芸術家・アーティスト

在住者厳選!カミーユ・ピサロのゆかりの地5選

カミーユ・ピサロは、印象派の中心的な画家の1人です。

温厚な性格から人望が厚く、印象派のメンバーより10歳以上年が離れていたことから若い世代の画家たちにも慕われました。

晩年はジョルジュ・スーラやポール・シニャックらとともに新印象主義を追求し、点描画なども制作。

日本ではやや知名度が低いかもしれませんが、人気の画家モネセザンヌとも縁が深く、調べて行くと必ずカミーユピサロの名前に辿りつくと思います。

今回はそんな印象派および新印象派のまとめ役、画家カミーユ・ピサロのゆかりの地をご紹介していきましょう。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)とは?

ジャコブ アブラハム カミーユ ピサロ(Jacob Abraham Camille Pissarro)
出没年1830年7月10日-1903年11月13日 73歳で前立腺の感染症により死去
様式・流派印象派、新印象派
出身デンマーク領(カリブ海セント・トーマス島)
代表作《赤い屋根、村のはずれ、冬》オルセー美術館
《モンモランシーの風景》オルセー美術館
《モンマルトル大通り》メトロポリタン美術館
影響を受けた人物カミーユコロー、クロードモネ、ギュスターヴクールベ、フランソワミレー、ジョルジュスーラ
影響を与えた人物ポールセザンヌ、ポールゴーギャン

幼少期

カミーユ・ピサロは、1830年7月10日にデンマーク領セント・トーマス島(現在のアメリカ領ヴァージン諸島)生まれ。

両親は金物屋を営む両親のもと、4人兄弟の三男として誕生しました。

1842年から5年間、パリの寄宿学校に通学。

帰郷後は、家業を手伝っていましたが、20歳のときに画家Fritz Melbyeフリッツ・メルビューに出会い、1852年から1854年にかけてメルビューに同行してベネズエラへ旅にでかけました。

1855年、画家を志すことを決めたピサロは、父を説得してパリに移り住みます。

芸術キャリア

同年、パリで開催されていた万国博覧会で、風景画家のCamille Corotカミーユ・コローや写実主義画家のGustave Courbetギュスターヴ・クールベ、バルビゾン派のJean François Milletジャン・フランソワ・ミレーの作品に強く感銘を受けます。

とりわけコローに大きな影響を受けたピサロは、戸外で絵を描くように。

1859年、画塾Académie Suisseアカデミー・シュイスに入門し、そこでClaude Monetクロード・モネPaul Cézanneポール・セザンヌらと知り合います。

カミーユ・ピサロ《モンモランシーの風景 Paysage à Montmorency》オルセー美術館カミーユ・ピサロ《モンモランシーの風景 Paysage à Montmorency》オルセー美術館

同年のサロン・ド・パリに出品した作品《モンモランシーの風景 Paysage à Montmorency》で初入選。

エドゥアール・マネ《草上の昼食 Le Déjeuner sur l'herbe》オルセー美術館エドゥアール・マネ《草上の昼食 Le Déjeuner sur l’herbe》オルセー美術館

1863年、Édouard Manetエドゥアール・マネが《草上の昼食 Le Déjeuner sur l’herbe》で一大スキャンダルを巻き起こした落選展に、ピサロは風景画3点を出品します。

この参加をきっかけにマネと親しくなり、マネを中心としたバティニョール派と呼ばれる若手画家たちとカフェ・ゲルボワに集まり、親交を深めました。

 アンリ・ファンタン=ラトゥール《バティニョールのアトリエ Un atelier aux Batignolles》オルセー美術館アンリ・ファンタン=ラトゥール《バティニョールのアトリエ Un atelier aux Batignolles》オルセー美術館

バティニョール派のメンバーは、のちに「印象派」と呼ばれるようになります。

おにちゃん
おにちゃん
《バティニョールのアトリエ Un atelier aux Batignolles》に描かれた人物は左から下記の順で並んでいます。

錚々そうそうたるメンバーですね。

バティニョール派メンバー(抜粋)

1864年のサロンで《マルヌ川のほとり》と《カシャラの道、ラ・ロッシュ・ギヨン》、

1865年のサロンで《シュヌヴィエール、マルヌ川のほとり》と《水辺》、

1866年のサロンで、《マルヌ川のほとり、冬》、1868年のサロンで《ジャレの丘》と《エルミタージュ》がそれぞれ入選。

1869年からパリ郊外のLouvecienneルーヴシエンヌに住み、モネAlfred Sisleyアルフレッド・シスレーPierre Auguste Renoirピエール・オーギュスト・ルノワールと一緒に戸外制作を行い、次第に明るい色調の絵を描くように。

同年のサロンで《エルミタージュ》が入選し、ピサロの最後のサロンとなった1870年のサロンでは、《秋》と《風景》が入選しました。

1870年、普仏戦争が勃発すると、ロンドンに避難。

そこで画商Paul Durand Ruelポール・デュラン・リュエルと知り合い、制作の支援を受けるようになります。

戦後ルーヴシエンヌの自宅に戻りますが、その1年後にポントワーズに移住。

ピサロのもとにはセザンヌやPaul Gauguinポール・ゴーギャンらが集まり、ポントワーズ派と呼ばれました。

1871年、Julie Vellayジュリー・ヴレーと結婚。

早世した2人を含め、8人の子供に恵まれました。そのうち5人の息子たちは、ピサロと同じく画家の道に進みます。

1874年モネらと独自のグループ展を計画し、第1回印象派展を開催。

印象派展は1874年から1886年にかけて全8回開催されましたが、ピサロはすべての印象派展に作品を出品した唯一の画家でした。

ピサロは、Georges Seuratジョルジュ・スーラPaul Signacポール・シニャックなど若い世代(新印象派)とともに印象派の発展に貢献しますが、これが内部分裂を引き起こし、1886年の第8回印象派展を最後に解散。

1883年、画商ポール・デュラン・リュエルが新しく開いた画廊で、ピサロの初個展が開かれました。70点の作品が展示され、成功に終わりました。

1893年以降、パリをはじめ、ルーアン、ディエップ、ル・アーヴルなど都市をテーマにした連作にも挑戦。

1894年に起きたドレフュス事件(反ユダヤ主義による陰謀事件)が原因で、長年の友人エドガー・ドガオーギュスト・ルノワールと絶縁。

晩年は目の病気により屋外での製作が難しく、ホテルの高層階へ泊まり窓際から景色を描きました。

1903年11月13日、ピサロは73年で人生の幕を閉じます。残した油彩画は1316点、版画は200点にものぼりました。

カミーユ・ピサロゆかりの地ベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、お墓参りやパリの街を散策するなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

美術館巡りであればあえて空いているオフシーズンの冬でも全く問題ありません。

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

カミーユ・ピサロゆかりの地5選

①ルーブル美術館(Musée du Louvre)

閉館直前ライトアップされた夜のルーブル美術館閉館直前ライトアップされた夜のルーブル美術館

世界最大級の規模を誇るルーブル美術館は、古代から1800年代前半まで48万点以上の芸術作品を所蔵する国立美術館です。

ユネスコの世界遺産にも登録され、世界中から観光客が訪れるパリ屈指の観光名所。

印象派の絵画コレクションはオルセー美術館に劣りますが、有名画家の名作が揃うルーブル美術館は、一度は訪れておきたいものです!

カミーユ・ピサロ《ポントワーズの通路 Paysage à Pontoise》カミーユ・ピサロ《ポントワーズの通路 Paysage à Pontoise》

1877年に制作されたカミーユ・ピサロの《ポントワーズの通路 Paysage à Pontoise》《エラニーの水飲み場  L’abreuvoir》は、ルーブル美術館が所蔵しています。

カミーユ・ピサロ《エラニーの水飲み場  L'abreuvoir》カミーユ・ピサロ《エラニーの水飲み場  L’abreuvoir》
ルーブル美術館
住所Rue de Rivoli, 75001 Paris 地図
最寄りメトロ1号線,7号線Palais-Royal-Musée du Louvreパレ・ロワイヤル ミュゼ・デュ・ルーヴル
時間9:00-18:00(月・木・土・日)
9:00-21:45(水・金)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金15ユーロ(待ち時間短縮可能なオンラインチケットは17ユーロ)
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.louvre.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館は、1848年から1914年までの美術作品を中心に展示された美術館で、所蔵する印象派コレクションは世界的に有名です。

エドゥアール・マネ、ピエール・オーギュスト・ルノワール、クロード・モネ、エドガー・ドガなど印象派の名作を鑑賞することができます。

カミーユ・ピサロ《モンモランシーの風景 Paysage à Montmorency》カミーユ・ピサロ《モンモランシーの風景 Paysage à Montmorency》

カミーユ・ピサロの作品は、サロン・ド・パリで初入選した作品《モンモランシーの風景 Paysage à Montmorency》をはじめ、《ポントワーズの花咲く菜園、春》《赤い屋根、村のはずれ、冬》《緑のスカーフの女》《赤い屋根、ポントワーズのサン・ドニの丘、冬の効果》《ヴォワザン村の入口》《セーヌ川とルーブル宮殿》《自画像》などが所蔵されています。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③マルモッタン・モネ美術館(Musée Marmottan Monet)

マルモッタン・モネ美術館マルモッタン・モネ美術館

パリ16区の閑静な住宅街にひっそりと佇むマルモッタン・モネ美術館は、世界最大級のクロード・モネのコレクションを所蔵する印象派美術館。

美術収集家Paul Marmottanポール・マルモッタンによりコレクションと邸宅が寄贈され、1934年に一般公開されました。

モネ《印象、日の出 Impression, soleil levant》マルモッタン・モネ美術館モネ《印象、日の出 Impression, soleil levant》マルモッタン・モネ美術館

「印象派」という名前の由来にもなったクロード・モネの作品《印象・日の出 Impression, soleil levant》をはじめ、カミーユ・ピサロの《雪の大通り Les Boulevards Exterieurs》など、印象派画家たちの名作が揃います。

カミーユ・ピサロ《雪の大通り Les Boulevards Exterieurs》マルモッタン・モネ美術館カミーユ・ピサロ《雪の大通り Les Boulevards Exterieurs》マルモッタン・モネ美術館

いつも混雑しているオルセー美術館やオランジュリー美術館に比べ観光客が少ないため、ゆっくりと作品の鑑賞ができるのでかなりおすすめ!

美術館があまり得意でない人にもぜひ足を運んで欲しいとっておきの美術館。

詳しい情報に関しては「マルモッタンモネ美術館の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

マルモッタン・モネ美術館
住所2 Rue Louis Boilly, 75016 Paris 地図
最寄りメトロ9号線La Muetteラ・ミュエット
時間10:00-18:00(火-水、金-日)
10:00-21:00(木)
※最終入場時間 閉館30分前まで
定休毎週月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
18歳以下8.50ユーロ
HPhttp://marmottan.fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④ルーアン美術館(Musée des Beaux-Arts de Rouen)

フランス北部に位置するノルマンディー地方のルーアンは、かつて旧ノルマンディー公国の首都として栄えた街。

ジャンヌダルクのゆかりの地としても有名です。ノルマンディー地方は、印象派の画家たちに愛された場所で、ルーアンもその1つ。

「ルーアン派」と呼ばれる一派もここから生まれました。1801年に開館したルーアン美術館は、フランス国内でも指折りの印象派コレクションを所蔵する美術館で、カミーユ・ピサロの作品《ルーアンのボワエルデュー橋、日没、霧》を見ることができます。

ルーアン美術館
住所Esplanade Marcel Duchamp, 76000 Rouen 地図
行き方パリのサンラザール駅(Gare Saint-Lazareガール サンラザール)からルーアン右岸駅(Rouen Rive Droite)で下車。所要時間は約1時間〜1時間30分。
時間10:00-18:00(水-月)
定休毎週火曜日、1月1日、5月1日、7月14日、8月15日、11月1日、11月11日、12月25日
料金常設展無料
HPhttps://mbarouen.fr/fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④カミーユ・ピサロ美術館(Musée Camille Pissarro)

パリの北西約40㎞に位置するポントワーズは、セーヌ川支流のオワーズ川が流れる美しい街です。

1872年から1882年まで、ピサロはポントワーズのオワーズ川のほとりに住みます。

ポントワーズ近郊に住んでいたセザンヌと交流し、イーゼルを並べて一緒に制作し、互いに影響し合いました。

ピサロのもとには、ポール・ゴーギャンやArmand Guillauminアルマン・ギヨマンLudovic Pietteルドヴィック・ピエットといった画家たちも集まってきて、彼らは「ポントワーズ派」と呼ばれるように。

おにちゃん
おにちゃん
ピサロは、ポントワーズで300点もの油彩画を制作しています。

カミーユ・ピサロ美術館では、ピサロの作品はもちろん、ピサロの息子で画家のLucienルシアンLudovic-Rodoルドヴィック・ロドGeorgesジョルジュFélixフェリックス、そしてピサロの友人ポール・シニャック、ルドヴィック・ピエットなどの作品も展示されています。

カミーユ・ピサロ美術館
住所17 rue du château, 95300 Pontoise 地図
行き方パリのSaint-Lazardサン・ラザール駅からPontoiseポントワーズ駅で下車。所要時間は約1時間。
時間10:00-12:20 / 13:30-18:00
定休月曜日
料金7ユーロ
12歳以下無料
HPhttps://www.ville-pontoise.fr/article/musees-pontoise

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑤ペール・ラシェーズ墓地(Cimetière du Père-Lachaise)

パリにあるペールラシェーズ墓地パリにあるペールラシェーズ墓地

パリ20区にあるペール・ラシェーズ墓地は、作家や芸術家など多くの著名人が眠るパリ三大墓地の1つ。

中心部から少し離れたところにありますが、フランスの文化や歴史に名を残した人々のお墓を参拝するため世界中からたくさんの人が訪れます。

73歳でこの世を去ったカミーユ・ピサロもまた、このペール・ラ・シェーズ墓地に静かに眠っています。

  • フランスを代表するシャンソン歌手
    エディット・ピアフ
  • イタリア出身の俳優・シャンソン歌手
    イヴ・モンタン
  • アイルランド出身の作家・劇作家・詩人
    オスカー・ワイルド
  • イソップ寓話で有名なフランスの詩人
    ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
  • フランスのロマン主義を代表する画家
    ウジェーヌ・ドラクロワ
  • フランスの文豪
    オノレ・ド・バルザック
  • 長編小説「失われた時を求めて」
    マルセル・プルースト
  • オペラの女王・ソプラノ歌手
    マリア・カラス
  • エコール・ド・パリを代表する画家
    アメデオ・モディリアーニ
  • ロマン派を代表する作曲家
    フレデリック・ショパン
  • 印象派の画家
    カミーユ・ピサロ
  • 画家・絵画収集家
    ギュスターヴ・カイユボット
  • オペラ《カルメン》の作曲家
    ジョルジュ・ビゼー
  • フランス6人組・作曲家
    フランシス・プーランク
  • オペラ《セビリアの理髪師》の作曲家
    ジョアキーノ・ロッシーニ
  • バルビゾン派の画家
    カミーユ・コロー
  • 画家
    ジョルジュ・スーラ

詳しい情報に関しては「ペールラシェーズ墓地の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

ペール・ラシェーズ墓地
住所16 Rue du Repos, 75020 Paris 地図
最寄りメトロ2号線Philippe Auguste フィリップ・オーギュスト
時間[11月-3月中旬]
8:00-17:30(月~金)
8:30-17:30(土)
9:00-17:30(日・祝)
[3月中旬-10月]
8:00-18:00(月~金)
8:30-18:00(土)
9:00-18:00(日・祝)
定休
料金
HPhttps://pere-lachaise.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

カミーユ・ピサロゆかりの地まとめ

印象派の中で最年長で中心的存在だったカミーユ・ピサロは、前期印象派と後期印象派の両方に貢献した美術史において重要な人物。

「バルビゾン派」の画家たちの影響を受けた農村風景から始まり、印象派を経て、点描の技法に感化され、新印象派の画家として変化を遂げました。

風景画や都市風景画、肖像画などをありのままに描き、ピサロの温厚な性格を感じさせるような温かみのある作品を数多く残しています。

 

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる