新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/5/3現在、コロナウイルスの影響によってフランスは日本からの入国に対して制限措置をとっています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

1区(ルーヴル美術館)

サントゥスタッシュ教会へ行ってきた!行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド

サントゥスタッシュ教会

レ・アールのショッピング街に堂々と聳え立つサントゥスタッシュ教会。

エリアは1区ですが、立地はLes Hallesレ・アールに近く、主要観光スポットからは少しだけ離れています。

実はもともと全然知らない教会でしたが、調べてみると歴史あり、見どころありの素晴らしい教会でした。

このページでは、わたしのおすすめ教会のひとつサントゥスタッシュ教会への行き方や見どころなどをわかりやすく丁寧にご紹介していきます!

こんな方におすすめ!
  • サントゥスタッシュ教会の見どころを知りたい
  • 教会の住所や行き方を調べたい
  • 周辺の治安が気になる
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
パリ観光なら絶対ミュージアムパス

ミュージアムパスは、パリ市内とパリ近郊の美術館や観光スポットなど約60ヶ所の施設へ入場し放題

わたしたちはパスの利用を積極的におすすめしています

パリミュージアムパス

この記事で紹介している施設はミュージアムパス対象ではありませんが、ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿など主要観光地を周るなら必携!

※2日券の場合、5ヶ所以上の対象スポットで簡単に元が取れます

実際に利用してみました
パリミュージアムパスの料金・購入場所・対象スポット一覧
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

サントゥスタッシュ教会の見どころ・観光情報

歴史

サントゥスタッシュ教会はノートルダム大聖堂を手本に作られました。

1532年に着工され、100年以上の長い年月を掛けて建築が続けられます。

そのため、外装はゴシック様式、その内部の装飾やその他の細部はルネサンスとクラシックと異なる様式の建築を楽しむことができます。

楽しむと書きましたが、色んな教会を見て周っている人だとなんとなく不思議というか違和感を感じるかも!

ゆかりの人物

パリの中世の市場とモントルグイユ通りの近くにあるサントゥスタッシュは、ルイ14世、宰相リシュリュー、ルイ15世の公妾ポンパドゥール夫人などが洗礼式をした場所としても有名。

おにちゃん
おにちゃん
モーツァルトの母親、アンナ・マリアの葬儀が行われたのもここ。

ベルリオーズ、フランク、リストなどの有名作曲家も演奏したというのだから、普通の教会とは一味も、二味も違うということがよくわかります。

mari
mari
他にも多くの著名人が関わってきた教会なので、フランスの歴史書にもサントゥスタッシュの名前がよく出てくるんですよ!

教会内部の見どころ

教会内部の見どころは細かくマップやパンフレットで紹介されています。

マップと教会内を見比べつつ、事前に調べてきた祭壇や美術品を見てまわることにしました。

ノートルダム大聖堂が火災による修復中でしばらく見学できないので、近くのサントシャペルやサントゥッシュタッシュをまわるチャンスともいえるかもしれません。

ちょうど午前中の早い時間で日が差し込み大変ゆったりとした神聖な時間を過ごすことができました。

説教台、時計も落ち着いた色合いで教会とマッチしています。

パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説」にもサントゥスタッシュ教会を取り上げました。教会好きの方はぜひあわせて読んでみてください!

パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説パリ市内にある教会は100か所以上。元在住者&世界中の教会を渡り歩いた筆者がパリに行くなら絶対見逃せない教会を厳選して紹介しています。地図を見ながら観光の予定を立てるのにぜひ活用してみてください!...

パイプオルガン

サントゥスタッシュ教会見どころのひとつは、8000本のパイプを持つ世界有数のパイプオルガン

定期的にパイプオルガンの無料コンサートがあるので、パリ観光の思い出にパイプオルガンの演奏を楽しまれてはいかがでしょうか。

mari
mari
日曜日の17:30から毎週開催されています。

ステンドグラスと装飾

サントゥスタッシュ教会のステンドグラスは、単体で見るというよりも周囲の装飾とのコントラストを楽しむのがおすすめです。

おにちゃん
おにちゃん
写真ではわかりづらいですが、結構上の方にあるのでじっくり見たいならオペラグラスがあったほうがいいかも。

ゴシック後期の装飾が多く、非常に繊細で柱ひとつひとつまで非常に美しいです。

ステンドグラスから入る光がとても明るいので、ぜひステンドグラスと繊細な装飾の調和を楽しんでみてください!

ピガールの聖母マリア

祭壇の中でも一際目を引くのがピガールの聖母子像。

聖母子像の祭壇は周囲の宗教画、ステンドグラスに囲まれなんとも神々しい雰囲気。

アンヴァリッドの礼拝堂用にピガールが彫刻したとても美しいマリア様を観ることができます。

キリスト像も美しいステンドグラスと一緒にご覧ください。

コルベールの霊廟

財務総監コルベールの霊廟。前任のマザランの死後、ライバルのフーケを破ってルイ14世の絶対王政を支えた人物です。

毎朝5時には仕事を始め、自らの富には興味がなく質素な洋服を着ていたそう。

おにちゃん
おにちゃん
大理石の人と呼ばれる冷徹な仕事ぶりで、フランスに莫大な富を生み出しました。

キースへリングのキリストの生涯

まさかパリでキースへリングの祭壇画見られるとは予想していませんでした。

キースへリング生前最後の作品といわれ、死の2週間前に3枚続きの絵が全部で9つ製作されました。

自分の作品をパリに残したいという生前の願いから、そのうち1つがジョンレノン、オノヨーコの財団からパリへ寄付されました。

mari
mari
サントゥスタッシュ教会はエイズに関しての活動も積極的に行っているそう。

レイモンド・メイソン

日本ではほとんど知られていませんが、ヨーロッパの著名な彫刻家であるレイモンド・メイソンの作品。

Les Hallesレ・アールにかつて中央市場があった時の描写でしょうか。野菜を売るために人々が野菜を運んでいる様子がカラフルな粘土細工で表現されています。

他の展示と比べると、キースへリング、レイモンド・メイソンの作品が浮いているようにも見えますが、現代アートも積極的に展示するサントゥスタッシュ教会の前衛的な考え方が現れているように感じました。

巨大な顔の彫刻

サントゥスタッシュ教会の前にはHenri de Millerアンリ・ド・ミラーの彫刻作品L’ecouteエクテが展示されています。

突然教会の前に大きな顔が現れるのであっとびっくりすること間違いなし。

とてもユニークな彫刻で、L’ecouteエクテを見るためにサントゥスタッシュへ訪れる人もいるのだとか。

サントゥスタッシュ教会の口コミ・評判

世界有数のパイプオルガンが現役です。
週末は無料のコンサートが開かれています。事前の知っていたので時間に合わせて訪問。開始時刻10分前に座席が埋まり、立見も多数いました。
ステンドグラスも美しいので、パリ訪問の際に候補に入れる価値あります。 (TripAdvisor)

パリで有名な教会はノートルダム寺院ですが、年末・年始は100m以上の行列ができ、とても混んでいます。そんな時でもこのレ・アルのそばにある『St-Eustache(サントゥスタッシュ)教会』は、教会の荘厳さとポンパドール婦人の活躍していた時代のパリのセンスを感じさせてくれる素敵な教会です。華やかなステンドグラスやパイプオルガンをながめていると、当時のパリを感じます。
この教会は、ノートルダム寺院の鐘楼から市内を眺めていたときにみつけました。ポンピドーセンターのすぐそばです。観光コースから外れているせいか、観光客も少なめで、ゆっくり教会の雰囲気を味わえます。(TripAdvisor)

フランス旅行のリピーターの方がおすすめしていることが多かったです!

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

サントゥスタッシュ教会への行き方・アクセス

Les Hallesレ・アール駅から徒歩1分の場所にあり、非常にアクセスの良いサントゥスタッシュ教会。

mari
mari
駅まではメトロ・バスでアクセスできます!

メトロで行く

最寄り駅は、メトロ4号線Les Hallesレ・アール

駅を出てすぐ、徒歩にすると1分ほどの場所にサントゥスタッシュ教会はあります。

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

RERで行く

RERA,B,D線Chatelet-les-Hallesシャトレ=レ・アールが最寄り。RER線もLes Hallesレ・アール駅と地下で繋がっています。

関連記事RER(高速鉄道)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

バスで行く

29,75,85,67,74番のバスでサントゥスタッシュ教会までアクセスすることが可能です。

乗車するバスによって最寄りのバス停が異なってくるので、Googleマップなどを利用して乗車ください。

関連記事パリの路線バスの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。 このページ...

サントゥスタッシュ教会の入場料金・営業時間・所要時間

サントゥスタッシュ教会は、だれでも入場料金無料!

気軽に教会の中を見学できます♪

入場料金

  • 無料

※献金箱があるので、気持ちとして寄付するのも◎美しい教会を維持するため、少しの金額でも協力できると嬉しいですよね!

営業時間・定休日

  • 営業時間
    9:30-19:00
  • 定休日
    なし

※ミサの時間は見学場所の制限がある場合があります。

所要時間

サントゥスタッシュ教会は15分~20分あれば十分見て周ることができます。

ひとつひとつじっくり見学したい、無料コンサートに参加したい場合は1時間ほどみておきましょう。

サントゥスタッシュ教会見学マナー

サントゥスタッシュ教会は現役の教会でもあります。

おにちゃん
おにちゃん
ミサや様々な宗教的な行事が行われている場所でもありますので、マナーを守って見学しましょう。

教会の外にはNG事項が書いてある看板が出ているところも多いので、必ず確認してから中に入るようにしてください。

服装に気をつける

基本的に教会では露出の高い服装はNG!ミニスカート、短パン、タンクトップなどは避けたほうがいいと思います。

男性は帽子やフードを含めて頭に身に着けているものは外すのがマナー。

信仰の方の邪魔にならないよう静かに見学

観光スポットでもありますが、お祈りを捧げる信者の方々も訪れる神聖な場所でもあります。

大きな声でおしゃべりしたり、ズカズカと割り込んで写真を撮ったりは絶対やめましょう。

フラッシュ撮影は禁止

現在は、建物の内部も撮影OKになりました。

フラッシュ撮影は禁止されているのでカメラの設定を事前に確認しておきましょう。

サントゥスタッシュ教会周辺の治安

1区はルーブル美術館をはじめ、人気観光スポットの集まる地区です。そのため旅行者を狙ったスリの多いエリア。

人が賑わい「怖い」という感じはしませんが、その分スリが人混みに紛れやすく置き引き・盗難には備えるべき!

手に持っていたスマートフォンを取られたり、カバンの中の貴重品を気づかないうちに盗まれたりします。

リュックは狙われやすいので貴重品を別に持つか、ファスナーの付いたショルダーバッグなどを持つようにしましょう。

とはいえサントゥスタッシュ教会あたりは観光客もやや少なく、幼児が遊べる公園も豊富で、たくさんの子連れシッター、家族で賑わっていました。

パリ全体の治安に関しては「パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法」で詳しく解説しています。

パリに行く全ての旅行者に読んでいただきたいおすすめ記事です。

パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

サントゥスタッシュ教会まとめ

さながら美術館のようなサントゥスタッシュ教会。日本ではあまり知られていませんが、わたしのおすすめ教会です。

たまたまミサが始まる直前に見学できたので、時間になるとどんどん人が集まりオルガンの音が聞こえてきました。

歴史を感じながら、パリの人々の信仰心を垣間見ることができる素晴らしい体験となりました。

近くには公園、子供用ブティック、一風堂などもあるのでぜひ立ち寄ってみてください。

また、パリの教会テーマに「パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説」というまとめ記事も書いてみました。

mari
mari
素敵な場所ばかりできっと気に入っていただけると思うので、ぜひ読んでみてくださると嬉しいです♡
パリで絶対に外せない教会を徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説パリ市内にある教会は100か所以上。元在住者&世界中の教会を渡り歩いた筆者がパリに行くなら絶対見逃せない教会を厳選して紹介しています。地図を見ながら観光の予定を立てるのにぜひ活用してみてください!...
サントゥスタッシュ教会
住所146 rue Rambuteau, 75001 Paris 地図
最寄りメトロ4号線 Les Hallesレ・アール
HPhttps://www.saint-eustache.org/
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる