芸術家・アーティスト

在住者厳選!フランシス・プーランクのゆかりの地3選

フランシス・プーランクは、20世紀前半にフランスで活躍した作曲家「フランス6人組」の1人で、声楽曲・室内楽曲・管弦楽曲・宗教的楽劇・オペラ・バレエ音楽・オーケストラ音楽など、さまざまなジャンルの楽曲を作曲しました。

おにちゃん
おにちゃん
卓越したピアニストでもあり、ピアノのための作品も数多く残しています。

今回は、作風の広さから「修道僧と悪童が同居している」と形容されたフランシス・プーランクのゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


フランシス・プーランク(Francis Poulenc)とは?

フランシス・プーランクは、1899年にパリの裕福なブルジョワ家庭に誕生しました。

父親は製薬会社プーラン社の創設者で、両親ともに音楽愛好家だったことから、幼い頃から音楽に慣れ親しんでいました。

プーランクが5歳になると、母親からピアノの手ほどきを受けます。

1914年から1917年にかけて、プーランクはフランスで活躍したスペイン出身のピアニストで作曲家のRicardo Viñesリカルド・ビニェスに師事。

1917年12月、歌曲「黒人狂詩曲(Rapsodie Nègre)」で作曲家デビュー。

mari
mari
この頃のプーランクは、さまざまな芸術家たちと交流を深めました。

のちに「6人組」と呼ばれたGeorges Auricジョルジュ・オーリックLouis Dureyルイ・デュレDarius Milhaudダリウス・ミヨーArthur Honeggerアルチュール・オネゲルGermaine Tailleferreジェルメーヌ・タイユフェールなど同世代の作曲家たちと密接な関係を築いたほか、André Bretonアンドレ・ブルトンPaul Éluardポール・エリュアールLouis Aragonルイ・アラゴンJean Cocteauジャン・コクトーMax Jacobマックス・ジャコブなど文学界の人物たちともつながりをもちました。

またエドモン・ド・ポリニャック公爵夫妻やシャルル・ド・ノアイユ伯爵夫妻など貴族階級の芸術愛好家による積極的な支援も行われ、プーランクは若くして音楽家としての成功を収めます。

第一次世界大戦終戦後、プーランクはヨーロッパ各国を旅行。

1924年、Sergei Diaghilevセルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲した「牝鹿(Les Biches)」は、作曲家として世界的な評価を得ました。

1930年以降もプーランクは、ピアノ作品・歌曲・室内楽作品・宗教的楽劇など次々と作曲活動を行いました。

映画音楽や舞台のための付属音楽なども手がけ、歌手Pierre Bernacピエール・ベルナックとの演奏旅行も行います。

第二次世界大戦後、プーランクはベルナックやDenise Duvalドニーズ・デュヴァルなどとアメリカでも演奏活動を開始。

1963年1月30日、フランシス・プーランクは、心臓麻痺によりパリで急死しました。享年64歳でした。

フランシス・プーランクゆかりの地3選

①パリのフランシス・プーランクの家(La maison de Francis Poulenc)

パリ8区、エリゼ宮近くのソセエ通り(Rue des Saussaies)2番地は、プーランクの生家。

アパルトマンの入り口近くには、プーランクがここで生まれたことを示すプレートが掲げられています。

パリ6区、リュクサンブール公園に隣接するメディシス通り(Rue de Médicis)5番地は、プーランクが晩年を過ごした家で、ここで亡くなっています。

生家と同じように、プーランクがここで暮らしたことを示すプレートが掲げられています。

②ペール・ラシェーズ墓地(Cimetière du Père-Lachaise)

パリにあるペールラシェーズ墓地パリにあるペールラシェーズ墓地

パリ東部に位置するペール・ラシェーズは、パリ三大墓地の1つです。

芸術家や著名人が多く眠るため、墓地を訪れる観光客もたくさんいます。

Frédéric Chopinフレデリック・ショパンGeorges Bizetジョルジュ・ビゼーGioachino Rossiniジョアキーノ・ロッシーニなど有名な作曲家たちのお墓があり、フランシス・プーランクもまたこの墓地に眠っています。

クラシック音楽好きにはぜひとも訪れておきたい墓地です。

③フランシス・プーランクの家(La demeure de Francis Poulenc “Le Grand Coteau”)

1927年、プーランクはフランス中部ロワール地方トゥール近郊のNoizayノワゼーに別荘「Le Grand Coteauル・グラン・コトー」を購入しました。

1530年頃にJean Bretteジャン・ブレットによって建てられた館で、歴史的建造物に指定されています。

パリの自宅とともにこの別荘は、プーランクの重要な活動拠点として使われていました。

ル・グラン・コトーには、友人のジャン・コクトーやPablo Picassoパブロ・ピカソも滞在しました。

現在、「フランシス・プーランクの家」として公開されており、見学することができます。

フランシス・プーランクゆかりの地まとめ

フランシス・プーランクは、音楽家になることを親から反対されていたため、パリ国立音楽院(コンセルヴァトワール)に入学することはありませんでした。

しかし生涯音楽への情熱は失わず、ジャン・コクトーをはじめ、パブロ・ピカソやエリック・サティ、ココ・シャネルといったさまざまな人々と交流し、近代フランス音楽の発展に貢献した人物です。

プーランクのゆかりの地を巡り、往事に思いを馳せてみませんか?

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる