新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

歴史上の人物

在住者厳選!英雄ジャンヌ・ダルクのゆかりの地5選

13歳のときに神の声を聞き、その後フランス軍に従事して、フランス王シャルル7世の戴冠に貢献した人物といえば…

そう!「ジャンヌ・ダルク」のことです。

わずか19歳で火刑台にたった悲劇のヒロイン、「オルレアンの乙女」とも呼ばれている国民的な英雄です。

今回は、ジャンヌ・ダルクのゆかりの地を歴史の流れに沿ってご紹介していきます。

わたしもこの記事を読みながら、また別の角度で街歩きを楽しみたいなぁと妄想旅行を繰り広げています♪

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


ジャンヌ・ダルク(Jeanne d’Arc)とは?

ジャンヌ・ダルクは、神の啓示を受けてフランス軍に従事。

14世紀初頭に始まったイングランドとの百年戦争で功績を上げ、のちのフランス王シャルル7世の戴冠に貢献しました。

ちなみに百年戦争とは、1339年から1453年の約百年間にわたって断続的に続いたフランスとイングランドの戦いです。

フランス王国の王位継承およびイングランド王家のフランスに有する広大な領土をめぐり、壮絶な争いが始まりました。

当初は、イングランド軍が優位に戦いを進めていましたが、ジャンヌ・ダルクの登場により形勢は逆転。

1453年にイングランド軍はカレーを除く全土から撤退し、百年戦争の終結を迎えます。

1429年7月17日、神のお告げを受けたジャンヌ・ダルクに導かれ、王太子シャルルはランスのノートルダム大聖堂で戴冠し、晴れてフランス王シャルル7世に。

おにちゃん
おにちゃん
ところが戴冠後、ジャンヌ・ダルクはシャルル7世にとって邪魔な存在となっていきます。

次第に孤立したジャンヌ・ダルクは、コンピエーニュの戦いでブルゴーニュ公国軍に捕らえられ、なんと、身代金と引き換えにイングランドへ引き渡されることに…。

ルーアンに連行されたジャンヌ・ダルクは、そこで宗教裁判にかけられます。

mari
mari
異端の判決を受けたジャンヌ・ダルクは、火刑に処され、わずか19歳で生涯を閉じました。

ジャンヌ・ダルクの死から25年後、ローマ教皇カリストゥス3世によりジャンヌ・ダルクの復権裁判が行われ、ジャンヌ・ダルクの無実と殉教が認められました。

そして1920年にはローマ教皇ベネディクトゥス15世によって、ジャンヌ・ダルクはフランスの守護聖人の1人に加えられました。

ジャンヌ・ダルクゆかりの地巡りのベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、郊外へ行くなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

せっかくなので、ジャンヌダルク関連の映画や書籍を観てから足を運ぶことをおすすめします!

ジャンヌ・ダルクのゆかりの地5選

①ドンレミ・ラ・ピュセル(Domrémy-la-Pucelle)

ジャンヌ・ダルクは、1412年にフランス東部の「Domremyドンレミ」という小さな村で、5人兄弟の3番目の子として生まれました。

熱心なキリスト教徒として育ち、13歳のときに神の声を聞きます。

ちなみに村の名前は、1578年にジャンヌ・ダルクの別称「オルレアンの乙女(la Pucelle d’Orléans)」にちなんで、「Domrémy-la-Pucelleドンレミ・ラ・ピュセル」に改名されています。

ドンレミ・ラ・ピュセルには、今でもジャンヌ・ダルクの生家が一部残っており、歴史的建造物に指定されています。

mari
mari
ジャンヌや姉妹、兄弟たちの過ごした部屋を見学することができるのでぜひ足を運んでみてください!

またジャンヌ・ダルクが「初めて神のお告げを聞いた場所」と言われる生家の中庭には、石碑がひっそりと立っています。

生家に隣接した「ジャンヌ・ダルク博物館(Maison natale de Jeanne d’Arc)」では、ジャンヌ・ダルクに関する資料を閲覧することができます。

またジャンヌがよく通っていた「サン・レミ教会」もすぐ隣り。1412年にジャンヌ・ダルクはこの教会で洗礼を受けています。

ジャンヌ・ダルク博物館
住所2 Rue de la Basilique, 88630 Domrémy-la-Pucelle 地図
行き方
時間10:00-13:00 / 14:00-17:00(2,3,10月1日-12月15日)
9:30-13:00 / 14:00-18:00(4月-6月,9月)
10:00-18:30(7月-8月)
定休毎週火曜日(7,8月は休みなし)
12月16日-1月31日
料金4ユーロ
HPhttps://maisonjeannedarc.vosges.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②シノン城(Château de Chinon)

ユネスコの世界遺産に登録されているロワール川流域にある「シノン城」もまた、ジャンヌ・ダルクのゆかりの地の1つです。

シノン城は、フランス王太子シャルル(のちのシャルル7世)の居城で、1429年にジャンヌ・ダルクが王太子と初対面した場所です。

mari
mari
王太子シャルルはジャンヌ・ダルクを試すため、家臣を王座に座らせました。

そうとも知らずに大広間に通されたジャンヌ・ダルクでしたが、群臣たちの中に紛れ込んでいた王太子シャルルを一目で見分け、ひざまずき、その場にいた人たちを驚かせました。

これにより神の啓示を受けたというジャンヌ・ダルクの言葉を信じた王太子シャルルは、イングランド軍に包囲され、陥落寸前だったオルレアンへとジャンヌ・ダルクを派遣したのでした。

一時は廃墟と化したシノン城ですが、19世紀以降に修復され、17世紀の調度品やタペストリー、シャルル7世の時代を再現した蝋人形などが展示されています。

また時計塔のジャンヌ・ダルク美術館には、ジャンヌ・ダルクに関する資料も展示されています。

シノン城
住所2 Rue du Château, 37500 Chinon 地図
行き方パリのMontparnasseモンパルナス駅からTGVでToursトゥール駅まで行き、TERに乗り継いでシノン駅(Gare de Chinonガール ドゥ シノン)で下車。徒歩20分。
時間9:30-17:00(1月、2月、11月、12月)
9:30-18:00(3月、4月、9月、10月)
9:30-19:00(5月1日-8月31日)
定休
料金10.5ユーロ
HPhttps://www.forteressechinon.fr/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③オルレアン(Orléans)

オルレアンはロワール地方屈指の商業都市で、ジャンヌ・ダルクのゆかりの地として知られています。

王太子シャルルの信頼を得たジャンヌ・ダルクは、1万2千の軍勢を引き連れ、オルレアンに向けて出陣。

すでにフランス北部は、イングランド軍とブルゴーニュ派連合軍に支配され、オルレアンの街もまた200日間にわたってイングランド軍に包囲されていました。

最後の砦であったオルレアンに入城したジャンヌ・ダルクは、わずか10日間で解放させ、士気を高めたフランス軍は、一気に形勢を逆転。

おにちゃん
おにちゃん
オルレアンの戦いは映画や書籍化されているので観たことがある人も多いのではないでしょうか。

街の中心にある「マルトロワ広場(Place du Martroi)」には、ジャンヌ・ダルクの騎馬像が立っていて、台座にはジャンヌの生涯を描いたレリーフが刻まれています。

マルトロワ広場近くにあるド・ゴール広場(Place du Général de Gaulle)前には、「ジャンヌ・ダルクの家(Maison de Jeanne d’Arc)」があります。

ジャンヌ・ダルクが1429年4月29日から5月9日まで滞在したといわれている建物で、オリジナルの建物は第二次世界大戦中に焼失してしまいましたが、1960年代に再建されました。現在はジャンヌ・ダルクに関する資料館になっています。

「サント・クロワ大聖堂(Cathédrale Sainte-Croix d’Orléans)」は壮麗なゴシック様式の建物で、聖堂内にはジャンヌ・ダルクの生涯を描いた10枚のステンドグラスやジャンヌ・ダルク礼拝堂を見ることができます。

オルレアンでは、毎年4月下旬から5月上旬に「ジャンヌ・ダルク祭(Fêtes de Jeanne d’Arc)」が盛大に行われます。

1429年4月29日にオルレアンへ入城し、5月8日にイングランドとブルゴーニュ派連合軍をオルレアンから撤退させたジャンヌ・ダルクの功績を讃えたお祭りで、フランス軍による軍事パレートや空軍の戦闘機がオルレアンの上空を飛行します。

なかでも1番の見どころは、英仏百年戦争時代を再現したパレードです。その年に選ばれた少女がジャンヌ・ダルク役を務め、中世の衣装を身に着けた人々が続きます。

ほかにも街には中世市場などが並び、さまざまなイベントが開かれ、街全体がタイムスリップしたかのような賑わいになります。

ジャンヌ・ダルクの家
住所3 Place du Général de Gaulle, 45000 Orléans 地図
行き方パリのオステルリッツ駅(Gare d’Austerlitzガール ドステルリッツ)からTERに乗り、オルレアン駅(Gare d’Orléansガール ドルレアン)で下車。徒歩10分。
時間14:00-18:00(10月-3月)
10:00-13:00 / 14:00-18:00(4月-9月)
定休毎週月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金6ユーロ
HPhttp://www.jeannedarc.com.fr/maison/maison.htm

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

サント・クロワ大聖堂
住所Place Sainte-Croix, 45000 Orléans 地図
最寄りパリのオステルリッツ駅(Gare d’Austerlitzガール ドステルリッツ)からTERに乗り、オルレアン駅(Gare d’Orléansガール ドルレアン)で下車。徒歩12分。
HPhttp://www.orleans.catholique.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④ランス(Reims)

ユネスコの世界遺産に登録されているランスの「ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Reims)」は、816年のルイ1世から1825年のシャルル10世までの歴代国王の戴冠式が行われた場所です。

ゴシック様式の傑作と言われ、フランス三大聖堂の1つに挙げられています。

外壁に飾られた2300体以上彫像は圧巻で、なかでもファサードの左側にある彫像「微笑みの天使」は有名。

フランスで最も高い天井を持つといわれる聖堂内には、「シャガールブルー」と呼ばれる画家マルク・シャガールによってデザインされた見事なステンドグラスを見ることができます。

1429年7月17日、王太子シャルルはノートルダム大聖堂で戴冠の儀式を行い、フランス国王シャルル7世が即位しました。

この戴冠式には、ジャンヌ・ダルクも列席していました。ノートルダム大聖堂前の広場には、ジャンヌ・ダルクの騎馬像が大聖堂を見上げるように立っています。

毎年6月上旬に、ランスでも「ジャンヌ・ダルク祭(Les fetes Johanniques)」が開かれています。

民族衣装に扮した人々が行列行進をします。パレードの1番の見どころは、もちろんジャンヌ・ダルク。

馬に跨がり、右手にフランス国王の旗を翻したジャンヌ・ダルクとシャルル7世がともに練り歩きます。

おにちゃん
おにちゃん
街中がお祭りムードとなって賑わうジャンヌ・ダルク祭、この時期に合わせてランスへ訪れるのもいいですね。

⑤ルーアン(Rouen)

フランス北部に位置し、かつてノルマンディー公国の首都として栄えた街「ルーアン」は、ジャンヌ・ダルクの終焉の地となった場所です。

コンピエーニュの戦いでブルゴーニュ公国軍に捕らえられたジャンヌ・ダルクは、捕虜となり、イングランド軍に引き渡されます。

ルーアンに連行されたジャンヌ・ダルクは、ブーヴルイユ城で異端裁判にかけられました。

裁判にかけられている間、ジャンヌ・ダルクはブーヴルイユ城の主塔「ジャンヌ・ダルクの塔(Tour Jeanne d’arc)」に幽閉されていました。

1431年5月30日、ジャンヌ・ダルクは異端者として教会から破門され、死刑が宣告されました。火刑台は「ヴュー・マルシェ広場(Place du Vieux-Marché)」に設置され、ジャンヌ・ダルクはここで19年の短い生涯を閉じました。

現在、火刑場になったヴュー・マルシェ広場には、十字架が建てられ、「サント・ジャンヌ・ダルク教会(Église Sainte-Jeanne-d’Arc de Rouen)」が建てられています。

 

ジャンヌダルクゆかりの地まとめ

「フランスの救世主」と呼ばれ、フランス史の中でも国民的な英雄として人気の高いジャンヌ・ダルクですが、人生の幕引きは悲劇そのものでした。

異端の判決を受け、火刑に処されたジャンヌ・ダルクでしたが、復権裁判により無実と殉教が認められ、フランスの守護聖人としてフランス人の心に今も生き続けています。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる