フランス観光情報

パリ三大蚤の市「クリニャンクール」へ行ってみよう!見どころアクセス完全ガイド

パリ三大蚤の市の1つであるクリニャンクールの蚤の市(Marché aux puces de St-Ouen)

高価なアンティークなものから気軽に手に入るものまで何でも揃います。

日曜日になると、パリの多くのお店は閉まってしまいますが、そんなときはクリニャンクールの蚤の市でお買い物を楽しみましょう♪掘り出しものが見つかるかもしれませんよ!

東京⇔パリの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!
往復たった6万円のチケットをとったことも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便がおすすめです♪

公式サイトスカイチケットでパリへの格安航空券をみてみる


クリニャンクールの蚤の市の基本情報


photo by Edsel Little

パリの北側に位置するクリニャンクールの蚤の市。

パリジャンには、クリニャンクールの蚤の市よりも「サント・オーエンの蚤の市」の名で親しまれています。100年以上の歴史をもち、世界最大級の規模を誇ります。

アンティークの家具やオブジェ、ビンテージものの服やかばん、年代物のレコードなど、がらくたのようなものから高価なものまでありとあらゆる商品が並んでいます。

おにちゃん
おにちゃん
なんとお店の数は2,500以上もあります!

クリニャンクールの蚤の市はパリ三大蚤の市の1つ!

また、パリの三大蚤の市といえば、

①クリニャンクール
②ヴァンヴ
③モントルイユ

の3つ!

中でも今回ご紹介するクリニャンクールは、一番大きな規模を誇る蚤の市です。

とにかく広大な市場なので圧倒されますが、きちんと区画が整理されているので、歩きやすいのも特徴。

おにちゃん
おにちゃん
クリニャンクールは蚤の市の代名詞的な存在だよ!
mari
mari
かんたんに他の市場も紹介するね♪

おしゃれな雑貨がたくさんあるヴァンヴ蚤の市

ヴァンヴ蚤の市は小規模ではありますが、センスの良い雑貨がそろっていると評判。

青空市で2時間もあれば十分周ることができます。カフェオレボールやキーホルダーなどパリらしいものから、アンティーク品まで取り扱っています。

住所:Avenue Sangnier 75014 Paris
開催日:土曜日と日曜日の7:00~13:00頃
地下鉄最寄り駅:13号線「Porte de Vanves」駅下車徒歩2分

古着・日用雑貨が山積みされているモントルイユの蚤の市

3つの中では一番ディープな蚤の市。郊外で開催されているので、ちょっと治安に不安があるかもしれません。

地元の人たちの生活必需品の販売が多いので、日本のフリーマーケットのような雰囲気かも。

観光客も比較的少ないので、ディープな雰囲気を味わいたい方はぜひ。

住所:Avenue de la Porte de Montreuil 75020 Paris
開催日:土~月曜日の7:00~19:30頃
地下鉄最寄り駅:地下鉄9号線Porte de Montreuil駅徒歩5分

クリニャンクール蚤の市での歩き方(買い物・交渉)


photo by Stefan Leijon

mari
mari
初めて蚤の市へ行った時、広すぎて自分がどこにいるのかよくわらなくなりました!

蚤の市は区画整理され、エリアごとに名前が付いているので、あらかじめ行きたい場所を絞っておくとよいでしょう。

気になる商品が見つかったら必ずお店の人に声をかけて手に取るようにしてください!

  1. お店の人に声をかけて商品をチェック
  2. 値段交渉
  3. お金を支払う(クレカは使えない店が多い)

値段交渉は携帯の電卓機能を使って提示すると分かりやすいです。フリーマーケットというよりは普通のお店に近いので大幅な値下げや交渉はやめておきましょう!

フランス人店員のご機嫌を損ねず楽しくお買い物をしてくださいね♪

おにちゃん
おにちゃん
もちろんたくさん買うなら常識の範囲内でお願いすればOKですよ!

クリニャンクールの蚤の市の行き方・アクセス

住所:142 Rue des Rosiers 75018 Paris
Métro : 13号線ガリバルディ(Garibaldi)駅
4号線ポルトゥ・ドゥ・クリニャンクール(Porte de Clignancourt)駅
営業時間:土・日・月曜日 7:00-19:30
休業日:火・水・木・金曜日

フランス人は気まぐれなので、早朝だと開いていない店も結構あります。ごはんを食べてゆっくりしてから日中出かけてみましょう!

クリニャンクールの蚤の市の見どころ

ドフィンマルシェ(Marché Dauphine)

まずご紹介するのが、ドフィンマルシェ(Marché Dauphine)

近代的な2階建ての建物で、地上階は主に絵画や家具、現代アートやアンティーク玩具など。

そして2階は古書、レコード、おもちゃ、ポストカードなどを取り扱っていて、まるでショッピングモールのような雰囲気です。

とっても活気があって、まるで別の街にやってきたかのようです。

おにちゃん
おにちゃん
お店には番号が振られており、気に入ったお店を覚えておくのにも便利です。

ヴェルネゾンマルシェ(Marché Vernaison)

ヴェルネゾンマルシェは、クリニャンクールの蚤の市で最も古くからあるエリアです。

最寄り駅から近いこともあり、たくさんの観光客がここを訪れます。

mari
mari
小さなお店が立ち並び、見ていて飽きることがありません。

キッチンリネンや陶器、古着などの日用品から、ビーズやレース、生地などの手芸用品まで、取り扱う商品もバラエティに富みます。また手作りアクセサリーを売っているお店もあり、目を楽しませてくれますよ。


photo by Edsel Little

ポールベールマルシェ(Marché Paul Bert)

ポールベールエリアは屋外店舗です。

アンティーク家具や骨董品、インテリア雑貨など高価な商品を多く取り扱っており、骨董好きにはたまらない場所。

セルペットマルシェ(Marché Serpette)

このエリアで取り扱う商品は、値段が高めの商品が目立ちます。

美術品のような絵画から、高級なインテリアなど、ヨーロッパやアジアのアンティークが揃います。買い物目的でなくとも、見て回るだけで十分に楽しめます。


photo by Edsel Little

クリニャンクールの蚤の市治安と注意点

残念ながらクリニャンクールの蚤の市は、パリの中心部に比べると治安の悪い場所にあります。

また観光客狙いのスリが多いので注意が必要です。

クリニャンクールの蚤の市へ出かける際には、危険なので派手で目立つような服装は避けましょう。

mari
mari
ブランドバッグなどは絶対にNGです。

また貴重品などの入った手荷物から目を離さないようにしてください。

また蚤の市周辺には、偽物品を売りつける人が多く立っています。しつこく声をかけられても「ノー」ときっぱり断り、立ち止まったり、相手にしたりしないようにしましょう。

クリニャンクールの蚤の市のカフェ・レストラン

クリニャンクールの蚤の市には、ちょっと歩き疲れたときやお腹が空いたときに立ち寄りたいカフェやレストランがたくさんあります。

中でも人気なのが、「ラ・ルシクルリー(La REcyclerie)」。

ラ・ルシクルリー(La REcyclerie)

駅舎を改装して作られたカフェ&レストランで、内装は100%リサイクルというから驚きです。外に出るとテラス席があり、その先にはなんと都市農園が!

ここで収穫された農作物は、レストランで使われています。

 

View this post on Instagram

 

Elise 🌿さん(@et_lise)がシェアした投稿

またレストランの一角では、さまざまなイベントが開催されており、日曜大工や家電修理、工芸、園芸、手芸、料理など魅力的なアトリエがたくさんあります。

  • 住所: 83 Boulevard Ornano 75018 Paris
  • 最寄り駅 : 4号線ポルトゥ・ドゥ・クリニャンクール(Porte de Clignancourt)駅
  • 営業時間:年中無休

〈朝食・テイクアウト〉8:00-15:30

【カフェ・レストラン】
月〜木曜日12:00-00:00
金・土曜日12:00-02:00
日曜日11:00-22:00

まとめ


photo by Edsel Little

宝探しをするかのようにワクワクするクリニャンクールの蚤の市。

日本からの観光客も多く、パリで人気の高い蚤の市の1つですが、残念なことに治安の問題があります。

観光客が多いため注意して歩けば特に問題はありませんが、油断は禁物!せっかくの旅行でトラブルに巻き込まれないよう予防策をとってお出かけください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる