7区(エッフェル塔・アンヴァリッド)

アンヴァリッド(ナポレオンの墓)へ行ってきた!行き方・入場料・見どころ徹底ガイド

アンヴァリッド

 

パリの観光名所の1つであるアンヴァリッドは旧軍事病院。

太陽王と呼ばれたルイ14世によって建設されました。

約5,000人が収容できる規模の建物で、現在は軍事博物館として一部が公開されています。

また金色に光り輝くドーム教会には、あのフランスの英雄ナポレオン・ボナパルトの棺が安置されています。

今まで全然知らなかったのですが、実際に来てみるとめちゃくちゃおもしろかったです。ヴェルサイユやオペラ座のキラキラが苦手な人にこそぜひ足を運んでもらいたい!!

このページでは、旧軍事施設であったアンヴァリッドの見どころを丁寧に詳しくご紹介していきます。

こんな方におすすめ!
  • ナポレオンゆかりの地に興味あり
  • 戦争や武器について見学するのが好き
  • ミュージアムパスを持っている

華やかな建物が多いパリの中で異彩を放つアンヴァリッドの魅力をお伝えしていきます。

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

アンヴァリッドの見どころ・観光情報

正式名称は、L’hôtel des Invalidesオテル・デ・ザンヴァリッドといい、ルイ14世の時代、廃兵院として使われました。

パリの歴史的建造物の1つで、現在は軍事博物館として建物の一部が公開されています。

また付属するサン・ルイ教会は、ルイ9世の遺体安置のために建てられた教会。

王家の教会と呼ばれるドーム教会の地下墓地には、ナポレオン・ボナパルトをはじめ、ナポレオンの親族やフランスの著名な将軍たちの棺が置かれています。

軍事博物館

1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設として建設されたアンヴァリッド。

現在はその一部が軍事博物館になっています。13世紀から第二次世界大戦までの世界各国から集められた武器や装飾武器、軍服、紋章などが展示されています。

mari
mari
世界最大級の軍事コレクションといわれており、想像していたよりもずっと大きく見応えがあります。

外には大砲がいくつも展示されていますが、この中には下関の戦いで戦利品として持ち帰られた長州藩のものもあります。

軍事博物館に主に展示されているのは当時使用されていた武器。戦車から小銃まで、実際に使用されていた武器が間近で見られるのは非常に貴重です。

展示フロアには当時着用されていた軍服やヘルメット、当時の様子を描いた絵画などが展示されていて、個人的にはこちらがとても面白かったです。

映画でしか見たことのない小物の展示はなんだかワクワク!

特に軍刀の展示は、装飾の意味もあるものなのでとても豪華で、漫画の「ベルサイユのばら」を思い出しました。オスカルが持ってそう。

mari
mari
あまりにも展示が多いので、特に見たいエリアや展示物をできるだけ絞って周るのがおすすめです。わたしのおすすめは展示フロアと、野外の大砲!

ドーム教会(ナポレオンの墓)

王家の教会と呼ばれるドーム教会は、1677年から1706年にかけて建てられました。

教会はもともとルイ14世が傷病兵を収容するために建てたものですが、現在は「ナポレオンのお墓」として有名です。

国民投票によって皇帝にまで上り詰めたナポレオンも、対フランスのイギリスを中心とする同盟軍により皇帝の座から引きずり下ろされます。

最期はセントヘレナ島に幽閉され、51歳でその生涯に幕を降ろします。

ルイ・フィリップ国王によって設けられた地下墓地には、ナポレオン・ボナパルトの棺が置かれ、その周囲には、ナポレオンの親族やフランスの著名人が眠ります。

ナポレオンの死後、19年経った1840年に遺体はルイ・フィリップ国王の命によりこの場所に移されました。

ナポレオンが残した、「わたしの愛したフランス国民に囲まれ、セーヌ川のほとりで眠りたい」という言葉の通り、今もこの場所で安らかに眠っています。

ナポレオンの棺ナポレオンの棺

ドーム教会の正面に入ると、中央が吹き抜けになっていて、その下にボナパルトの棺が。上を見上げれば美しい天井画もありますので、チェックしてみてください♪

ドーム教会・天井画ドーム教会・天井画

サン・ルイ教会

アンヴァリッドの中央に建てられたサン・ルイ教会は、聖人サン=ルイを奉り、三位一体の教えを基とした兵士達のための教会。現在はフランス軍の教会として使われています。

ナポレオンの棺があるドーム教会が有名ですが、サン・ルイ教会も荘厳な雰囲気がただよう素敵な教会です!

実はパリで唯一のバロック様式教会でもあるので、一見の価値あり!入場無料なので、ぜひ立ち寄ってみて。

博物館内のブティック・書店

南側入り口のチケット売り場の隣には、かなり広めのミュージアムショップがあります。

軍事博物館の展示品や、軍事の歴史に関するガイドブックや書籍、ポストカードなどが販売されて、わたしのおすすめはナポレオングッズ!

mari
mari
レプリカやおもちゃ、ポストカードなどお土産にピッタリな商品が手に入りますよ!
場所ヴォーバン広場側(南側)のチケットカウンターそば
営業時間10:00-18:00(4月1日~10月31日),10:00-17:00(11月1日〜3月31日)
定休日:1月1日、5月1日、12月25日

カフェ・レストラン

カフェ・レストラン「Le Carré des Invalidesル・カレ・デ・ザンヴァリッド

南側入り口のチケット売り場に隣接されたカフェ・レストラン。

Le Carré des Invalidesル・カレ・デ・ザンヴァリッド」は、入場料金が必要な軍事博物館などを利用しなくても、自由に出入りできます。

アンヴァリットの観光で疲れたら、気軽に立ち寄ってみてくださいね♪

Salon de thé Angelinaサロン・ド・テ アンジェリーナ 

夏限定ではありますが、モンブランで有名なパティスリーの「アンジェリーナ」が敷地内の中庭にティールームを出店しています。(博物館内のブティックの向かい)

屋外カフェなので、お天気の良い日にのんびりと楽しめる穴場スポット!

営業期間は4月1日~10月31日で期間中は無休。

営業時間は11:00-18:00(火曜日のみ21:00まで)となっていますが、必ず事前に公式ホームページをチェックしてから訪問ください。

アンヴァリッドへの行き方・アクセス

アンヴァリッドへは、メトロやRERを使ってアクセスすることができます。

また、アンヴァリッドの入り口は、北側と南側に2つありますが、それぞれにチケット売り場があるのでどちら側からの入場でも問題ありません。

mari
mari
サン・ルイ教会や中庭の見学は無料!チケットが要らないので、ぜひ立ち寄ってみて♪

メトロで行く

最寄り駅は、メトロ8号線La Tour Maubourgラ・トゥール・モブルグまたは13号線Varennesヴァレンヌ

La Tour Maubourgラ・トゥール・モブルグ駅からアンヴァリッドまで徒歩5分。

Varennesヴァレンヌ駅からは入口まで回る必要があるので、徒歩11分かかります。

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

RERで行く

最寄り駅は、C線Invalidesアンヴァリッド。距離にすると1km弱あるので、徒歩15分ほど。

駅名が「Invalidesアンヴァリッド」なので、すごく近そうに感じますが、メトロのLa Tour Maubourgラ・トゥール・モブルグ駅の方が圧倒的に近いです!

関連記事RER(高速鉄道)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。 このページ...

アンヴァリッドの入場料金・営業時間・定休日・所要時間

アンヴァリッドはチケットが必要な有料エリアと無料で開放しているエリアに分かれています。

おにちゃん
おにちゃん
どのエリアを見たいか事前に決めて、入場料金が必要かどうか考えておきましょう!

有料エリア

  1. ドーム教会(ナポレオンの墓)
  2. 軍事博物館
  3. 立体地図博物館
  4. 開放勲章博物館
  5. シャルル・ド・ゴールの歴史の展示エリア
mari
mari
ナポレオンの棺や博物館の展示を見るなら入場料金がかかるということですね!

無料エリア

  1. サンルイ教会
  2. アンヴァリッドの中庭
  3. 野外の展示(大砲など

ドーム教会(ナポレオンの棺)は有料ですが、サンルイ教会は無料で見学できます!

入場料金

  • 一般料金:12ユーロ
  • 割引料金:10ユーロ
  • 18歳以下:無料
  • I-Podガイド:6ユーロ(日本語のガイド有/身分証明書と引き換えに貸し出し)

割引料金対象者:夏季は毎日17時~、冬季は毎日16時~の遅い時間帯の入場、4月~9月の夜間開館時にすべての方が適用になります。

ちなみに以前は一般料金が9.5ユーロでしたが、値上げされたようですね・・。

また、パリ・ミュージアム・パスの利用も可能です♪

パリミュージアムパスがお得!

パリミュージアムパス

パリの美術館共通パス「パリミュージアムパス」は、凱旋門でも使えます。

パリ市内の観光スポットでパリミュージアムパスが使える場所は多数!

パリミュージアムパスの対象スポットや購入方法については「パリミュージアムパス完全ガイド|料金・購入方法・対象スポットまとめ」で詳しく解説しています。

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

営業時間・定休日

  • 営業時間
    10:00-18:00(4月1日~10月31日)
    10:00-17:00(11月1日~3月31日)
  • 定休日
    1月1日、5月1日、12月25日

※閉館30分前まで入場可能

4月1日~9月30日の火曜日は、ドーム教会および近代の展示室は21:00まで開館しています。

また、クリスマス休暇と2月の休暇期間中は、17:30までの開館です。

アンヴァリッド周辺の治安

アンヴァリッドのある7区は比較的治安の良い地区ですが、エッフェル塔周辺の偽署名詐欺に注意が必要です。

署名詐欺・賭博詐欺に注意

若い女性が「英語を話しますか?」と言って近寄ってきます。署名をさせ、寄付を求めてきますが、完全な詐欺ですので注意してください。

また路上で、お金を賭けさせボールの入っているコップを当てるゲームがあります。

旅行者を信用させるため、観客役のグルがいて、その場の雰囲気を盛り上げ、詐欺を行いますので、絶対に誘いに乗らないようにしましょう。

パリ全体の治安に関しては「パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法」で詳しく解説しています。

パリに行く全ての旅行者に読んでいただきたいおすすめ記事です。

パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

アンヴァリッドまとめ

多彩な軍事コレクションを集めた軍事博物館をはじめ、皇帝ナポレオンが眠るアンヴァリッドは、歴史的に重要なパリのモニュメントの1つです。

おにちゃん
おにちゃん
またアンヴァリッドからは、グラン・パレ、プチ・パレを結ぶ豪華絢爛なアレクサンドル3世橋がありますので、こちらもお見逃しなく!

アンヴァリッドの他、偉人のお墓をテーマに「パリに眠る偉人を訪ねる!在住者おすすめの有名墓地と見どころ」というまとめ記事を書いてみました。

mari
mari
意外な場所も沢山あると思うので、ぜひ読んでくださると嬉しいです。
アンヴァリッド
住所129 Rue de Grenelle, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ8号線La Tour Maubourgラ・トゥール・モブルグ
メトロ13号線Varennesヴァレンヌ
時間10:00-18:00(4月1日~10月31日)
10:00-17:00(11月1日~3月31日)
定休1月1日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
無料エリアあり
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.parisinfo.com/musee-monument-paris/71310/Hotel-national-des-Invalides

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる