MENU

基本情報・旅のヒント

フランス・パリ旅行に必要な持ち物と便利グッズを旅のプロが徹底解説

フランス・パリ旅行の必需品!旅のプロが絶対に外せない持ち物を選んでみた
この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ、フランスボックスはパリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

 

旅慣れていないと海外旅行に何を持っていって良いか悩んでしまいますよね。

そこで、世界70ヶ国を旅した海外旅行のプロであるわたしがフランス旅行に行くなら絶対持っていきたい持ち物を紹介していきます。

このページで紹介するのは

  • 絶対に忘れてはならない必需品
  • フランス旅行に欠かせない防犯対策
  • あると重宝する便利グッズ など

旅行を重ねて発見があるたびに内容をアップデートしているので、あなたの旅の準備のお役に立てたら幸いです。

おすすめ

圧縮袋なしで衣類を50%圧縮
HOLICCのPackBagが超便利!!

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋のように
空気を抜く手間は一切なし

\ LサイズとSサイズの2展開 /

パックバッグ
公式サイトを見てみる

※複数購入はセット購入がお得です

フランス旅行に絶対に必要なもの

  1. パスポート
  2. 財布
  3. ETIAS(2023年後半からスタート予定)またはビザ

何があっても絶対に忘れてはならない必需品はパスポートとお金。

今後ETIASは必須に(2024年〜)

2024年以降、日本からEU加盟国に旅行する場合、ETIAS(事前渡航認証システム)の事前申請も必要となります。

これまで日本人が日本からフランス旅行をする場合、特にビザや申請は必要ありませんでしたが、これからはアメリカと同様にETIASの登録が必要なので注意してください。

ETIASの登録がなければ出国ができず、日本の空港で引き返すなんてことになるかもしれないので、ニュースなどで最新情報を十分確認しておきましょう。

※現在、公式サイトはありませんでした。確認でき次第ここに追記します。

飛行機の予約控えは不要って本当?

たいていの飛行機はEチケット(飛行機の予約控えを印刷したもの)がなくても、パスポートを出せば飛行機に乗ることができます。

最近は、LCC以外でEチケットを印刷することは滅多にありませんが、心配性の方は紙で持っておくと安心です。

パスポートが原因の搭乗拒否に注意

  • パスポートの期限がきれていた(出国時3ヵ月以上必要
  • 更新したのに古いのを持ってきてしまった
  • 子供が落書きしたり破ってしまった

こんなケースで搭乗拒否をされないよう注意してください。

パスポートの取り扱いはかなり厳しいので、当日まで大切に保管しておいてくださいね。

快適なフランス旅行のため、わたしが絶対外せない持ち物

mari
mari
ここでリストアップしたものはわたしにとっての旅の必需品

便利なだけでなく防犯のために持ち歩くもの衛生面を考慮して荷物に入れるものもあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

海外保険付帯のクレジットカード

旅行に欠かせないクレジットカードとプライオリティパス旅行に欠かせないクレジットカードとプライオリティパス

海外旅行保険付帯のクレジットカードは1枚持っておくととても便利。

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品補償が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

mari
mari
海外旅行保険にいちいち入らなくていいので本当に助かります

海外旅行保険付帯カードの基本

クレジットカードの海外旅行保険は一般的な海外旅行保険と比べると補償額は少なめです。

しかし、カードを持てば持つほど保険の補償金額が合算されるという特徴があるので、旅行好きの間ではクレカ複数枚持ちが常識。

もし海外旅行保険付帯のクレジットカードを1枚も持っていない場合は、この機会に新しくクレジットカードを発行するのを強くおすすめします。

クレジットカードは防犯にも役立つ

フランスでは、まれに現金しか使えないお店もありますが、ほとんどのお店で1ユーロ、2ユーロの少額決済も問題なく使えます。

駅の切符券売機など、そもそもカードとコインしか使用できない(お札が使えない)こともよくあるので、フランス旅行でクレジットカードは必須レベル

また、フランスではデビットカードでのキャッシュレス決済が浸透しており、スリは現金をたくさん所持しているわたしたち旅行者を狙っています。

そこで当サイトでは、防犯のためにお財布に入れる現金は100ユーロ以下にして、基本クレカ払いすることをおすすめしています。

現金の持ち合わせが少ないのは不安かもしれませんが、現地で現金が必要になったときはクレジットカードの海外キャッシングを使うのが便利です。

「キャッシング」と聞くとその響きだけで怖いイメージがありますが、実は両替所の手数料と比べるとお得なんですよ

フランスの両替ならクレカでキャッシングがお得!レートを比較してみた《円→ユーロ€》海外旅行へ行く前に気になるのが現地の通貨。 キャッシュレスな世の中になってきましたが、まったく現地の通貨を持たずに旅をするのは難し...

悩んだらこのカードがおすすめ

フランス旅行に持っていくべきクレジットカードはVISAとMasterCardの2枚

主要観光地であればJCBが使える場所が大半なので、いざという時に備えて上記のカードにプラスして国内ブランドのJCBやサポートの大きいアメックスを持っておくのがわたしのこだわり。

クレジットカードは年会費無料~高額なものまで様々なので、頭を悩ませてしまうと思います。

とにかく何も考えたくない人は

①まずはエポスカードでVISA(無料)を発行

もし既に持っていれば

楽天カードでMASTERかJCB(無料)を発行

余裕があったら年会費が高いカードを1枚メインカードとするのがわたしのおすすめです。

年会費無料の人気クレジットカード
絶対に作るべき!今すぐ申し込みましょう

航空系の人気クレジットカード
入会キャンペーンでマイルザクザク
詳しくは下記の公式サイトでご確認ください

ホテル系の人気クレジットカード
入会ptを最大値もらうなら紹介一択です

空港ラウンジの人気クレジットカード
年1回以上海外に行く人にガチでおすすめ

年会費が高いカードには高いだけの理由があり、人によっては高額クレジットカードの方が向いているし、得になる可能性もあります。

クレジットカードは持ち歩き用と盗まれた時用に必ず複数枚持っていきます。

年会費無料で海外旅行保険付帯のエポスカードは持たなきゃ損レベルでおすすめ。

店舗受け取りを選べば即日発行も可能なので、出発ギリギリだとしても諦めずに発行してみてくださいね。

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

エポスカードの保険の付帯条件や特典内容についてもっと詳しく

フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード【2024年最新】クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、フランス旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、フランス旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...

海外用SIMカード

地図を見たり、写真を撮ったり、スマホが旅のお供になっている方も多いですよね。

そんなとき、現地で使いたいのがインターネット。

フランス・パリには、ホテルや空港、駅やバスの中、カフェやレストランなど、フリーWi-Fiをキャッチできるスポットが街中にたくさんありますが、

  • 使える場所が限られる
  • 繋がりにくいことも多々ある
  • セキュリティに不安がある

といった問題もあり、フリーWi-Fiを頼りにして旅をするのはかなり玄人向け。

旅慣れていないなら、SIMカードを購入するか、海外Wi-Fiをレンタルして通信環境を整えましょう。

フランス旅行の場合は、現地に着いてからSIMカードを購入することも、事前に日本でSIMを購入することもできます。値段が安いのでぜひスマホをSIMフリーにして使ってみてください。一度慣れるとどの国でも使えてとても便利です。

事前に日本で調達するならAmazonで購入するのが簡単。

現地での購入方法は別記事で詳しく解説しています。

現地SIMカードの購入方法

ただし「SIMカードの交換や設定が必要」と言われて、何をすべきかあまりピンと来ない方は、安さよりも利便性を取りましょう。多少割高になったとしても、かんたんに手続きできる海外Wi-Fiのレンタルがわかりやすくて便利。

海外Wi-Fiレンタルなら、日本語のサポート体制が充実している海外旅行でインターネット グローバルWiFiがおすすめです。

キャンペーンページからお申し込みいただくと1,000円割引で申し込めます。

1,000円割引はコチラから

海外旅行でインターネット
グローバルWiFi

※4000円以上の申込みで割引対象

フランスパリにポケットWiFiレンタルは必要?通信手段の選び方と現地のフリーWiFi事情フランス・パリ旅行にはインターネット環境の準備が必須!おすすめの通信手段、フリーWiFiスポット(無料)、海外レンタルポケットWiFiについて様々な利点を徹底解説。世界一周経験あり、60カ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

カメラ

わたしは仕事でもプライベートでもたくさん写真を撮ります。1回の旅行で1,000枚以上ということはざらにあります。

以前は一眼レフカメラを使っていましたが、子供が生まれてからは持ち歩きで疲れないために、わたしは常にGoogle Pixel最上位機種を持ち歩いています

mari
mari
色々試した結果、Google Pixelは抜群に写真がきれい!!

盗難や充電切れに対応するためiPhoneと2台持ち。Google Pixelは完全にカメラのためだけのスマホにしています。

公式サイトGoogle Pixel

もちろんスマホでは夜景やズーム機能が物足りないことも多々あります。そんなときはレンタルカメラもおすすめ。

セキュリティポーチ

フランス旅行ではスリが日常茶飯事。

貴重品はポケットにしまわず、必ずファスナー付きのカバンに入れてカバンから注意をそらさないように気を付けましょう。

わたしがフランスに行くときは必ずこのセキュリポを使うようにしていて、何度もスリから救われました。

スリの多くはリュックやポケットに手を突っ込んできます。かなり警戒しているのに過去5回以上遭遇しました。

とにかく貴重品は肌身離さずセキュリティーポーチで管理するのがおすすめです!

薄手のストール

薄手のストールはおもに女性の海外旅行で重宝します。

肌寒い時にちょっと羽織るという定番の使い方以外にも、日差しが強い場所での日よけ空気が悪く排気ガスが臭い途上国ではマスク替わりとしても役立ちます。

パリに行くと分かると思いますが、パリジャンのファッションはとってもシンプル。シンプルな装いにアクセントでストールを巻いている人もよく見かけます。

自分の好みの色を選んで、ぜひ旅のお供にしてみてください。

男性なら薄手のパーカーがおすすめです。わたしも長めの旅行の時はいつもパーカーを1枚持参しています。

モバイルバッテリー

海外旅行中は、朝ホテルを出て、夜までホテルに戻らないということがよくあります。

わたしの場合はスマホで地図を使ったり、写真や動画をよく撮るので、意外とすぐ充電がなくなってしまいます。モバイルバッテリーは必需品。

どこのメーカーでもいいのですが、わたしはAnkerが一押しです。

以前に故障した時の対応もピカイチで(とっても雑に使ってたから壊れて当然・・・)もっとファンになってしまいました。

普段使いなら5,000mAh、パソコンも充電するなら20,000mAh、旅行先で少し心配なら10,000mAhがちょうどいいと思います。

あわせておすすめしたいのがマルチUSBケーブル

マルチUSBケーブルとモバイルバッテリーマルチUSBケーブルとモバイルバッテリー

わたしはスマホ2台持ちで、モバイルバッテリーやAirPodsも充電したいので、マルチUSBケーブルがかなり役立ちました。

飛行機の機内はUSBがひとつしかないので、いつもどれを優先すべきか悩んでいたのですが、これからは安心して眠れます(笑)

日焼け止め

もはや海外に日焼け止めを持って行かないという人も少なくなってきたのではないでしょうか。

ヨーロッパは日差しが強く、日焼け止めを怠っているとすぐに日焼けしてしまいます。

日本のスーパーやドラッグストアでは買えませんが、海外には最強の日焼け止めSPF50をこえるもの(60や70以上も)が売られています。

海外でビーチに行くときも、この日焼け止めを塗っていけば本当に日焼けしません。

また、フランスで購入できるラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBBもおすすめ。パリの薬局では日本よりかなり安く購入できるのでぜひチェックしてみてください。

クリームタイプならパール2粒分、ローションタイプなら1円玉2枚分。ケチらずたっぷり塗るようにしてください。

絶対買いたいおすすめ薬局コスメ7選とおすすめショップ
フランス土産の人気おすすめ薬局コスメと在住者が教える選び方の注意点海外旅行ではお土産選びも旅の楽しみの一つですよね! 滞在時間は無限にありませんので、お土産選びに何を買おうか悩む時間がもったいない...

生理用品

旅行中に予定がなくても、急な生理に備えて生理用品は用意しておくことをおすすめします。

なぜなら、日本のナプキンやタンポンに慣れてしまうと、海外の生理用品だとほぼ満足できないから。

質が悪い上に日本よりも高かったり、なかなか見つからなかったりとかなり面倒です。

紙パンツ、紙ショーツ

100均で買えるトラベルグッズ 紙ショーツ100均で買えるトラベルグッズ 紙ショーツ

最近お気に入りのアイテムが100円ショップで購入できる紙ショーツ

これを持っていけば旅先で下着を洗濯する必要なし!

フランスのホテルはそれなりに高級なところでも水回りのトラブルが多いイメージがあります。

アジアの5つ星とはまた全然違うので、ガシガシ洗濯をしたりするにはあまり向いていません。そういった意味で使い捨てはかなり便利。

見た目はダサいけど、使えそうならぜひ使ってみてください。

サンダル(ビーチサンダル)

どこへ行くにも、どの季節でもサンダルかビーチサンダルは必ず1セット持っていきます。

夏場はサンダルがおすすめ

フランス旅行で調べると「スニーカーがいい」という声もよく聞きますが、わたしは夏の間ずっとサンダルで過ごしました。

マッキントッシュ フィロソフィーのサンダルは丈夫で歩きやすいマッキントッシュフィロソフィーのサンダルは丈夫で歩きやすい

少しおしゃれなものを用意したい時は写真のようなマッキントッシュフィロソフィーのサンダルがお気に入り。

カジュアルにガンガン歩くならKeenのサンダルがおすすめです。

冬場はビーチサンダル

冬場の足元はスニーカーかブーツになるので、ホテル滞在用にビーサンを持参。

ホテルでスリッパがない場合やシャワールームでサンダルを使いたいときに重宝するので、ハワイアナスのビーチサンダルは自宅に常備しています。

デザイン性のあるおしゃれビーサンと言えばハワイアナス!デザイン性のあるおしゃれビーサンと言えばハワイアナス

荷物はできるだけ少ないほうがいいと思っているので、外せない持ち物は以上です。

mari
mari
旅行は日常生活とは違います。「不便」だと文句をいうのではなく、「楽しさ」に変換して旅を楽しんできてください!

フランス・パリに持っていきたい便利グッズ

余裕があれば持っていきたい便利アイテムは次の通り。

mari
mari
2022年以降、旅人の間ですっかり重要アイテムになったのはスマートタグです

旅行が快適になるアイテムの数々をご紹介します。

変換プラグ

海外旅行用にひとつ持っておくと大変重宝するのがUSB付きのマルチ型変換プラグ

フランスのコンセントプラグはC型が主流です。

簡易型プラグ簡易型プラグ
マルチ型プラグマルチ型プラグ

C型の簡易型プラグなら100円ショップ(ダイソー)で安く購入できますが、品質はイマイチ。コンセントに挿すとグラついて上手く充電できないことも。

マルチ型変換プラグならフランス以外の国のコンセントにも使えるので、今後の旅行でも活躍すること間違いなし。おすすめです。

スマートタグ

2022年以降、すっかり重要アイテムとなってしまったスマートタグ

なぜなら、空港の混乱が続き、特にヨーロッパの経由便で荷物の紛失が続出したから。

バカンスシーズンのフランクフルトやヒースロー経由は特に危険で、50%以上の確率でロストバゲッジするとも言われたのです。

旅仲間の間でも「これはヤバい」ということで、スマートタグの利用が一気に広まりました。

有名どころだとApple製のAirTag。簡単にiPhoneまたはiPadを接続できます。

スーツケースなど預け荷物の中にいれておくことで、紛失時に見つかる可能性が高くなるのでお守り代わりにもおすすめです。

Apple以外ならこちら

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

パリ版はこちら

地球の歩き方が苦手な人におすすめしたいのは、写真が多めで読みやすい雑誌タイプのガイドブック。(るるぶトリコガイドなど)

30日間無料で体験できるKindleUnlimitedで読めるものも多いので、サラッと立ち読みして好みのガイドブックを見つけるのも◎

フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ネッ...
フランス旅行をさらに楽しむための本・書籍を厳選して紹介 わたしがフランス旅行で楽しみにしていることのひとつがアートを見に行くこと。 若い頃はただただ教科書に出てくるような有名な絵...

常備薬

普段使っている薬は持っていくようにしましょう。

海外の薬はよく効きますが、強すぎたり体質に合わないこともあると思うので準備しておくと安心です。

フランスはお水が硬水なのでお腹を壊したり、水が髪や肌に合わなかったという話もよく聞きます。

それほど荷物になるわけではないので御守り代わりに備えておいてもいいのかなと思います。

レイングッズ

パリは一日中雨が降り続くことは少ないので、傘をささずに歩いているパリジャンを多く見かけますが、濡れて風邪をひいてはせっかくの旅行も楽しめません。

折りたたみ傘やレインコートは持って行った方が良いでしょう。

ちょっと値が張りますが、カバンに忍ばせやすくて丈夫なモンベルの折りたたみ傘がおすすめです。なんと約128gとスマホより軽い!わたしも愛用しています。

小分けの収納バッグ

スーツケースの整理に使える小分けの収納バッグは持っていると便利。

おすすめの商品が2つあります。

eagle creak Pack It(パックイット)

ひとつは以前から愛用している、eagle creek(イーグルクリーク)のPack It(パックイット)です。

特に、長期旅行者に支持されている、知る人ぞ知る人気商品!

パックイットイーグルクリークのPack It(パックイット)
パックイットこのぐらいの衣類を入れて
パックイットこんなにスッキリ!

100均で買える圧縮袋よりも

  • 素材が伸びてたくさん入る
  • 空気を抜いて圧縮する手間が大幅減
  • 耐久性抜群で何度も使える

もう一般的な圧縮袋には戻れません。めちゃくちゃ便利です。

HOLICC PackBag(パックバッグ)

もうひとつのおすすめは、最近愛用しているHOLICC(ホリック)のPackBag(パックバッグ)です。

パックバッグホリックのパックバッグ

見た目はパックイットと似た商品ですが、米軍も採用する圧倒的強度を持つコーデュラ®︎ナイロンを使用しており、衣類は50%に圧縮

より頑丈かつ撥水性が高く、とても軽いです。

圧縮袋としての用途だけでなく、旅先でショルダーバッグとして使えるのも特徴。

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

中が2つにわかれているので片方にパソコンを入れることもできました。ホテルで衣類だけ出して、財布とパソコンだけ持ってノマド。なんてことまでできます。

パックバッグポケットがついていて収納しやすさ◎

旅行がない時に普段使いできるところもお気に入り。

一般的な圧縮袋は空気を抜く作業が面倒ですが、パックバッグなら圧縮の手間なし。ファスナーも丈夫なので安心感も使いやすさも全く違います。

サイズ展開
  • Lサイズ
  • Sサイズ
カラー展開
  • メタルブラック
  • アースグレー
  • エターナルホワイト

わたしはヨーロッパ1ヵ月旅行(幼児ひとり、大人ひとり)でLサイズ、Sサイズをそれぞれ2つずつ(計4つ)用意して自分の服と子供の服を管理しました。

大きな方に洋服をいれ、小さな方はブラトップや下着、靴下などを収納。

複数購入する場合は、パッと見てわかるように大きさや色を変えると便利です。

LサイズとSサイズをまとめて購入する場合はセット購入がお得ですよ。

パックバッグ
公式サイトを見てみる

ポケトーク

旅先で不安や心配の種になりがちな「言葉」の壁。

英語ができれば大抵の国ではそこまで不便に感じることはありませんが、その英語もどこの国でも通じる訳ではありません。

そんなときに便利なのがポケトークという自動翻訳機。

ポケトーク本体ポケトーク本体

中には「Google翻訳で十分」という人もいると思いますが、実際に使ってみたらGoogle翻訳を筆頭に他の翻訳アプリより圧倒的に使いやすいと感じました。

最大の魅力は契約不要、通信料なしで使用できること。

使い方もとてもカンタンで、翻訳したい言語を選んでボタンを押しながら話すだけ。2歳児にも使いこなせるレベルで驚きました。

方言や若者言葉にも対応しているところも素晴らしく、「超ウケる」「マジでびっくりした」などの表現も、すべて良い感じに翻訳してくれました。

超ウケるはスーパークール。なるほど。超ウケるはスーパークール。なるほど。
マジ=本当と翻訳してくれるポケトークすごいマジ=本当と翻訳してくれるポケトークすごい

デメリットは人通りの多い場所やネット事情が悪い国の場合、翻訳までに時間がかかってしまうこと。以前ドイツ、ポーランド等のヨーロッパで使用した際には、わりとスムーズに使えました。

子供や機械に弱い人でも簡単に使えるのは大きなメリットだと思います。

ポケトーク
公式サイトを見てみる

※実際に使ってみた感想は、姉妹サイトのオハヨーツーリズム「翻訳機ポケトークを持って世界一周!実際6ヵ国で使ってみたメリット・デメリット」でご紹介しています。

日本食

海外旅行に持っていっておけばよかったと後悔するものランキングで必ず上位に入ってくるのは日本食。

短期であれば思い切り現地の料理を堪能したいところですが、1週間以上の長旅だと胃が疲れたり、日本食が恋しくなることも。

パリでも日本食は食べられますが、料金が高いのがネック。昨今の円安や物価の高騰で、フランスでの外食はとんでもない料金に値上がりしています。

そこで、お守り代わりにレトルトを少し持っておくと安心。

わたしのおすすめは、防災用の非常食でよく知られる尾西のごはんシリーズと、アマノフーズの汁物です。

万が一体調不良になった時も、お味噌汁やおむすびがあると大変助かりますし、水だけで作れるので空港やバスなどで間食したいときにも便利。

尾西のごはんシリーズの賞味期限は製造から5年余ったら防災用としても活用できるので無駄になりません。

フランス・パリ旅行におすすめの日本食インスタント&レトルト商品海外旅行に持っていっておけばよかったと後悔するものランキングで必ず上位に入ってくるのが日本食です。 海外に行ったのに日...

ヘアアイロン

ドライヤーは外国でもたいていのホテルにありますが、ヘアアイロンが置いてあるのはかなりレア

日常的にヘアアイロンを使う人は海外対応のヘアアイロンを持っていきましょう。

海外で使える商品かどうかは「100V-240V」と記載があるかどうかで判別可能。

シャンプー・トリートメント

海外ホテルのシャンプー・コンディショナーは日本人の髪に合わないことも多いので、お気に入りのものや、旅行用を念のため持参しておくのもいいと思います。

また近年、軽くて使いやすく質もいいトラベル専門コスメがたくさん発売されています。

わたしが最近よく使っているのがSASURA。ラベンダーの香りもとっても心地よく、髪もギシギシしませんでした。

トリートメントは小分けにできるエリプスが便利。東南アジアに行ったときに常に買い足してストックしているくらいお気に入り。

さらに余裕があればシルク製のナイトキャップが本当におすすめ!常に広がってまとまらなかった髪が驚くほどつやつやになりました。

かさばらないし、朝のヘアセットが格段に楽になったのでぜひ一度試してほしいです。

基礎化粧品

肌が敏感な方は基礎化粧の持参もお忘れなく

短期旅行の場合、1回使いきりのサンプルを持って行けばよいですが、少し長めの旅になってくると、ある程度量が入ったもののほうがおすすめです。

普段自分が使っているものを詰め替えボトルに入れて持って行くのがベスト。もし詰め替えるのが面倒なら、小さめサイズのお試しセットが使いやすいと思います。

わたしはファンケルの無添加ホワイトニング 透明美白1ヵ月集中キット【美容液付き】のボトルの大きさがちょうどよく重宝しました。

1ヶ月分が海外旅行にちょうどいい
フランス旅行に持っていくべきおすすめ化粧品とコスメアイテム普段は若干ズボラなわたしも、海外旅行では張り切って写真を撮ります。 旅先では普段さぼりがちなスキンケアとメイクアップを念入りにやる...

特にこだわりがない場合や、海外ブランドに興味がある方は現地での調達もおすすめです。

アベンヌ、ラロッシュポゼ、ビオデルマなど、現地の薬局で安く購入できます。

絶対買いたいおすすめ薬局コスメ7選とおすすめショップ
フランス土産の人気おすすめ薬局コスメと在住者が教える選び方の注意点海外旅行ではお土産選びも旅の楽しみの一つですよね! 滞在時間は無限にありませんので、お土産選びに何を買おうか悩む時間がもったいない...

洗濯用品

洗濯用品も多くの旅人が常備しているもののひとつ。

洗剤に関してはホテルについているボディソープや石けんで代替可。

しかし、フランスは水の出が悪かったり、洗面に水がたまらないケースも多いので、折りたたみ洗面器の利用がおすすめです。

洗濯バッグもありますが、個人的には折り畳み洗面器の方がコンパクトで好きです。

わたし自身は旅行中にあまり洗濯したくないので、長期の海外旅行ではある程度まとまったら現地のコインランドリーを使います。

また、帰国後の洗濯が苦手な人のために「洗濯代行スマートトラベラー」という代行サービスもありますよ。

帰りの空港で洗濯ものを預け、数日後に洗濯・クリーニングされた状態で自宅に届きます。お金に余裕のある人には嬉しいサービスですね。

スマートトラベラー
公式サイトを見てみる

※実際に使ってみた感想は、姉妹サイトのオハヨーツーリズム「旅行の洗濯代行スマートトラベラーを使ってみて感じたメリット・デメリット」でご紹介しています。

ノイズキャンセリングイヤホン

ノイズキャンセリングイヤホン、騙されたと思って買ってみてください。

ノイズキャンセリングイヤホンをつけて飛行機に乗ると、「ゴォォーーー」という爆音から「サーーー」という静かな音に激変します。

毎月最低2回は飛行機に乗るような生活になり、長時間の飛行機では、ノイキャンイヤホンをつけるだけで疲れ具合が全然違うことに気づきました。

日本からフランスまでは直行便で約12〜13時間。

高い買い物ですが、日常でも使えるので通勤時間が長い人にもぜひ使って欲しいです。

トイレのニオイ消し

友人や恋人との旅に大活躍友人や恋人との旅に大活躍

女子力の高すぎる友人が旅先で使っていて衝撃を受けたのがトイレのニオイ消し

トイレ使用後、便器内に一滴〜二滴落とすだけでフローラルの香りが嫌なにおいを消してくれます。

これひとつで気まずいトイレ問題が解決できるので、2人旅以上で持っておいて損はない商品だと感じました。

mari
mari
家族だって我慢はできるけどいい香りのほうが気持ちいいよね

海外旅行用スーツケース・カバンの選び方

最後に旅行カバンについて。

カバンは色々と遍歴があるのですが、現在はPROTECA(プロテカ)のCHECKER FRAME(ミッドナイトグリーン)を愛用しています。

本当は防犯対策的にも、お手軽さ的にもバックパックがいいのだけど、少し高級なホテルに泊まることが増えてボロボロのカバンだと恥ずかしくなりまして、背伸び中(笑)

容量は98リットルで、一般的に1週間~10泊程度の旅行にちょうどいい大きさと言われています。

わたしは1週間以上の旅行の場合はこのスーツケースを使って、旅行の間に1度コインランドリーかランドリーサービスを使う感じ。

行きは余裕を持たせて、衣類でパンパンにすることはありません。

片方の半分くらいあけておくと、現地で欲しいものを色々ゲットできるスペースになります。荷物の多さは人それぞれなので、参考にしてください。

スーツケースはかなり場所をとるので、年に1度行くか行かないかという方、モノを増やしたくない方には断然レンタルがおすすめです

まずは価格をチェック

スーツケースレンタルなら
【アールワイレンタル】

フランス・パリ旅行持ち物まとめ

最後にこの記事で紹介した持ち物をおさらいします。

絶対に必要
  1. パスポート
  2. 財布
  3. ETIAS(2023年後半からスタート予定)またはビザ

特に女性や子連れは荷物が多くなってしまうと思いますが、必要最低限のものに絞って移動が大変になりませんように。

ぜひ快適なご旅行になりますよう♪ボン・ボヤージュ!

おすすめ

圧縮袋なしで衣類を50%圧縮
HOLICCのPackBagが超便利!!

パックバッグこのぐらいの衣類を入れて
パックバッグこんなにスッキリ!

一般的な圧縮袋のように
空気を抜く手間は一切なし

\ LサイズとSサイズの2展開 /

パックバッグ
公式サイトを見てみる

※複数購入はセット購入がお得です

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる