新型コロナウイルスによる入国制限措置について

2020/7/6現在、日本からフランスへの入国制限は解除されました。外務省の危険レベルは3で、渡航中止勧告がでています。

海外旅行の予定がある方、行こうかどうか悩んでいる方は必ず外務省のHPをみてから各自判断するようにしてください。

14区・15区(モンパルナス)

カタコンブ・ド・パリへ行ってきた!行き方・料金・見どころ徹底ガイド

「花の都」と称され、華やかなイメージをもつパリ。

そんなパリの地下には、たくさんの骸骨がひしめいているのをご存知でしょうか?

今回は、ちょっと怖いパリの裏観光名所である「カタコンブ・ド・パリ」をご紹介していきます!

日本人はそれほど見かけませんが、欧米人には大変人気スポットになっているためハイシーズンは2時間待ちになることもザラ。

事前の予約を強くおすすめします。

こんな方におすすめ!
  • フランスの文化・慣習に興味がある
  • 外国のお墓を見てみたい
  • パリの裏観光名所が知りたい
このブログは、パリを愛してやまない旅ブロガーのマリと、過去パリに2年間芸術留学していたおにちゃんが書いています。>> 運営者情報をみる
パリ観光なら絶対ミュージアムパス

ミュージアムパスは、パリ市内とパリ近郊の美術館や観光スポットなど約60ヶ所の施設へ入場し放題

わたしたちはパスの利用を積極的におすすめしています

パリミュージアムパス

この記事で紹介している施設はミュージアムパス対象ではありませんが、ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿など主要観光地を周るなら必携!

※2日券の場合、5ヶ所以上の対象スポットで簡単に元が取れます

実際に利用してみました
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について
パリミュージアムパスは買うべきか?料金・購入方法・入場可能場所について 限られた日数でパリを効率的に楽しむなら、「Paris Museum Passパリ・ミュージアムパス」がとっても便利! パリ...

カタコンブ・ド・パリの見どころ・観光情報

パリのイメージとは、かなりかけ離れた観光スポットのカタコンブ(Les Catacombes de Paris)。

英語読みのカタコンベといえば聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

実はパリのカタコンブは世界最大の地下納骨堂で、600万人以上の遺骨がここに納骨されています。

ヨーロッパにあるほとんどのカタコンブは、はじめから地下墓地にすることを目的に作られていますが、パリのカタコンブは、地下採石場跡に遺体を移したのが始まり。

mari
mari
パリの美しい石造りの建物は、何世紀にもわたってパリの地下採石場で切り出されたもの!

街の発展とともに採石場は拡大し、地下空洞がどんどん広がっていきました。

次第に採石場が老朽化すると、地盤沈下などのさまざま問題が起こります。

ちょうどその頃、パリでは遺体の埋葬場所に困っていました。そこで溢れかえった遺体をこの採石場跡に移送することになったのです。

18世紀後半になるとカタコンブは一般公開され、次第にパリの裏観光名所として人気を集めるようになりました。

カタコンブの地下トンネル

地下トンネルは、パリ市内全域に広がっています。

カタコンブとして一般公開されている見学コースは、その一部で、地下20mのところにあります。

入口から131段の螺旋階段を降りていくと、ひんやりとした空間に積み上げられた骸骨の壁が続きます。まさにスリル満点の世界!!

カタコンブの見学時間は約45分間。距離は、約1.5㎞あります。

小さい子供と一緒だと怖がってしまって進めない可能性も大なので、しっかり説明してから参加しましょう!

カタコンブ・ド・パリ口コミ・評判

真夏の炎天下の中、2時間待ちました。地下に入るととっても涼しくて不思議な感覚になりました。

辺り一面骸骨で埋め尽くされており、迷路みたいな感じでした。人数制限がされてるからなのか、広いからなのか、地下では1人になる瞬間がたくさんありました。

1人で行くにはすこし怖かったですが、考えさせられることがたくさんありました。もっとたくさん調べてから、また行ってみたいです。
引用:Googleレビュー

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

カタコンブ・ド・パリ行き方・アクセス

メトロ・RERで行く

最寄りはRERB・メトロ4,6号線、Denfert-Rochereauダンフェール ロシュロー駅。

駅を降りて目の前ダンフェール・ロシュロー広場の近くにあります。

入口から出口が離れているのもカタコンブ・ド・パリの特徴。

出口の最寄りはお隣のメトロ4号線、Mouton-Duvernetムトン デュヴェルネ駅。

入口の住所:1, avenue du Colonel Henri Rol-Tanguy 75014
出口の住所:21bis, avenue René-Coty 75014

関連記事パリの地下鉄(メトロ)の乗り方・料金支払い方法徹底ガイド

パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方
パリのメトロ・RER・バスのお得な切符の選び方ガイド パリの交通機関には、日本と同じように「1日乗り放題券」などを利用して安く交通機関に乗る方法があります。 このページ...

カタコンブ・ド・パリの入場料金・営業時間・所要時間

入場料金

  • 大人14ユーロ
  • 子供(18歳以下)無料
  • オーディオガイド 1人につき5ユーロ(フランス語・英語・スペイン語)

※14歳以下の子供は、成人の同伴者が必要です。

事前予約

事前に予約をすると、カタコンブの入場が優先になります。

事前予約の場合の入場料金:大人29ユーロ(オーディオガイドを含む)
子供5ユーロ

営業時間・定休日

  • 営業時間
    10:00-20:30(火〜日)
    ※入場受付は19:30まで
  • 定休日
    月・祝(ただし7月14日, 8月15日, 11月1日, 11月11日を除く)

所要時間

所要時間はいつ行くかによって異なります。

1~2時間待つこともザラなのと、狭い地下道を1.5km歩いていくため混雑しているとかなり時間がかかります。

列に並ばない前提で45分~1時間くらいはみておくことをおすすめします。

カタコンブ・ド・パリ入場時の注意点

カタコンブに入場する際には、手荷物の大きさが決まっています

40×30㎝以内の大きさのバッグで、背中にバッグを背負うことは禁止されています。

地下道へは、狭い螺旋階段を上り下りします。また入口から出口までは、約1.5㎞の地下道を歩きますので、歩きやすい靴で行きましょう。

カタコンブの入口と出口の場所は異なりますのでご注意ください。

カタコンブ・ド・パリ周辺の治安

14・15区ともにパリ市内の中では比較的安全な地区ですが、フランス国鉄の主要ターミナル駅である北駅、東駅構内は注意する必要があります。

他のエリアと同じく夜道のひとり歩きはあまりおすすめできませんが、日中は最低限注意して過ごせば特に問題ありません。

パリ全体の治安に関しては「パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法」で詳しく解説しています。

パリに行く全ての旅行者に読んでいただきたいおすすめ記事です。

パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法
パリ旅行の治安情報|在住者が教えるスリ・詐欺の手口と対策・撃退方法パリに2年間在住していた筆者が現地でスリに遭わない方法、具体的な手口について詳しく解説していきます。スリだけでなく物乞いも日本とは違ってたくさんいます。楽しいパリ旅行のために事前にしっかりと手口を把握しておきましょう!...

カタコンブ・ド・パリまとめ

カタコンブでは、日常では味わうことのない衝撃的な世界を見ることができます。

数えきれない亡骸を目にしたとき、人は様々なことを想うでしょう。

いつもと違ったパリ観光を楽しみたい方にはかなりおすすめのスポットです!

偉人のお墓をテーマに「パリに眠る偉人を訪ねる!在住者おすすめの有名墓地と見どころ」というまとめ記事を書いてみました。

意外な場所も沢山あると思うので、ぜひ読んでみてください!

カタコンブ・ド・パリ
住所1 Avenue du Colonel Henri Rol-Tanguy, 75014 Paris 地図
最寄り駅RERB線、メトロ4・6号線、Denfert-Rochereauダンフェール ロシュロー
メトロ4号線、Mouton-Duvernetムトン デュヴェルネ
パリに訪れるなら一度は泊まってほしい!

パリでぜひ泊まっていただきたいのがオテル リッツ パリ!!

ココシャネルやダイアナ妃にも愛されたパリに行くすべての人達が憧れる、フランス最高峰のホテルです。

サービス、食事、設備どれをとっても申し分なく、私にとって人生最高の滞在でした。

かなり高額な宿泊代とはなりましたが、一生の思い出に1泊だけ泊まることができ悔いありません。

ヴァンドーム広場が目の前で、オペラ座までも500mと観光するにも抜群の立地。

絶対に忘れられない滞在になること間違いなしなので1泊だけでもぜひ検討してみてください!

予算オーバーなら「ベストウエスタン プレミア デュック ドゥ ブルゴーニュ」はコスパが良くおすすめです

オテルリッツの料金を
チェックしてみる