7区(エッフェル塔)

奇跡のメダイユ教会はパリのパワースポット!行き方・見どころ・所要時間徹底ガイド

パリに「奇跡のメダイユ教会」と呼ばれるこぢんまりとした教会があります。

ツアーやガイドブックではあまり取り上げられていませんが、パリのパワースポットとしてすごく有名なんですよ!

教会では、マリア様の姿がかたどられた「奇跡のメダル」を購入することができます。

今回は、「奇跡のメダイユ教会」への行き方やメダルの価格、見どころなどをご紹介します!

奇跡のメダイユ教会の基本情報(Chapelle Notre-Dame de la medaille Miraculeuse)


photo by Guilhem Vellut
「奇跡のメダイユ教会」は、「愛徳姉妹会」の総本部にあたる教会で、1815から1930年にかけて建設されました。

1830年頃、愛徳姉妹会の若い修道女カトリーヌ・ラブレは、マリア様に出会います。

マリア様はカトリーヌに、

「メダイ(メダル)を創らせなさい。信頼をもってこのメダイを身につける人は大きな恵みを受けるでしょう。」

と、メダルをつくるようお告げをしたそう。

シスター・カタリナはマリア様のお告げどおり、メダルをつくって人々に配りました。

すると、パリで流行っていた「コレラ」が収束に向かったと言うから驚きです( ゚Д゚)

このことから「奇跡のメダル」と呼ばれ、今も世界中の人々がこのメダルを目当てに教会にやってくるんです。

おにちゃん
おにちゃん
メダルを手にした人に「奇跡が起こる・幸福が訪れる」といつもたくさんの人たちで賑わっている教会♡
mari
mari
日本の芸能人もこのメダルを持っている人が結構いるみたい!

奇跡のメダイユ教会への行き方・アクセス

奇跡のメダル教会は、パリ5区のボン・マルシェ百貨店の向かいにあります。

サン=ジェルマン=デ=プレ教会や、サン=シュルピス教会とも徒歩圏内なので、教会巡りも素敵ですね♡

では、公共交通機関での行き方をご紹介します。

メトロで行く

最寄り駅は、10号線・12号線 Sèvres – Babylone(セーヴル・バビロヌ)駅です。

駅からは徒歩3分ほど。ボン・マルシェ百貨店沿いに歩いていくと到着します。

ですが、教会の入口がすごくわかりにくいです…。


photo by Guilhem Vellut

目印は、マリア様の彫刻と「140」という番地の青いプレート

この奥にさらに進むと教会の入口があります。


photo by Guilhem Vellut
教会らしからぬ見た目をしているので、通り過ぎてしまわないよう気を付けてくださいね!

mari
mari
本当に入ってもいいのかな?という見た目をしていますが、大丈夫!

バスで行く

9, 63, 70, 84, 87, 94番 バビロヌ(Babylone)下車

奇跡のメダイユ教会の開館時間・所要時間

教会の開館時間とメダルが購入できるショップの営業時間が異なるので注意!

また、ミサの時間は礼拝堂などの見学が制限されます。

ミサの時間は変動することも多いので、スケジュールを公式サイトからチェックしてから訪れると良いと思います!

教会の開館時間

7:45~13:00 / 14:30 ~ 19:00
※火曜日は昼休憩なし

ショップの営業時間

平日:9:00~13:00 / 14:30~18:45
火曜日のみ:9:00~18:45
日曜日と祝日:9:15~~13:00 / 14:30~18:45

教会の所要時間

小さな教会なので所要時間は30分も見ておけば十分だと思います。お買い物に時間がかかりそうなら1時間。

奇跡のメダイユ教会の口コミ・評判

メダイの種類の多さに驚きました。
シスター達はみなさん親切に対応して下さいます。
一番小さいメダイは数個入って販売されています。
大きいメダイは一個づつの販売です。
ロザリオももちろんあります。
お土産…っという感覚で購入するのには少々気が引けますが…
友人達にも幸せのお裾分け♡と思えばとても幸せな心持ちです買うことができます。

購入時にシスターから「日本人?」との質問を受け「そうです」と答えると日本語の解説を下さいました。

可愛くて綺麗な教会です。
夕方行きました 静寂の中熱心にお祈りをされている方々が印象的でした。
欲しかったメダイユは沢山種類がありました。
売店のシスターは優しくて感じのいい方でした。

地下鉄の駅からすぐです。訪れた時はミサをしていました。言葉はわかりませんが、その間は協会の素敵な装飾にうっとりしていました。メダルは何種類もあります。シスターは皆さん、優しくて心穏やかになりました。ここだけ異空間です。

Googleレビューでも好評なようですね♪

mari
mari
どうやら、日本人のシスターさんがいるようですよ!

奇跡のメダイユ教会見どころ

ノートルダム大聖堂などとは全く規模が違いますが、マリア様の壁画やカトリーヌ・ラブレの遺体が安置されていたりとなかなか見ごたえがありますよ♪

淡いブルーがとても素敵なマリア様の壁画


photo by jean-louis Zimmermann
教会の中でとても印象的なのがマリア様の壁画。淡いブルーと金色の装飾がとってもきれいです!!

カトリーヌがはじめてマリア様に会ったときの場面が描かれているそうですよ。

修道女カトリーヌ・ラブレは、亡くなってから71年後の1947年に聖女として認定されました。

祭壇の金の地球を持ったマリア様の彫刻の下あたりには、カトリーヌ・ラブレの遺体があります。

死後数年経っても腐敗せず、いまも教会の中に安置されています。


photo by vivreabruxxl

聖人と認められる方たちの遺体は腐敗しないと言われているようです…まさに奇跡ですね!

奇跡のメダルを購入しよう!

奇跡のメダル教会に行くからには、奇跡のメダルをゲットしたいですよね!!

教会のショップには、メダルのほかにも写真やポストカード、書籍などが売られています。

さて、「奇跡のメダル」はおいくらするのか、、

調べたところ0.5~10ユーロ前後でいろいろな種類のものが売られているようです!

手作りアクセサリーの部品売り場のように、透明な袋に入ったメダルがずら~っとならんでいます。

大きさや色(ブルー、シルバー、ゴールドなど)によって値段が違います。

メダルの表面にはマリア様が、裏には12使徒を表す星や十字架、イエス様とマリア様の心臓が描かれているんだとか。

奇跡のメダルを人にプレゼントする方も多いようで、10個ほどはいった袋なども。
(一説によると、自分で購入するより人にもらうのが良いらしい…?)

バラマキのお土産にも良いね♪

女性はチェーンを通してネックレスのように首からかけるのが王道で、男性はお財布の中に入れておく人が多いそうです。

「幸運を呼び込むメダル」と言われていますが、ここはカトリックの教会。

おにちゃん
おにちゃん
日本のお守り的な立ち位置とはちょっと違う気がします…。

「身に着けてればご利益がある」というよりは、マリア様への信仰心の証という方が正しいのかもしれません。

お祈りをする習慣がない方にはなじみの薄いものかもしれませんが、メダル自体が美しいので訪れた記念に購入するのも良いかもしれませんね♪

ネットで転売されているものに注意!

奇跡のメダルは転売が禁止されています。

にもかかわらず、ネットショップなどではありえない価格で売られていることも…。

パリに行く予定はないけど、メダルが欲しいという方もいらっしゃるかもしれませんが、ネットで買うのはあまりおすすめしません…。

中には奇跡のメダル教会のものではない”偽物”が出回っている場合もありますので、気を付けましょう!!

ちなみに教会であまりに大量のメダルを購入しようとすると、何に使うの?と転売目的かどうかを聞かれることもあるみたいです。

mari
mari
日本のカトリック系の宗教法人で無料でプレゼントしてくれるところもあるみたいですね。

奇跡のメダル教会は「奇跡」がいっぱいつまった教会だった♡


photo by alex de carvalho
コレラから人々を救ったメダルや、腐敗しないカトリーヌ・ラブレの遺体…などたくさんの奇跡がつまった「奇跡のメダル教会」。

パワースポットとして人気のある場所なので、ぜひ立ち寄ってみてください♪

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる