芸術家・アーティスト

在住者厳選!ビゼーゆかりの地5選

《カルメン》や《アルルの女》で知られるフランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーは、36年という短い生涯でした。

生前には作品があまり評価されず、死後ようやく認められた作曲家です。

《カルメン》は、これまでに世界中で数えきれないほど上演されており、多くの人々に愛されています。

mari
mari
ハバネラは音楽に疎い人でも一度は耳にしたことがあるはず。

またビゼーは、「ピアノの魔術師」と呼ばれたリストからも絶賛されたピアノの名手でもありました。

今回は、世界中のオペラファンを魅了するジョルジュ・ビゼーのゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet)とは?

ジョルジュ・ビゼーは、1838年10月25日声楽教師の父とピアニストの母という音楽一家の元に生まれ、幼い頃から音楽に親しみました。

1848年、ビゼーは入学年齢に満たない9歳で、パリ国立音楽院(コンセルヴァトワール)に入学。

Antoine Marmontelアントワーヌ・マルモンテルCharles Gounodシャルル・グノーにピアノを習い、François Benoistフランソワ・ブノワにオルガンを習いました。

またPierre Zimmermannピエール・ジメルマンJacques Fromental Halévyジャック・フロメンタル・アレヴィからは作曲を学び、17歳で初めての交響曲を作曲しています。

1857年、19歳のときにカンタータ「クロヴィスとクロティルデ(Clovis et Clotilde)」で、作曲家の登竜門とされたローマ大賞を受賞し、その後イタリアに3年間留学。

パリに帰国後、ビゼーは生計を立てるため、伴奏や指揮、リハーサルピアニスト、楽譜の編曲などさまざまな仕事に従事しました。

1861年、ビゼーはFranz Lisztフランツ・リストに対面し、リストの前でピアノを演奏する機会を得ます。

ビゼーのピアノの腕はリストを驚嘆させ、ドイツ人ピアニストのHans von Bülowハンス・フォン・ビューローと並ぶ実力の持ち主と賞賛されました。

1863年、ビゼーは《真珠採り Les Pêcheurs de perles》を作曲し、オペラ作曲家としての地位を確立します。

1869年、ビゼーはパリ国立音楽院時代の師匠ジャック・アレヴィの娘Genevièveジュヌヴィエーヴと結婚。1872年に息子ジャックが生まれました。

1872年に《アルルの女 L’Arlésienne》を、1873年には、オペラ・コミックの依頼により《Carmenカルメン》を作曲。

1875年3月、オペラ・コミック座で《カルメン》の初演が行われました。しかし酷評にさらされ、失意に陥ったビゼーは、その3ヶ月後に亡くなっています。

皮肉にも1875年10月にウィーンで上演された《カルメン》は、大成功を収め、今では世界中で愛される名曲となっています。

1875年6月3日、パリ郊外のBougivalブージヴァルで、ビゼーは36歳の若さで亡くなりました。ビゼーの遺骸はペール・ラシェーズ墓地に埋葬されています。

ガブリエル・フォーレゆかりの地巡りのベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、お墓参りやパリの街を散策するなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

ジョルジュ・ビゼーゆかりの地5選

①ビゼーの生家と結婚後の家

Tangopaso, Public domain, via Wikimedia CommonsTangopaso, Public domain, via Wikimedia Commons

パリ9区のラ・トゥール・ドヴェルニュ通り26番地(26, rue de la Tour d’Auvergne)は、ビゼーの生家。

アパルトマンの外観には、ビゼーが住んだことを示すプレートが掲げられています。

同じ9区のドゥエ通り22番地(22, rue de Douai)は、ビゼーが結婚後、妻ジュヌヴィエーヴと住んだ家で、ここにも同じようにプレートが掲げられています。

②ノートル・ダム・ド・ロレット教会(L’église Notre-Dame-de-Lorette)

パリ9区にあるノートル・ダム・ド・ロレット教会は、ビゼーが洗礼を受けた教会です。

生まれたときはAlexandre-César-Léopold Bizetアレクサンドル・セザール・レオポール・ビゼーと名付けられましたが、洗礼時にGeorges Bizetジョルジュ・ビゼーに改名されました。

③オペラ・コミック座(Opéra Comique)

オペラ・コミック座の支配人Camille Du Locleカミーユ・デュ・ロクルの依頼により、ビゼーは《カルメン》の作曲に取りかかります。

1875年3月3日、オペラ・コミック劇場で初演が行われました。

今でこそ世界的に有名になったオペラですが、作られた当初は、不道徳でスキャンダラスな内容に「野蛮なオペラ」と酷評を受けました。

おにちゃん
おにちゃん
ビゼーにとって自信作であっただけに、初演の失敗は失望感に苛まれました。

④ビゼーが晩年を過ごした家

《カルメン》は、パリ郊外にあるブージヴァルの家で作られました。

今ではビゼーの名曲として知られる《カルメン》は、初演が失敗に終わっており、失意のビゼーは初演からわずか3ヶ月後にこの家で亡くなりました。

現在この家はイブリーヌ県が所有しており、「欧州音楽センター(Le Centre Européen de Musique)」の施設となっています。

⑤ペール・ラシェーズ墓地(Cimetière du Père-Lachaise)

パリにあるペールラシェーズ墓地パリにあるペールラシェーズ墓地

多くの著名人が眠るペール・ラシェーズ墓地は、パリ最大の規模を誇り、世界で最も有名な墓地の1つです。

この墓地にジョルジュ・ビゼーのお墓があります。

ビゼーの墓碑は、オペラ座を設計したCharles Garnierシャルル・ガルニエによってデザインされたもの。36歳というあまりにも早い死でした。

  • フランスを代表するシャンソン歌手
    エディット・ピアフ
  • イタリア出身の俳優・シャンソン歌手
    イヴ・モンタン
  • アイルランド出身の作家・劇作家・詩人
    オスカー・ワイルド
  • イソップ寓話で有名なフランスの詩人
    ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ
  • フランスのロマン主義を代表する画家
    ウジェーヌ・ドラクロワ
  • フランスの文豪
    オノレ・ド・バルザック
  • 長編小説「失われた時を求めて」
    マルセル・プルースト
  • オペラの女王・ソプラノ歌手
    マリア・カラス
  • エコール・ド・パリを代表する画家
    アメデオ・モディリアーニ
  • ロマン派を代表する作曲家
    フレデリック・ショパン
  • 印象派の画家
    カミーユ・ピサロ
  • 画家・絵画収集家
    ギュスターヴ・カイユボット
  • オペラ《カルメン》の作曲家
    ジョルジュ・ビゼー
  • フランス6人組・作曲家
    フランシス・プーランク
  • オペラ《セビリアの理髪師》の作曲家
    ジョアキーノ・ロッシーニ
  • バルビゾン派の画家
    カミーユ・コロー
  • 画家
    ジョルジュ・スーラ

詳しい情報に関しては「ペールラシェーズ墓地の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド」にまとめています。

ペール・ラシェーズ墓地
住所16 Rue du Repos, 75020 Paris 地図
最寄りメトロ2号線Philippe Auguste フィリップ・オーギュスト
時間[11月-3月中旬]
8:00-17:30(月~金)
8:30-17:30(土)
9:00-17:30(日・祝)
[3月中旬-10月]
8:00-18:00(月~金)
8:30-18:00(土)
9:00-18:00(日・祝)
定休
料金
HPhttps://pere-lachaise.com/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ジョルジュ・ビゼーゆかりの地まとめ

ビゼーの死後、高く評価されるようになったビゼーの音楽。

オペラの中でも「カルメン」の人気は別格で、世界中で愛される名曲となりました。

36歳という若さでこの世を去ったジョルジュ・ビゼーは、音楽史に残る傑作を生み出した若き天才作曲家といえるでしょう。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる