芸術家・アーティスト

在住者厳選!エリック・サティゆかりの地3選

《ジムノペディ》などで知られるエリック・サティは、同時代の音楽家たちから変わり者扱いされていた異色の作曲家です。

芸術家たちが多く集まるモンマルトルで、作曲家として活動を開始し、生涯を通じてさまざまな芸術家たちと交流を続けました。

今回は、類いまれなる才能を持ちながらも型破りな音楽性で苦労したエリック・サティゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


エリック・サティ(Érik Satie)とは?

エリック・サティは、1866年5月11日にノルマンディー地方の港街オンフルールで誕生しました。

1870年に父親の仕事の都合でパリに移住します。

1872年、サティが6歳のときに母親が亡くなり、弟と一緒にオンフルールに住む父方の祖父母に預けられました。

おにちゃん
おにちゃん
そこでサティは、地元の教会のオルガン奏者から音楽のレッスンを受け始めます。

1878年、12歳のときに祖母が亡くなると、サティは再びパリに戻り、父親のもとで暮らし始めます。

父の再婚者がピアノ教師だったことから、サティはピアノを習い始めます。

1879年、13歳でパリ国立音楽院(コンセルヴァトワール)に入学。しかし音楽院に馴染めず、1886年に退学しています。

1887年からサティは、若き芸術家たちのたまり場であったモンマルトルのキャバレー「Le Chat Noirシャ・ノワール」でピアノ伴奏者として働きました。

同時に作曲活動も始め、サティの代表作として知られる《3つのジムノペディ》《3つのサラバンド》などは、この頃に作られたものです。

おにちゃん
おにちゃん
1891年、サティはクロード・ドビュッシーと出会い、親交を深めます。

1905年、サティが39歳のとき、Vincent d’Indyヴァンサン・ダンディによって設立されたパリの音楽学校「Schola Cantorumスコラ・カントルム」に入学し、そこで対位法を学びます。

1908年に優秀な成績で卒業。

第一次世界大戦中、詩人Jean Cocteauジャン・コクトーとの出会いにより、バレエ公演「バラード」にてサティが音楽を担当しました。

Sergei Diaghilevセルゲイ・ディアギレフ率いるロシアバレエ団による初演は、ジャン・コクトーをはじめ、エリック・サティ、Pablo Picassoパブロ・ピカソなど天才アーティストがこぞって参加し、音楽界に大きな衝撃を与えました。

1924年には、Francis Picabiaフランシス・ピカビアとスウェーデンのバレエ公演「本日休演」を手がけています。

1925年7月1日、サティはパリ郊外のアルクイユで、人生の幕を閉じました。享年59歳でした。

エリック・サティゆかりの地巡りのベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、せっかく地方まで足を延ばすなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

エリック・サティゆかりの地3選

①オンフルール(Honfleur)

オンフルールは、フランス北西部に位置するノルマンディー地方の美しい港街です。

木組みの家が立ち並び、旧港には漁船やヨットが停泊し、ノスタルジックな雰囲気が漂います。

印象派画家ゆかりの地でもあり、モネをはじめ、多くの画家たちがこの街を愛しました。

ノルマンディー橋ノルマンディー橋

オンフルールといえば、対岸のル・アーブルを結ぶ巨大な斜張橋「ノルマンディー橋 Le pont de Normandie」が有名です。

またサティの生まれ故郷でもあり、サティの生家は1998年から「サティの家 Les Maisons Satie」として一般公開されています。

サティの家(オンフルール)
住所67 Boulevard Charles V, 14600 Honfleur 地図
行き方パリのSt-Lazareサン・ラザール駅からHonfleur-Normandieオンフルールノルマンディ駅で下車。
時間11:00-18:00(10月1日-4月30日)
10:00-19:00(5月1日-9月30日)
定休火曜日
料金6.3ユーロ
HPhttp://www.musees-honfleur.fr/maison-satie.html

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②モンマルトル(Montmartre)

パリの北部に位置するモンマルトルは、サクレ・クール寺院をはじめ、テルトル広場、ムーラン・ルージュなどパリで人気の観光スポットの1つ。

多くの芸術家たちが集い、創作活動を行った場所で、サティもまた1890年から1898年にかけてこの界隈に住んでいました。

今でもそのアパルトマンが残っており、外観にはサティが住んでいたことを示すプレートが掲げられています。

サティが住んでいたアパルトマン
住所6 Rue Cortot, 75018 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Abbessesアベス

※プレートのみ

③アルクイユ(Arcueil)

晩年(1898年から1925年まで)、サティはパリ郊外の街「アルクイユ」で暮らしました。

映画「アメリ」に登場する水道橋は、このアルクイユが舞台となっています。

サティの暮らしたアパルトマンは、水道橋の近くにあります。残念ながら見学することはできませんが、アパルトマンの外観には、サティが住んでいたことを示すプレートが掲げられています。

フランシス・プーランクの家(アルクイユ)
住所34, rue Cauchy, 94110 Arcueil 地図
最寄りRER B線Laplaceラプラス

※プレートのみ

またアパルトマンから徒歩圏内の場所あるアルクイユ墓地には、サティのお墓があり、ここで静かに眠っています。

アルクイユ墓地
住所15 Avenue Paul Vaillant Couturier, 94110 Arcueil 地図
最寄りRER B線Laplaceラプラス
時間8:00-17:00(10月1日-3月31日)
8:00-18:00(4月1日-9月30日)
定休
料金
HPhttps://www.arcueil.fr/horaires-du-cimetiere/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

エリック・サティゆかりの地まとめ

サティは《ジムノペディ》や《グノシェンヌ》《ジュ・トゥ・ヴ》など多くの名曲を残し、ラヴェルやドビュッシーなどの作曲家に大きな影響を与えました。

音楽界の異端児と呼ばれ、生前はあまり人々に理解されませんでしたが、近代音楽の礎を築いた異色の作曲家です。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる