フランス観光情報

モンパルナス墓地の行き方・営業時間・見どころ徹底ガイド

私は外国にあるお墓に行くのがちょっとした趣味。特にヨーロッパのお墓は日本と違って明るい雰囲気。「墓地」といってもまるで公園のようなんです!

もちろんパリにも名だたる著名人が眠る墓地がたくさんあります。その中でも特に有名な「モンパルナス墓地」

とても広い墓地で哲学者のサルトル、内縁の妻ボーヴォワール、モーパッサンやマンレイなど多くの作家や画家、女優などの著名人が眠っています。

今回は、そんな素敵な「モンパルナス墓地」の行き方や見どころなどをご紹介します。

モンパルナス墓地はこんな方におすすめ!
  • フランスの文化・慣習に興味がある
  • 著名人のお墓を見学、お参りしたい
  • 静かな場所が好き

パリ市内・郊外をガッツリ観光するならミュージアムパスが便利

はじめてのパリ旅行におすすめ!ルーブル美術館・オルセー美術館・ヴェルサイユ宮殿など、約60か所の観光スポットが対象です。

ミュージアムパスとは?
対象スポット・料金をみる

モンパルナス墓地の基本情報

「え、墓地を観光するの??」

と、思う方もいるかもしれませんが、モンパルナス墓地はまるで整備された公園のよう。


photo by Börkur Sigurbjörnsson

日本の霊園とは違う、フランスらしい個性豊かなお墓もありますよ。

観光客はもちろん、犬を連れて散歩をする人やジョギングする人たちもたくさんいます。

モンパルナス墓地が完成したのは1824年。

パリは昔、共同墓地が多く、適切な遺体の処理がなされていなかったという歴史があります。

フランスは基本的に土葬なので、悪臭が漂ったり疫病が流行ったり。。

想像するとちょっと怖いですよね…(;´・ω・)

ですが、ナポレオンの指示によって19世紀の始めに新しい墓地がつくられます。

そのうちのひとつが「モンパルナス墓地」。

モンマルトルにあるモンマルトル墓地も有名ですよね!

そんなモンパルナス墓地には数々の著名人が埋葬され、今ではたくさんの人たちが彼らに会いにきています。

mari
mari
近くには、共同墓地の骸骨が納骨された地下墓地「カタコンブ」もあります!
おにちゃん
おにちゃん
カタコンブって600~700万人もの骸骨が納骨されてるんだよね…ちょっとコワいなぁ…

モンパルナス墓地への行き方・アクセス


photo by La chariotte à roulette
モンパルナス墓地は、その名の通りモンパルナスにあります。

公共の交通機関を使って簡単にアクセスできますよ!

メトロで行く

最寄り駅は、6号線 Edgar Quinet(エドガー・キネ)駅と4号線・6号線 Raspail(ラスパイユ)駅です。

エドガー・キネ駅からは徒歩3分程。

木立の並ぶエドガー・キネ通りをどまっすぐ歩いていくと墓地の入口があります。

ラスパイユ駅からも徒歩3~4分。

横断歩道を2回ほど渡り、小道に入ると墓地の壁が見えます。

RERで行く

最寄り駅は、B線 Denfert-Rochereau(ダンフェール・ロシュロー)駅

ダンフェール・ロシュローは、地下墓地「カタコンブ」の前にある駅です。

徒歩で8~10分ほど。

道も複雑ではないので、そこまで迷う心配はないと思います。

バスで行く

68番 Raspail-Edgar Quinet(ラスパイユ-エドガー・キネ)下車
→メトロのラスパイユ駅前にあります。

28・58番 ガイテ(Gaîté)下車
→チョコレート屋さんの前の停留所。墓地の入口まで徒歩1分。

モンパルナス墓地の営業時間・入場料


photo by Jim Linwood

入場料

モンパルナス墓地に入場料はありません!

mari
mari
お墓なので、もちろん誰でも無料で散策することができます♪

観光客に人気のスポットとはいえ「墓地」。とても静かで神聖な場所なので、マナーを守って見学したいですね!

営業時間

  • 月~金曜日:8:00-18:00
  • 土曜日:8:30-18:00
  • 日・祝日:9:00-18:00

モンパルナス墓地の口コミ・評判

モンパルナス駅から歩いて15分ほど。向かう途中、有名なマルシェにも寄れます。パリ市内にある4つの墓地の一つで比較的小さい規模だと思っていたのですが、めちゃくちゃ広い!お墓も日本とは全く違います。とにかく想像より広くてほとんどの有名な人のお墓は探せませんでした。ボーボワールとサルトルだけ入口付近で発見。ファンが来てましたし、皆メトロの切符を置いてました。天気が良ければお散歩にぴったりです。(4travel口コミより)

サン・サーンスのお墓を見たいと思い、友人と一緒に行きました。
中は思ったより広く地図を見ながらまわりました。
お墓の数が多すぎてなかなかお目当ての所には行けませんでしたが、日本とは違った華やかなお墓はどれも美しく新鮮でした!

蚤の市が出ている日は、墓地のすぐ近くでやっているので、そちらもお勧めです!(4travel口コミより)

口コミからみても、お散歩したりのんびり過ごすにはおすすめのようですね!

おにちゃん
おにちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

モンパルナス墓地の見どころは個性豊かな墓石と著名人のお墓!


photo by La chariotte à roulette
フランスの墓石や墓標は、とっても個性豊か!

なんだか生前の様子がうかがえるような…そんなデザインのものが多いのです。

mari
mari
フランス人はお墓を「個人」のものと捉えているみたい。
おにちゃん
おにちゃん
日本人は先祖代々なんちゃらの墓!みたいな感じだけど、フランスは違うんだよね~

おや、これはお魚でしょうか?


photo by Paul Asman and Jill Lenoble

個人のお墓だからこそ、生前好きだったものや故人へのメッセージプレートが添えられることが多いようです。

お供えが絶えないセルジュ・ゲンズブールのお墓

歌手のセルジュ・ゲンズブールのお墓は、モンパルナス墓地の中でもひと際にぎやか。

セルジュ・ゲンズブールとは、1960年代後半~1970年代にかけて活躍したフランスの歌手です。

亡くなったのは、1991年のこと。

今でも彼の死を惜しんでお墓を訪れるファンが後を絶たないんだとか!

そして気になるのが、、、

この切符たち!!!(笑)

え?なにこれ?フランスでは切符をお供えする習慣があるの!?

とビックリしましたが、これはセルジュ・ゲンズブールの名曲「リラの門の切符切り」にちなんだものだそう。

「リラの門の切符切り」は、メトロの駅の改札係が出てくる歌のため、メトロの切符を置いていく人たちが多いみたいです。

他にもフランスの哲学者サルトルと、内縁の妻で哲学者のボーヴォワールのお墓も人気があります。

しかし、ここにも切符が…!!(笑)


photo by OTTAVI Alain

「リラの門の切符切り」のお話を知らない方が置いていったのでしょうか…?

「あっちにも置いてあったから、ここにも置いとくか!」みたいな感覚なんでしょうかね(笑)

そして裏側には、、キスマーク!!!


photo by Paul Asman and Jill Lenobl

ひえ~!!熱烈な愛情表現ですねぇ!!(*ノωノ)

日本ではちょっと見たことないかも!文化の違いを感じます(笑)

他にも有名な人のお墓がたくさん!

「女の一生」を書いた作家ギ・ド・モーパッサンや、1973年に公開された実写版「ベルサイユのばら」の監督を務めたジャック・ドゥミなどが眠っています。

お墓の場所を案内板でチェック!

モンパルナス墓地は、かなり広いです…!

なんとなくブラブラしていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

各所に設置された案内板で著名人のお墓の場所を調べられるので、目星をつけてから回るのがおすすめですよ♪

モンパルナス墓地はとってもユニークだった

死の価値観は人それぞれ。でももし私が死んだり、家族が亡くなったりしたらこんなに明るい墓地に葬らるのもいいなぁと妄想してしまいます。

だって大好きな人に会いに行くのだから悲しい気持ちたっぷりよりも明るい気持ちで会いにいきたいじゃないですか♪

海外に行くと日本との文化の差を目の当たりにできるので本当に面白い。

モンパルナス墓地はフランス人の「死」に対する思いをちょっとだけ感じることができる私のおすすめスポットです。

パリを観光するならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンでチケットを手配すると
パリの人気観光スポットが
最大46%オフになるって知ってる?

美術館の優先入場や
セーヌ川クルーズの予約もおまかせ!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる