8区(シャンゼリゼ通り)

旅のプロが選んだシャンゼリゼ通り界隈で絶対行きたい人気観光スポットおすすめ15選

パリ8区の地図

観光名所が多く集まる8区は、シャンゼリゼ大通りをはじめ、エトワール凱旋門、コンコルド広場、グラン・パレ、プチ・パレなど見どころがたくさん。

またパリでショッピングを楽しみたい方にもおすすめのエリアです。モンテーニュ通りやサントノレ通りには、名立たる高級ブランドがブティックを構えています。

パリ観光で絶対外せないシャンゼリゼ大通り。ちょっと足を延ばせば行ける有名観光スポットや魅力的なショッピング通りまで。

このページではシャンゼリゼ界隈で見ておきたいおすすめのスポットをご紹介していきます。

シャンゼリゼ界隈の全観光スポット一覧

※観光スポット名をタップすると詳しい記事へジャンプします

観光スポット

美術館・博物館

教会

広場・公園

グルメ

  • ル・フーケッツ(カフェ)
  • ラデュレ(パティスリー)

ショッピング

  • モンテーニュ通り
  • ルイ・ヴィトン本店
  • ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店
  • サントノレ通り

シャンゼリゼ界隈の観光スポット

地図の使い方をみる

Googleマップの使い方Googleマップの使い方

シャンゼリゼ界隈(8区)の治安

凱旋門からシャンゼリゼ大通りにかけては、地元の人よりも圧倒的に旅行者の多いエリアです。

カフェやレストランなどは旅行者向けの高めの設定ですが、治安は比較的良好。

ただスリは非常に多いので、十分に注意してください。

パリの治安については「パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法」でさらに詳しく紹介しています。

シャンゼリゼ界隈で絶対行きたい人気有名観光スポット6選

まずはすぐに周れる人気マストスポット6選をご案内します。

シャンゼリゼ大通り(Avenue des Champs- Élysées)

全長約2㎞のシャンゼリゼ大通りは、凱旋門からコンコルド広場まで続く世界で最も有名な大通りです。

16世紀までは野原と沼地だったこの場所は、ヴェルサイユ宮殿の造園で知られる造園家アンドレ・ル・ノートルによって、17世紀中頃に整備されました。

mari
mari
シャンゼリゼ大通りの両側には、マロニエとプラタナスの美しい並木道が続きます。

シャンゼリゼ大通りでは毎年さまざまなイベントが開催されます。

なかでも7月14日の革命記念日は国を挙げてのお祭りで、シャンゼリゼ大通りで軍事パレード(分列行進)が行われます。

おにちゃん
おにちゃん
またクリスマスの時期には、きらびやかなイルミネーションで飾られ、美しいパリの冬の風物詩を見ようと世界中から観光客が訪れますよ!

シャンゼリゼ大通りには、カフェやレストラン、自動車のショールーム、スーパーマーケット、映画館などが軒を連ねます。

パリの多くのブティックは、日曜日になるとお店を閉めてしまいますが、シャンゼリゼ大通りなら、日曜日も営業!思う存分ショッピングが楽しめます。

カジュアルブランドからラグジュアリーブランドまで、国内外の人気ブランドがシャンゼリゼ大通りに集結し、ニーズに合わせたお買い物ができるのも嬉しいですね♡

また毎月第1日曜日は、シャンゼリゼ大通りが歩行者天国に。

二酸化炭素の排出を減らすための始まった取り組みで、普段は車が走っている通りの真ん中を歩くことができますよ!

関連記事はこちら
シャンゼリゼ大通り
シャンゼリゼ大通りへ行ってきた!行き方・見どころ徹底ガイドパリ在住の筆者がパリの顔であるシャンゼリゼ大通りの見どころ、周辺の治安やアクセス方法、おすすめブランドなどを詳しく解説しています。メトロの使い方、チケットの買い方は事前に知っておくと時間の短縮になったり、旅費の節約になることも多いのでぜひ参考にしてみてください!...

エトワール凱旋門(Arc de Triomphe de l’ Étoile)

シャルル・ド・ゴール広場(エトワール広場)に壮麗な姿で佇むエトワール凱旋門。

シャンゼリゼ大通りの西端にあり、エッフェル塔と同様に、パリのシンボルとして知られています。

エトワール凱旋門は皇帝ナポレオンの命により、1805年のアウステルリッツの戦いでの勝利を記念して建設されたものですが、実はエトワール凱旋門の前に、別の凱旋門をルーブル宮の西側に建てさせていました。

それがカルーゼル凱旋門です。

けれどもナポレオンはこれに満足せず、「世界で最も大きな凱旋門を!」と、シャルル・ド・ゴール広場にエトワール凱旋門の建設を命じました。

この建設には膨大な時間を要し、ナポレオンはエトワール凱旋門の完成を見ることなくこの世を去ります。

mari
mari
エトワール凱旋門の壁面には、ナポレオンの功績を称えた精巧なレリーフが施されています。

また門の下には無名戦士の墓があり、第一次世界大戦中に犠牲になった150万人以上もの兵士を代表して、1人の身元不明戦死者が葬られています。

エトワール凱旋門は、屋上に上ることができます。地下通路からアクセスし、272段の階段を上ると屋上展望台があります。

シャルル・ド・ゴール広場からは、12本の大通りが放射線状に延びており、360度の大パノラマが広がります。

エッフェル塔をはじめ、コンコルド広場、パリの副都心ラ・デファンス、サクレ・クール寺院など、パリの美しい街並を一望できますよ!

関連記事はこちら
エトワール凱旋門
エトワール凱旋門へ行ってきた!行き方・入場料・見どころ徹底ガイドパリ在住の筆者が凱旋門の見どころ、チケット情報、周辺の治安やアクセス方法を詳しく解説しています。メトロの使い方、チケットの買い方は事前に知っておくと時間の短縮になったり、旅費の節約になることも多いのでぜひ参考にしてみてください!...

グラン・パレ(Le Grand Palais)

グラン・パレは、1900年にパリ万国博覧会のメイン会場として建てられました。

ちょうどプチ・パレの向かいにあり、鉄骨とガラス張りの丸屋根が特徴で、イオニア式の列柱に彫刻をあしらった格調高い石造りのモニュメントで、歴史的建造物にも指定されています。

1966年に企画展専門の美術館「グラン・パレ・ナショナル・ギャラリー(Galeries nationales du Grand Palais)」として開館し、それ以降、数々の企画展を開催しています。

同じ建物の西側には、物理学者Jean Perrinジャン・ぺランPaul Langevinポール・ランジュヴァンの主導によって開館した「科学技術美術館(Palais de la Découverte)」があります。

数学、物理学、天文学、化学、地質学、生物学などテーマごとに分かれ、実際に体験できるコーナーやプラネタリウムもあり、子供から大人まで楽しめる場所です!

プチ・パレ(Le Petit Palais)

プチ・パレ(パリ市立美術館)は、グラン・パレと同様、1900年にパリ万国博覧会の会場として建てられました。

イオニア式列柱に彫刻が施されたファサードと回廊のある中庭をもつ美しい建物で、常設展会場と企画展会場に分かれています。

ちなみにプチ・パレは、常設展が無料です!

常設展会場では、クロード・モネの「ラヴァクールの日没」をはじめ、ドラクロワ、シスレー、ピサロ、セザンヌ、ゴーギャン、ルノワールといった19世紀から20世紀初頭の作品を見ることができます。

また、絵画の他にも彫刻、タペストリー、七宝などの多岐にわたる展示品が並び、見応えがあります。

美術鑑賞に疲れたら、美術館併設の中庭に面したカフェがオススメです!緑溢れる憩いの場所で、ひと休みしてはいかがでしょうか?

マドレーヌ寺院(Église de la Madeleine)

52本のコリント様式の柱に囲まれた古代ギリシアの神殿を思わせるマドレーヌ教会。

オペラ座から徒歩圏内にあり、観光客で混み合うこともないので、穴場の観光スポットです!

マドレーヌ教会は、「聖マグダラのマリア」を守護聖人とするカトリック教会。1764年に建設が始まり、幾度もの中断を経て1842年に完成しました。

古代ギリシアの神殿を模したネオ・クラシック様式(新古典主義建築)の異色な外観でパリでは珍しいと思います。

荘厳な雰囲気の教会内には、入口左手にリュードの「キリストの洗礼」、中央主祭壇にシャルル・マロチェッティの「聖マグダラのマリアの歓喜」の大理石像が置かれています。

他にもシャルル・ジョセフ・ラメールのモザイク画やジュレ・クロード・ジェクレールのフレスコ画なども見逃せません。

またマドレーヌ教会には、オルガン製作の巨匠といわれるカヴァイエ・コルのパイプオルガンが2台収められています。

マドレーヌ教会のパイプオルガン奏者はいずれも著名な音楽家たちで、三大レクイエムのひとつに数えられるフランスの作曲家ガブリエル・フォーレの「レクイエム」の初演もここで行われました。

また「ピアノの詩人」と呼ばれるフレデリック・ショパンの葬儀がマドレーヌ教会で行われ、ショパンの生前の希望により、モーツァルトの「レクイエム」が演奏されました。

マドレーヌ教会では、定期的にクラシックコンサートが行われています。旅の思い出に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら
マドレーヌ寺院へ行ってきた!行き方・営業時間・見どころ徹底ガイドパリ在住の筆者がフレデリック・ショパンの葬儀が行われたことでも知られるマドレーヌ寺院の見どころ、周辺の治安やアクセス方法を詳しく解説しています。地下にあるレストランも旅行者に密かに人気のスポットなのでぜひチェックしてみてください。...

コンコルド広場(Place de la Concorde)

コンコルド広場

パリの代表的な広場の1つであるコンコルド広場は、シャンゼリゼ大通りとチュイルリー公園に挟まれたパリで1番大きな広場です。

コンコルド広場 オベリスクコンコルド広場 オベリスク

中央にそびえ立つオベリスクは、コンコルド広場のシンボル的な存在で、「クレオパトラの針」と呼ばれています。

エジプト国王ムハンマド・アリーからフランス国王ルイ・フィリップに贈られたもので、エジプトのルクソール神殿のオベリスクと対になっているのが特徴。

コンコルド広場は、1755年にルイ15世の命により建築家アンジュ・ジャック・ガブリエルよって作られました。

当時、広場の中央にはルイ15世の騎馬像が設置されていたため、「ルイ15世広場」と呼ばれていたことも。

1789年にフランス革命が勃発すると、ルイ15世の騎馬像は取り払われ、広場は血塗られた処刑場となります。

1793年1月にルイ16世、同年10月にはマリー・アントワネットが断頭台の露と消えました。

名前も「革命広場」と改められ、のちに革命の指導者であったマクシミリアン・ロベスピエールやジョルジュ・ダントンもこの広場で処刑されています。この動乱の時期に1119人が革命広場で処刑されました。

1830年に「コンコルド広場」と正式に改称され、今では世界中から観光客の集まるパリの観光名所となっています。

関連記事はこちら
コンコルド広場
コンコルド広場へ行ってきた!行き方・見どころ・楽しみ方徹底ガイドパリ在住の筆者がコンコルド広場の見どころ、周辺の治安やアクセス方法を詳しく解説しています。メトロの使い方、チケットの買い方は事前に知っておくと時間の短縮になったり、旅費の節約になることも多いのでぜひ参考にしてみてください!...

シャンゼリゼ界隈の穴場スポットおすすめ3選

モンソー公園(Parc de Monceau)

モンソー公園は、18世紀半ばにオルレアン公の命で作られた公園。

画家カルモンテルによって設計された園内には、古代エジプト風のピラミッドや古代ローマのコリント式円柱、中国風寺院、オランダの風車などが置かれています。

またモンソー公園には、東京都知事からパリ市民に寄贈された上野の寛永寺にあった徳川将軍の石灯籠もあるから驚きです!

他にも天才作曲家フレデリック・ショパンの記念碑や文豪モーパッサンの像など至るところに彫像があります。

観光客が少なく落ち着いた雰囲気のモンソー公園は、地元の人たちの憩いの場となっています。

公園の近くには、ニシム・ド・カモンド美術館や日本大使館もあり、時間に余裕のある方はぜひ立ち寄って見てくださいね。

ジャックマール・アンドレ美術館(Musée Jacquemart-André)

閑静な住宅街にあるジャックマール・アンドレ美術館は、個人邸宅を改装してできた美術館で、美術館の名前にもなっている銀行家のエドゥアール・アンドレとその妻で画家であったネリー・ジャックマールの収集した膨大なコレクションが展示されています。

熱狂的な美術品コレクターであった2人は、数十年もの歳月をかけて世界中から美術品を集めました。

しかし子供に恵まれなかったため、夫婦の死後、私邸と収集したコレクションは、フランス学士院に寄贈されました。

ジャックマールアンドレ ボッティチェリの聖母子像

フランス、イタリア、イギリス、オランダなどの絵画をはじめ、彫刻、調度品、美術工芸品など5000もの作品が展示されています。

展示品の他にも、円形の「大広間」やゴブラン織りで飾られた「タペストリーの間」、「冬の庭園」と呼ばれるサンルームなど、ブルジョワの暮らしを垣間見ることができるのもこの美術館ならではの面白さです!

美術館に併設されたサロン・ド・テは、ご夫婦のダイニングルームだった場所で、天井にはティエポロのフレスコ画、壁には17世紀の美しいタペストリーが飾られ、豪華な部屋で優雅なティータイムが楽しめます。

お天気の良い日は、中庭に面したテラス席が人気ですよ!

関連記事はこちら
ケ・ブランリー美術館
ケ・ブランリー美術館へ行ってきた!行き方・入場料・見どころ徹底ガイドパリ在住の筆者がケ・ブランリー美術館の見どころ、チケット情報、周辺の治安やアクセス方法を詳しく解説しています。メトロの使い方、チケットの買い方は事前に知っておくと時間の短縮になったり、旅費の節約になることも多いのでぜひ参考にしてみてください!...

ニシム・ド・カモンド美術館(Musée Nissim de Camondo)

ニシム・ド・カモンド美術館は、モンソー公園近くにある個人美術館。

もともとは、ヴェルサイユ宮殿の離宮「プチ・トリアノン」を模して建てられた大富豪モイーズ・ド・カモンド伯爵の邸宅でしたが、第一次世界大戦中に息子のニシムが戦死するという不幸に見舞われます。

伯爵の死後、息子を追悼し、すべてのコレクションと邸宅が装飾美術協会(現在の装飾美術館)に寄贈され、愛息ニシムの名にちなんだ美術館として公開されました。

豪華絢爛な館内には、絵画や家具、タピストリー、陶磁器などのコレクションが展示されています。

シャンゼリゼ界隈のグルメスポット

ル・フーケッツ(Le Fouquet’s)

1899年創業の老舗カフェ「フーケッツ」。シャンゼリゼ大通りとジョルジュ・サンク大通りのぶつかる一角にあり、ちょうどルイ・ヴィトン本店と向かい合っています。

ル・フーケッツは、1979年以来「セザール賞」のパーティー会場になっているため、常連客には映画関係者も多く、俳優や著名な人物が訪れるお店として知られています。

ジャック・ガルシアによって手がけられたシックで洗練されたインテリアの店内の壁には、ル・フーケッツを愛した著名人たちの写真がたくさん飾られています。

他のカフェに比べると敷居の高いイメージがあるかもしれませんが、贅沢な気分を味わいたいのなら、ぜひオススメのカフェです。お値段は少々張りますが、優雅なひとときを味わえますよ!

ラデュレ(Ladurée)

シャンゼリゼ大通りにはマカロンでお馴染みの、1862年創業老舗パティスリー「ラデュレ」のサロン・ド・テがあります。

朝早くから夜遅くまで開いているので、お買い物ついでに立ち寄ることもできます。

サロンスペースは1階と2階にあり、優雅なサロンで至福のスイーツを堪能することができます。サントノレやイスパハン、フレーズ・ラデュレ、ルリジューズなど、ラデュレを訪れたらぜひケーキも味わってみてくださいね!

関連記事はこちら
パリのラデュレへ行ってきた!マカロン・パティスリー・パリ限定グッズ情報徹底ガイド元パリ在住&パリに何度も通った筆者がパリのラデュレで食べるべきおすすめのパティスリー、マカロン、おすすめのお土産屋店舗を徹底的にご紹介します。ぜひ旅の参考にしてみてください!...

シャンゼリゼ界隈のショッピングスポット

モンテーニュ通り(Avenue Montaigne)

モンテーニュ通りは、シャネルをはじめ、ディオール、ルイ・ヴィトン、グッチ、セリーヌ、クロエ、ニナ・リッチ、ヴェルサーチ、ハリー・ウィンストン、ジョルジオ・アルマーニなどの高級ブランドが立ち並ぶ華やかな通りです。シャンゼリゼ大通りから1本外れた通りで、ウィンドウショッピングするだけでも楽しめますよ!

ルイ・ヴィトン本店(Louis Vuitton)

ルイ・ヴィトン好きなら必ず立ち寄りたいお店が、シャンゼリゼ大通りにあるルイ・ヴィトン本店ではないでしょうか?

お店の外にはいつも入店待ちの人々の行列ができているので、すぐに見つかるはずです。

お買い物を楽しんだら、免税手続きをお忘れなく!

ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店(Galeries Lafayette Champs-Élysées)

パリのデパートといったら、「ギャラリー・ラファイエット」を真っ先に思い浮かべるほど世界的に有名なデパートですが、シャンゼリゼ大通りにも小さいながら店舗があるのをご存知ですか?

シャンゼリゼ店の特徴は、コーディネートやショッピングの相談にのってくれるパーソナルスタイリストサービスがあり、まるでセレクトショップのような感覚でショッピングが楽しめます。

地下にはフードコートもあり、お総菜からスイーツまでなんでも揃います。中央にはテーブルも配置され、買ったものをその場で食べることもできますよ。

シャンゼリゼ店は年中無休で、営業時間は11時〜21時まで。

サントノレ通り(Rue Saint Honoré)

サントノレ通りは、モンテーニュ通りと並び、高級ブティックの集まる通りとして知られています。パリでブランド店巡りをしたい方に、ぜひオススメしたい通りです!

エリゼ宮殿からサン・ロック通りまでの約1.3㎞内に有名高級ブランドのブティックが立ち並びます。

エルメス、ランバン、ロンシャン、ゴヤール、ロジェ・ヴィヴィエ、サンローランなどが本店を構え、他にもアレキサンダー・マックイーン、ミッソーニ、モスキーノなどのハイブランドの店舗が目白押し!

ブランドにあまり興味のない方でも、パリの街散策のついでにウィンドウショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

安全に旅したい
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】