芸術家・アーティスト

在住者厳選!ドミニク・アングルゆかりの地6選

ドミニク・アングルは、19世紀前半に活躍したフランス新古典主義を代表する画家です。

ジャック・ルイ・ダヴィッドから新古典主義を継承し、イタリアでルネサンスの古典様式を学び、ラファエロ・サンティの作品に心酔しました。

ナポレオンの寵愛を受けていた師ダヴィッドが亡命すると、新古典主義の後継者として、アングルはフランス美術界に熱烈に迎え入れられました。

今回は、新古典主義に新しい息吹を吹き込んだドミニク・アングルゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


ドミニク・アングル(Dominique Ingres)とは?

ドミニク・アングル《24歳の自画像》コンデ美術館ドミニク・アングル《24歳の自画像》コンデ美術館
ドミニクアングル(Dominique Ingres)
出没年1780年8月29日-1867年1月14日 86歳で死去
様式・流派新古典主義
出身フランス(モントーバン)
代表作《グランド・オダリスク》ルーブル美術館
《トルコ風呂》ルーブル美術館
《泉》オルセー美術館
《レオナルド・ダ・ヴィンチの死》パリ市立美術館
影響を受けた人物ダヴィンチ、ラファエロ、ティツィアーノ、ホルバイン
影響を与えた人物ルノワールドラクロワドガセザンヌスーラ、マティス、ピカソ

幼少期

ルイ16世時代の1780年8月29日、ドミニク・アングルはフランス南西部のモントーバンで誕生しました。

トゥールーズ王立美術アカデミー会員の装飾画家だった父親は非常に多才な人物であり、アングルは幼少の頃から素描など芸術の基礎を教え込まれます。

1789年、フランス革命が勃発。学業もままらなない中不安な少年時代を過ごします。

1791年、トゥールーズ王立美術アカデミーに入学。

芸術キャリア

1797年、パリへ赴き、新古典派の巨匠Jacques-Louis Davidジャック・ルイ・ダヴィットのアトリエに入門。

ドミニク・アングル《アガメムノンの使者たちを迎えるアキレウスAchille recevant les envoyés d'Agamemnon》エコール・デ・ボザール(国立美術学校)ドミニク・アングル《アガメムノンの使者たちを迎えるアキレウス Achille recevant les envoyés d’Agamemnon》エコール・デ・ボザール(国立美術学校)

1801年、若手画家の登竜門であったローマ賞で《アガメムノンの使者たちを迎えるアキレウス》を出品。

大賞を受賞し、1806年からイタリアに留学。

ローマ大賞を獲得すると、ローマのフランス・アカデミー(Académie de France à Rome、通称:ヴィラ・メディチ) に5年間国費で留学できた。

ドミニク・アングル《皇帝の座につくナポレオン1世》アンヴァリッドドミニク・アングル《皇帝の座につくナポレオン1世》アンヴァリッド

同年《皇帝の座につくナポレオン1世》をサロンに出品しましたが、評価は時代錯誤と散々。

その後の作品も不評で留学期間が終わった後もフランスへ帰国せずイタリアへとどまることを決意します。

1813年、マドレーヌ・シャペルと結婚。

ドミニク・アングル《グランド・オダリスク La Grande Odalisque》ルーブル美術館ドミニク・アングル《グランド・オダリスク La Grande Odalisque》ルーブル美術館

1819年、《グランド・オダリスク La Grande Odalisque》をサロンへ出品しますが、当時は全く評価されませんでした。

おにちゃん
おにちゃん
椎骨は通常より5個分も多く、長すぎる背中が変だって!

1820年ローマからフィレンツェへ移り、故郷モントーバンの大聖堂のため4年かけて製作した《ルイ13世の誓願 Le Voeu de Louis XIII》をサロンへ出品。

ドミニク・アングル《ルイ13世の誓願 Le Voeu de Louis XIII》モントーバン大聖堂ドミニク・アングル《ルイ13世の誓願 Le Voeu de Louis XIII》モントーバン大聖堂

1924年のサロンにはライバルであったロマン派の画家Eugène Delacroixウジェーヌ・ドラクロワ《キオス島の虐殺》も出品されており、当時勢いのあったロマン主義に対抗する新古典主義の大作として絶賛されました。

mari
mari
同年18年ぶりにフランスへ帰国。

1825年、レジオン・ド・ヌール勲章を受け、アカデミーの重鎮になります。

1835年、再びイタリアに移り、ローマでフランス・アカデミーの院長に就任。

1841年、パリに戻ったアングルは熱狂的な歓迎を受け、議会議員やエコール・デ・ボザール(国立美術学校)の校長などの要職に就きました。

晩年

1855年、パリ万国博覧会でドミニク・アングルの大回顧展が開催されます。

ドミニク・アングル《トルコ風呂  Le Bain Turc》ルーブル美術館ドミニク・アングル《トルコ風呂  Le Bain Turc》ルーブル美術館

1862年、アングルの手がけた裸婦画の集大成ともいえる 《トルコ風呂》は、82歳という年齢で描き上げました。

1867年1月14日、パリの自宅にて死去。享年86歳でした。

ドミニク・アングルゆかりの地ベストシーズン

どの季節も素晴らしいのですが、お墓参りやパリの街を散策するなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

美術館巡りであればあえて空いているオフシーズンの冬でも全く問題ありません。

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

美術館だけがお目当てであれば、あえてオフシーズンでリーズナブルな冬の期間も良いと思います。

ドミニク・アングルゆかりの地6選

①ルーブル美術館(Musée du Louvre)

閉館直前ライトアップされた夜のルーブル美術館閉館直前ライトアップされた夜のルーブル美術館

パリ屈指の観光スポットであるルーブル美術館は、所蔵品の質の高さと規模において世界最大級を誇る国立美術館です。

莫大な美術品の収集家として知られる国王フランソワ1世の改築計画以来、ルーブル宮殿は歴代フランス王の王宮として使われていました。

ルイ14世が王宮をヴェルサイユに移すと、王室美術品コレクションの収蔵や展示場所として使われるようになりました。

ルーブル美術館のコレクションの中でも傑作した名品を揃えるヨーロッパ絵画。

新古典主義の巨匠と呼ばれたドミニク・アングルの代表作品も揃います。

ドミニク・アングル《グランド・オダリスク La Grande Odalisque》ルーブル美術館ドミニク・アングル《グランド・オダリスク La Grande Odalisque》ルーブル美術館

《トルコ風呂  Le Bain Turc》をはじめ、《グランド・オダリスク La Grande Odalisque》、《リヴィエール嬢の肖像》《オイディプスとスフィンクス》《ヴァルパンソンの欲女》《アンジェリカを救うルッジェーロ》《ルイ・フランソワ・ベルタンの肖像》など、フランス美術界に君臨した画家の名作を鑑賞することができます。

ルーブル美術館
住所Rue de Rivoli, 75001 Paris 地図
最寄りメトロ1号線,7号線Palais-Royal-Musée du Louvreパレ・ロワイヤル ミュゼ・デュ・ルーヴル
時間9:00-18:00(月・木・土・日)
9:00-21:45(水・金)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金15ユーロ(待ち時間短縮可能なオンラインチケットは17ユーロ)
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.louvre.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館オルセー美術館

オルセー美術館は、19世紀の美術コレクションを収蔵する国立美術館です。

オルセー美術館が所蔵する印象派コレクションは世界的に有名です。

またアカデミズム絵画も多く所蔵し、19世紀初期に対立した新古典主義のドミニク・アングルとロマン主義のウジェーヌ・ドラクロワの代表作品も揃います。

ドミニク・アングル《泉 La source》オルセー美術館

アングルの裸婦画の傑作として名高い《泉 La source》をはじめ、《パフォスのヴィーナス Vénus à Paphos》《聖餅の聖母(オスティアのマリア)》《ユピテルとアンティオペ》などを見ることができます。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③パリ市立美術館/プチ・パレ(Musée des Beaux-Arts de la Ville de Paris/Petit Palais)

パリ市立美術館(プチ・パレ)は、パリ市が所蔵するコレクションを展示した美術館です。

規模は小さめですが、Claude Monetクロード・モネPaul Gauguinポール・ゴーギャンといった巨匠の絵画を鑑賞することができます。

企画展も定評があり、シャンゼリゼ大通りからも近いので旅行者にもおすすめの美術館です。

ドミニク・アングル《レオナルド・ダ・ヴィンチの死 La mort de Léonard de Vinci》パリ市立美術館/プチ・パレドミニク・アングル《レオナルド・ダ・ヴィンチの死》パリ市立美術館/プチ・パレ

プチ・パレ美術館には、ドミニク・アングルが1824年のサロンに出品した作品《レオナルド・ダ・ヴィンチの死 La mort de Léonard de Vinci》があります。

国王フランソワ1世の招きにより同地を訪れたレオナルド・ダ・ヴィンチがクロ・リュセ城で客死したときの場面を脚色し描いたものです。

プチ・パレ
住所Avenue Winston Churchill, 75008 Paris 地図
最寄りメトロ1,13号線Champs-Elysées-Clémenceauシャンゼリゼ クレマンソー
時間10:00-18:00
定休月曜日
1月1日、5月1日、7月14日、11月11日、12月25日
料金11ユーロ
常設展は無料
HPhttps://www.petitpalais.paris.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④軍事博物館(Musée de l’Armée)

アンヴァリッド(L'hôtel des Invalides)アンヴァリッド(L’hôtel des Invalides)

金色のドームが美しいアンヴァリッドは、17世紀にルイ14世の命で廃兵院として建てられました。

現在は、建物の一部が軍事博物館として公開されており、ナポレオン1世の墓のあるドーム教会やサン・ルイ教会も見学することができます。

アンヴァリッド(L'hôtel des Invalides)アンヴァリッド(L’hôtel des Invalides)

軍事博物館では、1806年に立法院から依頼されて制作したアングルの初期を代表する作品《皇帝の座につくナポレオン1世》を見ることができます。

ドミニク・アングル《皇帝の座につくナポレオン1世》アンヴァリッドドミニク・アングル《皇帝の座につくナポレオン1世》アンヴァリッド

堂々たるナポレオンの冷酷さ、金の刺繍、サテンの質感など素人目には素晴らしいの一言ですが、当時は古すぎると酷評されました。

詳しい情報に関しては「アンヴァリッド(ナポレオンの墓)の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

アンヴァリッド
住所129 Rue de Grenelle, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ8号線La Tour Maubourgラ・トゥール・モブルグ
メトロ13号線Varennesヴァレンヌ
時間10:00-18:00(4月1日~10月31日)
10:00-17:00(11月1日~3月31日)
定休1月1日、5月1日、12月25日
料金12ユーロ
無料エリアあり
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.parisinfo.com/musee-monument-paris/71310/Hotel-national-des-Invalides

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑤アングル・ブールデル美術館(Musée Ingres Bourdelle)

アングル・ブールデル美術館アングル・ブールデル美術館

フランス南西部に位置するモントーバンは、ドミニク・アングルの生まれ故郷。

この小さな街にアングル・ブールデル美術館があります。

ドミニク・アングルの作品の他に、同じくモントーバン出身の彫刻家Antoine Bourdelleアントワーヌ・ブールデルの作品も所蔵されています。

アングルは、1851年に自分の作品と自身が収集した古代ギリシアの陶器などをモントーバンに寄付しました。

ドミニク・アングル《聖ペテロの天国の鍵の授与》アングル・ブールデル美術館ドミニク・アングル《聖ペテロの天国の鍵の授与》アングル・ブールデル美術館

《聖ペテロの天国の鍵の授与 Jésus remet à saint Pierre les clefs du paradis》《博士たちと議論するキリスト》などを鑑賞することができます。

大聖堂も近いのでぜひ合わせて足を運んでみてください。

アングル・ブールデル美術館
住所19, rue de l’Hôtel de ville 82000 Montauban 地図
行き方パリからモントーバンまで電車で行く場合、パリのモンパルナス駅(Gare Montparnasseガール・モンパルナス)からTGVでモントーバン駅(Gare Montaubanガール・モントーバン)まで約5時間 。
時間10:00-19:00
10:00-21:00(木のみ)
定休月曜日、1月1日、5月1日、11月11日、12月25日
料金10ユーロ(自然史博物館Muséum d’Histoire Naturelleの入場を含む)
未成年者および26歳以下の学生無料
HPhttps://museeingresbourdelle.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑥ペール・ラシェーズ墓地(Cimetière du Père-Lachaise)

パリにあるペールラシェーズ墓地パリにあるペールラシェーズ墓地

パリ東部にあるペール・ラシェーズ墓地は、静寂に包まれた美しい墓地で、広大な敷地には著名人たちが眠ります。

世界中からたくさんの人々が訪れ、墓に花を手向けています。

フランス画壇の重鎮ドミニク・アングルは86歳で亡くなり、遺骸はペール・ラシェーズ墓地に埋葬されました。

  • フランスを代表するシャンソン歌手
    エディット・ピアフ
  • イタリア出身の俳優・シャンソン歌手
    イヴ・モンタン
  • アイルランド出身の作家・劇作家・詩人
    オスカー・ワイルド
  • イソップ寓話で有名なフランスの詩人
    ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
  • フランスのロマン主義を代表する画家
    ウジェーヌ・ドラクロワ
  • フランスの文豪
    オノレ・ド・バルザック
  • 長編小説「失われた時を求めて」
    マルセル・プルースト
  • オペラの女王・ソプラノ歌手
    マリア・カラス
  • エコール・ド・パリを代表する画家
    アメデオ・モディリアーニ
  • ロマン派を代表する作曲家
    フレデリック・ショパン
  • 印象派の画家
    カミーユ・ピサロ
  • 画家・絵画収集家
    ギュスターヴ・カイユボット
  • オペラ《カルメン》の作曲家
    ジョルジュ・ビゼー
  • フランス6人組・作曲家
    フランシス・プーランク
  • オペラ《セビリアの理髪師》の作曲家
    ジョアキーノ・ロッシーニ
  • バルビゾン派の画家
    カミーユ・コロー
  • 画家
    ジョルジュ・スーラ

詳しい情報に関しては「ペールラシェーズ墓地の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

ペール・ラシェーズ墓地
住所16 Rue du Repos, 75020 Paris 地図
最寄りメトロ2号線Philippe Auguste フィリップ・オーギュスト
時間[11月-3月中旬]
8:00-17:30(月~金)
8:30-17:30(土)
9:00-17:30(日・祝)
[3月中旬-10月]
8:00-18:00(月~金)
8:30-18:00(土)
9:00-18:00(日・祝)
定休
料金
HPhttps://pere-lachaise.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ドミニク・アングルゆかりの地まとめ

フランス美術界で揺るぎない地位を築いたドミニク・アングル。

生涯にわたり理想美を追い求め、歴史画・神話画・宗教画・裸婦画・肖像画・風景画などさまざまな画題を手がけました。

師ジャック・ルイ・ダヴィッドの亡命により新古典主義の最後の後継者と言われましたが、アングルの作品にはロマン主義的な傾向も見えます。

神童として青年時代を過ごし、フランスを離れた後は苦労の連続。

成功者のアングルも実は困難な時期を経て躍進したのだと考えるといくつも生きるヒントをもらえたような気がします。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる