画家・アーティスト

ウジェーヌ・ブーダンゆかりの地4選!フランス・パリを巡る旅

フランス北部のノルマンディー地方は、「印象派発祥の地」として知られています。

なかでも小さな港街オンフルールは、水面に映る情景がとても美しく、19世紀の芸術家たちに愛されました。

Camille Corotカミーユ・コローによって「空の王者」とよばれたウジェーヌ・ブーダンは、屋外で制作活動を始めた印象派の先駆的風景画家でした。

Claude Monetクロード・モネの師として知られ、モネに戸外制作を教えたのもブーダンでした。

今回は、明瞭な外光表現を探求し、海景や浜辺の情景を多く描いたウジェーヌ・ブーダンゆかりの地をご紹介していきます。

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

ウジェーヌ・ブーダン(Eugène Boudin)とは?

ウジェーヌブーダン(Eugène Boudin)
出没年1824年7月12日-1898年8月8日 74歳で死去
様式・流派印象派、空の画家
出身フランス(オンフルール)
代表作《トゥルーヴィルの海岸》オルセー美術館
《トゥルーヴィルの浜辺》オルセー美術館
《トゥルーヴィルの浜辺風景》ワシントン・ナショナル・ギャラリー
影響を与えた人物クロードモネ

幼少期

1824年7月12日、ウジェーヌ・ブーダンは、フランス北西部ノルマンディー地方の港街オンフルールの水夫の家庭に誕生。

幼い頃から船乗りであった父の船に乗り、海の魅力を知ります。

1835年、一家はル・アーヴルに転居。

父親は水夫をやめて、新天地で文房具兼絵画店を開業し、成功をおさめます。

ブーダンは店を手伝い、次第に絵画に興味を持ちはじめます。

店ではバルビゾン派の画家Jean-François Milletジャン・フランソワ・ミレーConstant Troyonコンスタン・トロワイヨンなどの絵画を取り扱っていたため、ブーダンは先代風景画家との交流が生まれ、絵画の教えを受け、画家になることを目指すようになります。

芸術キャリア

1851年、ル・アーヴルから奨学金を受け、ブーダンは絵画を学ぶためパリに向かいます。

ロマン派の画家Eugène Isabeyウジェーヌ・イザベイのアトリエで絵を学び、ルーブル美術館でオランダ絵画の研究や模写に励みました。

しかしパリの暮らしにあまり馴染めず、3年後に帰郷。

1858年、Claude Monetクロード・モネと出会い、共に戸外で制作活動を行います。

1859年、写実主義の巨匠Gustave Courbetギュスターヴ・クールベや詩人であり、美術評論家であったCharles Baudelaireシャルル・ボードレールと出会います。

これがきっかけでブーダンの才能が開花。

ブーダンの描くパステル画の空は、ボードレールによって「気象学的な美しさ」と評されました。

1860年、パリにアトリエを移し、Camille Corotカミーユ・コローCharles-François Daubignyシャルル・フランソワ・ドービニーJohan Barthold Jongkindヨハン・バルトルト・ヨンキントなどの画家たちと交流し、サロンへの出品開始。

1874年、第1回印象派展に出品。

1870年代、ブーダンはベルギー・オランダ・南フランスを旅し、1892年から1895年にかけて定期的にヴェネツィアを訪れています。

晩年

パリのサロンに出展を続けていたブーダンは、1881年に第3位、1889年に金賞を獲得。

1892年、レジオン・ドヌール勲章を受け、ナイトの称号を得ました。

1898年8月8日、ウジェーヌ・ブーダンはドーヴィルにて74年の生涯に幕を閉じました。

ブーダンの遺骸は、モンマルトルのサン・ヴァンサン墓地(Cimetiere de St-Vincent)に埋葬されています。

サン・ヴァンサン墓地(Cimetiere de St-Vincent)サン・ヴァンサン墓地(Cimetiere de St-Vincent)

この墓地には、近代フランス画家のMaurice Utrilloモーリス・ユトリロも眠っています。

ウジェーヌ・ブーダンゆかりの地4選

①ウジェーヌ・ブーダン美術館(Musée Eugène Boudin)

フランス北西部に位置するノルマンディー地方の港街オンフルールは、ウジェーヌ・ブーダンの生まれ故郷。

ちなみにジムノペティで有名な作曲家のÉrik Satieエリック・サティもオンフルール出身です。

旧港には色とりどりの建物が並び、水面に映し出される情景が美しく、訪れた人々を魅了します。

オンフルールにあるウジェーヌ・ブーダン美術館は、ブーダンとその友人Alexandre Dubourgアレクサンドル・デュブールの発案により、1868年に創設されました。

この美術館にブーダンは、自分の作品53点と画家仲間が制作した17作品を遺贈しています。

ウジェーヌ・ブーダン美術館
住所Rue de l’Homme de Bois, 14600 Honfleur 地図
行き方パリのSaint-Lazareサン ラザール駅からフランス国鉄SNCFでTrouville-Deauvilleトゥルーヴィル-ドーヴィル駅まで約2時間。駅からオンフルール行きのバス(n° 20 または n°50)に乗り換え。所要時間約1時間。
時間※時期によって変動が激しいので公式サイト参照
定休火曜日、5月1日、7月14日、12月25日
料金8ユーロ(常設展6ユーロ)
16歳以下無料
HPhttp://www.musees-honfleur.fr/musee-eugene-boudin/historique.html

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②ドーヴィル(Deauville)とトゥルーヴィル(Trouville)

ウジェーヌ・ブーダンのドーヴィルの邸宅

もともとノルマンディー地方の漁村だったドーヴィルは、19世紀に皇帝ナポレオン3世の時代に高級リゾート地として整備されました。

パリのブルジョワ階級が休暇を過ごすことで有名で、ノルマンディー様式の高級別荘ヴィラをはじめ、競馬場、カジノ、高級ブティックなどが立ち並びます。

一方、川を挟んで隣り合う街トゥルーヴィルは、とても庶民的な雰囲気です。

「海景の画家」と称されたウジェーヌ・ブーダンは、《ドーヴィルの海水浴》《トゥルーヴィルの浜辺》《トゥルーヴィルの海岸》《トゥルーヴィルの眺め》《トゥルーヴィルの海岸での会話》など、ドーヴィルとトゥルーヴィルでたくさんの浜辺の風景を描きました。

1898年、ブーダンはやがて訪れる死を予期し、「海を見ながら死にたい」とパリからドーヴィルの邸宅へ行き、そこで息を引き取りました。

ドーヴィルの邸宅
住所
行き方パリのSaint-Lazareサン ラザール駅からフランス国鉄SNCFでTrouville-Deauvilleトゥルーヴィル-ドーヴィル駅まで約2時間。
時間
定休
料金
HPhttps://www.normandie-tourisme.fr/beaux-detours/trouville-deauville-et-la-cote-fleurie/(観光局)

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③アンドレ・マルロー近代美術館(Musée d’Art Moderne André Malraux : MuMa)

アンドレ・マルロー近代美術館

ノルマンディー地方のLe Havreル・アーヴルは第二次世界大戦中に爆撃を受け、壊滅的な被害を受けた街です。

鉄筋コンクリート造建築のパイオニアだった建築家Auguste Perretオーギュスト・ペレによって再建され、ユネスコの世界遺産に登録されています。

モネ《印象、日の出(Impression, soleil levant)》マルモッタンモネ美術館モネ《印象、日の出(Impression, soleil levant)》マルモッタンモネ美術館

ル・アーヴルは印象派ゆかりの地で、印象派の画家クロード・モネ《印象、日の出》を描いた場所としても知られています。

アンドレ・マルロー近代美術館は、1961年に作家で政治家であったAndré Malrauxアンドレ・マルローによって創設されました。

もともとフランス有数の印象派コレクションを所蔵する美術館として知られていましたが、2004年に200点以上のプライベート・コレクションが寄贈され、オルセー美術館に次いでフランスで2番目に多い印象派コレクションを所蔵する美術館となりました。

ウジェーヌ・ブーダンもまたル・アーヴルを愛した画家の1人で、《ル・アーヴルの港》などの風景画を描いています。

ブーダン《牛のいる景色Les vaches》 アンドレ・マルロー近代美術館ブーダン《牛のいる景色Les vaches》 アンドレ・マルロー近代美術館

アンドレ・マルロー近代美術館に収蔵されているウジェーヌ・ブーダンのコレクションは、1900年にブーダン家から寄贈され、世界有数の規模を誇ります。

アンドレ・マルロー近代美術館
住所2 boulevard Clemenceau, 76600 Le Havre 地図
行き方パリのSaint-Lazareサン ラザール駅からフランス国鉄SNCFでLe Havreル アーヴルまで約2時間。ル・アーヴルから美術館まで徒歩約20分。
時間11:00-18:00(火-金曜日)
11:00-19:00(土・日曜日)
定休月曜日、1月1日、5月1日、11月1日、11月11日、12月25日
料金7ユーロ
26歳以下無料
HPhttp://www.muma-lehavre.fr/fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館オルセー美術館

パリ三大美術館の1つであるオルセー美術館は、1848年から1914年までの多様な作品を展示し、なかでも世界最大の印象派コレクションを誇る美術館として知られています。

ブーダン《トゥルーヴィルの海岸》オルセー美術館ブーダン《トゥルーヴィルの海岸》オルセー美術館

数々の名画を所蔵するオルセー美術館には、ウジェーヌ・ブーダンの作品《トゥルーヴィルの海岸》《トゥルーヴィルの浜辺》《ボルドー港》などの名作が揃います。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金14ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ウジェーヌ・ブーダンゆかりの地まとめ

外光派の1人としてクロード・モネをはじめ、印象派画家たちに大きな影響を与えたウジェーヌ・ブーダンは、キャンパスを戸外に持ち出し、ノルマンディー沿岸を中心に、インスピレーションの源となった海や空の風景画を数多く描きました。

ブーダンの鋭い観察眼でとらえた風景画は、見る者の心を魅了します。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる