フランス観光情報

フランス革命の発端「バスティーユ広場」の行き方・見どころガイド!

フランス革命の発端となった「バスティーユ広場」。

フランスの歴史上、とても重要な場所でもありますが、現在は広場としてパリ市民に愛されています。

1989年には新オペラ座も誕生し、活気のあるエリアです♪

今回は、バスティーユ広場への行き方や見どころなどをご紹介します!

バスティーユ広場 基本情報

バスティーユ広場は、バスティーユ牢獄跡につくられた広場です。

1789年7月14日、生活に困窮したパリ市民が王政を倒すため、バスティーユ牢獄を襲撃!


photo by dierk schaefer

この事件がきっかけで、フランス革命がはじまりました。

革命後、バスティーユ牢獄は解体され、現在の広場に。

mari
mari
バスティーユ広場では毎年、革命記念日の前夜祭が行われています!

中央には、1830年の7月革命で犠牲になった市民にささげられた「7月革命記念柱」が建てられています。
※7月革命とは、1830年7月27日から29日にフランスで起こった市民革命。栄光の三日間とも呼ばれる

そんなフランスの歴史に深く関わるバスティーユ広場ですが、現在はオペラ座やカフェ、繁華街が広がり、多くの人でにぎわう人気スポット!

マレやバスティーユ周辺に来たらぜひ、立ち寄ってみてください♪


photo by jean-louis Zimmermann

バスティーユ広場への行き方・アクセス


photo by Paris-Sharing

バスティーユ広場からは放射線状に道が延びていて、石畳の小路がたくさん。

16~18世紀の面影が残る場所が多いので、散策しながら中世の雰囲気を楽しんで♡

バスティーユ広場は、メトロBastille(バスティーユ)駅からすぐ!

他にもRERやバスなどでもアクセスできますので簡単にご紹介します♪

メトロで行く

最寄り駅は、1号線・5号線・8号線・Bastille(バスティーユ)駅

バスティーユ駅から徒歩1分ほど。

3つの線が乗り入れている駅なので、アクセスしやすいです♪

RERで行く

最寄り駅は、A線・D線Gare de Lyon(ガール・ドゥ・リヨン)駅

バスティーユ広場までは徒歩10分ほど。

リヨン通をまっすぐ歩いていくと、オペラ・バスティーユの横を過ぎ、バスティーユ広場に着きます。

バスで行く

円形のバスティーユ広場の周りにいくつかバス停があります。

20・29・65・69・87・91番 Bastille(バスティーユ)下車

69・76・86・87 Bastille – Rue Saint-Antoine(バスティーユ-ルー・サンアントワーヌ)下車

バスティーユ広場 口コミ・評判

フランス革命のきっかけとなったバスティーユ監獄のあった場所。
いまは、記念碑がたっており、記念碑を中心にロータリーのようになっています。
最寄り駅も「バスティーユ駅」です。

広場のそばにある Café Français の壁面には、実際にバスティーユ牢獄があったと書かれているプレートが掛かっている

教科書的にも忘れないこの名前ですが、現在は塔を中心としたラウンドポイントになっています。一周ぐるっと回るときに眺めていましたが塔の先にあるオブジェはゴールドのなかなか素敵なものでした。バスティーユとしての遺構は現在無いようですがバスに乗るとほぼほぼ通るポイントになっていますのでシャッターチャンスを逃さずに。

おにちゃん
おにちゃん
Googleレビューでも、歴史を感じるとういう方が多いようです

バスティーユ広場には地下納骨堂があった!


photo by Tom A La Rue
バスティーユ広場は、「広場」と言っても記念柱を中心にしたロータリーがメインの広場です。

コンコルド広場のように噴水や公園がある、といった場所ではありませんが「7月革命記念柱」はなかなか見ごたえがありますよ!

柱の頂上には金色の天使のような像がついています。

実は、この7月革命記念柱の下は、1830年の7月革命で犠牲になった市民の地下納骨堂になっています。

残念ながら一般には公開されていないので、見学することはできません。

mari
mari
凱旋門やカタコンブなど、パリでは結構地下にお墓があるようですね!

バスティーユ広場には牢獄の跡がある!?

バスティーユ牢獄は革命後に解体されてしまい、ほとんどその跡となるものが残されていません。

ですが、バスティーユ広場のロータリーをよく見てみると、牢獄が建てられていた部分の敷石だけ色が違う!

この部分に牢獄があった、という印だそうです。

このように小さなものでも、歴史を感じさせるものをちゃんと残しているのがパリらしくていいですね!

ほかにも、バスティーユ駅の(1番線)の構内にはバスティーユが襲撃されている様子をを描いた壁画が。

メトロを使う方はぜひ見てみて♪


photo by FaceMePLS

バスティーユ広場近くのマルシェでお買い物♪


photo by Eric Chan
バスティーユ広場の近くには、庶民的な雰囲気の「マルシェ・バスティーユ」があります。

マルシェでのお買い物ついでに広場を見学する方も多いようですよ♪

生鮮食品から日用品まで色んなものが売っているので、お土産を選ぶのにもおすすめ。

日本ではなかなかお目にかかれない珍しい食材もあるので、お料理が好きな方はすごく楽しいと思います!

その場で買って食べられるお惣菜もあるので、小腹が減った時にも◎

ノルマンディー産生ガキや色んな国のお惣菜(アフリカ料理、パエリア、シチリア風ライスコロッケなど)も楽しめます。

マルシェ・バスティーユ
住所:Boulevard Richard Lenoir 75011 Paris
営業時間:木曜日7:00-14:30 / 日曜日7:00-15:00
定休日:月・水・木・土曜日
アクセス:メトロ1,5,8番線 Bastille(バスティーユ)駅から徒歩2分。リシャール・ルノワール通り沿い

 参考記事パリのマルシェ巡りならココ♪グルメ通も唸るおすすめスポット5選

パリのマルシェ巡りならココ♪グルメ通も唸るおすすめスポット5選パリには、至るところにパリジャンたちの胃袋を満たすマルシェがあります。 野菜・果物・肉・魚などの生鮮食品やパン・チーズなど...

まとめ

フランス革命の歴史を感じられるバスティーユ広場。

街歩きが楽しいエリアでもあるので、いろいろ散策してみてください♡

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる