ロワール

アンボワーズ城へ行ってきた!行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド

歴代フランス国王に愛されたアンボワーズ城は、レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりの城として有名です。

また、ルネッサンス様式発祥の地として知られる一方で、宗教戦争による暗い歴史をもつ城でもあります。

このページでは、フランスの歴史を語る上で欠かせない重要な城であるアンボワーズ城についてご紹介していきましょう。

こんな方におすすめ!
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

アンボワーズ城観光情報

アンボワーズ城アンボワーズ城

アンボワーズ城Château Royal d’Amboiseシャトー ロヤル ダンボワーズ)は、ユネスコ世界遺産に登録されたロワール渓谷の古城の1つで、ロワール川に臨む小高い丘の上にあります。

アンボワーズ城の最盛期、フランソワ1世によってイタリアからレオナルド・ダ・ヴィンチが招かれました。

ダ・ヴィンチはアンボワーズ城から500mほど離れたクロ・リュセ城を与えられ、1516年から息を引き取る1519年までこの館で過ごしました。

ロワールの世界遺産

パリ西南部を流れるフランス最長の川「ロワール川」流域には、華麗な宮廷文化が育まれた美しい古城が点在しています。

wikipediaを見てみると主要なお城だけで24も記載されており、いかに古城が集まっている地域なのか想像できると思います。

そこで、数ある古城の中でも特に有名な古城とわたしの好きなおすすめの古城12箇所をGoogleMapでマッピングしてみました!

トゥールを拠点とした古城めぐりの計画に使ってください。

mari
mari
表のテキストリンクをクリックすると詳しいお城の紹介を見ることができます。
No城名特徴 ゆかりの人物
シャンボール城おすすめ!ロワール最大 フランソワ1世 ダヴィンチ ルイ14世
ブロワ城ルイ12世~歴代フランス王 ジャンヌダルク ギーズ公暗殺
シュヴェルニー城タンタンのモデルの城 ユロー家
ショーモン城 カトリーヌドメディシス ノストラダムス
アンボワーズ城 おすすめ!シャルル8世 フランソワ1世 ダヴィンチ
クロ・リュセ城 ダヴィンチの館 フランソワ1世
シュノンソー城おすすめ!6人の女の城 カトリーヌドメディシス ディアヌ 
ヴィランドリー城広大な幾何学庭園 
アゼ=ル=リドー城初期ルネサンスの傑作 バルザック
ユッセ城眠れる森の美女のモデル ル・ノートル手掛けるフランス式庭園
シノン城ジャンヌダルクがシャルル7世に謁見
アンジェ城9世紀~フランス最古の要塞、タペストリー《ヨハネの黙示録》

近隣の観光スポット

先述したとおり、アンボワーズ城のあるロワール川流域には美しい古城が数多く点在しています。

アンボワーズ城に訪れるなら、いくつか古城をピックアップして古城めぐりをするのがおすすめ。

中には電車やバスなど公共交通機関での移動が難しく、レンタカーやタクシーを使った移動が必要な箇所もあるので、ロワールの古城めぐりをするならぜひ現地ツアーiconを利用しましょう。

おにちゃん
おにちゃん
留学時代ベルトラのツアーに参加し、2日で8箇所の古城をめぐりました。1人で車を借りて周るのはハードルが高かったので、効率よく見学できてよかったです

ベルトラの現地ツアーiconは出発前に日本語で予約できる上に価格も良心的なので、わたしたちもよく利用しています。

観光の注意点

ロワールの治安は比較的良好ですが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

駅周辺や観光地周辺は注意が必要です。

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

関連記事フランス旅行におすすめのクレジットカードの選び方

おすすめ治安の良い人気エリアでホテルを探す

アンボワーズ城歴史と見どころ

アンボワーズ城アンボワーズ城

アンボワーズ城では、タブレット型のデジタルガイド「HISTOPADヒストパッド」の無料貸し出しをしています。

おにちゃん
おにちゃん
言語セレクトで、日本語が選べて便利!

復元されたルネッサンス様式のベッドのある「アンリ2世の寝室」やフランス最後の国王「ルイ・フィリップの寝室」にあるルイ・フィリップの肖像画や家具は当時のものです!

歴史

アンボワーズ城Château Royal d’Amboiseシャトー ロヤル ダンボワーズ)は、ユネスコ世界遺産に登録されたロワール渓谷の古城の1つで、ロワール川に臨む小高い丘の上にあります。

ガリア・ローマ時代に城塞が築かれ、15世紀からの増改築を経て王家の居城となりました。

イタリア芸術に魅了されたシャルル8世は、イタリアから画家や建築家、装飾家、造園家などを招くこだわりぶり!

専門家へ城の大改修を依頼し、フランス式庭園を作らせました。

mari
mari
フランソワ1世の時代には、アンボワーズ城は最盛期を迎えます。

フランソワ1世によってイタリアから招かれたのがあのレオナルド・ダ・ヴィンチ

アンボワーズ城から500mほど離れたクロ・リュセ城を与えられ、1516年から息を引き取る1519年までこの館で過ごします。

おにちゃん
おにちゃん
ダヴィンチが晩年、イタリアではなくロワールで過ごしたということを知らない人も多いかも。

1560年、フランスでは宗教戦争の嵐が吹き荒れます。

そのユグノー戦争の発端となったのが、アンボワーズ城でした。

若くて頼りないフランス王フランソワ2世を誘拐し、カトリック強硬派のギーズ家を排除しようと画策した陰謀事件は未然に発覚。

アンボワーズ城「三部会の間」で裁判が開かれ、1200名もの処刑が行われたそうです。

mari
mari
処刑された新教徒は城壁やバルコニーに吊るされたというので想像しただけでも恐ろしい光景ですね・・・。

処刑された遺体は片付けられることもなくそのまま晒しておく慣例になっていたため、死臭がひどかったそう。

こうして血なまぐさい宗教戦争の舞台となったアンボワーズ城に王宮が戻ることは二度とありませんでした。

美しいお城には、なんとも凄惨で恐ろしい歴史がありました。

サン・テュベール礼拝堂

サン・テュベール礼拝堂サン・テュベール礼拝堂

1493年、アンボワーズ城敷地内にサン・テュベール礼拝堂が建てられました。

フランボワイアン・ゴシック様式の建物で、内部にはレオナルド・ダ・ヴィンチの墓碑があります。

レオナルド・ダ・ヴィンチの墓碑レオナルド・ダ・ヴィンチの墓碑

礼拝堂の美しいステンドグラスにはルイ9世の生涯が描かれているのでぜひ立ち止まってご覧ください。

またフランス式庭園の先駆けとなった幾何学模様の庭園もお見逃しなく!

アンボワーズ城口コミ・評判

高台に位置し、上からはアンボワーズの町が一望できます。敷地内はお城と緑地部分があり、ゆっくり散策することができます。

この敷地内にレオナルドが眠る礼拝堂もあります。城内も居城としての展示があり、フランソワ1世やレオナルドに纏わるものも多く、見ごたえあり。

でも、このお城の一番は、装飾が見事なお城の風貌自体かな。:引用:トリップアドバイザー

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

アンボワーズ城行き方・アクセス

パリから鉄道で行く場合

パリのオステルリッツ駅(Gare d’Austerlitzガール・ドステルリッツ)からアンボワーズ駅(Gare d’Amboiseガール・ダンボワーズ)までTGVで約1時間50分

アンボワーズ駅から徒歩約20分

TGVのチケット購入方法

TGVのチケットは当日、券売機や窓口でも買うことができますが、日本語予約できるサイトもあるので予約しておくのがおすすめ。

TGVのチケットは、90日前から予約できますので予定が立ったらすぐに予約しておきましょう。

フランス国鉄SNCFのTGVとTERの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド TGVはフランス国鉄(SNCF)が運行する高速鉄道。 パリからフランスの地方への旅をするときなど、長距離移動をするときに避...

パリから車で行く場合

ツアーで行くのがおすすめ

ロワールの古城めぐりをするなら、現地ツアーiconを利用して周るのがおすすめ!

なぜなら、電車やバスで行きづらい場所にあるお城が多いから。

レンタカーを借りてめぐる選択肢もありますが、車を借りるのが不安な方は現地ツアーを利用して効率よく周りましょう。

一泊するものから日帰り、食事やガイドさん、ほかの観光もついているものもありますし、バスの送迎のみというのもあるのでスケジュールに合わせて選んでみてください♪

おにちゃん
おにちゃん
留学時代ベルトラのツアーに参加し、2日で8箇所の古城をめぐりました。1人で車を借りて周るのはハードルが高かったので、効率よく見学できてよかったです

ベルトラの現地ツアーiconは出発前に日本語で予約できる上に価格も良心的なので、わたしたちもよく利用しています。

アンボワーズ城の入場料金・営業時間・所要時間

営業時間は季節によって細かく設定されているので事前に公式ページで確認しておくことをおすすめします。

入場料金

  • 大人13.5ユーロ
  • 子供(7〜18歳)9.2ユーロ
  • 7歳未満無料

営業時間

  • 10:00-12:30、14:00-16:30(1月3日~2月4日)
  • 9:00-17:00(2月)
  • 9:00-17:30(3月)
  • 9:00-18:30(4月~6月)
  • 9:00-19:00(7月~8月)
  • 9:00-17:00(9月~10月31日)
  • 9:00-12:30、14:00-16:30(11月2日~11月30日)
  • 9:00-12:30 14:00-16:45(12月1日~12月24日)
  • 9:00-16:45(12月26日~01月02日)

定休日

1月1日、12月25日

所要時間

所要時間は短ければ1~2時間程度で散策するといいと思います。

じっくり散策するなら隣のクロ・リュセ城とあわせて半日以上が理想。

アンボワーズ城まとめ

数あるロワール川古城の中でも屈指の知名度を誇るアンボワーズ城。

歴史に思いを馳せながら、アンボワーズ城の見学をお楽しみください。

アンボワーズ城
住所Montée de l’Emir Abd el Kader, 37400 Amboise 地図
行き方パリのMontparnasseモンパルナス駅からTGVとTERを乗り継ぎ、アンボワーズ駅(Gare d’Amboiseガールアンボワーズ)で下車し、徒歩17分。所要時間は約2時間半。
時間月ごとに異なる
公式サイトに詳細あり
定休1月1日、12月25日
料金13.5ユーロ
7歳未満無料
HPhttps://www.chateau-amboise.com/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる