16区(パッシー)

バルザックの家を地図付きでご案内|入場料金・見どころ観光ガイド【行き方・アクセス】

この記事を書いた人
マリ@旅ブロガー オハヨーツーリズム
当ブログ「フランスボックス」はフランスが大好きな旅ブロガーのマリと、パリに2年間芸術留学していたおにちゃんのふたりで運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信しています。記事が役に立ったらSNSや友人にシェアしてくださると嬉しいです!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ボンジュー!フランスボックスのマリ(@mari_ohayotourism)です。

「ゴリオ爺さん」で知られるオノレ・ド・バルザックは、19世紀のフランスを代表する小説家です。

パリ16区のパッシーには、晩年バルザックが暮らした家が残っています。

当ブログ「フランスボックス」では、バルザックの家への行き方や入場料金、見どころなどを詳しくご紹介していきます!

こんな方におすすめ!

こんな方におすすめ!
  • フランス文学に興味がある
  • バルザックの小説が好き
  • 周辺の治安が気になる
お得情報

当サイト限定クーポン

フランスのツアーやチケットは
現在どこも価格が高騰中
クーポンで少しでもお得に購入しよう!

フランス割引クーポン

現地ツアーはもちろん
入場チケット・バス送迎にも使えるよ

随時最新情報を更新

パリ観光をお得にする
割引クーポン一覧

バルザックの家観光情報

パリ16区パッシー地区の閑静な住宅街にひっそりたたずむバルザックの家は、フランスを代表する文豪オノレ・ド・バルザックが晩年過ごしていた場所です。

1840年から1847年にかけて住んでいたバルザックの家は高台にあり、家の裏側にはエッフェル塔が見えます!

終生借金まみれだったバルザックは、いつも借金取りから逃げ回り、裏口のあったこの家は逃れるのにうってつけの家だったそう。

おすすめ観光の周り方

バルザックの家がある16区は、閑静な住宅が集まる高級エリアの1つです。

周辺にはマルモッタン・モネ美術館やパッシー墓地、トロカデロ広場、老舗サロン・ド・テのカレットなどがあります。

トロカデロ広場から見るエッフェル塔トロカデロ広場から見るエッフェル塔

少し足を延ばせば、エッフェル塔にも徒歩で行くことができます。

カレット(Carette)カレット(Carette)

バルザックの家から徒歩10分圏内の代表的なスポットは以下の通り。

ぜひ併せて観光を楽しんでくださいね!

16区には他にも見どころがあり、「パリ16区パッシー界隈で絶対行きたい人気観光スポット」で詳しい歩き方の解説をしています。

 

↓観光地の位置関係をGoogleマップにまとめました。ぜひ活用ください。

地図の使い方をみる

Googleマップの使い方Googleマップの使い方

シティパスを活用する

わたしは美術館好きなので、ヨーロッパのある程度の都市に行くと必ずシティパスがないか確認します。

限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利!

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿をはじめとした、パリの主要な美術館や歴史的建造物など50ヶ所以上の施設に入場できる共通パスポート。日本で事前に購入も可能。

パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

短期間で複数の観光スポットを周るスケジュールでない場合は、チケットのみを事前購入するのがおすすめです。

現地でチケット列に並ぶ時間は本当にもったいないので、ぜひ事前購入を検討してみてくださいね。

GetYourGuideで
チケットを購入する

現地ツアーに参加する

パリは治安の悪い場所もありますが、気を付けていれば個人旅行で問題なく観光できます。

わたしも大抵の場合は個人で滞在しますが、ガイド付きで周った時の経験は忘れられません

自分では知らなかった観光スポットや豆知識など楽しいお話がたくさん聞けて、より有意義な時間を過ごすことができました。

日本語で予約できるベルトラiconがおすすめ。

英語や仏語でもよければGetYourGuideで安くツアーに参加できます。ぜひ一度チェックしてみてください。

バルザックの家見どころ

バルザックの家

バルザックの家はパリ16区の高級住宅街にある3階建ての庭付きの家で、バルザックは最上階の5部屋を借りていました。

手書きの修正跡が残る原稿や資料、愛用品などが、展示されています。

角部屋にはバルザックが執筆をしていた質素な仕事部屋があり、窓からは庭を眺めることができます。

バルザックの家の庭

バルザックの家を取り囲むように庭があり、知る人ぞ知る憩いの場所になってます。

庭からはエッフェル塔が望め、オーガニックのメニューで人気のカフェ「Rose Bakery」が併設されています。

この日もたくさんの人が並んでいました。

お天気の良い日には、テラス席でのんびりお茶するのもおすすめですよ!

バルザックの家への行き方・アクセス・最寄り駅

バルザックの家は、16区の閑静な住宅街です。

メトロ、RER、バスなどの交通機関を使ってアクセスする方法をご紹介します!

メトロで行く

最寄り駅は、メトロ6号線Passyパッシー

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

RERで行く

最寄り駅は、C号線Avenue du President Kennedyアベニュー・プレジダント ケネディ

関連記事RER(高速鉄道)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

バスで行く

72番Pont de Bir-Hakeimポン ドゥ ビラケム下車。

関連記事パリの路線バスの乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
【2024年】パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して、安くバスやメトロに乗る方法があります。 チケットの種...

バルザックの家の入場料金・営業時間・所要時間

入場料金

無料

※企画展は有料

営業時間・定休日

  • 営業時間
    10:00-18:00
    ※閉館時間の30分前まで入場可能
  • 定休日
    毎週月曜日

所要時間

一般的には30分〜1時間程度を見込んでおけば問題ありません。

バルザックの家周辺の治安

バルザックの家のある16区基本的には治安の良い地区として知られています。

治安が悪いといわれているブローニュの森も日中は比較的安全ですが、人気のない場所や朝早い時間帯、または夜遅い時間帯は危険です。

mari
mari
女性同士でブローニュの森へ行く場合には、十分な注意が必要!
ルイヴィトン美術館付近の車上荒らしルイヴィトン美術館付近の車上荒らし

ルイヴィトン財団美術館へ向かう途中の車が次々と車上荒らしに遭っているのを見て怖くなりました・・・。

スリ対策の基本

このエリアに限った話ではありませんが、パリ旅行ではスリとの遭遇が日常茶飯事です

万が一に備えて準備しておきましょう。

たとえば

  • 海外旅行保険付帯のクレカを使う
  • 現金は100ユーロ以下で基本クレカ払い
  • 高くても治安重視でホテルをとる

などは必須レベルでおすすめしたいです。

特にホテルの立地は身の安全を確保する意味で超重要

わたしたちがパリで宿泊におすすめしている地域は下記の3つ。

もし金銭的に余裕があるのであれば、シャンゼリゼ通りヴァンドーム広場あたりのホテルがおすすめです。

パリ在住者が教えるホテルの選び方と安全でコスパの良いおすすめエリア【立地・治安】 当ブログ「フランスボックス」ではパリを中心に観光地、グルメ、ショッピングについてガイドブックなしで旅行できることを目指しています...

また、空港からホテルまでの移動はバスや電車が手軽ですが、最近はスリも増えています。せっかくの旅行が台無しにならないよう、タクシーや送迎を使うという手もあります。

特にハイブランドで買い物をした場合はケチらず安心を買いましょう。

日本語で予約できます

シャルルドゴール空港⇔パリ
空港送迎サービスをみてみる
icon

海外旅行保険に入る

ことフランスに関しては、海外旅行保険は絶対に必要です。

毎月海外旅行へ行き、パリへ何度も渡航しているわたしですら、何度もスリに狙われました。未だに盗られていなのは運が良かっただけだと思っています。

ですので、どこの会社のどんなプランでも構いませんので、出国前にあらかじめ携行品補償が入っている保険に入っておきましょう。

わたしは、毎回入るのが手間なのと結構お金がかかってしまうという理由から、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持って備えています。

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚作成されることを強くおすすめします。

特に、年会費無料で海外旅行保険付帯のエポスカードは作らない理由がありません。

(エポスカードというと一般的には“マルイのカード”というイメージが強いですが、実は旅行好きのあいだでは有名なカード。未所持の方は迷わず作って損はないですし、年会費のかかるカードに苦手意識がある方の選択肢はエポスカード一択です。)

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

mari
mari
カード会社に10年以上勤務していたわたしが、フランス旅行にピッタリのおすすめクレジットカードとその理由を書きました
フランス・パリ旅行に必携!現地で使えるおすすめクレジットカード
フランス・パリで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード【2024年最新】クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、フランス旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、フランス旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...
パリ治安情報2024年最新|フランス在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

パリをもっと楽しむ

ガイドブックは地球の歩き方がおすすめ

フランス・パリのガイドブックフランス・パリのガイドブック

パリを楽しむならガイドブックは必須。

スマホやタブレットで読める電子書籍でも問題ありませんが、現地では情報の探しやすさ重視で、紙のガイドブックを1冊持っておくことをおすすめします。

フランス関連の書籍を20冊以上読んで厳選した中で、わたしたちがおすすめするガイドブックは地球の歩き方

内容もかなり充実しており、その国の文化、歴史、生活習慣なども理解できるため、旅の満足度が格段にあがります。

20年旅を続けて痛感していますが、まったく知識がない場所だと人はなかなか感動できないものです。背景を知って初めて心に響いたという経験が何度もあります。

パリ版はこちら

地球の歩き方が苦手な人におすすめしたいのは、写真が多めで読みやすい雑誌タイプのガイドブック。(るるぶトリコガイドなど)

30日間無料で体験できるKindleUnlimitedで読めるものも多いので、サラッと立ち読みして好みのガイドブックを見つけるのも◎

フランス・パリ人気ガイドブック20冊以上読んで徹底比較!おすすめ本は地球の歩き方 旅のお供といえばガイドブック。インターネットでほとんどの情報が調べられるようになったとはいえ1冊買っておくと心強いですよね。 ...

ガイドブックより深く事前知識を身につけて

パリの美術館を周るなら、ガイドブックだけでなく動画や書籍を利用して事前知識を身に着けておきましょう。

なぜなら「来てみたはいいけど、よくわからなかった」「イマイチ楽しめなかった」と感じてしまうのは本当にもったいないから。

mari
mari
わたしのおすすめは山田五郎のYouTubeチャンネル

普通は画家や作品を褒めることに終始している書籍や動画が多いのですが、五郎さんは「あいつは変人で友達がいないから~」とか「絵が下手だから~」とわたしたちがちょっと感じているような、素直な表現を多用しています。

ゴシップも取り入れてくれるのでエンタメ要素が強く美術ファン以外も飽きずに楽しめる五郎さんならではの解説。

とはいえ、動画は1本30分近くあるものが多く、どれから見たらいいか迷ってしまいます。

そんな時におすすめなのが、山田五郎のYouTube動画を時代別にまとめた書籍

有名な作品がコンパクトにまとめられ、美術館の前で広げて読むのにもぴったりです。

各ページに動画のQRコードがついているので、気になる作品だけ動画をじっくり見れば予習はバッチリ!

予習にイチオシです
フランス旅行をさらに楽しむための本・書籍を厳選して紹介 わたしがフランス旅行で楽しみにしていることのひとつがアートを見に行くこと。 若い頃はただただ教科書に出てくるような有名な絵...

ガイド付き現地ツアーをぜひ体験して

書籍で予習する時間が取れない方は、ぜひガイド付き現地ツアーを体験してみてください。

特にルーブルやオルセーくらい大きな美術館の場合は、ガイド付きの現地ツアー参加がおすすめ

料金だけを比べるとチケット単体の価格より高くなってしまいますが、絵画のプロが見どころを詳しく解説してくれる体験は唯一無二。

特にプライベートツアーの場合、少人数でどんどん質問もできますし、作品への情熱を直接ガイドさんから聞けるというのは、驚くほどおもしろくて感動レベルでした。

mari
mari
わたし自身、今までケチってたのを後悔するほど、ガイド付きでの鑑賞は素晴らしい経験になりました

日本語ガイドのツアーを申し込むならベルトラiconがおすすめです。

ルーブル美術館
プライベートツアーをみる
icon

オルセー&オランジュリー美術館
プライベートツアーをみる
icon

英語ガイドでも問題なければGetYourGuideで探してみてくださいね。

おすすめ予約サイト
get your guide
klook
当サイト限定5%割引クーポン配布中
OHAYOKLOOK
←コピーしてご利用ください
ベルトラ
楽天トラベル観光体験

ゆかりの地をめぐろう

フランスには歴史上の人物や著名な芸術家のゆかりの地が多く存在しています。

アンヴァリッドにある巨大なナポレオンの棺アンヴァリッドにある巨大なナポレオンの棺

フランスゆかりの著名人。名前くらいは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

例えば

かつて彼らが過ごした場所、思い出の街並みが、現在も残っていることは珍しくありません。

実際にその場所に足を運ぶとなんともいえない感慨深い思いがこみ上げてきます。

サルトルやヘミングウェイのほか、ジャン・コクトーや藤田嗣治、モディリアーニ、ピカソなどのエコール・ド・パリの画家などが通った老舗カフェル・ドーム(Le Dôme)サルトルやヘミングウェイのほか、ジャン・コクトーや藤田嗣治、モディリアーニ、ピカソなどのエコール・ド・パリの画家などが通った老舗カフェル・ドーム(Le Dôme)

また、美術館で見た有名な絵画と同じ風景が実在していることも珍しくありません。

モンマルトル ムーラン・ド・ラ・ギャレットモンマルトル ムーラン・ド・ラ・ギャレット

当サイトでは約50名の偉人に関して、それぞれのゆかりの地をまとめた記事をご用意しています。旅の参考にしていただけたら幸いです。

約50名の偉人を掲載

偉人ゆかりの地一覧へ

バルザックの家まとめ

バルザックの家がある場所は閑静な住宅街で、近くには地元の人が通う小規模なショッピングモールもあります。

併設のカフェも隠れ家のような雰囲気で、バルザックの家は観光スポットとはまた違ったパリを味わいたい方におすすめの場所です。

バルザックの家
住所 47 Rue Raynouard, 75016 Paris 地図
最寄り メトロ6号線Passyパッシー
時間 10:00-18:00
※閉館時間の30分前まで入場可能
定休 毎週月曜日
料金 無料
HP http://maisondebalzac.paris.fr/

※最新情報は公式サイトでご確認ください。

パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる

関連記事
セーヌ川にかかる美しい橋徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説 1区(ルーヴル美術館)

セーヌ川にかかる美しい橋徹底ガイド|元在住者が厳選して見どころを解説

2020年5月29日
フランスボックス|フランス旅行情報
パリを流れるセーヌ川は全長780kmもあり、パリだけで37の橋が架けられています。 単なる対岸への移動手段としてだけでなく観光 …
16区(パッシー)

ロンシャン競馬場を地図付きでご案内|営業時間・見どころ観光ガイド【行き方・アクセス】

2023年4月12日
フランスボックス|フランス旅行情報
パリ西部のブローニュの森の中にあるパリロンシャン競馬場は、競馬ファンにとって憧れの競馬場! かつては王侯貴族たちの社交の場でし …
マルモッタンモネ美術館 16区(パッシー)

マルモッタンモネ美術館を地図付きでご案内|チケット予約・入場料金・見どころ観光ガイド【行き方・アクセス】

2023年4月12日
フランスボックス|フランス旅行情報
日本人から最も人気のある画家をあげるとするなら、クロード・モネと答える人も多いのではないでしょうか。 モネの作品はオルセー美術 …