新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/3/31現在、コロナウイルスの影響によってフランスには入国できません。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

18区(モンマルトル)

アメリの舞台カフェ・デ・ドゥ・ムーランへ行ってきた!メニュー・行き方徹底ガイド

わたしが大学生のころ爆発的な人気を博した映画「アメリ」

約20年経った今も根強い人気があり、モンマルトルにあるCafe des Deux Moulinsカフェ・デ・ドゥ・ムーランへ足を運ぶファンが絶えません。

10年前に立ち寄った、カフェ・デ・ドゥ・ムーラン。久しぶりに再訪してきたのでレビューしたいと思います♡

アメリファンでなくても、モンマルトルに来たらぜひ一度は足を運んでみたいカフェ。ぜひご覧ください!

日本語で事前予約OK

カフェ・デ・ドゥ・ムーランを
日本語で予約する

※365日対応のサポートセンターがあるので、フランス語や英語に自信のない方はグルヤクが安心です

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


カフェ・デ・ドゥ・ムーラン店内の様子

それではさっそく、カフェ・デ・ドゥ・ムーランのメニューや店内の雰囲気をご紹介したいと思います。

カフェの様子

主演のオドレィ・トトゥ演じるアメリが働いていたカフェの店内はアメリの写真が堂々と飾られ、入った瞬間に「あっ、アメリのお店!!」と気づきます。

とはいえお店自体は改装してしまっているので、ややモダンになって雰囲気が変わってしまったのがちょっぴり残念。

以前行った時はこんなにたくさんティディベアが置かれていなかった気もしますが、記憶が曖昧です(笑)

きっと旅行者が記念撮影できるようにたくさん置いてくれたのでしょうね!

カウンタ-の様子

カウンターの配置が変わっていないので映画の雰囲気が残っています。

朝早かったので本当にガラガラでした(笑)

トイレ手前の展示

お手洗いの手前にアメリグッズを飾った展示コーナーがあります。

トイレに行かないと気づかないかもしれないので、ぜひ忘れずチェックしてみてください。

カフェ・デ・ドゥ・ムーランのメニュー

メニュー表をしっかりチェックしてみました。以前来た時はクレームブリュレを食べると決めていたので、他のメニューのことはほとんど見ていなかったんです(笑)

日本語はありませんが、公式サイトからも英語メニューを見ることができます。

アラカルト

ビストロ定番の牛肉のタルタル、鴨のポワレ、サラダ、牛フィレ、フォアグラ、フライドポテトなど一通り何でもそろいます。

mari
mari
最近フランスはハンバーガーブームらしいので、ムーランバーガーもおすすめ!

デザート

デザートは人気のクレームブリュレ以外にチーズケーキ、クレープ、アイスクリームなど数種類。

ドリンク

  • エスプレッソは2.7ユーロ~
  • ビールは瓶1本7.5ユーロ~

カフェ・デ・ドゥ・ムーランのクレームブリュレ

甘い物が苦手でないならやはりここはクレームブリュレ。表面をこんがり焦がして、アメリのようにパリっと潰しましょう!

味はかなり甘めです。素材が活きたシンプルな味わいで結構美味しいですよ♪

写真で見るよりも大きいので、ふたりで1つシェアするくらいで十分かも。

コーヒー2杯とクレームブリュレ1つでお値段15.3ユーロ(1,884円)※2020年3月のレート

mari
mari
日本と比べるとややお高めですが、パリのカフェとしてはまぁまぁではないでしょうか。

クレームブリュレは9.5ユーロ(1,170円)なので、コーヒーだけなら格安ですね。

日本語で事前予約OK

カフェ・デ・ドゥ・ムーランを
日本語で予約する

※365日対応のサポートセンターがあるので、フランス語や英語に自信のない方はグルヤクが安心です

映画「アメリ」について

アメリはかなり独特な映画なので、好き嫌いの好みがハッキリ分かれるかもしれません。

モンマルトルを舞台に、主人公アメリを通してパリジャンの生活を描きます。

空想好きな少女アメリが22歳で働き始めたのがこのカフェ・デ・ドゥ・ムーラン。アメリがブランコに乗せて遊んでいたテディベアが店内のいたるところに飾られています。

そして、アメリの楽しみのひとつ「クレームブリュレのおこげを潰すこと」で有名なクレームブリュレがカフェの大人気メニュー。

パリ市内にはカフェ近くのサクレクール寺院、メトロのAbbessesアベス駅、サンマルタン運河などたくさんのロケ地がありますが、やはりカフェ・デ・ドゥ・ムーランは外せないでしょう。

アメリはAmazonプライムビデオなら無料で視聴可能です。

アメリの他、《ミッドナイト・イン・パリ》や《パリの大晦日》などパリを舞台にした映画がたくさんあるので旅行前に気分を高めるにはピッタリですよ♡

※初めての利用なら30日間の無料体験ができます。詳しくは公式サイトで。

公式サイトAmazonプライムビデオ

カフェ・デ・ドゥ・ムーランの行き方・アクセス

カフェ・デ・ドゥ・ムーランまではメトロ2号線Blancheブランシュから徒歩2分。メトロ12号線 Abbessesアベスからは徒歩7分です。

ムーランルージュムーランルージュ

Blancheブランシュ駅からカフェへ直接向かって、空いている間に朝ごはんを食べてから、モンマルトルを散策してAbbessesアベス駅から移動するというコースもよさそうですね。

Blancheブランシュ駅を降りるとすぐにムーランルージュが見えます。右側のLepic通りを登ればカフェはもうすぐ!

Abbessesアベス駅は数少ない昔からのままの姿が残っていることでも有名です。アメリとニノが出会ったのもAbbessesアベス駅でしたね♡

カフェ・デ・ドゥ・ムーランの営業時間・定休日

営業時間

日曜日に閉まっているお店が多い中、朝早くから開いているのがありがたい!そして夜は深夜2時まで営業です。

  • 月~金 7:30~翌2:00
  • 土・日 8:00~翌2:00

定休日

なし

営業時間、定休日の情報はカフェ・デ・ドゥ・ムーラン公式サイトを参考にしていますが、変更になることもあるので公式ページやGoogleマップを参考に事前に確認してみてください!

カフェ・デ・ドゥ・ムーランまとめ

アメリファンでなくても一度は足を運んでみたいカフェ・デ・ドゥ・ムーラン!

モンマルトルはパリの中でもちょっぴりレトロで風情ある大好きなエリア。カフェとあわせてぜひ周辺を散策してみてください。

アメリのロケ地スポット

↓タップすると関連スポットにジャンプします

久しぶりに再訪した今回はタイミングよく店内が空いていましたが、アメリのカフェとしてよく知られている場所なので、限られた時間の中で観光するなら事前予約がおすすめです。

日本語で事前予約OK

カフェ・デ・ドゥ・ムーランを
日本語で予約する

※365日対応のサポートセンターがあるので、フランス語や英語に自信のない方はグルヤクが安心です

カフェ・デ・ドゥ・ムーラン
住所15 Rue Lepic, 75018 Paris 地図
最寄り駅メトロ2号線Blancheブランシュ
メトロ12号線 Abbessesアベス
HPhttps://cafedesdeuxmoulins.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

 

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる