交通機関

パリの交通系ICカード「Navigo Easy ナヴィゴ・イージー」の買い方・使い方ガイド

 

パリで地下鉄(メトロ)やバスなどの公共交通機関を利用するなら、交通ICカードの「Navigo Easyナヴィゴ イージー 」の利用がとっても便利!

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)

ナヴィゴイージーとは、簡単に言うと日本のSuicaのような、チャージ式交通ICカードのようなもの。

“Navigo”というと、以前は中・長期滞在者向けの定期券ICカードで、旅行者には使いづらいイメージでしたが、現在は従来のNavigoのほかに今回紹介するNavigo Easyが存在します。→ 従来のNavigoについてはこちらの記事で解説

ナヴィゴイージーは短期滞在者にも使いやすい内容になっています。

mari
mari
待望のナヴィゴ・イージー登場…。嬉しすぎる!!

このページでは、交通ICカードのナヴィゴ・イージーの購入方法・使い方・注意点について解説していきます。

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)はチャージ式の交通ICカード

Navigo Easyナヴィゴ イージーは公共交通機関の紙切符を廃止するために、2019年にパリで導入されたチャージ式のICカード乗車券です。

従来のNavigoとは別物

従来のNavigoは一定期間乗り放題のカードですが、Navigo Easyは紙の切符を買う代わりに同等の料金をチャージするカードなので、乗り放題のサービスではありません。

改札での使い方と名前は似ていますが、似て非なるものと思っていたほうがいいかも。

従来のNavigoと違って購入後すぐに使い始められるので、旅行者におすすめです。

中身は紙切符と同じ

ナヴィゴイージーには、t+1回券をはじめ、10枚綴りの回数券やロワシーバス(シャルル・ド・ゴール空港)乗車券などがチャージできます。

紙切符と同様に、パリ市内だけでなくパリ郊外も利用可能

現在はこれまで通り紙切符も購入可能ですが、紙切符は数年のうちに廃止される予定です。

切符の管理が苦手な人におすすめ

「価格や仕組みが変わらないなら、複数人でシェアできる紙切符のほうがお得では?」と感じるかもしれませんが、万が一移動中に切符をなくしてしまったタイミングで検札に出会ってしまったら即罰金です。

移動中に小さな紙切符をなくしてしまうのが怖い人や、10枚綴りで購入した未使用の切符を管理するのが苦手な人にはかなり便利なアイテムかなと思います。

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)の購入方法

購入方法・必要なもの

駅の窓口でカード代2ユーロを払えば、フランス在住者はもちろん、観光客も利用することができます。

従来のナヴィゴと違い、証明写真や記名の必要はありません。

カードの購入の際にはチャージも可能。

購入する際の注意点

注意点は3つあります。

  • 乗り放題にはならない
  • 複数人でシェアできない
  • 有効期限は10年

従来のナヴィゴは一定期間(1週間、1ヶ月間など)乗り放題になるのに対し、ナヴィゴ・イージーはあくまでもチャージ式の切符の役割なので乗り放題にはなりません。

ただし、1日乗り放題になるNavigo Jourナヴィゴ ジュールは、ナヴィゴ・イージーでチャージすることができるので、1日乗り放題券のチャージを検討するのもアリ。

紙切符の場合、10枚綴りを購入して複数人でシェアすることもできましたが、ナヴィゴイージーの場合はシェアできないのがデメリット。

料金

  • カード代 2ユード
  • t+10枚綴りの乗車券 14.9ユーロ

初回カード発行時にチャージを頼むと、合計金額は16.9ユーロになります。

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)の使い方

電車・バスに乗るとき

ナヴィゴ・イージーの使い方は、Suicaなどの日本の交通ICカードと同じです。

地下鉄(メトロ)やRERの改札では、紫色の部分にタッチして通るだけ。

バスの場合も同様で、乗車口付近に紫色の部分がありますので、タッチしてから中へ進みます。

RERの無人駅などでは、駅ホームに紫色のタッチ部分が設置されているので、必ずタッチをしてから乗車しましょう。

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)の残数の確認方法

ナヴィゴ・イージーの残数表示ナヴィゴ・イージーの残数表示

ナヴィゴ・イージーは、メトロやバスに乗るごとに1回分が引かれていきます。

メトロ改札の読み取り部分(紫色の部分)にかざすと、すぐ隣の表示パネルに残りの回数が表示されます。

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)のチャージ方法

パリの自動券売機パリの自動券売機

Navigoと書いてある自動券売機でナヴィゴ・イージーのチャージができます。

  • STEP1
    券売機の画面で言語を選択
  • STEP2
    紫色の部分にNavigo Easyを置く
  • STEP3
    チケットの種類を選択
    t+1回券・t+10枚綴りの乗車券・ナヴィゴ・ジュールなど
  • STEP4
    金額画面を確認し、確認ボタンをタッチ
  • STEP5
    支払をしてチャージ完了

駅の券売機では紙幣が使えないこともあるので、クレジットカードを複数枚持っておくのがおすすめです。

クレジットカードについては「フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード」の記事で詳しく解説しています。

パリの街をもっと楽しむ

トロカデロ広場から眺めたエッフェル塔トロカデロ広場から眺めたエッフェル塔

パリは東京の山手線と同じくらいの広さ。

メトロやバスを使えば1日でかなりの場所をまわれますし、徒歩で散策できるスポットも沢山あります。

ラデュレのイスパハンラデュレのイスパハン

パリでお気に入りの過ごし方は美術館をはしごしながら、素敵なカフェで休憩をとったりスーパーでお土産を物色すること♡

このブログでは、パリで絶対行くべき人気観光スポットフランス旅行の人気定番お土産などパリをもっと楽しむためのコツが書かれた記事を沢山紹介しています。

ぜひこの記事を参考に旅行の計画を立て楽しんでくださいね!

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方

ツアーガイドや旅慣れた人が購入するのはやはり地球の歩き方。

全579ページはもはやガイドブックというより教科書レベル。

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

パリ版はこちら

地球の歩き方が苦手な人におすすめしたいのは、写真が多めで読みやすい雑誌タイプのガイドブック。(るるぶトリコガイドなど)

30日間無料で体験できるKindleUnlimitedで読めるものも多いので、サラッと立ち読みして好みのガイドブックを見つけるのも◎

フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめは地球の歩き方旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ネッ...

またアートや文学好きの人のために「ガイドブック以外のフランス旅行をさらに楽しむためのおすすめ書籍」も作成しました。ぜひご覧ください!

シティパスを活用する

わたしは美術館好きなので、ヨーロッパのある程度の都市に行くと必ずシティパスがないか確認します。

限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

毎回チケットを買って旅行を楽しんでいます。

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの主要な美術館や歴史的建造物など50ヶ所以上の施設に入場できる共通パスポート。日本で事前に購入も可能。

購入方法や使い方について詳しく解説した「パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について」は大変人気の記事です。

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

フランスの偉人・芸術家ゆかりの地をめぐる

自分がフランスに行くとき、こんな記事があったらいいな…を形にしました。

大好きなゴッホ、ルノアール、モネを出発点に、パリを中心としたゆかりの地スポットをまとめています。

クロード・モネゆかりの地7選!フランス・パリを巡る旅パリ在住のアートファンがフランス画家クロードモネの人生や代表作を振り返りながらゆかりの地をまとめました。専門的な記事ではなく、アート初心者へ楽しみながら旅してもらうためのしおりとして使っていただけると嬉しいです。...
約50名の偉人を掲載

現地ツアーに参加する

パリは治安面に不安はあるものの、個人旅行で問題なく観光できます。

わたしも大抵の場合は個人で滞在しますが、ガイド付きで周った時の経験は忘れられません

 

自分では知らなかった観光スポットや豆知識など楽しいお話がたくさん聞けて、より有意義な時間を過ごすことができました。

思い出を写真に残せるフォトツアーも大変おすすめです。

トロカデロのフォトスポット photo by manamiトロカデロのフォトスポット
公式サイトをチェック

GetYourguideで
フォトツアーを探す

Navigo Easy(ナヴィゴ・イージー)まとめ

ナヴィゴ・イージーは、短期滞在の旅行者にとても便利なカードです。

簡単に購入ができ、すぐに使い始めることができるので旅行者にもおすすめ。

移動中に切符をなくしてしまうのが怖い人や、10枚綴りで購入した未使用の切符を管理するのが苦手な人にはかなり便利なアイテムかなと思います。

現在は紙切符も従来どおりに購入可能ですが、数年のうちに廃止される予定とのことなので、早めにナヴィゴイージーに慣れておきましょう。

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる