新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

交通機関

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方

 

おにちゃん
おにちゃん
パリの交通機関のチケットってどれを買えばいいんだろう?

パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。

このページでは、どの切符を選べばいいかわからないあなたのために、パリのお得な切符の選び方をまとめてみました。

パリの交通機関の乗り方や料金については、それぞれ別のページで詳しく紹介しています。

↓タップすると別ページにジャンプします

パリのお得な切符を選ぶ前に知っておきたいこと

パリ市内の場合

パリの交通機関で使う切符はメトロもRERもバスもすべて共通

基本的にはTicket t+ティケ プリュスと呼ばれる切符1枚でパリ市内の交通機関に1回乗れます

Ticket t+(ティケプリュス)この切符がTicket t+(ティケプリュス)
Ticket t+が使える乗り物
  • メトロ(全線全区間)
  • パリ市内バス
  • パリ市内トラム
  • RER(ゾーン1~2)
ZONEゾーンとはパリ交通機関で利用されるエリア区分のこと。パリを中心に円形にゾーンが設定されており、パリ市内はゾーン1~2に位置しています。

Ticket t+には乗り物ごとに有効時間が決められていて、有効時間内であれば何度でも乗り換えができるのが大きな特徴。

乗り換え有効時間
メトロ→メトロ2時間以内有効
メトロ→RER
RER→RER
バス→バス1時間半以内有効
バス→トラム
トラム→トラム

パリ市内であれば、1つの目的地に行くためにメトロを何回乗り換えても、途中でRERに乗り換えても、1枚の切符で一律の料金で移動できます。

一度改札を出ると切符は無効になります。乗り換えの場合は改札を出ずに「Correspondance(乗り換え)」の案内標識に従って進んでください。

パリ郊外の場合

RERなどでパリ市内から郊外に出る場合は、日本と同じように到着駅までの切符を購入する必要があります。

パリ市内の改札内はTicket t+のチケットで入れてしまうので、郊外に行くときに切符を買い忘れることがないよう十分に気を付けてください。

車内ではたびたび検札がおこなわれており、切符の不所持が見つかるとその場で罰金です。(支払いは現金かクレジットカード)

パリのお得な切符の種類

冒頭でも言ったように、パリ市内・郊外の交通機関には日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。

まずはカンタンに4つのお得な切符の種類を紹介します。

Ticket t+ Carnet ティケプリュス カルネ

Ticket t+(ティケプリュス)Ticket t+(ティケプリュス)

Ticket t+が10枚つづりになっているお得なセットを「Ticket t+ Carnetティケ プリュス カルネ」と呼びます。

切符の内容や使い方は通常のTicket t+と同じ。

1枚ずつの値段で買うか、10枚セットでお得に買うかの違いです。

料金
Ticket t+ 1枚1.9ユーロ
Ticket t+ Carnetカルネ
(10枚つづり)
14.9ユーロ

Mobilis モビリス

モビリスmobilisMobilis モビリス

モビリスはパリ市内と郊外の1日乗車券。

パリ市内を観光するならモビリスがとっても便利です。

1日あたりTicket t+を6枚以上使うなら、Ticket t+の10枚つづりカルネを買うよりもモビリスのほうがお得です。

モビリスの特徴
  • 1日乗車券(乗り放題)
  • メトロ・RER・バスで使える
  • 購入時に選択したゾーン内を自由に行き来できる

モビリスは1日乗車券なので、2日目・3日目の予定に左右されずに使えます。

おにちゃん
おにちゃん
丸1日パリを観光するなど、1日で何度も電車やバスに乗る日に使うのがおすすめ!

料金は選ぶゾーンによって変わります。

ゾーン1-2を選べばパリ市内のみが1日乗り放題に。

モビリスの料金
ゾーン料金
ゾーン1-2
(パリ市内)
7.50ユーロ
ゾーン2-3, 2-4, 3-4, 4-5
ゾーン1-3, 2-4, 3-510.00ユーロ
ゾーン1-4, 2-512.40ユーロ
ゾーン1-517.80ユーロ

最新情報は公式サイトをご確認ください。

モビリスの購入方法・使い方については「Mobilis(モビリス)の買い方・使い方ガイド」で詳しく解説しています。

Paris Visite パリ・ヴィジット

パリヴィジットはパリ市内と郊外の1~5日券。

パリビジットの特徴
  • 旅行者向けの1~5日券
  • メトロ・RER・バスで使える
  • パリ郊外まで行き来できる

ゾーンの広さは「1-3」と「1-5」から好きなほうを選べますが、正直1-3で行ける有名な観光スポットは少なめ。

ディズニーランドやヴェルサイユ宮殿に足をのばすなら「ゾーン1-5」一択です。

現地ツアーを申し込んでいる場合はツアー料金に交通費が含まれている場合もあるので、よく確認してから購入しましょう。

パリビジットの料金

ゾーン1-3の場合

ゾーン1-3は、パリ市内、ラ・デファンス、ヴァンセンヌ城を含む範囲です。

ゾーン1-3(おとな)
1日券12.00ユーロ
2日券19.50ユーロ
3日券26.65ユーロ
5日券38.35ユーロ
ゾーン1-3(子ども)
1日券6ユーロ
2日券9.75ユーロ
3日券13.30ユーロ
5日券19.15ユーロ

ゾーン1-5の場合

ゾーン1-5は、パリ市内、ラ・デファンス、ヴァンセンヌ城、ディズニーランド・パリ、ヴェルサイユ宮殿、シャルル・ド・ゴール空港、オルリー空港を含む範囲です。

ゾーン1-5(おとな)
1日券25.25ユーロ
2日券38.35ユーロ
3日券53.75ユーロ
5日券65.80ユーロ
ゾーン1-5(子ども)
1日券12.60ユーロ
2日券19.15ユーロ
3日券26.85ユーロ
5日券32.90ユーロ

パリヴィジットの購入方法・使い方については「Paris Visite(パリ・ヴィジット)の買い方・使い方ガイド」で詳しく解説しています。

Navigo ナヴィゴ

Navigo ナヴィゴNavigo ナヴィゴ

Navigoナヴィゴはパリの交通ICカード。長期滞在者向け。

日本と同じようにタッチするだけでメトロやRER、バスに乗れます。

日本と違って都度チャージするのではなく、有効期間とゾーンを選んで一定金額をチャージすると、期間中に電車やバスが乗り放題になります。

ただし、短期滞在者にとってはデメリットが目立つため、通常の観光ではほとんど使われないかも…?

Navigoのデメリット

  • 券売機で買えない(窓口購入)
  • 証明写真が必要(縦3cm×横2.5cm)
  • 有効期間が月曜日~日曜日まで
  • 購入期間が有効期間の前週金曜日~当週木曜日まで
  • 5ユーロのデポジットが必要
Navigoの料金
有効期間1日
ゾーン料金
ゾーン1-2, 2-3, 3-4, 4-57.50ユーロ
ゾーン1-3, 2-4, 3-510.00ユーロ
ゾーン1-4, 2-512.40ユーロ
ゾーン1-517.80ユーロ
有効期間1週間
ゾーン料金
ゾーン1-522.8ユーロ
ゾーン2-320.85ユーロ
ゾーン3-420.20ユーロ
ゾーン4-519.85ユーロ
有効期間1ヶ月
ゾーン料金
ゾーン1-575.20ユーロ
ゾーン2-368.60ユーロ
ゾーン3-466.80ユーロ
ゾーン4-565.20ユーロ

ナビゴの購入方法・使い方については「Navigo(ナヴィゴ)の買い方・使い方ガイド」で詳しく解説しています。

パリのお得な切符の選び方

さて、ここからはいよいよ選び方の話です。

日本なら単純に料金だけで比較して安いチケットを購入しますが、フランスの場合少し勝手が違います。

実際に買ってみて分かったデメリットも含めて説明していきますね。

パリに短期滞在するなら使い分けが重要

パリに短期滞在する場合は旅行プランに合わせて使い分けるのがおすすめ!

  • たくさん乗り物に乗るならパリヴィジットモビリス
  • 移動が少ない場合はTicket t+(10枚つづりのカルネが安い)

さらに

  • パリ市内だけでなく郊外にも行くならパリヴィジット
  • パリ市内だけならモビリス

という選び方を推奨します。

ただし、郊外に行く場合のチケットは必ずしもパリヴィジットが最安ではないので注意。

とはいえ、パリヴィジットがあれば、毎日何度も券売機でチケットを購入する手間が省けるので、手間や時間ロスをなくすという意味では便利なチケットと言えるでしょう。(実際にパリヴィジットを使ってみて気になったデメリットは後ほど述べてます

モビリスとパリヴィジットの料金比較

試しにモビリスとパリヴィジットの3日券の料金を比べてみました。

モビリスパリビジット
ゾーン1-2
(パリ市内)
22.50ユーロ
ゾーン1-330.00ユーロ26.65ユーロ
ゾーン1-553.40ユーロ53.75ユーロ

※モビリスは1日乗車券なので3日分=3枚購入した場合の金額です

表を見てみると、パリ市内だけの移動ならモビリスがお得なことがわかります。

郊外のゾーンに関しては「行先の場所と旅行プランによる」としか言えないです。一言で最適な回答をするのは難しい…!

利用する頻度が少ない日はTicket t+で十分

モビリスとパリヴィジットは利用する頻度が多ければ多いほどお得に使えるチケットです。

しかし、あまりたくさん移動しない日は乗り放題券を買わずにTicket t+で十分

モビリスかTicket t+か悩んだら移動の回数で選ぼう

1日あたりTicket t+を6枚以上使う日なら、Ticket t+の10枚つづりカルネを買うよりもモビリスのほうがお得です。

なので、モビリスを買うかTicket t+を買うか迷った場合は移動の回数を基準に選びましょう。

乗り換えの回数は含めず、「1日で何回移動するか」数えてみてください。

使い勝手が良いのはモビリス

旅行中、毎日電車やバスでたくさん移動する日ばかりとは限らないですよね。

移動が少ない日にTicket t+で移動することを考えると、1~5日券のパリヴィジットよりも1日乗車券のモビリスのほうが使い勝手がよいです◎

また、計画を立てず自由気ままに旅行する人にも、モビリスかTicket t+(10枚つづりのカルネ)がおすすめ。

1ヶ月以上長期滞在する場合はNavigoが便利

発行までにやや手間がかかるのが面倒ですが、長期滞在するならナビゴがおすすめです。

おにちゃん
おにちゃん
わたしも留学中は学生用のNavigoを使ってました

Navigoの購入方法については「Navigo(ナヴィゴ)の買い方ガイド」で詳しく解説しています。

実際に使用してみた感想・デメリット

mari
mari
パリに8日間滞在した際に使ってきました!

1日目に1日乗車券のモビリスを、2日目にパリヴィジットの5日券を購入。

こんな感じで使いました
1日目モビリスを使用
2日目パリヴィジット5日券を使用
3日目
4日目
5日目
6日目
7日目Ticket t+を使用
8日目Ticket t+を使用

磁気の弱化による不具合と対応の悪さが気になった

実際に購入したパリヴィジットの5日券に大きなデメリットがひとつ。

3日目に磁気が弱くなり、改札がうまく通れなくなりました。

駅の係員に相談するも、5人連続断られる有様。4日目は毎回手動でドアをこじ開けたり(無人の改札が結構多い)、駅員がいる場合は声をかけてドアを開けてもらう等とても面倒でした。

現地在住者と一緒にフランス語で声をかけると、専用の機械に通して対応してくれましたが、旅行者にはとても冷たいので長期のチケットを買うには注意が必要だと感じました。

おにちゃん
おにちゃん
対応は“人による”としか言えないかも。いい人に当たったらラッキー!日本みたいなサービスは期待できません

パリビジットは現地ツアーの日程にも注意

中日に丸1日モンサンミッシェルに行った日など、パリヴィジットを使いこなせない日があってもったいなかったです。

次回は活動的な日はモビリスを買って、あとは10枚つづりのTicket t+のカルネを組み合わせて使おうと思います!

パリのお得な切符の選び方まとめ

短期滞在のパリをお得に旅行するなら

  • パリ市内だけなら1日乗車券のモビリス
  • 郊外まで行くなら1~5日券のパリヴィジット

がおすすめ!

1日の移動回数が少ないなら、Ticket t+(1回券)を使って上手に観光しましょう。

交通機関の乗り方や切符の種類についてはそれぞれ別のページで紹介しています。

治安や注意点も詳しく解説しているのでぜひ読んでみてくださいね!

 

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる