画家・アーティスト

ギュスターヴ・クールベゆかりの地3選!フランス・パリを巡る旅

ロマン主義に次いで誕生したのが写実主義(レアリスム)で、その代表的な画家がギュスターヴ・クールベです。

自分の目で見たものをありのままに描き出し、写実主義(レアリスム)運動を牽引

パリ万国博覧会で大作の出品が拒否されると、世界初の個展を開催し、のちの画家たちに多大な影響を与えました。

今回は、モダニズムの発展に大きな影響を与えた写実主義の画家ギュスターヴ・クールベゆかりの地をご紹介していきます。

パリのホテル代が高すぎる!

久しぶりのパリ旅行
ツインで清潔感のある部屋を探したら

たったそれだけの条件なのに
日本で1泊2万円ぐらいのホテルが
パリではなんと1泊3〜5万!?

お手上げ状態だったホテル探し…
私が宿泊代を節約した方法
詳しくまとめました

予約前に知らなきゃ損

わたしが宿泊費を
大幅コストカットした方法

このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる

ギュスターヴ・クールベ(Gustave Courbet)とは?

ギュスターヴクールベ(Gustave Courbet)
出没年1819年6月10日-1877年12月31日 58歳で死去
様式・流派写実主義
出身フランス(オルナン)
代表作《オルナンの埋葬》オルセー美術館
《画家のアトリエ》オルセー美術館
《オルナンの食休み》リール市立美術館
影響を受けた人物レンブラント、フランスハルス
影響を与えた人物印象派の画家たち

幼少期

1819年6月10日、ギュスターヴ・クールベは、スイスとの国境に近いフランス東部の街Ornansオルナンの裕福な農家の家庭に誕生。

三姉妹がおり、よく絵画のモデルとなりました。

1831年、カトリック系の中学校に入学し、そこでデッサンを学びます。

1837年、画家Charles Flajoulotシャルル・フラジューロのもとで絵画の基礎を学びます。

1840年、父親の希望でパリのソルボンヌ大学法学部に入学。

しかし画家の夢を諦めきれないクールベは、法律を学ぶ傍らアカデミー・シェイスに通い、ルーブル美術館で巨匠たちの作品を模写に明け暮れました。

芸術キャリア

クールベ《黒い犬を連れた自画像 Autoportrait au chien noir》パリ市立美術館/プチ・パレクールベ《黒い犬を連れた自画像 Autoportrait au chien noir》パリ市立美術館/プチ・パレ

1844年、《黒い犬を連れた自画像》がサロンに初入選。

1845年には《ギタレロ》、1846年には《革のバンドをした男》がサロンで次々と入選。

1846年から1847年にかけてオランダとベルギーを旅行し、オランダの巨匠Rembrandt van Rijnレンブラント・ファン・レインFrans Halsフランス・ハルスなどの作品に大きな衝撃を受けます。

1848年、社会主義思想に賛同し、2月革命に参加。

1849年、《オルナンの食休み》が巨匠Dominique Ingresドミニク・アングルや、Eugène Delacroixウジェーヌ・ドラクロワから大絶賛を受けます。

作品は国家に買い上げられ、リール市立美術館に所蔵されました。

クールベ《オルナンの食休み》リール市立美術館クールベ《オルナンの食休み》リール市立美術館

1851年、クールベを一躍有名にしたのがサロンに出品された《オルナンの埋葬》

出品するや否や猛烈に批判されました。

それまでの西洋絵画の大型作品といえば、歴史画や宗教画を主題にした高貴なものに限られていました。

クールベ《オルナンの埋葬 Un enterrement à Ornans》オルセー美術館クールベ《オルナンの埋葬 Un enterrement à Ornans》オルセー美術館

しかしクールベは、故郷オルナンの葬儀という一般の人をモデルにした風俗画を描くという大胆な試みに挑戦。

身分の低いものを大型キャンバスに描くのが許されないなどというのは現在のわたしたちからするとわけがわかりませんが、そういう時代だったのです。

クールベは先進性を持ちすぎていたがゆえに体制から目をつけられることになります。

1853年、美術愛好家Alfred Bruyasアルフレッド・ブリュイヤスは、サロンで批判を受けたギュスターヴ・クールベの作品《水浴びする女たち》《眠る糸紡ぎ女》を購入し、以後クールベの後援者となります。

1855年、パリ万国博覧会に14作品を出品。

クールベ《画家のアトリエ L’Atelier du peintre》オルセー美術館クールベ《画家のアトリエ L’Atelier du peintre》オルセー美術館

しかしクールベの大作《画家のアトリエ》《オルナンの埋葬》の出品は拒否されてしまいます。

そこでクールベは美術愛好家アルフレッド・ブリュイヤスの支援を受け、博覧会会場近くに「レアリスムのパビリオン」と名付けた小屋を建て、「ギュスターヴ・クールベ作品展」を開催。

おにちゃん
おにちゃん
これは世界で初めて開かれた「個展」となりました。

1860年代になると風景画や狩猟画などの作品がサロンで評価されるようになります。

1870年、ナポレオン3世によりレジオン・ドヌール勲章を授与されましたが、それを拒否

1871年、パリ・コミューンに参加し、ヴァンドーム広場の円柱破壊事件の責任を問われて逮捕され、6ヶ月の禁固刑を受けます。

1873年、ヴァンドーム広場の円柱破壊で膨大な費用の支払を命じられたクールベは、スイスに亡命。

1877年12月31日、ギュスターヴ・クールベは母国に戻ることなく、スイスのLa Tour-de-Peilzラ・トゥール・ド・ペイルで58年の生涯を閉じました。

ギュスターヴ・クールベゆかりベストシーズン

フランスのベストシーズンは1年中と言っても過言ではありません。

どの季節も素晴らしいのですが、お墓参りやパリの街を散策するなら気候の良い春から秋にかけてがおすすめです。

4月~10月までは営業時間が延びる施設が多く、多くのスポットを観光することができますよ!

美術館巡りであればあえて空いているオフシーズンの冬でも全く問題ありません。

フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説
フランスベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。 旅行会社に質問すると「フランスのベストシーズンは夏(6~8月)」と回答される...

ギュスターヴ・クールベゆかりの地3選

①オルセー美術館(Musée d’Orsay)

オルセー美術館オルセー美術館

パリにあるオルセー美術館は、19世紀の美術専門の美術館で、19世紀を代表する写実主義の画家ギュスターヴ・クールベの代表作も所蔵されています。

大作《オルナンの埋葬》は、当時の美術界にスキャンダルを巻き起こした作品です。

クールベ《オルナンの埋葬 Un enterrement à Ornans》オルセー美術館クールベ《オルナンの埋葬 Un enterrement à Ornans》オルセー美術館

《画家のアトリエ》もまた、《オルナンの埋葬》と同様に巨大なキャンバスに描かれた大作で、描かれた人物は、何らかの寓意を表しています。

他にもスキャンダラスな絵画として世界中に衝撃を与えた《世界の起源》は、エロティシズムを包み隠さず表した作品で、わたしも学生時代に見た時は衝撃を受けました。

オルセー美術館
住所1 Rue de la Légion d’Honneur, 75007 Paris 地図
最寄りメトロ12号線Solférinoソルフェリーノ
時間9:30-18:00(火水金土)
9:30-21:45(木)
※閉館時間の45分前まで入場可能
定休毎週月曜日、5月1日、12月25日
料金14ユーロ
18歳以下無料
ミュージアムパスOK
HPhttps://www.musee-orsay.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

②クールベ美術館(Musée Courbet)

クールベ美術館クールベ美術館

ブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地方にあるオルナンは、写実を追求したギュスターヴ・クールベの生誕の地です。

クールベの描いた美しい景色が残る街には、クールベのゆかりのスポットが点在します。

クールベが制作した《カジカ捕り》の彫刻が据えられたクールベ広場の噴水や《オルナンの埋葬》を描いたアトリエも残っています。

またクールベが生まれ、幼少時代を過ごした生家も残っており、現在はクールベ美術館として生まれ変わっています。

クールベ美術館には、クールベの初期の作品から写実作品、後期の風景画などが展示され、クールベの歴史を辿りながら作品の鑑賞が楽しめます。

クールベ《サン・ペラジー刑務所の自画像》クールベ美術館クールベ《サン・ペラジー刑務所の自画像》クールベ美術館

パリ・コミューンに参加した後に投獄されたサン・ペラジー刑務所で描いた《サン・ペラジー刑務所の自画像》《オルナンの眺め》をはじめ、亡命先のスイスの風景画など、クールベの素晴らしいコレクションが揃っています。

クールベ美術館
住所1, Place Robert Fernier 25290 Ornans 地図
行き方パリのリヨン駅(Gare de Lyonガール・ドゥ・リヨン)からTGVでBesançonブザンソン駅まで約2時間30分。ブザンソン駅からOrnansオルナンへは、Pontarlieポンタルリエ行きのバスで約45分。
時間【6月-9月】
10:00-18:00

【10月-5月】
14:00-17:00(月曜日)
10:00-12:00 / 14:00-17:00(水-日曜日)

定休火曜日、1月1日、5月1日、11月1日、12月25日
料金8ユーロ(常設展6ユーロ)
18歳以下無料
HPhttp://www.musee-courbet.fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

③リール宮殿美術館(Palais des Beaux-Arts de Lille)

ベルギーとの国境に近いフランス北部の街リールは、工業都市として栄えた街で、中世時代、フランドル伯爵領であったことから「フランドル・フランセーズ」と呼ばれています。

北の玄関口として知られ、鉄道、高速道路、空港など交通の便に恵まれ、近隣諸国へのアクセスも容易にできます。

街の見どころの1つにリール宮殿美術館があります。

1809年に開館した美術館で、新古典主義様式の美しい外観をもちます。

ルーブル美術館に次ぐ豊富なコレクションを所蔵し、中世から近代美術に至る絵画、彫刻、陶磁器、デッサンなど、時代・分野ともに幅広い内容のコレクションが展示されています。

Peter Paul Rubensピーテル・パウル・ルーベンス《キリスト降架》Anthony van Dyckアンソニー・ヴァン・ダイク《十字架の上のキリスト》などリールという土地柄、充実したフランドル絵画も揃います。

クールベ《オルナンの食休み》リール市立美術館クールベ《オルナンの食休み》リール市立美術館

また新古典主義、ロマン主義、写実主義の画家たちの作品も多く展示されており、1849年に国家により買い上げられたギュスターヴ・クールベの《オルナンの食休み》も見ることができます。

リール宮殿美術館
住所Place de la République, 59000 Lille 地図
行き方パリの北駅(Gare du Nordガール ドゥ ノール)からTGVでリール・フランドル駅(Gare de Lille-Flandres)ガール ドゥ リール フランドルまで約1時間。リール・フランドル駅から美術館まで徒歩約10分。
時間14:00-18:00(月曜日)
10:00-18:00(火-日曜日)
定休1月1日、5月1日、7月14日、11月11日、12月25日
料金7ユーロ
12歳以下無料
第1日曜日無料
HPhttps://pba.lille.fr

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

ギュスターヴ・クールベまとめ

フランスの美術界にスキャンダルを巻き起こし、「フランス美術界の反逆児」と呼ばれたギュスターヴ・クールベ。

現実を理想化して表現するそれまでの絵画を否定し、自分が実際に見たものだけを描き続けた近代絵画の革新者でした。

晩年は、堅実な技法で狩猟画や風景画を描き、彫刻も制作しています。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる