らしを偲ばせてくれます。

またお城の敷地内にある「レオナルド・ダ・ヴィンチパーク」では、プロペラ機の実物大模型など野外展示がされており、こちらも見応えがあります。

詳しいお城の情報に関しては「クロ・リュセ城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

クロ・リュセ城
住所2 Rue du Clos Lucé, 37400 Amboise 地図
営業時間10:00-18:00(1月)
9:00-19:00(2月〜6月)
9:00-20:00(7月・8月)
9:00-19:00(9月・10月)
9:00-18:00(11月・12月)
定休日1月1日・ 12月25日
料金《ハイシーズン (3/1-11/15)》大人16ユーロ 子供(7〜18歳)11.50ユーロ 7歳未満無料
《ローシーズン (11/16-12/31)》大人13.50ユーロ 子供(7〜18歳)10.5ユーロ 7歳未満無料

ユッセ城

シノン森に佇む白亜の城「ユッセ城」は、シャルル・ペローの童話「眠れる森の美女」のモデルになったお城として知られ、まるでおとぎ話にでてくるようなメルヘンチックな城です。

ヴェルサイユ宮殿の建築家フランソワ・マンサールによる大階段、ヴェルサイユ宮殿やヴォ・ル・ヴィコント城の庭園を手掛けたル・ノートルによる庭園など見どころが満載。

蝋人形で展示された「眠れる森の美女」の物語を追いながら、見学が楽しめます。
詳しいお城の情報に関しては「ユッセ城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

ユッセ城
住所37420 Rigny-Ussé 地図
営業時間10:00-18:00(2月17日~3月31日)
10:00-19:00(4月1日~9月30日 )
10:00-18:00(10月1日~11月1日)
定休日11月2日~2月16日
料金大人14ユーロ 子供(8〜16歳)4ユーロ
8歳未満無料 オーディオガイド3ユーロ

ショーモン城

ショーモン城は、アンボワーズ城とブロワ城の中間に位置する小高い丘の上に佇む気品溢れたお城です。

正式には「ショーモン・シュール・ロワール城」といい、もともとは2つの領土の境界を監視するための要塞として建てられました。

王室所有のショーモン城は、アンリ2世の時代に国王の愛妾であったディアーヌ・ド・ポワチエに与えられます。

しかし、そのことに不満を抱いていた王妃カトリーヌ・ド・メディシスは、国王の死後、ディアーヌ・ド・ポワチエからショーモン城を奪い、引き換えにシュノンソー城を与えたといわれています。

詳しいお城の情報に関しては「ショーモン城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

ショーモン城
住所41150 Chaumont-sur-Loire 地図
営業時間10:00-17:30(1月)
10:00-18:00(2月〜3月)
10:00-19:00(4月1日~24日)
10:00-20:00(4月25日~8月)
10:00-19:30(9月)
10:00-19:00(10月1日~26日)
10:00-18:00(10月27日~11月17日)
10:00-17:30(11月18日~12月)
定休日1/1・ 12/25
料金大人18ユーロ 子供(6〜11歳)6ユーロ(4/25-11/3)
大人14ユーロ 子供(6〜11歳)4ユーロ(1/2-4/24及び11/4-12/31)
6歳未満無料

シュノンソー城

「フランスルネッサンスの珠玉の城」と呼ばれるシュノンソー城は、ロワール川の古城の中でも指折りの人気を誇るお城です。

「ルネッサンス様式の傑作」とも称される優美なお城は、「6人の奥方の城」とも呼ばれ、約400年間、6代にわたって城主が女性でした。

城館からシェール川をまたぐように架けられた橋の上に、カトリーヌ・ド・メディシスは、ギャラリー(大回廊)を作らせ、華麗な舞踏会を催しました。

また18世紀の城主デュパン夫人は、別棟に思想家のモンテスキューやヴォルテールなど一流文化人を集め、文芸サロンを開いたことでも有名です。

「カトリーヌ・ド・メディシス庭園」と「ディアーヌ・ド・ポワチエ庭園」と名付けられた2つの美しいフランス式庭園もシュノンソー城の見どころの1つになっています。

詳しいお城の情報に関しては「シュノンソー城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

シュノンソー城
住所37150 Chenonceaux 地図
営業時間9:30-16:30(1月~2月8日)
9:30-17:30(2月9日〜4月5日)
9:00-18:00(4月6日~5月29日)
9:00-19:00(5月30日~7月5日)
9:00-19:30(7月6日~8月18日)
9:00-19:00(8月19日~9月29日)
9:00-18:00(9月30日~11月11日)
9:30-16:30(11月12日~12月20日)
9:30-17:30(12月21日~12月31日)
定休日なし
料金大人14.5ユーロ(オーディオガイド付き18.5ユーロ)
子供(7〜18歳まで)11.5ユーロ(オーディオガイド付き15ユーロ)
7歳未満無料

アゼ・ル・リドー城

「ロワールの真珠」と呼ばれるアゼ・ル・リドー城。その名にふさわしく、水面に浮ぶように見える外観は、誰もが息をのむ美しさです。

フランスの文豪バルザックは、アゼ・ル・リドー城を「アンドル川のきらめくダイヤモンド」と称賛しました。

他のロワール川古城に比べ規模は小さめですが、ルネッサンス期の家具やタピスリーなどのコレクションが楽しめます。

詳しいお城の情報に関しては「アゼ・ル・リドー城の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」をご覧ください。

アゼ・ル・リドー城
住所19, rue Balzac, 37190 Azay-le-Rideau 地図
営業時間10:00-17:15(1月1日~3月31日)
9:30-18:00(4月1~6月30日 )
9:30-19:00(7月1~7月9日)
9:30-19:00(7月10~8月31日)
9:30-18:00(9月1~9月30日)
10:00-17:15(10月1~12月31日 )
定休日1月1日・ 12月25日
料金大人11.5ユーロ(オーディオガイド:3ユーロ)
18歳未満無料

ロワールのお城まとめ

ロワール川の古城巡りで絶対に外せない8つのスポットをご紹介しました!

訪れる城を絞るのは難しいぐらい、どれも個性に溢れた美しいお城です。

限られた時間でのロワール川の古城巡り、ぜひ有意義にお過ごしください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる