画家・アーティスト

ロートレックゆかりの地4選!フランス・パリを巡る旅

アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックは、19世紀末に活躍した名門貴族出身のフランス人画家です。

娼婦やモンマルトルのキャバレーで働く女性たちなどを巧みな視点でとらえ、風俗画をはじめ、肖像画や裸婦画などを描きました。

生涯、障害や病気で苦しみましたが、明るく社交的な性格で多くの人から愛されました。

リトグラフによるポスターを数多く手がけ、革新をもたらしたことでも知られています。

わたしも特に好きな画家のひとりで東京の展覧会にも足を運びました。

今回は、ポスターを芸術まで高めたロートレックゆかりの地をご紹介していきます。

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック(Henri de Toulouse-Lautrec)とは?

アンリドトゥールーズロートレック(Henri de Toulouse-Lautrec)
出没年1864年11月24日-1901年9月9日 36歳でアルコール依存症と梅毒により死去
様式・流派ポスト印象派、アール・ヌーヴォー
出身フランス(アルビ)
代表作《束の間の征服 (コルセットを着ける女)》オーギュスタン美術館
《踊るジャンヌ・アヴリル》オルセー美術館
《ムーラン・ルージュにて》シカゴ美術館
《ムーラン・ルージュのラ・グーリュ(ポスター)》トゥールーズ・ロートレック美術館
影響を受けた人物エドガードガ
影響を与えた人物パブロピカソ

幼少期

1864年11月24日、ロートレックは、フランス南西部の古都アルビで誕生。

トゥールーズ・ロートレック家は9世紀から続く名門貴族の家柄で、ロートレックは幼少時代を何不自由なく育ちます。

しかし両親が従兄妹同士の近親婚であったためか、ロートレックと弟には遺伝子疾患がみられ、弟は幼くして亡くなっています。

1878年、ロートレックは椅子から落ちて左大腿骨を、翌年には右大腿骨を立て続けに骨折。

それ以降、上半身は成長したものの、下半身の発育は止まってしまいました。

体が不自由になると、ロートレックは父親から疎まれるようになり、祖父の家で多くを過ごすようになります。

傷つき、辛い日々でしたが明るく振る舞い周囲に心配をかけないよう過ごしました。

絵の上手だった祖父の影響もありロートレックは絵に興味を持ち、画家René Princeteauルネ・プランストから絵の指導を受けます。

芸術キャリア

1882年、パリに出て、Léon Bonnatレオン・ボナの画塾に入門。

エコール・デ・ボザール(国立美術学校)の教授就任によりレオン・ボナのアトリエが閉鎖されると、Fernand Cormonフェルナン・コルモンの画塾へと移ります。

ここでVincent van Goghフィンセント・ファン・ゴッホÉmile Bernardエミール・ベルナールらに出会います。

のちに画家となりMaurice Utrilloモーリス・ユトリロの母として知られるSuzanne Valadonシュザンヌ・ヴァラドンと出会ったのが1885年のこと。

ヴァラドンはロートレックのモデルを務め、一時的に同棲関係にもなっています。

1888年、ブリュッセルで開催された近代芸術家たちのグループ展「20人展」に出品。

ムーラン・ルージュムーラン・ルージュ

1889年、モンマルトルにキャバレー「ムーラン・ルージュ」が開店すると、店からポスターを依頼され、これを機に知名度を上げます。

ロートレック《La Troupe de Mademoiselle Eglantine》ロートレック《La Troupe de Mademoiselle Eglantine》

1889年から1894年にかけて、前衛芸術家たちによるアンデパンダン展に定期的に出品。

アンデパンダン展(サロン・ド・アンデパンダン)とは英語でindependentの意であり、無審査・無賞・自由出品を原則とする美術展のこと。

誰でも自由に出展できる素人展ではあるものの、ルソーロートレックマティスゴーギャンセザンヌゴッホシニャックピサロルドン藤田嗣治など名だたる画家が作品を発表し、美術界へ大きな影響を与えた。

1891年、リトグラフの制作を開始。

1893年、ブソ・エ・バラドン画廊で初めての個展が開かれます。

ルイーズ・ウェヴェール、通称「ラ・グリュ」、イヴェット・ギルベール、ジャンヌ・アヴリルなどのトップダンサー達や同時期モンマルトルで働く多くの娼婦も描きました。

自身が障害者であることから、社会的弱者に対して愛情を持って接したロートレックはどこへ行っても人気者でした。

晩年

晩年のロートレックは、身体の痛みを紛らわすため大量にアルコールを摂取したことによる依存症や梅毒が原因で急速に健康を害していきます。

1901年9月9日、母親の暮らすマルメロ城で、両親に看取られながら36歳の若さで死去。

ロートレックの死後、残された膨大な作品は小学校からの同級生で親友であったMaurice Joyantモーリス・ジョワイヤンに託されました。

ジョワイヤンは、パリのモンパルナスで画商になっていました。

ジョワイヤンによってロートレックの作品は、故郷アルビのベルビー宮殿に収蔵され、1922年にトゥールーズ・ロートレック美術館として開館しました。

ロートレックゆかりの地ベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、郊外もめぐるのであれば気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね! 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

美術館だけがお目当てであれば、あえて、オフシーズンでリーズナブルな冬の期間も良いと思います。

ロートレックゆかりの地4選

①トゥールーズ・ロートレック美術館(Musée Toulouse Lautrec)

フランス アルビフランス アルビ

フランス南西部に位置する古都アルビは、ロートレックの故郷。

アルビの司教都市は、2010年にユネスコの世界遺産に登録されています。

トゥールーズ・ロートレック美術館は、1922年にトゥールーズ・ロートレック伯爵夫妻の寄贈のコレクションをもとに開館した美術館です。

建物はもともと中世時代の司教館であったベルビー宮殿で、高くそびえる重厚な壁は、当時要塞の役割も果たしていました。

ルネサンス期から18世紀にかけて宮殿として変化を遂げ、美しいフランス式庭園も作られました。

デッサン、リトグラフ、ポスター、油彩画、彩色画、手紙、写真などロートレックの1000点以上に及ぶコレクションが展示されているほか、Vincent van Goghフィンセント・ファン・ゴッホHenri Matisseアンリ・マティスPierre Bonnardピエール・ボナールなど同時代を生きた画家たちの作品も鑑賞することができます。

トゥールーズ・ロートレック美術館
住所Palais de la Berbie, Pl. Sainte-Cécile, 81000 Albi地図
行き方パリからアルビまで電車で行く場合、パリのモンパルナス駅(Gare Montparnasseガール・モンパルナス)からTGVでトゥールーズ・マタビオ駅(Gare de Toulouse-Matabiauガール・ドゥ・トゥールーズ・マタビオ)まで約4時間20分。トゥールーズ・マタビオ駅からアルビ・ヴィル駅(Gare Albi-Villeガール・アルビ・ヴィル)まで約1時間。アルビ・ヴィル駅から旧市街まで徒歩で約15分。
時間10:00-12:30 / 14:00-18:00(10月1日-5月31日)
10:00-18:00(6月1日-9月30日)
定休月曜日、1月1日、5月1日、11月1日、12月25日
料金10ユーロ
(企画展のみ6ユーロ)
18歳未満無料
HPhttp://musee-toulouse-lautrec.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②オーギュスタン美術館(Musée des Augustins)

オーギュスタン美術館(Musée des Augustins)オーギュスタン美術館(Musée des Augustins)

フランス南西部に位置するトゥールーズは、「バラ色の街」と呼ばれる赤レンガ造りの建物が立ち並ぶ美しい街です。

トゥールーズの歴史的建造物に指定されているオーギュスタン美術館は、もともと聖オーギュスタン修道院でした。

フランス革命後、国の所有となり、1795年に美術館として開館しました。

世界でも有数のロマネスク彫刻のコレクションを誇ります。

ロートレック《束の間の征服 Conquête de passage》オーギュスタン美術館ロートレック《束の間の征服 Conquête de passage》オーギュスタン美術館

父親のトゥールーズ・ロートレック伯爵によって寄贈されたロートレックの作品も所蔵しており、《束の間の征服 (コルセットを着ける女)》《巻き髪をする女性》などを鑑賞することができます。

オーギュスタン美術館
住所21 Rue de Metz, 31000 Toulouse 地図
行き方パリからトゥールーズまで電車で行く場合、パリのモンパルナス駅(Gare Montparnasseガール・モンパルナス)からTGVでトゥールーズ・マタビオ駅(Gare de Toulouse-Matabiauガール・ドゥ・トゥールーズ・マタビオ)まで約4時間20分。
時間改修工事のため、2023年まで閉館
定休
料金
HPhttps://www.augustins.org/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge)

ムーラン・ルージュムーラン・ルージュ

アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックを語る上で欠かせないのが、赤い風車が目印の「ムーラン・ルージュ」。

モンマルトルにあるキャバレーで、フレンチカンカンなど多彩なエンターテイメントで人気を集め、パリを代表する観光スポットの1つになっています。

1889年にムーラン・ルージュが開店すると、ロートレックは店のポスターを依頼されました。

ロートレック《ムーラン・ルージュのラ・グーリュ》ロートレック《ムーラン・ルージュのラ・グーリュ》

ムーラン・ルージュの踊り子たちを描き、一躍有名になったロートレックはムーラン・ルージュから便宜を図られ、キャバレーに入り浸るようになります。

やがてアルコール依存症となり、奔放な性生活により梅毒を患ってしまいます。

心身共に弱ったロートレックは、1901年に母親の住むマルロメ城で両親に看取られながら息を引き取りました。

ムーラン・ルージュ
住所82 Bd de Clichy, 75018 Paris 地図
最寄りメトロ2号線Blancheブランシュ
時間
定休
料金
HPhttp://www.moulinrouge.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館オルセー美術館

パリ万国博覧会の際に建設されたオルセー駅を改装し、1986年に美術館として生まれ変わったオルセー美術館。

フランス印象派芸術の楽園といわれ、印象派の巨匠たちの作品をはじめ、19世紀の美術作品を収蔵しています。

ロートレック《踊るジャンヌ・アヴリル Jane Avril dansant》オルセー美術館ロートレック《踊るジャンヌ・アヴリル Jane Avril dansant》オルセー美術館

世紀末の巨匠と呼ばれるアンリ・ド・トゥールーズ・ロートレックの作品も展示されており、《踊るジャンヌ・アヴリル》《赤毛の女(見繕い)》《ジュスティーヌ・ディール嬢》《黒いボアの女》《ベッド》《女道化師シャ・ユ・カオ》《ひとり》などを鑑賞することができます。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金14ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ロートレックゆかりの地まとめ

類いまれな才能を持ちながらも退廃的な生活を送り、36歳の若さでこの世を去ったロートレック。

日本美術に興味を持ち、ロートレックのリトグラフやポスターには、浮世絵の影響を強く感じとることができます。

大胆に配置されたシルエットは見るものに強烈な印象を与え、同時代の画家たちにも大きな影響を与えました。

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる