フランス観光情報

マドレーヌ寺院の行き方・開館時間・見どころ徹底ガイド

マドレーヌ広場に建つギリシャ神殿のような「マドレーヌ寺院」。

聖女マドレーヌの像や大きなパイプオルガンのあるカトリックの教会です。

他の有名スポットに比べて中まで入場して見学する人は少ないのでゆったり見学できますよ♪

今回は、マドレーヌ寺院の行き方や見どころをご紹介します!

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


マドレーヌ寺院の基本情報


マドレーヌ寺院はカトリックの教会で、1764年にルイ15世によって建築が開始されました。

mari
mari
しかし、なかなか工事が進まずフランス革命がはじまってしまいます…。

 

革命中は工事が中断されていましたが、ナポレオン1世の命令で再建築がはじまりました。

ナポレオンは、「フランス軍を讃えてギリシャの神殿風にしよう!」といったので今の外観に。

完成したのは1842年。

ナポレオンが亡くなった後に完成し、結局カトリックの教会として使われることに。

聖女マドレーヌを祀ったカトリック教会なのでマドレーヌ寺院と呼ばれています。

mari
mari
聖女マドレーヌって誰だっけ!?
おにちゃん
おにちゃん
聖女マドレーヌは、マグダラのマリアのことだよ!

マドレーヌ寺院への行き方・アクセス


コンコルド広場とオペラ座・ガルニエ宮の間くらいにあります。

また、「パリのセーヌ河岸」の一部として世界遺産にも登録されていますよ!

公共交通機関でのアクセス方法をご紹介します。

メトロで行く

最寄り駅は、パリメトロ2号線・8号線・14号線Madeleine駅(マドレーヌ)です。

地下鉄から地上にでると、目の前に神殿風の建物が目に飛び込んできますので、迷う方はいないと思います!(笑)

駅名も「マドレーヌ」なだけあってめちゃくちゃ近いです。

横断歩道を渡るとすぐに着きますよ♪

RERで行く

最寄り駅は、A号線 Auber(オベール)駅です。

メトロに比べると少し距離があって、600~700mくらい。

歩いていくと8~10分くらいです。

RERの駅から大回り気味の道を通るので少し遠い感じがしますね。

バスで行く

84・42・52番 Madeleine(マドレーヌ)下車

バス停はマドレーヌ寺院のほぼ目の前。

距離的にはメトロと同じくらいで、横断歩道を渡るとすぐにつきます。

マドレーヌ寺院の入場料・開館時間


photo by Os Rúpias

マドレーヌ寺院はどなたでも「入場無料」となっていますので、気軽に訪れることができます。

ただ、現役のカトリックの教会ですので、マナーを守ったうえで見学するようにしましょう。

帽子を脱ぐ

寺院の中では、帽子やフードを含めて頭に身に着けているものは外してくださいね。

信仰の方の邪魔にならないよう静かに見学

観光スポットでもありますが、お祈りを捧げる信者の方々も訪れる神聖な場所でもあります。

大きな声や私語はなるべく慎み、信者の方々の邪魔にならないように静かに見学しましょう。

入場料金

無料

開館時間

9:30 ~ 19:00
※ミサの時間は見学不可なので、場合によっては見学できない時間帯もあります。

閉館日

なし
※冠婚葬祭儀式やイベントのときは入場規制する場合があります。

マドレーヌ寺院見どころ

荘厳な雰囲気の内装と彫刻

マドレーヌ寺院は、豪華で厳かな雰囲気のある教会です。

主祭壇にあるのは、マロチェッティによる「聖マグダラのマリアの歓喜」


photo by Sean O’Neill

マグダラのマリアが天に召される様子が彫られている彫刻です。

その上には、美しい天井画が。


photo by xiquinhosilva

祭壇の他にも彫刻があります。

祭壇に向かって左手にあるのが、リュード作の「キリストの洗礼」。

右手には、プラディエ作の「聖母マリアの婚礼」が。


photo by Os Rúpias

どれも細微で美しいものばかりです♪

マドレーヌ寺院のクラシックコンサート

週に3回ほど、マドレーヌ寺院の中でクラシック・コンサートが開催されています。

寺院内で行われるコンサートなので、音楽ホールのコンサートよりもお得でカジュアルに楽しめますよ♪

masahiko hisadaさん(@hisacchi122)がシェアした投稿

荘厳なマドレーヌ寺院の雰囲気の中で聞くクラシックは普通のコンサートとは一味違いそうですね!

マドレーヌ寺院は、フレデリック・ショパンの葬儀が行われたことでも有名です。

ショパンもモーツァルトを尊敬する音楽家のひとり。

ショパンの生前の希望により、葬儀のミサではモーツァルトの「レクイエム」が演奏されたんだとか!

今でも、モーツァルトのレクイエムはコンサートの演目で鉄板のようですよ♪

クラシック・コンサートのチケットはこちらから購入できます。

>>>Classictic

開催は16時~、20~21時頃からが多いです。

マドレーヌ寺院口コミ・レビュー

幾度となく前は通ったのに、中に入ったのは今回夜のクラシックコンサートの為でした。厳かな中でのバイオリンの妙なる調べとソプラノ歌手によるアヴェマリアの歌は最高でした。(googleレビュー)

これ教会なの?と思わせる建物です。パルテノン神殿か?18世紀に建築計画。しかし建築家が相次いで他界、フランス革命などスムーズに進まず、その後ナポレオンが古代ギリシャ風の大聖堂を作るようにとこの形に。ここの食堂でランチもできます。(4travel)

ギリシャのネオ・クラシック様式なのでパルテノン神殿、アポロン神殿のようだという意見が目立ちました。

夜のコンサートの評判もとっても良いのでぜひ足を運んでみてください!

地下のお値打ち価格レストラン!フォワイエ・デ・ラ・マドレーヌ

マドレーヌ寺院内の地下には、お得なランチセットが魅力的なレストランがあります。

利用者のほとんどは地元のパリっ子たち。

初回のみ年間費の7ユーロを支払い、カードを発行してもらいます。

一度払った後は9ユーロでランチセットを楽しむことができますよ♪

1度しか利用しない方はゲストという扱いで16ユーロで食事ができるので安心。

ランチは、前菜・メイン・デザートの3品。

決して豪華な内容ではありませんが、かなりお値打ち価格なので気になる方はぜひ利用してみてください♪

もともとこのレストランは、第一次世界大戦前に教会の食事配給が行われていた場所だそうです。

食事が十分に食べられない人たちのために、食事を提供していた場所とういこともあり、現在でもお値打ち価格で食事を提供しています。

店名フォワイエ・デ・ラ・マドレーヌ
住所Place de la Madeleine 75008 Paris
営業時間11時45分〜14時
料金年会費:7ユーロ ランチ:9ユーロ ゲスト:16ユーロ
定休日土・日曜
HPhttp://foyerdelamadeleine.fr/

マドレーヌ寺院は思ったより厳かなカトリック教会だった!

外観が普通の教会堂とは異なりますが、中は天井画高く厳かな教会そのもの。

マグダラのマリア像の優しい雰囲気の像は本当にきれいです。

無料で見学できるので、近くを訪れた際はぜひ立ち寄ってみて♪

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる