画家・アーティスト

モーリス・ユトリロのゆかりの地3選!フランス・パリを巡る旅

モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo,1883-1955)は、パリのモンマルトルに生まれたフランス人画家です。

母親であるSuzanne Valadonシュザンヌ ヴァラドンもまた画家でした。

ユトリロの作品のほとんどは風景画で、小路、教会、運河などの身近なパリの風景を描いていたことで知られています。

「漆喰の白」で知られ、現在では高値で取引される画家のひとりですが、数奇な人生を送っています。

今回は、哀愁漂うパリの街並を描いたモーリス・ユトリロのゆかりの地をご紹介していきます。

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo)とは?

モーリスユトリロ(Maurice Utrillo)
出没年1883年12月26日-1955年11月5日 71歳で風邪をこじらせ死去
様式・流派エコール・ド・パリ
出身パリ
代表作《ラパン・アジル》ポンピドゥー・センター国立近代美術館
《コタンの袋小路》ポンピドゥー・センター国立近代美術館
《ラヴィニャン街の眺め》メトロポリタン美術館
影響を受けた人物カミーユピサロアルフレッドシスレー
影響を与えた人物佐伯祐三

幼少期から学生時代

モーリス・ユトリロは、1883年12月26日にパリで私生児として生まれました。

母親のシュザンヌ・ヴァラドンは、Pierre Auguste Renoirピエール オーギュスト ルノワールEdgar Degas エドガー ドガHenri de Toulouse-Lautrecアンリ ド トゥールーズ ロートレックなど著名な画家たちのモデルを務めていました。

のちにドガに絵を学び、シュザンヌ自身も画家として活躍しています。

シュザンヌが18歳のときにユトリロを生んでいますが、父親が誰かは分かっていません。

シュザンヌは恋多き女性で、ユトリロを生んだ後もロートレックや作曲家のÉric Satieエリック サティなどと付き合っていました。

自分の恋愛を優先し、ユトリロは祖母に育てられました。

生まれつき体が弱く、母親の愛情に飢えていたユトリロは、幼少期から飲酒を覚え、生涯を通してアルコール依存症に苦しみます。

こうした家庭環境の影響で情緒不安定となったユトリロは、学校にも馴染めず、度々問題を起こしたのです。

ユトリロが7歳のときに、スペイン人ジャーナリストのミゲル・ユトリロ・イ・モルリウスがユトリロを自分の子として認知しましたが、この法律上の父親にユトリロが会うことはありませんでした。

ユトリロが13歳になると、シュザンヌは資産家のPaul Mousis ポール ムージスと結婚。

ムージスのおかげでシュザンヌとユトリロは安定した生活を手に入れ、ユトリロは私立の小学校に通いました。

中学校では優秀な成績を収めていたユトリロでしたが、最終学年に問題を起こし退学してしまいます。

その後、ムージスの計らいで臨時雇いの外交員の職を得ましたが、ユトリロの気難しさや激情に加え、アルコール依存症が悪影響を与えて4ヶ月で辞めてしまいます。

次第にアルコール依存が悪化し、暴力が増え、ユトリロの精神は蝕まれていきました。

ムージスは、ユトリロをパリのサン・タンヌ精神病院に入院させます。

これに反対していたシュザンヌは、ムージスとの間に溝が生まれ、破局。

芸術キャリア「白の時代」

精神病院の入退院を繰り返すユトリロに治療法として、医師は絵を描くことを勧めました。シュザンヌは息子に絵筆を与え、ユトリロは独学で絵を学びます。

ちょうどその頃、ユトリロは2歳年下で画家を目指していたAndré Utterアンドレ ユッテルと出会い、意気投合。

Alfred Sisleyアルフレッド シスレーの回顧展に影響を受けたユトリロは、白を基調とした作品を数多く描き、「白の時代」と呼ばれました。

1910年から1914年にかけて描いた作品は、ユトリロの画家としての絶頂期といわれ、高く評価されています。この間に500点もの絵を描きました。

シュザンヌ・ヴァラドン《家族の肖像》モンマルトル美術館シュザンヌ・ヴァラドン《家族の肖像》モンマルトル美術館

ユトリロがアルコール依存症治療のためサノワ療養所に入っている間に、なんとシュザンヌは21歳も年下のユッテルと再婚。

そして2人はユトリロの絵を売り、生活の糧にしていました。

おにちゃん
おにちゃん
そんなユトリロにもやがて運命的な出会いが訪れます。
モディリアーニモディリアーニ

Amedeo Modiglianiアメデオ モディリアーニと知り合い、2人はモンマルトルで酒を飲んでは一緒に過ごすようになりました。

酒浸りの生活で、度々警察沙汰を引き起こしましたが、ユトリロは心を許せる友を見つけたのです。

もともとユトリロは、モンマルトルで生まれ育った生粋のパリジャンでしたが、こうしたボヘミアンな生活を送る外国人画家たちと交流を深め、エコール・ド・パリの画家のひとりに数えられるようになりました。

けれどもその幸せも長くは続かず、モディリアーニは1年後に結核で亡くなってしまいます。

mari
mari
ユトリロは再び孤独の世界へと引き戻されてしまいました。

晩年「色彩の時代」

入退院を繰り返すもアルコールからは抜け出せませんでしたが、晩年は富と名声を手に入れます。

経済的に豊かになったユトリロは、高価な絵具を購入できるようになり、色鮮やかな色彩を使った絵を描くようになります。

1928年、レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を受賞。

ユトリロが52歳のときに、美術愛好家で未亡人のリュシー・ヴァロールと結婚。

1938年、母シュザンヌはアトリエで倒れ、病院へ搬送される途中で死去しました。

享年72歳でした。母の死に大きなショックを受けたユトリロは、絵を描くことよりも祈ることが多くなったといわれています。

1955年11月5日、ユトリロは療養で訪れた南フランスのダックスで風邪をこじらせ、71歳でこの世を去ります。亡骸はモンマルトルのサン・ヴァンサン墓地に埋葬されました。

モーリス・ユトリロゆかりの地のベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、郊外へ行くなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね! 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

美術館だけがお目当てであれば、あえて、オフシーズンでリーズナブルな冬の期間も良いと思います。

モーリス・ユトリロゆかりの地3選

①モンマルトル(Montmartre)

モンマルトル テルトル広場モンマルトル テルトル広場

モンマルトルは、数多くの芸術家たちを魅了した場所です。なかでもシュザンヌ・ヴァラドンとその息子モーリス・ユトリロは、とりわけ長い足跡を残しています。

エコール・ド・パリの中では珍しく生粋のフランス人だったユトリロは、モンマルトルで生まれ育ちました。

ユトリロの住まいだったラ・メゾン・ローズユトリロの住まいだったラ・メゾン・ローズ

ユトリロの描く作品のほとんどは風景画で、小路や教会、運河など身近なパリの風景を描きました。

モンマルトル ムーラン・ド・ラ・ギャレットモンマルトル ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット

モンマルトルにはムーラン・ド・ラ・ギャレットをはじめ、ノルヴァン通り、サン・リュスティック通り、サン・ヴァンサン通り、モン・スニ通り、コタン小路、ラ・メゾン・ローズ、ラパン・アジル、テルトル広場、サクレ・クール寺院など、今でもユトリロの描いた景色が残っています。

ユリトロのムーラン・ド・ラ・ギャレットユリトロ《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》

②モンマルトル美術館(Musée de Montmartre)

モンマルトル美術館モンマルトル美術館

モンマルトルにひっそりと佇むモンマルトル美術館は、かつてシュザンヌ・ヴァラドンやモーリス・ユトリロ、ピエール・オーギュスト・ルノワールRaoul Dufyラウル デュフィÉmile Bernardエミール ベルナールなどがアトリエを構えた建物です。

19世紀から20世紀のモンマルトルの文化と歴史を紹介し、カフェやキャバレーの看板、ムーラン・ルージュのポスターなどが展示され、古き良きモンマルトルの雰囲気が味わえます。

スザンヌ・ヴァラドンとモーリス・ユトリロのアトリエやルノワールが描いた絵をもとに設計されたという「ルノワールの庭」を見ることができます。

モンマルトル美術館
住所12 Rue Cortot, 75018 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Lamarcke-Caulaincourtラマルク コランクール
メトロ2号線Anversアンヴェール
時間10:00-18:00
定休火曜日
料金13ユーロ
10-17歳 7ユーロ
10歳未満無料
HPhttp://museedemontmartre.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③サン・ヴァンサン墓地(Cimetière de Saint-Vincent)

サン・ヴァンサン墓地サン・ヴァンサン墓地

71歳で人生の幕を閉じたモーリス・ユトリロは、サン・ヴァンサン墓地に静かに眠っています。

ユトリロのお墓は、ユトリロの作品に多く描かれ、多くの芸術家が通ったキャバレー(現在はシャンソニエ)「ラパン・アジル」の壁を挟んだ向い側にあります。

サン・ヴァンサン墓地
住所6 Rue Lucien Gaulard, 75018 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Lamarcke-Caulaincourtラマルク コランクール
メトロ2号線Anversアンヴェール
時間8:00-17:30(月-金曜日)
8:30-17:30(土曜日) 9:00-17:30(日曜日)
定休
料金
HPhttps://www.paris.fr/equipements/cimetiere-de-saint-vincent-4484

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ユトリロゆかりの地まとめ

奔放な母のもとに生まれた画家モーリス・ユトリロは、10代からアルコール中毒となり、生活環境に恵まれませんでしたが、アルコール依存の治療法として絵筆をとったことが大きな転機となりました。

独学で絵を学び、素朴な街角の風景を詩情豊かに描いたモーリス・ユトリロ。若くして画家としての成功をおさめたものの、生涯アルコール依存症に苦しみました。

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる