デパート(百貨店)

ギャラリー・ラファイエット完全攻略!欧州最大規模の老舗デパートでお買い物

パリでのお買い物といえば「ギャラリー・ラファイエット」

ラファイエットはパリで最も有名な老舗デパート!デパート自体がすごくきれいな建物なのでショッピングの予定がなくてもブラブラして楽しめ、もはや観光地となっていますね。

mari
mari
ラファイエットの屋上からパリの街を眺めるのが超おすすめ!

免税手続きカウンターには、日本語対応可能な日本人スタッフもいるので困りごとがあったら相談できるのも心強いです。

今回は、ヨーロッパ最大規模と謳われるデパート「ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店 」の魅力をご紹介します!

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


ギャラリー・ラファイエット基本情報

ギャラリー・ラファイエット外観ギャラリー・ラファイエット外観

ギャラリー・ライファイエットは、流行品を扱う70㎡ほどの婦人小物店として1893年に開業しました。

店の建つ通りの名前と、横に長い店内のレイアウトから、「Aux Galeries Lafayette(ラファイエットにあるギャラリー式の店)」と呼ばれるようになったそうです。

立地の良さもあり、お店は大繁盛!

次々と土地を広げ、建物自体も増改築をくり返し、現在では本館・メゾン&グルメ館・紳士館の3つの建物で構成されています。

本館のネオ・ビザンチン様式のクーポールは、ここがデパートだということを忘れてしまうくらい素敵な空間♪

屋上のテラスからは、パリの街並みを見下ろすこともできますよ。

今回ご紹介しているのは、パリの本店ですが他にもモンパルナスやニースなど支店がいくつかあります。

おにちゃん
おにちゃん
ちなみにスーパーのMONOPRIXもラファイエット系列!

ギャラリー・ラファイエットの行き方・アクセス


ギャラリー・ラファイエットは、オペラ地区とに呼ばれるパリ9区にあります。

mari
mari
メトロやRER、バスなどで簡単にアクセスできる好立地♪

メトロで行く

近くにはメトロの駅が3つあるので、アクセスしやすいです!

7号線・9号線 Chaussée d’Antin La Fayette(ショセ・ダンタン・ラ・ファイエット)駅
3つの駅の中でも一番近いです。というか、直結しているのでとても便利♪

デパートが営業している時間帯は、にぎやかな駅です。

12号線 Trinité – d’Estienne d’Orves(トゥリニテ – デティエンヌ・ドゥルブ)駅
サントトリニテ教会の近くにある駅です。

ギャラリー・ラファイエットまでは、徒歩5分程。

教会からのびる道をまっすぐ歩くと着きます。途中にはたくさんお店があるので楽しい雰囲気♪

3号線・7号線・8号線 Opéra(オペラ)駅
オペラ・ガルニエの前にある駅です。

ギャラリー・ラファイエットまでは、徒歩3分ほど。途中にはZARAやアップルストアがあります。

RERで行く

最寄り駅は、A線Auber(オベール)駅と、E線Haussmann – Saint-Lazare(オスマン – サン・ラザール)駅です。

A線Auber(オベール)駅

ちょっと細い道にある駅ですが、小道を抜けるとすぐにギャラリー・ラファイエットが見えます。徒歩3分ほど。

駅から出て、ユニクロがある方に歩いていけば間違いナシです!

E線Haussmann – Saint-Lazare(オスマン – サン・ラザール)

駅からギャラリー・ラファイエットまでは徒歩6分ほど。

RER・メトロの中で一番遠くにある駅ですが、途中にモノプリがあります!モノプリでもショッピングしたい方にはおすすめですよ♪

バスで行く

68・81番 Haussmann – Mogador(オスマン-モガドール)下車
◆42・68番 Chaussée d’Antin(ショセ・ダンタン)下車
◆20・21・22・27・29・53・66・81・95番 Auber(オベール)下車

オペラ座付近やギャラリー・ラファイエットの近くはスリや署名詐欺などの手口で観光客を狙っている人をよく見かけました。

できるだけ危険を避けるために、メトロの7号線・9号線「Chaussée d’Antin La Fayette」から行くのがおすすめですよ。

ギャラリー・ラファイエットの営業時間

本館、紳士館、メゾン館の営業時間

月曜日~土曜日 9:30 ~20:30
日曜日 11 :00 ~20 :00

グルメの営業時間

月曜日~土曜日 8:30 ~21:30
日曜日 11 :00 ~20 :00

定休日

年中無休

ギャラリー・ラファイエット「クーポン・お得」情報

2019年12月31日までJCBカードのキャンペーンをやっています。
>>>ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン×JCBキャンペーン

お買い物をするとオリジナルバッグのプレゼントもあるのでぜひチェックしてみてください。

【1】EUR50以上ご利用の方に、本館地上階「インフォメーションデスク」で、オリジナルショッピングバッグを進呈。

【2】EUR175以上ご利用の方に、本館フランス式1階「ル・コンシェルジュ」で、レクソン・ミニスピーカーを進呈。

【3】EUR1,000以上ご利用の方に、本館フランス式1階「ル・コンシェルジュ」で、ロンシャン バッグ「ル・プリアージュ」を進呈。

※優待クーポンとJCBカードご利用控え(レシート)の提示必須。ご利用当日のレシートのみ有効。優待クーポン1枚につきおひとり様プレゼント1点限り。ルイ・ヴィトン、飲食、サービス料、メゾン&グルメ館内のグルメフロアの商品は除く。

mari
mari
パリは年中クレジットカードのキャンペーンをやってるのでお得情報を見逃さないようにしてくださいね!

ギャラリー・ラファイエットは本館・メゾン&グルメ館・紳士館・の3つ建物にわかれている!

ヨーロッパ最大規模のデパートというくらいなので、かなり大きいお店。

全部見て回ると大変なことに…!

狙っているものがどの建物のどこのフロアにあるのか下調べが重要です!

フロアを整理するためにも、なんちゃってフロアマップをつくってみました。

パリ、ギャラリー・ラファイエットの館内
※建物が建っている位置関係は、図と全く同じではありません。あくまでもわかりやすいように大体のイメージでフロアごとに並べています!

レディース・子ども服・お土産は「本館」


本館は、一番大きな建物で丸い天井(クーポール)が美しいことで有名。

ほとんどが、レディースもののアイテムで構成されています。

地下1階の靴売り場では、シャルテル・パリなど有名ブランドが充実。スニーカー専門のエリアもありますよ!

地上階とは、日本でいう「1階」。コスメを中心にメイクアップ用品や香水、ネイルなど有名ブランドの新作をいち早くゲットしちゃいましょう♡


photo by Marilane Borges
2~5階は、ファッションアイテムが中心。モードを取り入れたプレタポルテからカジュアル、スポーツなどいろんなジャンルのものがそろっています。

5階の子ども服売り場にはプチバトーやボンポワン、リリ・ゴーフレット、ジャカディなど、贈答用にピッタリのかわいい子ども服ブランドが揃っています。

プレゼントのために買いたいというと親身に相談に乗ってもらえますよ(^^)

6階は、ベタなお土産がたくさん!(笑)エッフェル塔や凱旋門のグッズも。

おにちゃん
おにちゃん
「観光スポットでお土産を買い忘れた~!」という方に便利かも!?

屋上テラスは、オペラ座やルーブル美術館、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂などパリの観光名所を見下ろすことができる穴場スポット!テラスで日光浴を楽しむのも最高です。

mari
mari
エッフェル塔に比べて低い位置にあるので、パリの街がとても近く感じます。特に目の前のオペラ座の迫力はすごい!

おいしいものが勢ぞろい♡「メゾン&グルメ館」


photo by Edsel Little
メゾン&グルメ館という名の通りインテリアやおいしいものがたくさん♡

特に地下1階~1階までの3フロアは、フランスの特産品や高級食材が集まっています!

熟成された希少なチーズ、ハム・ソーセージ類や、世界各国から集められた2,500種類以上のワインを購入できます♪

想像しただけでおいしいです!!(笑)

ワイン売り場は1階にあり、ボルドーワイン専門のセラーも。フランスの思い出に特別な1本を持ち帰るのにぴったりですね!

フランスらしいインテリアやテーブルウェアもかわいいものばかりなので、自分のお土産にするのも良いかもしれません♡

パリジャンになれる!?紳士館

ここで買い物すれば、上から下まですっかり素敵な紳士に変身できそう!

と、思うくらいそうそうたるメンズブランドがそろっています。

デザイナースーツなどフォーマルなものもたくさんありますが、デニム製品も充実。

ウオッシュ加工やカラー、履き心地などにこだわって自分にぴったりのデニムを探すのも楽しそう!

ギャラリー・ラファイエットは日本語対応スタッフがいて安心!

本館地上階の免税手続きカウンターと、紳士館地上階にある観光案内所には、日本語が話せるスタッフが常駐。

わたしが訪れたときは、免税手続きカウンター(ジャパニーズ・カスタマー・サービス)は本館の地下1階でしたが、2017年の改装によって本館の地上階に移動したとのことです。免税を受ける場合は、本館地上階へ!

おにちゃん
おにちゃん
免税書類の書き方はもちろん、困りごとがあったら相談できますよ!

175ユーロ以上の買い物で免税!12%還付されるので要チェック

ギャラリー・ラファイエットの公式サイトによると、、

– EU圏外に居住し、16歳以上であること。
– パスポートとレシートの原本を所有していること。
– 商品購入当日に免税書類作成を行うこと。
– 同一店で同日に、175 € 以上のお買い物をされた場合に12%還付されます(サービス、グルメ、galerieslafayette.comを除く)。
– 一部のブランド* でのお買い上げは別立ての免税となり、当店の他の商品のお買い上げとの合算はできません。* Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)
– ヨーロッパの滞在期間が6ヶ月未満であること。
– お買い上げ品のEU圏外への持ち出し期限: 3ヶ月。

(ギャラリー・ラファイエット公式サイトより)

この条件を満たしていると12%分お金が還付されるので、覚えておくと便利です!

175ユーロ以上買い物をしたら、その日中に免税カウンターでレシートとパスポート原本を提出しましょう。

税金還付の方法を選んだ後は、免税カウンターのスタッフが免税書類を作成してくれるので受け取れば店内での手続きは完了です。

ギャラリー・ラファイエットのカフェやレストランが充実!

ギャラリーラファイエットの中には、カフェやレストランもたくさん!

ちょっと変わったアジアンなお店もあります。

おにちゃん
おにちゃん
気軽に入れるカフェやスタバなどなじみのある店もあるので、ちょっとした休憩やお茶にもぴったりです。

本館にある「ラファイエット・カフェ」は、素敵な景色を眺めながら、サンドイッチやベーグル、スイーツなどを楽しめます。

セルフサービス式だったので、言語に自信がなかったのですが何とかなりました(笑)

場所本館6階
営業時間テイクアウトの営業時間:9時30分〜19時30分
カフェテリアの営業時間:11時〜18時
料金カプチーノ3.8ユーロ、キッシュ4.9ユーロなど

ギャラリー・ラファイエットまとめ

デパートなので、高級なお店が多いですがブラブラするだけでも雰囲気を味わえます♡

特に本館のネオ・ビザンチン様式のクーポールはとってもきれいなので、ぜひ立ち寄ってみてください!

ギャラリー・ラファイエットのクリスマスツリー

クリスマスの季節になると、ツリーが登場してより一層見ごたえが増します。お買い物スポットとしても、観光スポットとしても大満足の場所ですよ!

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる