交通機関

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド

 

「パリの交通機関のチケットってどれを選べばいいんだろう?」

パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。

このページでは、どの切符を選べばいいかわからないあなたのために、パリのお得な切符の選び方をまとめてみました。

パリのお得な切符の選び方

パリに3日滞在する場合

パリに3日間滞在する場合、一番のオススメは「Paris Visiteパリ・ヴィジット

パリ・ヴィジットとは
  • 旅行者向けの1~5日券
  • メトロ・RER・バスで使える
  • パリ郊外まで行き来できる

利用する頻度が多ければ、多いほどお得。

ゾーンの広さは「1-3」と「1-5」から好きなほうを選べます。

ゾーン1-3の場合
ゾーン1-3
1日券12ユーロ
(子供6ユーロ)
2日券19.5ユーロ
(子供9.75ユーロ)
3日券26.65ユーロ
(子供13.30ユーロ)
5日券38.35ユーロ
(子供19.15ユーロ)

※ゾーン1-3は、パリ市内、ラ・デファンス、ヴァンセンヌ城など

ゾーン1-5の場合
ゾーン1-5
1日券25.25ユーロ
(子供12.6ユーロ)
2日券38.35ユーロ
(子供料金19.15ユーロ)
3日券3日券53.75ユーロ
(子供料金26.85ユーロ)
5日券5日券65.8ユーロ
(子供料金32.9ユーロ)

※ゾーン1-5は、パリ市内、ラ・デ・フランス、ヴァンセンヌ城、ディズニーランド・パリ、ヴェルサイユ宮殿、シャルル・ド・ゴール空港、オルリー空港など

パリ市内(ゾーン1-2)の範囲内だけを観光するなら、1日乗車券のMobilisモビリスのほうが若干安くなります。

パリに1週間滞在する場合

1週間の滞在の場合も、おすすめはやはり「Paris Visiteパリ・ヴィジット

交通系ICカードのNavigoナヴィゴ」という選択肢もありますが、短期滞在者にとってはデメリットが目立ちます。

Navigoのデメリット

  • 券売機で買えない(窓口購入)
  • 証明写真が必要(縦3cm×横2.5cm)
  • 有効期間が月曜日~日曜日まで
  • 購入期間が有効期間の前週金曜日~当週木曜日まで
  • 5ユーロのデポジットが必要

パリに1週間ほど滞在する場合は、郊外まで行ける「Paris Visiteパリ・ヴィジット」とパリ市内の1日乗車券「Mobilisモビリス」を使って観光するのがおすすめです。

パリに長期滞在する場合

1ヶ月以上の長期滞在をする場合やフランスに何度も訪れる場合は、交通系ICカードのNavigoナヴィゴ」が便利。

有効期間1日
ゾーン料金
ゾーン1-2, 2-3, 3-4, 4-57.5ユーロ
ゾーン1-3, 2-4, 3-510ユーロ
ゾーン1-4, 2-512.4ユーロ
ゾーン1-517.8ユーロ
有効期間1週間
ゾーン料金
ゾーン1-522.8ユーロ
ゾーン2-320.85ユーロ
ゾーン3-420.20ユーロ
ゾーン4-519.85ユーロ
有効期間1ヶ月
ゾーン料金
ゾーン1-575.20ユーロ
ゾーン2-368.60ユーロ
ゾーン3-466.80ユーロ
ゾーン4-565.20ユーロ

パリのお得な切符の選び方まとめ

短期滞在のパリをお得に旅行するなら

  • パリ市内だけなら1日乗車券のモビリス
  • 郊外まで行くなら1~5日券のパリヴィジット

がおすすめ!

1日の移動回数が少ないなら、Ticket t+(1回券)を使って上手に観光しましょう。

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる