芸術家・アーティスト

在住者厳選!ポール・ゴーギャンゆかりの地2選

「野生の画家」と呼ばれたポール・ゴーギャンは、ポスト印象派を代表する画家の1人です。

印象主義に異議を唱え、モチーフを単純化し、はっきりした太い輪郭線と鮮やかで平滑な色面で表現する「総合主義(サンテティスム)」という独自の絵画手法を確立し、数多くの名画を残しました。

今回は、実業家から画家に転じ、前衛芸術家たちに大きな影響を与えポール・ゴーギャンゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)とは?

ポールゴーギャン(Paul Gauguin)
出没年1848年6月7日-1903年5月8日 54歳で死去
様式・流派ポスト印象派、ポン・タヴェン派
出身パリ
代表作《タヒチの女たち》オルセー美術館
《黄色いキリストのある自画像》オルセー美術館
《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》ボストン美術館
影響を受けた人物ピサロ、ベルナール、ゴッホ
影響を与えた人物ナビ派の画家、パブロピカソ、アンリマティス、シャガール

幼少期

ポール・ゴーギャンは、1848年6月7日にパリで誕生。

父親は共和主義者のジャーナリスト、母親は作家で社会改革運動家のFlora Tristanフローラ・トリスタンの娘。

mari
mari
バリバリの左翼家庭で教育を受けます。

1851年、ナポレオン3世のクーデターにより、共和主義者であった父親が失職。

二月革命の弾圧から逃れるため一家はペルー共和国に向かいました。

しかし航海中に父親が急死し、残された家族は親戚を頼ってペルーで4年間過ごします。

ゴーギャンが7歳のとき、一家はフランスに戻り、父方の祖父を頼ってオルレアンで生活を開始。

地元の学校に通った後、ゴーギャンは商船の水先人見習いになりました。

1868年から1870年まで、兵役でフランス海軍に入隊。

1871年、パリ証券取引所に就職。株式仲買人として働き、やがて絵画取引でも収入を得るようになります。

1873年、デンマーク人のMette Sophie Gadメット・ソフィー・ガッドと結婚。5人の子供に恵まれましたが、のちに離婚しています。

ここまでは絵に描いたような順風満帆。他の画家とは一線を画す人生です。

この頃からゴーギャンは、仕事の傍ら絵を描くようになります。

芸術キャリア

ゴーギャンの家の近くには、印象派画家たちの集まるカフェがあり、そこでCamille Pissarroカミーユ・ピサロと知り合いました。

ピサロと親交を深めたゴーギャンは、ピサロの家へ度々訪れ、絵の指導をしてもらうようになります。

1876年、サロンで初入選。

1879年、第4回印象派展に初めて作品を出品。それ以降、第8回印象派展まで続けて出品しました。

1883年、本格的に画家として生きていくことを決意。経済的に困難な生活が続いたため、翌年ルーアンに移住。

1886年、ブルターニュ地方Pont-Avenポン・タヴェンにある画家のコミュニティで暮らし始めます。

そこでÉmile Bernardエミール・ベルナールと出会い、総合主義(サンテティスム)を作り上げ、ポン・タヴェン派と呼ばれるようになります。

1887年、パナマを訪れたゴーギャンは破産し、国費でフランスへ帰還。

カリブ海仏領マルティニーク島カリブ海仏領マルティニーク島

しかしマルティニーク島で下船し、約半年間滞在します。

1888年、南フランスのアルルに住むVincent van Goghフィンセント・ファン・ゴッホの誘いを受け、「黄色い家」で共同生活を開始。

しかし2人の関係は次第に悪化し、同年ゴッホの耳切り事件が起こります。こうしてわずか2ヶ月で終止符を迎え、ゴーギャンはアルルを去りました。

これ以降、ゴッホとゴーギャンが会うことは二度とありませんでした。

タヒチへ

1891年、長年の夢であったタヒチへ旅立ち、そこで精力的に制作を始めます。

健康状態の悪化や経済的困窮のため一度帰国しましたが、1895年に再びタヒチに戻ります。

1897年、異国の地で失意と貧困にあえぐ中、さらに追い討ちをかけるかのように娘アリーヌの死の知らせを受けます。

ゴーギャン《我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか》ボストン美術館ゴーギャン《我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか》ボストン美術館

深い悲しみと絶望に襲われたゴーギャンは、死を決意し、人生最後の作品《我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか D’où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?》を完成させました。

mari
mari
右側は人生の始まり、中央は成年期、左側は死に向かっている様子がわかります。

その後、ヒ素を飲み自殺を図りましたが、未遂に終わっています。

1901年、タヒチ島の北東に位置するフランス領ポリネシアのマルキーズ(マルケサス)諸島に移り住みます。アツオナ村に「快楽の家」を建て、そこがゴーギャンの終焉の地となりました。

1903年5月8日、突然倒れ、帰らぬ人となりました。享年54歳でした。

ポール・ゴーギャンゆかりの地ベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、郊外もめぐるのであれば気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

美術館だけがお目当てであれば、あえて、オフシーズンでリーズナブルな冬の期間も良いと思います。

ポール・ゴーギャンゆかりの地2選

①ポン・タヴェン美術館(Musée des beaux-arts de Pont-Aven)

ポン・タヴェン美術館ポン・タヴェン美術館

「画家の村」として知られるブルターニュ地方のポン・タヴェンは、多くの画家たちを魅了した場所です。

ポール・ゴーギャンをはじめ、Émile Bernardエミール・ベルナールPaul Sérusierポール・セリュジエらが集まり創作活動を行い、のちに「ポン・タヴェン派」と呼ばれました。

現在、村にはたくさんのアートギャラリーがあり、今でも世界中から芸術家たちが集まります。

ゴーギャン《黄色いキリスト》オルブライト=ノックス美術館ゴーギャン《黄色いキリスト》オルブライト=ノックス美術館

また村外れには、《黄色いキリスト》のモデルとなったキリスト像のある「トレマロ礼拝堂(Chapelle de Tremalo)」が静かに佇んでいます。

村の一番の見どころは、1985年に開館したポン・タヴェン美術館。

ポン・タヴェン派のコレクションが中心に展示されていますポール・ゴーギャンの作品《ブルターニュの浴女》《海の惨事、ブルターニュ》《ブルターニュの少年の水浴》などを鑑賞することができます。

ポン・タヴェン美術館
住所Place Julia, 29930 Pont-Aven 地図
行き方パリのMontparnasseモンパルナス駅からTGVでQuinperléカンペルレ駅下車。カンペルレ駅からポン・タヴェンまで(18km)バス、またはタクシーで。所要時間約5時間。
時間10:00-18:00
(7月・8月 10:00-19:00)
(冬季 14:00-17:30)
定休月曜日
料金8ユーロ
(企画展期間外5ユーロ)
18歳以下無料
HPhttps://www.museepontaven.fr/fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館オルセー美術館

駅舎を改装してできたオルセー美術館は、1848年から1914年の膨大な美術作品を所蔵します。

世界最大の印象派とポスト印象派のコレクションが揃う美術館として知られ、世界中から観光客が訪れます。

ゴーギャン《タヒチの女たち》オルセー美術館ゴーギャン《タヒチの女たち》オルセー美術館

ポール・ゴーギャンの作品もまた数多く所蔵しており、《タヒチの女たち》をはじめ、《黄色いキリストのある自画像》《ポン・タヴェンと洗濯女たち》《白い馬》《アレアレア》《レ・ザリスカン(アルル)》《食事》《雪のブルターニュの村》《扇面のある静物》《ヴェイルマティ》《黄金色の女たちの肉体》《イエナ橋から見たセーヌ川》などが展示されています。

ゴーギャン《黄色いキリストのある自画像》オルセー美術館ゴーギャン《黄色いキリストのある自画像》オルセー美術館
ゴーギャン《レ・ザリスカン(アルル)》オルセー美術館ゴーギャン《レ・ザリスカン(アルル)》オルセー美術館

時間に余裕を持って、じっくりと鑑賞したい美術館です。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ポール・ゴーギャンゆかりの地まとめ

実業家から画家に転身したポール・ゴーギャンは、まさに波乱万丈の人生でした。

晩年は健康状態の悪化や経済的困窮を強いられましたが、楽園を求めて渡ったタヒチで、ゴーギャンは新たなインスピレーションを受け、そこで多くの傑作を生み出しました。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる