芸術家・アーティスト

在住者厳選!エドガー・ドガのゆかりの地3選

エドガー・ドガといえば、バレエを主題にした作品を多く描いた画家として知られています。

印象派の創設者の1人といわれていますが、印象派と呼ばれることを嫌い、ドガ自身は写実主義であると主張していました

踊り子や競馬など「動き」の描写に非常に長けた画家で、一瞬の動きを描写した作品を数多く残しています。

今回は、「踊り子の画家」といわれたエドガー・ドガのゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


エドガー・ドガ(Edgar Degas)とは?

エドガー・ドガ 《自画像》エドガー・ドガ 《自画像》
エドガー・ドガ(Edgar Degas)
出没年1834年7月19日-1917年9月27日 83歳で死去
様式・流派写実主義(印象派と行動を共にし、影響は受けるが写実主義の画家である)
出身パリ
代表作《ベレッリ家の肖像》オルセー美術館
《踊りの花形(エトワール)》オルセー美術館

《バレエの授業》オルセー美術館
影響を受けた人物ドミニクアングル、ウジェーヌドラクロワエドワールマネ
影響を与えた人物メアリーカサット、ジャン=ルイフォラン、ウォルターシッカート

幼少期から学生時代

エドガー・ドガは、1834年7月19日にパリで誕生しました。

本名はHilaire Germain Edgar de Gasイレール・ジェルマン・エドガー・ド・ガで、画家になってから、Edgar Degasエドガー・ドガの名で活躍。

名の知れた銀行家の父親Auguste de Gasオーギュスト・ド・ガとアメリカ・ニューオリンズ出身の母親Célestine Mussonセレスティーヌ・ムソンの間に生まれた5人兄弟の長男で、裕福な家庭で育ちます。

しかしドガが13歳の時に、母親は32歳の若さで亡くなっています。

1845年、11歳でパリの名門学校Lycée Louis le Grandリセ・ルイ・ル・グランに入学し、そこで生涯の友人となる(のちの作家)Ludovic Halévyリュドヴィック・アレヴィ、(のちの画家・美術収集家)Henri Rouartアンリ・ルアールPaul Valpinçonポール・ヴァルパンソンと出会いました。

1853年、父の意向もあり、パリ大学法学部に入学。しかし画家の道へ進むことを希望したドガは、父を説得し、大学を中退しています。

おにちゃん
おにちゃん
すごい熱意・・・!!

芸術キャリア

1855年、ドガは画家Félix Joseph Barriasフェリュクス・ジョセフ・バリアスとアングル派の画家Louis Lamotheルイ・ラモートに師事した後、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学

1856年、父親の生地ナポリへ行くためイタリアを旅行したドガは、そこで象徴主義の巨匠Gustave Moreauギュスターヴ・モローと出会い、大きな影響を受けました。

エドガー・ドガ 《ベレッリ家の肖像 La famille Bellelli》エドガー・ドガ 《ベレッリ家の肖像 La famille Bellelli》

1858年に再びイタリアを訪問し、フィレンツェの叔父の家に滞在中、初期の傑作《ベレッリ家の肖像》を制作。

1860年代前半は、運動するスパルタの青年男女》アレキサンダーとブエファファルスとジフタの娘》バビロンを建設するセミラミス》若きスパルタ》などの歴史画を多く描きました。

エドゥアール・マネエドゥアール・マネ

1862年、ルーブル美術館で模写をしているときに、画家エドワール・マネに出会います。

マネとの出会いはドガの作風に変化をもたらし、歴史画から現代の生活を主題にした作品を描くようになりました。

1868年のサロンに出品した《バレエ、ミス・フィオレの肖像「夢の肖像」》は、ドガといえば《踊り子》というイメージを定着させました。

1870年に普仏戦争が始まると、ドガは軍隊に入隊し、絵の制作を一時的に辞めています。

1872年から1873年にかけて、ドガは母方の親戚が住むアメリカのニューオリンズに6ヶ月間滞在。

エドガー・ドガ《ニューオリンズの事務所の人々(綿花取引所、オフィスでの肖像)Portraits dans un bureau, Nouvelle-Orléans》エドガー・ドガ《ニューオリンズの事務所の人々(綿花取引所、オフィスでの肖像)Portraits dans un bureau, Nouvelle-Orléans》

その時に制作したドガの代表作《ニューオリンズの事務所の人々(綿花取引所、オフィスでの肖像)》は、ドガの一族が運営する綿花取引所の日常的な光景を描いたもので、この作品は1876年に開催された第2回印象派展に出品しています。

1878年にポー美術館(Musée des Beaux-Arts de Pau)によって買い上げられ、初めて美術館に入ったドガの作品となりました。

1874年、ドガの父が死去。

父の経営していた銀行に膨大な負債があり、さらには弟ルネも巨額の事業債務を抱えていることが明らかに…。

おにちゃん
おにちゃん
ドガはその借金の返済に追われることになります。

家や家具、絵画コレクションを売り払い、生活は一変しました。

こうして自分の絵を売る必要性に迫られたドガは、この頃から精力的に絵を描くようになり、傑作を生み出しています。

19世紀後半、ヨーロッパで大流行したジャポニズム。ドガもまた日本美術に大きな影響を受けた画家の1人で、大胆な構図によって描き出し、臨場感をもたせています。

1874年から1886年にかけて、印象派の画家たちによる「印象派展」が開催されました

ドガはその企画に携わり、第7回印象派展を除く、すべての印象派展に参加。

そのためドガは印象派の画家と見なされていますが、ドガの作風は多くの印象派画家のものとは異なり、古典的な手法が基盤にありました。

印象派の画家たちが戸外制作で光の表現を追求するのに対し、ドガは室内の照明のもとでバレエや都市の生活などを題材にした作品を描きました。

マネを中心とする前衛的な画家たちはバティニョール派(のちの印象派)と呼ばれ、Café Guerboisカフェ・ゲルボワに通い、芸術論を語り合いました。

ドガも行動を共にしていましたが、その気難しい性格から、晩年は世間との関わりを避け、限られた友人とだけ付き合いました。

1880年代、アメリカ人女性画家Mary Cassattメアリー・カサットCamille Pissarroカミーユ・ピサロらとともにエッチングを制作し、版画作品を生み出しました。

晩年

晩年、目を患い視力が次第に低下していったドガは、油彩画に代わってパステル画や彫刻、リトグラフの制作を行うようになります。

mari
mari
また写真にも強い関心をもち、周囲の人たちの肖像や自画像を撮影しています。

なかでも有名なのが、詩人のStéphane Mallarméステファヌ・マラルメと画家Pierre Auguste Renoirピエール・オーギュスト・ルノワールが並ぶ肖像写真です。

1908年にほぼ失明に近い状態となったドガは、絵を描くことを諦め、触覚を頼りに蝋彫刻の制作に励むようになりました。

ドガの死後、アトリエから150点あまりの蝋彫刻作品が発見されています。

保存状態が悪く、作品の多くが劣化していましたが、ドガの友人で彫刻家のAlbert Bartholoméアルベール・バルトロメによって73点がブロンズ鋳造にされました。

1917年9月27日、ドガは83歳でこの世を去ります。

生涯独身を通し、晩年は孤独な生活を余儀なくされました。ドガの遺骸は、モンマルトル墓地に埋葬されています。

エドガー・ドガゆかりの地巡りのベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、せっかく地方まで足を延ばすなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

エドガー・ドガゆかりの地3選

①オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館オルセー美術館

印象派の画家たちの作品が数多く収蔵されているオルセー美術館には、エドガー・ドガの作品も並びます。

エドガー・ドガは、バレエを主題とした作品でよく知られています。

エドガー・ドガ《踊りの花形(エトワール、又は舞台の踊り子)L'étoile de la danse》エドガー・ドガ《踊りの花形(エトワール、又は舞台の踊り子)L’étoile de la danse》

代表作の踊りの花形(エトワール、又は舞台の踊り子)》をはじめ、ダンス教室(バレエ教室)》「バレエの舞台稽古》など、鋭い観察力で踊り子の一瞬の動きをとらえて描いています。

他にもドガの初期の作品ベレッリ家の肖像》、ドガが足繁く通ったオペラ座を題材に描いた作品オペラ座のオーケストラ》オペラ座の稽古場(ル・ペルティエ街のオペラ座のバレエ教室、踊りの審査)》

1877年に開催された第3回印象派展に出品された《アプサントを飲む人(カフェにて)》、働く女たちを描いたアイロンをかける女たち》、裸娼婦の代表作浴盤(たらいで湯浴みする女)》などを所蔵しています。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②ポー美術館(Musée des Beaux-Arts de Pau)

ポー城ポー城

フランス南西部、ピレネー山麓にあるベアルン地方の小さな街Pauポーは、ブルボン王朝初代王アンリ4世の生誕の地として知られています。

14世紀にGaston Fébusガストン・フェビュス子爵によって築かれたポー城は、のちにナバラ王国の宮殿となり、1553年にアンリ4世がこの城で生まれました。

旧市街の外れには、1864年に創設されたポー美術館があります。

ポー美術館

2階建てのこぢんまりとした美術館ですが、かのEl Grecoエル・グレコPeter Paul Rubensピーテル・パウル・ルーベンスなどなかなか充実したコレクション。さすがフランス。

エドガー・ドガ《ニューオリンズの事務所の人々(綿花取引所、オフィスでの肖像)Portraits dans un bureau, Nouvelle-Orléans》エドガー・ドガ《ニューオリンズの事務所の人々(綿花取引所、オフィスでの肖像)Portraits dans un bureau, Nouvelle-Orléans》

中でも必見なのが、エドガー・ドガの代表作ニューオリンズの事務所の人々(綿花取引所、オフィスでの肖像)》です。

ニューオリンズ滞在中に描いた作品で、1876年に開催された第2回印象派展に出品され、その後、ポー美術館が購入しました。

ポー美術館
住所Rue Mathieu Lalanne, 64000 Pau 地図
行き方パリMontparnasseモンパルナス駅からポー駅(Gare de Pauガール ドゥ ポー)で下車。徒歩15分。所要時間6時間
時間11:00-18:00(火-日)
定休毎週月曜日
料金無料
HPhttps://www.pau.fr/article/le-musee-des-beauxarts-devoile-une-collection-connue-du-monde-entier

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③モンマルトル墓地(Cimetière de Montmartre)

モンマルトル墓地モンマルトル墓地

パリ三大墓地の1つといわれている「モンマルトル墓地」は、パリを一望できるモンマルトルの丘にあります。

モンマルトル墓地 マップモンマルトル墓地 マップ

作家や画家、音楽家、俳優など多くの著名人が眠っているため、世界各国からたくさんの人が訪れます。

モンマルトル墓地 エドガー・ドガの墓モンマルトル墓地 エドガー・ドガの墓

1917年9月27日に83歳で亡くなったエドガー・ドガもこのモンマルトル墓地に静かに眠っています。

mari
mari
フランスのお墓は日本と違って芸術的なものがたくさん。

ドガのお墓もなかなかユーモラス。見つけた時にクスっとしてしまうようなお墓です。

モンマルトル墓地
住所20 Avenue Rachel, 75018 Paris 地図
最寄りメトロ2号線Blancheブランシュ
メトロ13号線Place de Clichyプラス・ドゥ・クリシー
時間8:30-12:30 / 14:00-17:00
定休
料金
HPhttps://www.paris.fr/equipements/cimetiere-de-montmartre-5061

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

エドガー・ドガゆかりの地まとめ

裕福な家庭に生まれ、幼い頃から芸術に親しんできたエドガー・ドガですが、晩年は父や弟の多額の借金を背負い、返済のためにたくさんの絵を描きました。

バレエや競馬など裕福層の嗜みを題材にできたのも、ドガがブルジョワ出身で、卓越したデッサン力があったからこそ描けたものだといえるでしょう。

晩年、視力を失ったドガは、絵を描くことを諦めました。

しかし創作への情熱は生涯を終えるまで枯渇させることなく、触覚を頼りに蝋彫刻を作り続けたというのですから、それを知った時は胸が震える思いになりました。

作家の人生に少しだけ触れるだけで作品の印象がまるで変ってきます。この記事がドガの作品を楽しむ助けになればとても嬉しいです!

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる