MENU

旅行の持ち物・必需品

フランスのコンセントはC・SEタイプ|変換プラグと電圧の違い《ダイソーで購入可》

フランスのコンセント・プラグはC・SE(F)タイプ!100均でも購入可能《変換・変圧》
この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたねるのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ボンジュー!フランスボックスのマリ(@mari_ohayotourism)です。

フランスでは、日本のコンセントプラグをそのまま使用することはできません。

なぜなら、フランスのものと日本のものでは形状が違うから。

フランスのコンセントタイプはCタイプSEタイプです。

主流なのはCタイプ。

C型のプラグはこんな形

日本のコンセントプラグをCタイプに変換するプラグは100円ショップのダイソーでも購入可能ですが、安価で購入できる変換プラグは使い勝手がイマイチなのであまりおすすめできません

このページでは

  • フランスのコンセント事情
  • おすすめの変換プラグ
  • フランスで日本の電化製品を使用する方法
  • 旅先で変圧器は必要か

世界一周経験者のわたしが詳しくご紹介したいと思います。

おすすめ

変換プラグを新調するなら
USB付きのマルチ型がおすすめ

USBが使えるだけでなく
1台で複数の充電が同時に行えるので

快適すぎてもう手放せません

プラグ以外の持ち物については「フランスに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ながら準備をどうぞ!

フランスのコンセントの形状はC・SEタイプ

日本のコンセントプラグは平行で四角く、長方形状のAタイプ。

対してフランスのプラグは、丸ピンが平行で2本のCタイプSEタイプなので、旅先で日本の電化製品を使いたい場合は変換プラグが必要です。

C型のプラグ
パリのホテルのコンセントパリのホテルのコンセント

Cタイプはヨーロッパで広く使用されているプラ​​グで、イギリス・アイルランド・マルタ・キプロスを除いた国で利用できます。

SEタイプはCタイプと似ていますが、プラグ部分がより太く安定性が高いことから、冷蔵庫など電力消費が激しい電化製品によく使用されています。

SEタイプはドイツで設計されたため、ドイツをはじめとしたヨーロッパ各国や東ヨーロッパでよく使用されており、ドイツ製品もSEタイプが使われていることが多いです。

フランス旅行に持っていく変換プラグなら、Cタイプを持っていきましょう。

フランスで使えるおすすめ変換プラグ

先述したように、日本のプラグとフランスのプラグは形状が違うため、旅先で日本の電化製品を使いたい場合は変換プラグが欠かせません

変換プラグは大きく2種類あります。

  • 1つのタイプしか使えない簡易型
  • 複数タイプに対応してるマルチ型
見た目から大きく違います
簡易型プラグ簡易型プラグ
マルチ型プラグUSB付きマルチ型プラグ

どちらを選べばいいかはハッキリ言って好みによりますが、わたしは最近USB付きのマルチ型を新調し、その便利さに感動したのでマルチ型を推してます。

普段全く旅行に行かないなら安価な簡易型で十分ですが

  • 今後も海外旅行に行く
  • 身の回りにUSBの電子機器が多い
  • ホテルで充電したいものがたくさんある

どれか1つでも当てはまるならUSB付きのマルチ型がおすすめ。

海外のホテルは日本のようにたくさんのコンセントはありません。1つ挿せれば複数充電可能になるマルチ型は本当に快適でした。

わたしのおすすめはコレ
mari
mari
色違いの白も人気だよ!

簡易型の変換プラグはダイソーで購入可能

簡易型の変換プラグ(C型・O型・A型)はダイソーが最安です。

もし近所にダイソーがあるならぜひ一度足を運んでみてください。プラグがたったの110円でゲットできるのでラッキー!

※店舗によっては取り扱いがない可能性もあります。

ダイソーの簡易型は非常に安価なので

  • 物をよく失くす人
  • 滅多に海外に行かない人

におすすめですが、残念ながら品質が微妙で、コンセントに挿すとグラついて上手く充電できないこともありました

デメリットを許容できるならコスパ最強です。

質が良い簡易型変換プラグを求めるなら、Amazonなどのネット通販で購入できるカシムラの簡易型プラグがおすすめです。

Cタイプ簡易型プラグ

おすすめはマルチ型変換プラグ

価格だけを比較すると簡易型プラグに軍配が上がりますが、どうせ買うならマルチ型がおすすめ!

王道なのはカシムラ

マルチ型プラグの王道といえばカシムラのマルチプラグです。

バックパッカーの間でも知られた商品。

ロボットのように組み立てるだけで、世界どの国へ行っても使用可能。

平たくてスペースを取らずに持ち運びにも便利です。

必要最小限に抑えられたシンプルな万能型。

わたしもUSB付きのマルチプラグを買うまでは長年愛用していました。

今となってはUSB付きが便利だと思いますが、コンパクトさと丈夫さを重視するならカシムラもあり。

今買うならUSB付きマルチ型

最近、USB付きのマルチ型を新調したのですが、めちゃくちゃ便利で助かりました。

USB付きマルチ型プラグのおかげで複数の充電が同時に行えるようになり、快適すぎてもはや手放せません。

今後も海外に行く予定があるなら迷わず買いの商品ですが、そうでなくても充電するものが多い人や複数人と旅行する人におすすめです。

わたしはスマホ2台持ちで、モバイルバッテリーやAirPodsも充電したいので重宝しました。

わたしのおすすめはコレ

あわせて持っていきたいガジェット

マルチ型プラグとあわせておすすめしたいのがマルチUSBケーブルモバイルバッテリー

マルチUSBケーブルとは、ひとつのUSBで3台同時に給電できる充電ケーブルのこと。

マルチUSBケーブルとモバイルバッテリーマルチUSBケーブルとモバイルバッテリー

先述した通り、わたしは旅行中もスマホ2台持ち。さらにモバイルバッテリーやAirPodsも充電したいので、行き帰りの飛行機でマルチUSBケーブルが役立ちました。

飛行機の機内はUSBがひとつしかないので、いつもどれを優先すべきか悩んでいたのですが、これからは安心して眠れます(笑)

マルチUSBケーブル

モバイルバッテリーを買うならANKERが一押し。昔から大ファンで何度もリピートしています。

  • 普段使いなら5,000mAh
  • パソコンも充電するなら20,000mAh
  • 旅行先で少し心配なら10,000mAh

がちょうどいいと思います。

ANKERならどれを選んでもハズレを引くことはないでしょう。

フランス・パリ旅行の必需品!旅のプロが絶対に外せない持ち物を選んでみた
フランス・パリ旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説 旅慣れていないと海外旅行に何を持っていって良いか悩んでしまいますよね。 そこで、世界70ヶ国を旅した海外旅行のプロであるわ...

フランスで日本の家電を使用するには変圧器が必要

フランスの電圧は220Vに対し、日本の電圧は100Vです。

なので、220Vに対応していない日本のドライヤーやヘアアイロンをそのまま使うと壊れます。

対応していない電化製品を使う場合、基本的には変圧器を使うことになりますが、変圧器を使ったとしてもすべての製品が安全に壊れることなく使えるかというと、物によってはそうはいきません

また、使用ワット数が増えるとその分だけ変圧器のサイズも大きくなり、持ち運びに現実的ではありません。

わたしは変圧器を使わず、海外対応のものを持参するようにしています。(最近変圧器持ってる人見ないですよね??)

mari
mari
基本的に熱を発する電化製品は海外対応のものしか使わないほうがいいです!

ドライヤー / ストレートアイロン / コテ

海外用の240Vまで対応している製品を持っておけば、どの国へ行っても重宝します。

日本の製品を持っていく場合は、事前に100V‐240V対応をしているかチェックしておきましょう。

わたしは髪がボサボサになりがちなので、コンパクトで使いやすいリファのストレートアイロンを愛用しています。

旅行に欠かせない相棒の2代目リファ旅行に欠かせない相棒の2代目リファ

旅行用にこれ以上小さいサイズも買ってみたことがあるのですが、それだと時間がかかりすぎて前髪を整えるくらいしかできなかったので、普通サイズが断然おすすめです!

ドライヤーに関しては、最近は格安ホテルでも洗面所に設置されているケースが多く、部屋にない場合もフロントに伝えると貸してくれるホテルもほとんど。

荷物を減らすためにも思い切って持っていかないという選択肢もアリだと思います。

リファ以外の海外対応おすすめ電化製品

※タップするとAmazonにとびます

スマートフォン

スマホ、カメラは基本的に変圧器は不要

アンドロイド系のスマートフォンやiPhoneでも、充電器は100-240V対応が主流になっています。

変換プラグに差し込めば充電も可能。カメラの充電器も同じです。

充電するものが多い人はコンセント不足に備えてマルチUSBケーブルの購入を忘れずに!

パソコンやタブレット

日本で使用しているノート型パソコンやタブレットも電源にはたいてい「INPUT 100-240V」と表記されています。

PCも変圧器は不要で、変換プラグを使用すればそのまま使えます。

変換プラグを忘れたらフランス現地でも購入可能

べーアッシュベーの地下日用品売り場の変換プラグべーアッシュベーの地下日用品売り場の変換プラグ

変換プラグは現地の電気屋で購入可能です。価格も安価。

万が一忘れた場合はホテルのスタッフにどこで買えるか尋ねてみてください。

また、高級リゾート地のホテルやヴィラであれば、日本のプラグがそのまま使用できる仕様の部屋もあります。

プラグを貸してもらえることもありますし、最近ではUSBケーブルを用意してくれる宿泊先も増えていますよ!

mari
mari
わたしはべーアッシュベーの地下、日用品売り場で4.9ユーロで売っているのを見かけました。どうしても困ったら行ってみてくださいね!
ベーアッシュヴェーBHV
ベーアッシュヴェー(BHV)完全攻略!行き方・営業時間・お土産徹底ガイド《パリ百貨店》在住者がおすすめするパリのデパート、ベー・アッシュ・ヴェーは観光客が少なく、パリの人たちの暮らしが見える素敵な場所。見どころやおすすめのお土産情報を詳しく解説していきます。...

1番おすすめできないのが日本の空港での購入です。

空港では海外旅行に必要な商品がたいてい購入できますが、とにかく値段が高い。

mari
mari
変換プラグを2倍の料金で買った苦い過去があります(笑)

空港で高級な変換プラグを買うなんてことのないよう事前にしっかり準備しておきましょう♪

おすすめはUSB付きマルチ型

フランスを旅する上で気を付けたいこと

海外ではどれだけ治安が良さそうに見えたとしても日本とは全く異なることを忘れてはいけません。

また、スリや盗難だけでなく、慣れない食事や飲み物でお腹を壊したり熱を出すこともあるかもしれません。

どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ医療と携行品保証が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

おすすめは年会費無料で海外旅行保険付帯のエポスカード

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

クレジットカードを複数枚持っていると補償額が合算されるので、すでにメインカードを持たれたいる方にもおすすめ。

店舗受取を選択すれば即日発行も可能なので、ギリギリでも諦めずに申し込んでみてくださいね。

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

フランスのコンセントと変換プラグまとめ

フランスではC型の変換プラグさえあれば、スマートフォンやパソコンなどの充電は可能です。

ドライヤーやストレートアイロンを持っていく場合は、事前に100V‐240V対応をしているかチェックしておきましょう。

電気シェーバーも240V対応のアイテムが多いので、充電タイプは事前に確認しておくと良いでしょう。

快適な旅を満喫するために、変換プラグはぜひ事前に用意しておきましょう。早めに準備しておくと慌てずにすみます。ぜひ、楽しいフランス旅行を満喫して下さいね!

おすすめ

変換プラグを新調するなら
USB付きのマルチ型がおすすめ

USBが使えるだけでなく
1台で複数の充電が同時に行えるので

快適すぎてもう手放せません

旅行の準備は「フランスに必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説【チェックリスト付】」を見ればバッチリ♪

フランス・パリ旅行の必需品!旅のプロが絶対に外せない持ち物を選んでみた
フランス・パリ旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説 旅慣れていないと海外旅行に何を持っていって良いか悩んでしまいますよね。 そこで、世界70ヶ国を旅した海外旅行のプロであるわ...
パリ治安情報2024年最新|フランス在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...
フランスの両替ならクレカでキャッシングがお得!レートを比較してみた《円→ユーロ€》 海外旅行へ行く前に気になるのが現地の通貨。 キャッシュレスな世の中になってきましたが、まったく現地の通貨を持たずに旅をする...
パリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリア【立地・治安】 当ブログ「フランスボックス」ではパリを中心に観光地、グルメ、ショッピングについてガイドブックなしで旅行できることを目指しています...
フランスパリにポケットWiFiレンタルは必要?通信手段の選び方と現地のフリーWiFi事情フランス・パリ旅行にはインターネット環境の準備が必須!おすすめの通信手段、フリーWiFiスポット(無料)、海外レンタルポケットWiFiについて様々な利点を徹底解説。世界一周経験あり、60カ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリのホテル選びは本当に難しく、日本と違って価格と質が一致しないことも多いため、あらかじめ、情報をインプットしておくのがおすすめです!

当ブログ「フランスボックス」ではパリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリアでホテルに関する注意点や知っておきたい情報をまとめました。

日本人に最も人気のエリアで、わたしたちもおすすめするオペラ座周辺のホテルについてもぜひご覧いただけると嬉しいです!

予算はどれくらいかかっても一流ホテルに泊まりたいという方は、パレスホテルの代表、オテルリッツをおすすめします。

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルで、サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

オテルリッツの料金を
チェックしてみる