プロヴァンス・コートダジュール

ニースへ行ってきた!行き方・見どころ徹底ガイド《南仏リゾート》

南仏。なんと魅力的な響きでしょう。パリももちろん素晴らしいのですが、死ぬまでに一度は南仏でバカンスを過ごしてみたいと思う人も多いはず!

ニースの魅力は、なんといってもあの美しい紺碧の海。

夏のヴァカンスシーズンになると、燦々と降り注ぐ太陽の光を求めて、世界中から旅行者が集まってきます。

弧を描いた美しいビーチには、日光浴を楽しむリゾート客で埋め尽くされ、賑わいます。

また冬でも温暖な地中海性気候のニースは、古くから避寒地として発達をしてきました。

夏のニースとはまた違った魅力があり、旅行者も夏に比べると少ないため、ゆったりとした気持ちで観光が楽しめるのも魅力です。

今回は、そんな世界中の人々から愛されるニースの見どころをご紹介していきます!!

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

ニースの観光情報


photo by Yun Huang Yong

地中海に面した南フランスに広がるコート・ダジュールの中心都市といえば、ニース。

「リヴィエラの女王」と称された美しい街です。地中海性気候で1年を通して穏やかなため、夏はリゾート地として、冬は避寒地として世界中から旅行者が訪れます。

コート・ダジュール観光の拠点でもあるため、周辺の街や村へのアクセスも整っていますよ!

おすすめ観光の周り方

ニースといえば、なんといってもあの美しいビーチ!

海に入らなくても、海岸沿いの遊歩道プロムナード・デ・ザングレをぜひ歩いてみましょう。

近隣の観光スポット

ニースから車で約1時間で行ける観光地も沢山あります!

鉄道やレンタカーを使って周るのは大変おすすめです。

  • サン・ポール・ド・ヴァンス
  • カーニュ・シュル・メール
  • ビオット
  • アンティーブ
  • カンヌ
  • エズ
  • マントン
  • モナコ

現地ツアーで周る

ニースの現地ツアーを調べてみました。

 

ベルトラの現地ツアーは出発前に日本語で予約できる上に価格も良心的なので、わたしたちもよく利用しています。

観光の注意点

ニースの治安は比較的良好ですが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事

ニース駅周辺や観光地周辺は注意が必要です!

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

関連記事フランス旅行におすすめのクレジットカードの選び方

おすすめ治安の良い人気エリアでホテルを探す

ニースの気候・ベストシーズン・イベント

ベストシーズンは夏

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

ニースは地中海性気候で一年中温暖な気候であり、一年を通じて気候は安定しています。どの季節も素晴らしいのですが、やっぱり夏がおすすめです。

光に満ちた南仏の太陽を求めて、多くの芸術家がこの地にやってきた理由が分かるはず!

ニースで絶対食べたいおすすめグルメ

ニースといえば、シーフードが有名です。地中海の海産物に恵まれたニースでは、オマール海老やムール貝、あさり、イカ、白身魚など、海の幸が堪能できます。また太陽の恵みを受けた野菜やハーブを使った郷土料理もおすすめです♡

ソッカ(Socca)

ソッカとは、ひよこ豆で作られたガレットのようなローカルフード。

大きな窯で焼き、塩とこしょうで味付けられた素朴な料理です。

ラタトゥイユ(Ratatouille)

日本でもすっかり浸透したニースの伝統料理ラタトゥイユ。

彩りが鮮やかで食欲をそそります。

サラダ・ニソワーズ(Salade Niçoise)

ニースのレストランに必ずといっていいほどメニューに載っているのが、日本でニース風サラダと呼ばれるサラダ・ニソワーズ。

暑い夏には、このさっぱりとしたサラダが最高です!

ピサラディエール(pissaladière)

ピサラディエールとは、甘みが出るまでじっくりと炒められた玉ねぎとアンチョビ、オリーブをのせて焼いたピザのような料理。

冷やしたロゼワインとの相性が抜群です!

パン・バニャ(pain bagnat)

ニースで愛されているサンドイッチといったら、パン・バニャ。

浸したパンという意味で、パンにオリーブオイルや野菜の水分がしみ込まれています。

野菜がたっぷりと入ったサンドイッチで、ニースのパン屋さんに並ぶ定番のサンドイッチです!

トゥルト・ドゥ・ブレット・シュクレ(Tourte de blettes sucrée)

トゥルト・ドゥ・ブレット・シュクレとは、ブレット(フダンソウ)という南仏ではポピュラーな野菜を使ったお菓子のこと。

ほうれん草や小松菜に似た葉野菜で、ほんのり甘味があります。葉の部分を刻んで、りんごや松の実、干しぶどうなどと一緒に甘く煮たものをタルト生地で挟んだニースの伝統的なお菓子です。

ニースで絶対に買いたいおすすめ土産

ニースを訪れたら、やっぱりニースならではのお土産を買って帰りたいですよね!

おすすめのお土産をご紹介していきますので、ぜひショッピングの参考にしてください。

オリーブオイル

ニースといえば、オリーブオイルが有名ですね!ニースの旧市街に有名なオリーブオイルの専門店があります。

1868年創業のアルジアリ(Moulin à Huile d’Olive Nicolas Alziari)は、収穫から製造方法までこだわった最高級のオリーブオイルを作るお店です。すべて手作りのため、生産量に限りがあります。

オリーブオイルは重量が心配になりますが、25ml入りの小さなものもありますよ!

ムーラン・ア・ユイル・ドリーヴ・ニコラ・アルジアリ
住所14 Rue Saint-François de Paule, 06300 Nice 地図
行き方ニース・ヴィル駅からアルジアリまで徒歩約20分
時間9:00-19:00(月-土曜日)
10:00-19:00(日曜日)
定休1月1日、5月1日、12月25日
料金オリーブオイル25ml 1.6ユーロ、オリーブオイル100ml 6.15ユーロ
HPhttp://www.alziari.com.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

砂糖漬けフルーツ&チョコレート

1820年創業の砂糖菓子老舗「メゾン・オエール(Maison Auer)」。

季節の果物を使った砂糖漬けフルーツ(フリュイ・コンフィ)が有名です。

オランジェットやマロングラッセ、パット・ドゥ・フリュイ、チョコレートなどお土産に喜ばれる商品がずらりと並んでいます。

メゾン・オエール
住所7 Rue Saint-François de Paule, 06300 Nice 地図
行き方ニース・ヴィル駅からメゾン・オエールまで徒歩約20分
時間9:30-13:30 14:00-18:00(月-土曜日)
定休日曜日
料金オランジェット 12.90ユーロ、パット・ドゥ・フリュイ 28.90ユーロ
HPhttp://www.maison-auer.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

石鹸・サシェ・アロマグッズ

1802年創業のル・シャトラール1802は、石鹸をはじめ、サシェやアロマキャンドルなどアロマグッズを豊富に取り揃えたお店です。

お値段も手頃なものが多く、ばらまき用や自分用のお土産にピッタリですよ!

ル・シャトラール1802
住所2 Rue du Pont Vieux, 06300 Nice 地図
行き方ニース・ヴィル駅からル・シャトラール1802まで徒歩約25分
時間10:00-19:30
定休
料金ラベンダーの石鹸100g 3.10ユーロ
ラベンダーのサシェ18g+エッセンシャルオイルセット6.3ユーロ
HPhttps://www.le-chatelard-1802.com/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ニースで泊まりたいおすすめホテル

わたしがニースでおすすめしたいホテルは3箇所。

Hyatt Regency Nice Palais de la MéditerranéeHyatt Regency Nice Palais de la Méditerranée

値段ははりますが、やはりビーチのホテルは格別です。口コミが良いのはやっぱりハイアットリージェンシー

人気ホテルはすぐに予約いっぱいになってしまうので、ハイシーズンは早めの予約がマスト!

ビーチから離れるほどリーズナブルなホテルが見つかります。少しコストをおさえたければベスト ウェスタン プラス ホテルニース エクセルシオール サントル ヴィルもおすすめ。


Booking.com

ニースで絶対行くべきおすすめスポット7選

ビーチをはじめ、マルシェや美術館、大聖堂など、ニースには魅力溢れる観光スポットが盛りだくさん!

華やかな高級リゾート地の顔をもちますが、海岸から一歩足を踏み入れると、そこには庶民的な雰囲気の漂う旧市街があります。

活気に溢れた街で、画家たちのゆかりの場所も多く、街をのんびり散策するだけでも楽しめますよ。

ニースのビーチ


photo by Olga Khomitsevich

約7㎞続くニースのビーチ。夏になると溢れんばかりの人で賑わいます。

ビーチは砂浜ではなく、白い小石に覆われています。そのためビーチを歩く際には、裸足ではなくビーチサンダルを用意しましょう。

ビーチには、パブリックビーチ(無料)とプライベートビーチ(有料)があります。

プライベートビーチの場合、タオルやパラソル、デッキチェアなどの貸し出し、更衣室やシャワーも完備されています。

プロムナード・デ・ザングレ(Promenade Des Anglais)


photo by Olga Khomitsevich

3.5㎞にわたって続く「プロムナード・デ・ザングレ(英国人の散歩道)」。

この海岸遊歩道には、ニースを代表する高級ホテルやカジノ、レストランなどが立ち並びます。19世紀にイギリス人在住者の資金によって作られたことから、この名前が付けられました。

遊歩道にはヤシの木が並び、南国ムードを醸し出しています。

プロムナード・デ・ザングレ
住所Promenade Des Anglais 06000 Nice 地図

過去にはテロ事件も・・

2016年7月14日のフランス革命記念日に、このプロムナード・デ・ザングレで残虐なテロ事件が起こりました。

革命記念日を祝う花火を見物する人々のところに、トラックが突入し、86人が死亡。

現在は平穏を取り戻していますが、テロはいつ起こるかわかりません。旅レジに登録して最新の治安情報を手に入れるようにしましょう!

ニースの旧市街


photo by Olga Khomitsevich

ニースはかつてサルディーニャ王国の支配下にあったため、旧市街にはイタリア文化の名残が見られます。

パステルカラーの建物には、お洒落なショップやレストラン、カフェなどが軒を連ね、古き良き街並が広がります。

おにちゃん
おにちゃん
迷路のように入り組んだ路地は、歩いているだけでもワクワクさせてくれます♪


photo by Olga Khomitsevich

ニースの旧市街では食べ歩きも楽しめます。小腹が空いたら、ニース名物のソッカを味わってみてはいかがでしょうか?

また美味しいイタリアン・ジェラートのお店もたくさんありますよ!

また地元の人々の生活を垣間見られるマルシェもおすすめです。オリーブやオリーブオイル、石鹸など、お土産にピッタリの商品も見つかるかもしれません。

マセナ広場(Place Masséna)

ニース観光の拠点となる場所です。

ギャラリー・ラファイエットをはじめ、高級ブランドのブティックなどが立ち並びます。

mari
mari
学生時代初めてニースに来た時はワクワクしてエルメスで一番安いポーチを買いました(笑)
マセナ広場
住所6, rue Dr Jacques Guidoni 06000 Nice 地図

城跡公園(Parc de la Colline du Chateau)

ニースに来たらぜひとも訪れたいのが、小高い丘の上にある城跡公園(キャッスル・ヒル)。

そこからは、「天使の入り江(Baie des Anges)」と呼ばれる美しいビーチとニースの街並が一望できます!


photo by Herry Lawford

城跡公園
住所Rue des Ponchettes 06300 Nice 地図

国立マルク・シャガール美術館(Musée National du Message Biblique Marc Chagall)


photo by Janet McKnight

ロシア出身の画家マルク・シャガールもニースに魅了された芸術家の1人です。

ニースの高級住宅街に佇むシャガール美術館には、200点以上のシャガールの作品が所蔵されています。

なかでも旧約聖書を題材にした「聖書のメッセージ」は、17点の油絵で構成された超大作です!

またシャガールによってデザインされた美しいステンドグラスも必見。


photo by Bill Tyne

国立マルク・シャガール美術館
住所Avenue du Docteur Menard 06000 Nice 地図
行き方ニース・ヴィル駅からマルク・シャガール美術館まで徒歩約15分
時間10:00-18:00(5月1日-10月31日)
10:00-17:00(11月1日-4月30日)
定休火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金大人8ユーロ
26歳以下無料
HPhttps://musees-nationaux-alpesmaritimes.fr/chagall/collection/periode/le-message-biblique

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

マティス美術館(Musée Matisse)


photo by Chris¨^-^
シミエ地区の丘の上には、17世紀に建てられた赤い外観の邸宅があります。

晩年、マティスが過ごした場所で、今ではマティス美術館として一般公開されています。絵画やデッサン、彫刻、そして生前のマティスの愛用品などが展示されています。

マティス美術館
住所164 Avenue Des Arènes De Cimiez 06000 Nice 地図
行き方ニース・サン・ロシュ駅からマティス美術館まで徒歩約26分
時間10:00-18:00(5月2日-10月31日)
10:00-17:00(11月1日-4月30日)
定休火曜日、イースターの日曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金大人10ユーロ
18歳以下無料
HPhttps://www.musee-matisse-nice.org/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ニースにゆかりのある偉人・アーティスト

ニースにゆかりのある偉人・アーティストといえば、マルク・シャガールとアンリ・マティスの2人でしょう。

その他出身者や滞在歴のある著名人を並べてみました。

  • パブロ・ピカソ
  • ピエール・オーギュスト
  • ピエール・ボナール
  • ジャン・コクトー

ニースへの行き方・アクセス


photo by Franck Michel

パリから飛行機で行く場合

パリ・シャルル・ド・ゴール空港またはオルリー空港からニース・コート・ダジュール空港まで約1時間30分。

パリから電車で行く場合

パリのリヨン駅(Gare de Lyon)からTGVでニース・ヴィル駅(Gare de Nice-Ville)まで約5時間40分。

ニースの治安

ニースの治安は比較的良好ですが、フランス旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

特にニース・ヴィル駅周辺や観光地周辺は注意が必要です。

昼間は旅行者で賑わう場所なので、荷物に気をつけていれば特段問題なく観光できますよ。

海外旅行保険は必要

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品保証が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

公式サイトエポスカード

そのほかクレジットカードについては「フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード」の記事で詳しく解説しています。

ニースまとめ

地中海の光に満ちたニースは、リゾート客だけでなく、芸術家からも愛された街です。規模は小さいながらも趣のある場所にあるため、海と芸術を合わせて楽しむことができます。

パリとは全く違った雰囲気で、暖かいリゾート地はフランスの違った一面を見せてくれますよ。

ニースはわたしも大好きな街。ぜひ数日時間をとって訪問されることをおすすめします!

ニース
住所06000 Nice 地図
行き方パリ・シャルル・ド・ゴール空港またはオルリー空港からニース・コート・ダジュール空港まで約1時間30分。
HPhttps://www.explorenicecotedazur.com/
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる