18区(モンマルトル)

サクレクール寺院を旅のプロが地図付きでご案内|行き方・入場料・見どころ徹底ガイド

 

モンマルトルの丘に建つ白亜の聖堂サクレ・クール寺院(Basilique du Sacré-Cœur)

ビザンチン様式の白いドームが特徴的で、一度は目にしたことがある方も多いはず。

mari
mari
わたしもこの場所が大好きで、時間があるときは必ず立ち寄ります

フランス映画の「アメリ」の舞台にもなった場所としても有名です!数ある教会の中でもぜひ足を運んでいただきたい一押しスポットのひとつ。

このページでは、日本人旅行者からも大人気のモンマルトルにあるサクレ・クール寺院の行き方や入場料金、見どころなどを詳しく丁寧にご紹介します。

日本人が見落としがちな教会見学の注意点・モンマルトルの治安についても詳しく記載しています。ぜひ最後までご覧ください!

こんな方におすすめ!
  • サクレ・クール寺院がどんなところか知りたい
  • サクレ・クールから街を見降ろしたい
  • 周辺の治安が気になる
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内
ホテルの移動は送迎やタクシーがおすすめ

最近は以前にも増してスリが増えています

せっかくの旅行が台無しにならないよう
まったく土地勘がない場合
ハイブランドで買い物をした場合
ケチらず送迎やタクシーを使いましょう

日本語で予約できます

シャルルドゴール空港⇔パリ
空港送迎サービスをみてみる

サクレ・クール寺院の観光情報

サクレクール寺院サクレクール寺院

サクレ・クール寺院のサクレ・クールとは、聖なる心臓を意味します。

イエス・キリストを祀っている、ロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂。

ノートルダム大聖堂のゴシック様式とはかなり異なるデザインですね。

サクレ・クール寺院のデザインは、イタリア・ベネチアのサンマルコ寺院などの影響を受けているそうです。

mari
mari
いつごろ建てられた建物なの?
おにちゃん
おにちゃん
完成したのは1914年。わりと新しい建物だね!

19世紀後半ごろ、戦争や内戦などで亡くなったフランス市民のために建築しよう!とはじまったサクレ・クール寺院の建設。

40年間の歳月をかけてやっと完成し、1919年にようやく市民に開放されます。

サクレクール寺院サクレクール寺院
mari
mari
今からちょうど100年前くらいの出来事なんですね。てっきりもっと歴史ある建物だと思っていました。

パリでは比較的新しい寺院です。

おすすめ観光の周り方

サクレ・クール寺院があるモンマルトルは、ピカソマネルノワールセザンヌモネモディリアーニなど、多くの画家にゆかりのある、芸術家の街として知られたエリア。

サクレ・クール寺院を訪れる際は

を併せて観光するのがおすすめです。

モンマルトル周辺には他にも見どころがあり、「旅のプロが選んだモンマルトルで絶対行きたい人気観光スポットおすすめ15選」ではモンマルトルの詳しい歩き方の解説をしています。

↓観光地の位置関係をGoogleマップにまとめました。ぜひ活用ください。

地図の使い方をみる

Googleマップの使い方Googleマップの使い方

ガイドブック

ガイドブックはスマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

パリ版はこちら

地球の歩き方が苦手な人におすすめしたいのは、写真が多めで読みやすい雑誌タイプのガイドブック。(るるぶトリコガイドなど)

30日間無料で体験できるKindleUnlimitedで読めるものも多いので、サラッと立ち読みして好みのガイドブックを見つけるのも◎

フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめは地球の歩き方旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ネッ...

シティパスを活用する

わたしは美術館好きなので、ヨーロッパのある程度の都市に行くと必ずシティパスがないか確認します。

サクレクールは対象外ですが、限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

毎回チケットを買って旅行を楽しんでいます。

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの主要な美術館や歴史的建造物など50ヶ所以上の施設に入場できる共通パスポート。日本で事前に購入も可能。

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

現地ツアーに参加する

モンマルトルは個人旅行で問題なく観光できます。

わたしも大抵の場合は個人で滞在しますが、ガイド付きで周った時の経験は忘れられません

自分では知らなかった観光スポットや豆知識など楽しいお話がたくさん聞けて、より有意義な時間を過ごすことができました。

日本語で予約できるベルトラiconがおすすめ。

英語や仏語でもよければGetYourGuideで安くツアーに参加できます。ぜひ一度チェックしてみてください。

モンマルトルのツアーを探す

サクレ・クール寺院の見どころ

ブロンズ像のレリーフ

サクレクール寺院サクレクール寺院

大聖堂への入り口、正面に開かれた3つの重厚なブロンズ像の扉それぞれ、そしてその上にも聖書の重要な場面の装飾が施されています。

  • キリストの死を確認するために脇腹に槍を刺す後の聖ロンギヌス
  • モーセが岩を杖で叩いて水を出す
  • 復活したキリストを信じられず傷に指を入れる疑い深いトマス
  • パンを増やして分け与えるキリストの奇跡
  • 最後の晩餐

などの装飾を見ることができます。

mari
mari
通常、開きっぱなしになっているため見逃さないように注意しながら通ることをおすすめします!

聖なる心臓・サクレ・クール

聖なる心臓とは聖心のこと。これはイエスが人類に与えた愛の象徴である心臓、また、それに対する崇敬を示す言葉です。

サクレクール寺院サクレクール寺院

祭壇に向かって左の通路へ行くと2人の聖人が描かれた2枚のステンドグラスが見えます。

聖テレーズと聖フーコー、サクレ・クールへの巡礼者として寺院にゆかりの深い2人の姿。

この2人の姿をよく見てみると、体の中心に赤いハートがあります。

これが「聖なる心臓サクレ・クール」で、燃え尽きないバラ色の心臓が聖人の証として描かれています。

寺院の中には他にも様々な形で、この「聖なる心臓サクレ・クール」が描かれているので探してみてくださいね!

天井に描かれたキリストのモザイク画

サクレクール寺院サクレクール寺院

サクレ・クール寺院見どころはなんといっても天井のモザイク画でしょう。

リュック・オリビエ・メルソンの大作で、色鮮やかなブルーにゴールドが映える美しい作品。

mari
mari
360度の大パノラマは首が痛くなるほど長い時間見上げていたい!!
サクレクール寺院サクレクール寺院

世界最大ともいわれるこのモザイク画は475平方メートル。実物は写真よりずっと大迫力!

天井も高いですね~!

キリスト教の「三位一体」を表した絵で、神・聖霊・イエス様の姿と、天使や聖人の姿が描かれています。

もう一歩、礼拝堂の奥に進むと小礼拝堂が。

サクレクール寺院サクレクール寺院

ここには、幼いイエス様を抱いた聖母マリア様の像があります。

パイプオルガン

サクレクール寺院サクレクール寺院

入り口の上にパイプオルガンが見えます。昨日行ってきたサンシュルピス教会の方がすごかった(笑)世界最大級のパイプオルガンを見た後だと少しかすんでしまいます。

サクレクールから見下ろすパリの街並み

サクレクール寺院サクレクール寺院

内部ももちろん素敵ですが、その他の教会と比べるとやや地味に感じるかもしれません。

サクレクール一番の見どころはやはりサクレクールから見下ろすパリの街並みと、下から見上げるサクレクールそのものでしょう。

わたしたちの写真だけでは魅力が十分伝わらないのが本当にツライ。

サクレクールから見下ろすパリは何度見ても本当に美しく、またいつかここへ戻ってきたいと思わずにはいられません。

屋上ドーム

有料ではありますが、せっかく訪れたのなら屋上ドームにもあがってみましょう!!

mari
mari
とはいえ、当然エレベーターはありません(笑)

パリではおなじみの狭くて小さい螺旋階段を300段登らなければならないので頑張りましょう!

おにちゃん
おにちゃん
それでも、登る価値があるほど標高130mの丘に建つ高さ83mの屋上ドームからの眺めは最高。

エッフェル塔もはっきり見えますし、オペラ座、ポンピドゥーセンターも目をこらして探してみましょう。

お天気の良い日は遠くまで見渡せるのでぜひ登ってみてくださいね!

サクレ・クール寺院のブックショップ(お土産)

サクレ・クール寺院のブックショップサクレ・クール寺院のブックショップ

せっかく教会へ来たなら思い出にキリスト教グッズやメダルなどはいかがでしょうか?

サクレ・クール寺院の記念メダルサクレ・クール寺院の記念メダル

パリの教会や美術館にはたいてい記念コインの自動販売機が置いてあるのでコレクションしてみるのも楽しいと思います。

サクレ・クール寺院口コミ・評判

近くにはルノアールなどの絵画の場面ともなったテアトル広場もあります。そちら一帯にも足を向けて、ストレートパフォーマンスを見たり、多くの画家たちが披露している絵を楽しむと、なお思い出が深まります。ご当地ならではの、画家に似顔絵も書いてもらっている光景も多く見かけます。

入口付近で黒人男性3名に囲まれて腕を掴まれました。そして、わたしが拒否してるのにミサンガを無理やりつけて金を要求してきました。とても怖かったです。 ただ、怖くてもこんな観光地でリンチとかはないだろうと思い、そのミサンガを無理矢理外して投げ捨てて、男の間をすり抜けて立ち去りました。 その後、特に何もされませんでしたが、ほんとに怖かったです。 皆さんは囲まれる前に逃げてくださいね。

mari
mari
パリはとっても素晴らしいところなのに、スリやこういった一部の悪質な人たちのせいで嫌いになってしまう人が多いんですよ( ;∀;)本当に残念!!

Googleレビューを見ても、ミサンガに関する口コミが多かったです。とにかく目を合わさずに足早に立ち去りましょう!

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

サクレ・クール寺院への行き方・アクセス

サクレ・クール寺院は、パリ北部にあるモンマルトルの丘の上にあります。

モンマルトルは、古き良き時代の面影を残した素敵な街。

ゴッホルノワールロートレックマティスピカソなど名だたる画家たちがこの地で暮らし、後世にまで残る不朽の名作を生み出しています。

テルトル広場テルトル広場

画家のユトリロが描いた小さな路地が、未だその姿のまま残されていて、本当にとっても素敵!!これだからパリはたまらない~

モンマルトルは芸術の街でもあるので、路上で似顔絵や風景画などを売っている人たちでにぎわっています。

テルトル広場テルトル広場

公共交通機関でパリの中心地からもアクセスできますので、ぜひ訪れてみてください。

メトロで行く

メトロ12号線 Abbessesアベス駅メトロ12号線 Abbessesアベス駅

最寄り駅は、メトロ12号線 Abbessesアベス、または2号線 Anversアンベールです。

Abbessesアベス駅からは徒歩10分、Anversアンベール駅からは徒歩8分。

mari
mari
距離的にはどちらの駅も同じくらい!

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して、安くバスやメトロに乗る方法があります。 チケットの種...

ケーブルカーで行く

ものすごく遠いわけではありませんが、階段は結構あります。

足が悪かったり小さな子連れで丘を登るのがきつい…という方は、サクレ・クール寺院がある丘をケーブルカーで上ることもできますよ!

料金はメトロの1回券と同額です。ナビゴやパリビジットなどのフリーパスも利用可能。

サクレ・クール寺院の入場料金・営業時間・所要時間

サクレ・クール寺院は聖堂内部は無料で見学できます。

ただ、天井ドームまで見学する場合はお金がかかるので注意!

入場料金

教会内部見学 無料
ドーム入場 6ユーロ(約720円)

営業時間・定休日

  • 営業時間
    寺院6:00-22:30
    有料ドーム8:30-20:00(5月~9月)/9:00-17:00(10月~4月)
  • 定休日
    なし

所要時間

所要時間は最低1時間はみておきたいところ

階段が多いので無理せずゆっくり観光してください!

サクレ・クール寺院見学マナー

サクレ・クール寺院は現役の教会でもあります。

おにちゃん
おにちゃん
ミサや様々な宗教的な行事が行われている場所でもありますので、マナーを守って見学しましょう。

教会の外にはNG事項が書いてある看板が出ているところも多いので、必ず確認してから中に入るようにしてください。

服装に気をつける

基本的に教会では露出の高い服装はNG!ミニスカート、短パン、タンクトップなどは避けたほうがいいと思います。

男性は帽子やフードを含めて頭に身に着けているものは外すのがマナー。

信仰の方の邪魔にならないよう静かに見学

観光スポットでもありますが、お祈りを捧げる信者の方々も訪れる神聖な場所でもあります。

大きな声でおしゃべりしたり、ズカズカと割り込んで写真を撮ったりは絶対やめましょう。

フラッシュ撮影は禁止

現在は、建物の内部も撮影OKになりました。

フラッシュ撮影は禁止されているのでカメラの設定を事前に確認しておきましょう。

サクレ・クール寺院周辺の治安

口コミを読んで想像がついたかもしれませんが、サクレ・クール寺院を含むモンマルトル周辺の治安は残念ながらあまりよくありません。

昼間は旅行者で賑わう場所なので、荷物に気をつけていれば特段問題なく観光できます。

夜はあたりが歓楽街ということもあって、昼間よりも危険が増します。用もなくフラフラと立ち寄らないように。

ミサンガ売りに要注意

サクレ・クール寺院周辺は、「ミサンガ売り」が多いことでも有名です。

どこからともなく沸いてきて、話しかけてきます。

言葉を返すと、腕にミサンガをまかれお金を要求してくるので注意!

とにかく、無視に限る!!!(笑)

ミサンガ売りが面倒な方はケーブルカーに乗っちゃってもいいかも…。

mari
mari
ミサンガが不要な方はニコニコせず、無視を決め込みましょう!

スリ対策の基本

モンマルトルに限った話ではありませんが、パリ旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

特にホテルの立地は身の安全を確保する意味で超重要

わたしたちがパリで宿泊におすすめしている地域は下記の3つ。

もし金銭的に余裕があるのであれば、シャンゼリゼ通りヴァンドーム広場あたりのホテルがおすすめです。

旅のプロが教えるフランス・パリのホテル・アパルトマンの選び方と注意点 国内各地、世界70カ国以上旅したmariと、パリに在住経験のあるおにちゃんが、フランスでホテルを選ぶときに気を付けたこと、失敗し...

また、空港からホテルまでの移動はバスや電車が手軽ですが、最近はスリも増えています。せっかくの旅行が台無しにならないよう、タクシーや送迎を使うという手もあります。

特にハイブランドで買い物をした場合はケチらず安心を買いましょう。

日本語で予約できます

シャルルドゴール空港⇔パリ
空港送迎サービスをみてみる
icon

海外旅行保険に入る

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品保証が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険自動付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは他の無料カードにはない隠れた魅力。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

年会費無料でこれはお得すぎ

エポスカード
公式サイトをみてみる

mari
mari
カード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を書きました
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード今回はクレジットカードのお話。フランスは日本と違い完全にキャッシュレス社会です。 お財布にはあまりたくさんの現金を入れず、スーパー...
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

サクレ・クール寺院まとめ

サクレ・クレール寺院は、今回ご紹介した以外にもまだまだ見どころがある大きな寺院です!

訪れた際にはたっぷり寺院の雰囲気を味わってみてください。

モンマルトル周辺には他にも見どころがあり、「旅のプロが選んだモンマルトルで絶対行きたい人気観光スポットおすすめ14選」ではモンマルトルの詳しい歩き方の解説をしています。

またパリの教会テーマに「パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説」というまとめ記事も書いてみました。

mari
mari
素敵な場所ばかりできっと気に入っていただけると思うので、ぜひ読んでみてください!
パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説
パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説パリ市内にある教会は100か所以上。元在住者&世界中の教会を渡り歩いた筆者がパリに行くなら絶対見逃せない教会を厳選して紹介しています。地図を見ながら観光の予定を立てるのにぜひ活用してみてください!...
サクレクール寺院
住所35, rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Abbessesアベス
メトロ2号線Anversアンベール
時間【寺院】
6:00-22:30

【有料ドーム】
8:30-20:00(5月-9月)
9:00-17:00(10月-4月)

定休なし
料金教会内部見学 無料
ドーム入場 6ユーロ
HPhttp://www.sacre-coeur-montmartre.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる