芸術家・アーティスト

在住者厳選!ジョルジュ・ブラックゆかりの地5選

ジョルジュ・ブラックは、パブロ・ピカソとともに「キュビスム」を生み出した画家です。

ピカソに比べ知名度はあまり高くありませんが、あの天才ピカソも一目を置く人物でした。

平面を重ねることで遠近感を出す「パピエ・コレ」と呼ばれる手法を開発し、総合的キュビスムへと発展させました。

晩年はキュビスムから距離を置き、ブラック独自の作風を作り上げました。

今回は、キュビスムの旗手ジョルジュ・ブラックのゆかりの地をご紹介していきます。

東京⇔パリの航空券はアジア経由が1番が安いです。

個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!
往復たった6万円のチケットをとったことも。

乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトエクスペディアでパリへの格安航空券をみてみる


ジョルジュ・ブラック(Georges Braque)とは?

ジョルジュブラック(Georges Braque)
出没年1882年5月13日-1963年8月31日 81歳で死去
様式・流派フォービスム、キュビスム
出身フランス(アルジャントゥイユ)
代表作《レスタックの家》バーゼル美術館
《家と木》リール近代美術館
《ギターを持つ女》ポンピドゥ・センター
影響を受けた人物 アンリマティスパブロピカソポールセザンヌ
影響を与えた人物フアングリス、フェルナンレジェ、ロベールドローネー

幼少期から学生時代

1882年5月13日、ジョルジュ・ブラックはヴァル・ドワーズ県のアルジャントゥイユで誕生。

1890年、ブラック一家はノルマンディー地方の港町ル・アーブルに移ります。

1897年〜1899年、家業の建築塗装の見習いをしながら、夜間にル・アーブルのエコール・デ・ボザールで絵を学びます。ここでRaoul Dufyラウル・デュフィ と出会います。

1900年、パリに出て、建築塗装の修行を開始。

1901年〜1902年、兵役に就きます。

1902年〜1904年、アカデミー・アンベールで絵画を学び、そこでMarie Laurencinマリー・ローランサンFrancis Picabiaフランシス・ピカビアと出会います。

芸術キャリア

1907年、アンデパンダン展に初出品します。同年、詩人のGuillaume Apollinaireギヨーム・アポリネールPablo Picassoパブロ・ピカソのアトリエを訪れ、製作中の《アヴィニョンの娘たち》に強い衝撃を受けます。

またサロン・ドートンヌで開催されたPaul Cézanneポール・セザンヌの回顧展」を鑑賞し、感銘を受けたブラックのスタイルは、フォーヴィスム(野獣派)からキュビスムへと変化していきました。

1909年から1912年にかけて、ブラックはピカソと共同作業をします。

1914年、第一次世界大戦が勃発するとブラックは徴兵され、ピカソとの共同制作は終わりを告げます。

ブラックは戦地で頭部に重傷を負い、一時的に失明します。

1917年、絵画制作を再開。

晩年

1937年、カーネギー国際大賞を受賞。

1948年、ヴェネツィアビエンナーレで大賞を受賞。

1951年、レジオン・ドヌール勲章を受賞。

1953年、ルーブル美術館シュリー翼のアンリ2世の間の天井画を制作します。

1963年8月31日、ジョルジュ・ブラックは81歳でこの世を去りました。

国葬が執り行われ、亡骸はノルマンディー地方の小さな村ヴァランジュヴィル・シュル・メールのサン・ヴァレリー教会の墓地に埋葬されています。

ジョルジュ・ブラックゆかりの地巡りのベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、日が長く観光が楽しめる季節と言えばやはり春から秋にかけて。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

美術館だけがお目当てであれば、あえて、オフシーズンでリーズナブルな冬の期間も良いと思います。

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

ジョルジュ・ブラックゆかりの地5選

①ルーブル美術館(Musée du Louvre)

世界最大級のコレクションを誇るルーブル美術館は、パリ屈指の観光スポット。

その美術館の東側に位置するシュリー翼のアンリ2世の間に、ジョルジュ・ブラックが手掛けた天井画を見ることができます。

フランス文化大臣アンドレ・マルローの発案で、フランス美術館総局長のジョルジュ・サルは、1953年にルーブル美術館の天井画をブラックに依頼しました。

制作された「鳥」シリーズは、3枚のパネルからなっており、うっかりすると見逃してしまう名画です。

また1961年には、「ブラックのアトリエ(L’Atelier de Braque)」と題した回顧展がルーブル美術館で開催されました。

ジョルジュ・ブラックは、生前にルーブル美術館で絵画が展示された最初の画家です。

ルーブル美術館
住所Rue de Rivoli, 75001 Paris 地図
最寄りメトロ1号線,7号線Palais-Royal-Musée du Louvreパレ・ロワイヤル ミュゼ・デュ・ルーヴル
時間9:00-18:00(月・木・土・日)
9:00-21:45(水・金)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休火曜日、1月1日、5月1日、12月25日
料金15ユーロ(待ち時間短縮可能なオンラインチケットは17ユーロ)
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.louvre.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②パリ市立近代美術館(Musée d’art moderne de la Ville de Paris)

パリ市立近代美術館パリ市立近代美術館

パレ・ド・トーキョーの東翼にあるパリ市立近代美術館は、1920年代から現代までのコレクションを所蔵。

ラウル・デュフィの《電気の妖精》Henri Matisseアンリ・マティス《ダンス》の連作などの名作が展示され、キュビスムのパブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックの作品も並びます。

2010年にジョルジュ・ブラックの《エスタック近くのオリーブの木》ピカソマティスの作品を含む絵画5点が盗まれました。

残念ながら盗まれた絵画は見つかっていません。

パリ市立近代美術館
住所11 Avenue du Président Wilson, 75116 Paris 地図
最寄りメトロ9号線Alma-Marceauアルマ・マルソー
時間
定休1月1日、5月1日、11月1日、12月25日
料金7-13ユーロ
18歳未満無料
HPhttps://www.mam.paris.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③国立近代美術館(Musée national d’Art moderne)

パリの国立近代美術館は、総合文化施設「ジョルジュ・ポンピドゥー・国立芸術文化センター」内にあります。

20世紀を代表する近代美術の巨匠たちの作品からコンテンポラリー・アートまで絵画や彫刻だけでなく、グラフィック・アート、写真、インダストリアル・デザインなど幅広いジャンルの作品を楽しむことができます。

《ギターを持つ女》をはじめ、《ギターを持つ男》《卓上の静物》《テーブルクロスの上の果物とコンポート鉢》《ラ・シオタの小湾》《エスタックの陸橋》《サロン》《羽ばたき》など、ジョルジュ・ブラックの豊富なコレクションを展示しています。

ポンピドゥー芸術文化センター
住所Place Georges-Pompidou, 75004 Paris 地図
最寄りメトロ11号線Rambuteauランビュトー駅、
メトロ1,11号線Hôtel de Villeオテル・ド・ヴィル
メトロ1,4,7,11,14番線Châteletシャトレ
時間11:00-21:00
※12月24日、12月31日は19:00まで
定休毎週火曜日、5月1日
料金14ユーロ
18歳未満無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.centrepompidou.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

④パリ国立ピカソ美術館(Musée national Picasso-Paris)

パリ国立ピカソ美術館パリ国立ピカソ美術館

マレ地区にあるパリ国立ピカソ美術館は、「オテル・サレ(塩の館)」と呼ばれ、歴史的建造物に指定されています。

パブロ・ピカソとピカソの遺族から寄付されたコレクションは、世界に類を見ない貴重なものです。

ピカソの作品はもちろん、ピカソ自身が収集した作品も多く所蔵しており、その中にはジョルジュ・ブラックの《瓶のある静物》などもあります。

ピカソ美術館
住所5 Rue de Thorigny, 75003 Paris 地図
最寄りメトロ8号線Saint-Sebastien-Froissartサン・セバスチャン・フロワサール
メトロ1号線St-Paulサン・ポール
時間10:30-18:00(火~金)
9:30-18:00(土・日・祝日)
定休毎週月曜日
5月1日、12月25日、1月1日
料金14ユーロ
17歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPmuseepicassoparis.fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

⑤リール宮殿美術館(Palais des Beaux Arts de Lille)

ベルギーとの国境近くにあるフランス北部の街リール。

「北の玄関口」といわれ、パリから日帰りで行ける観光地です。

1792年に画家Louis Watteauルイ・ワトーによって創設されたリール宮殿美術館は、ルーブル美術館に次ぐコレクションを所蔵。

20世紀初頭、パブロ・ピカソと共に「キュビスム」を生み出したジョルジュ・ブラックのコレクションも充実しており、《家と木》をはじめ、《ラ・ロシュ・ギヨン》《モンマルトルのサクレ・クール寺院》《レスタックのリオ・ティントン杜の工場群》《水差しと魚》などが展示されています。

リール宮殿美術館
住所Place de la République, 59000 Lille 地図
行き方パリの北駅(Gare du Nordガール ドゥ ノール)からTGVでリール・フランドル駅(Gare de Lille-Flandres)ガール ドゥ リール フランドルまで約1時間。リール・フランドル駅から美術館まで徒歩約10分。
時間14:00-18:00(月曜日)
10:00-18:00(火-日曜日)
定休1月1日、5月1日、7月14日、11月11日、12月25日
料金7ユーロ
12歳以下無料
第1日曜日無料
HPhttps://pba.lille.fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ジョルジュ・ブラックゆかりの地まとめ

アンリ・マティスに影響を受けたフォーヴィスムの初期作品、パブロ・ピカソと共同で生み出したキュビスムの時代。

盛んに取り上げた「鳥のモチーフ」のリトグラフなど、時代と共にブラックの画風は移り変わっていきます。

晩年にはジュエリーも制作しており、フランス文化大臣アンドレ・マルローから「ブラック芸術の最高峰」と絶賛されました。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる